レンレンのひとりごと…

毎日のお弁当・手作り料理・手しごと・おでかけ。
そして、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。

MINIATURE LIFE展~田中達也 見立ての世界~

2018-10-25 | ■ART(美術館など)

先月ですが、日本橋高島屋で開催された田中達也さんの「MINIATURE LIFE展」を観てきました。

 

 

田中達也さんといえば、NHK連ドラ「ひよっこ」のオープニングで流れたミニチュアの町並みでお馴染みのあの方です。

 

 

 

独特の世界観やユニークな発想、どこか郷愁を誘う景色…様々な世界を見せてくれます。 

 

 

左が実際のミニチュア、右がファインダー越しの世界。
一枚の写真からたくさんの想像と夢が広がります。 

 

 
 
<svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg>
View this post on Instagram

chimaさん(@chima_renren)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2018-10-26T02:53:52+00:00">2018年10月月25日午後7時53分PDT</time>

タップすると10枚見られます。

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-を観てきました

2018-10-11 | ■ART(美術館など)

サントリー美術館で開催されている「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」を観に行って来ました。

国宝・薬師如来や重要文化財の如意輪観音坐像、五大明王像を間近に観られ感激しっ放しでした。
多くの仏像や展示品を横や背後からも間近でじっくり観ることができ、普段、目にする事のない細部まで拝めました。
安土桃山時代に豊臣秀吉が行った有名な「醍醐の花見」に関する品々や、三宝院の襖絵、俵屋宗達による絵画なども展示。
秀吉が花見した時の桜のクローンもレジン標本にして飾ってました。

11月11日まで開催していますので、この機会に醍醐寺の世界をご覧になって芸術の秋を堪能するのもイイものです╰(*´︶`*)╯

 

 

サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
https://www.suntory.co.jp/sma/
TEL : 03-3479-8600
時間 : 10:00~18:00(金・土20:00)
休業 : 火曜日、展示替期間、年末年始
入館料 : 一般1300円
備考 : メンバーズクラブ(年会費5000円入館料無料)
アクセス : 大江戸線六本木駅出口8より直結、日比谷線六本木駅より地下通路にて直結、千代田線乃木坂駅出口3より徒歩約3分

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

2018-10-06 | ■ART(美術館など)

国立新美術館で開催されているオルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展。

 

 

先日、他の所用で国立新美術館に立ち寄り開催されているのを知りました。

 

 

19世紀末のフランスでナビ派の一員として出発した画家ピエール・ボナール(1867‐1947年)は、浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により「日本かぶれのナビ」の異名を取りました。
20世紀に入ると、目にした光景の印象をいかに絵画化するかという「視神経の冒険」に身を投じ、鮮烈な色彩の絵画を多数生み出します。

ピエール・ボナール展では、オルセー美術館のボナールコレクションが約30点展示されています。
会期が長いので、機会があれば是非見に行きたいです♪

 

 

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

  • 会期:2018年9月26日(水)~ 12月17日(月)
  • 休館:毎週火曜日休館
  • 開館時間:10:00~18:00
    毎週金・土曜日は20:00まで。ただし9月28日(金)、29日(土)は21:00まで
    ※入場は閉館の30分前まで
  • 会場:国立新美術館 企画展示室1E
  • 住所:〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
  • 主催:国立新美術館、オルセー美術館、日本経済新聞社

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

「肌。0→100歳」Bioré×篠山紀信@表参道ヒルズ

2018-10-05 | ■ART(美術館など)

表参道ヒルズの吹抜け大階段で開催されている「肌。0→100歳」Bioré×篠山紀信を観てきました。

 

 

「肌のチカラ」をテーマに、篠山紀信氏が撮影した0歳から100歳までの女性の作品が展示されています。

 

 

1パネルに3枚ずつの写真が展示されているのですが、最初、同一人物が時系列に写したものかと勘違い。
50代あたりで「この人顔いじってるね。」となり、40代で???、30代でやっと気付くという…。
殊に高齢の方や外国人の顔の見分けが苦手な私。
私の最大のウィークポイントなのです(>_<)

0歳から100歳までの女性を一挙に拝見するのはなかなかの経験。
10月8日までやってますので、よかったら是非♪

 

 

「肌。0→100歳」Bioré×篠山紀信

  • 期間:2018年10月3日(水)~10月8日(月・祝)
  • 場所:表参道ヒルズ本館 吹抜け大階段
  • 料金:無料
  • #肌0ー100 #ビオレ

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

Hermèsが提案するシネマ体験「彼女と。」AVEC ELLE

2018-08-04 | ■ART(美術館など)

すっかり前の話になりますが、先月、エルメスが現代女性像をテーマとした観客参加型の展覧会が国立新美術館で開催されました。
完全予約制で、お友達が初日に予約をとって下さったので行って参りました♪

 

 

彼女と。AVEC ELLE

  • 会期:2018年7月11日(水)~7月30日(月)
    毎週火曜日休館
  • 開館時間:10:00~18:00
    ※毎週金・土曜日は21:00まで
  • 会 場:国立新美術館 企画展示室2E
    〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
  • 主 催:エルメス、国立新美術館
    観覧料:無料(予約制)

 

 

舞台を見ているような気分でした。
俳優さんがめちゃカッコ良かった~♡

 

 

「彼女。」の妹役の女優?モデル?
同じ人間とは思えない姿形にため息(。☌ᴗ☌。)

 

 

小道具がいちいちステキなの。
そうよね全てHermèsなんざんすもの…。

 

 

何処彼処にさりげなくディスプレイされた小道具=エルメス。
ストーリーよりも商品の方が気になってた私。
まるでHermèsでウインドウショッピングしているかのような気分で、まじまじ眺めてました。
お陰さまで目の保養になりましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

 

そうそう、国立新美術館では「ルーヴルの顔。」が開催されています。
開催前から是非観たい思ってたけど、この日はランチの予約をしてたので断念。
最終日が9月3日。
それまでにこの暑さの中、観に行く気合はあるだろうか…。
ちと自信がないが一応観に行くつもりではいる私╰(*´︶`*)╯

 

 

国立新美術館
東京都港区六本木7-22-2
http://www.nact.jp/
アクセス :東京メトロ千代田線乃木坂駅6出口(美術館直結)、都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分、東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から 徒歩約5分

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

絵画展【口と足で描いた絵~HEARTありがとう~】

2018-06-09 | ■ART(美術館など)

先日、口と足で描く芸術家協会主催「口と足で描いた絵」の展覧会へ行って来ました。

 

口と足で描く芸術家協会は、両手を使えず口や足で描く画家たちのグループです。
1956年にヨーロッパで始まり、現在、世界74の国と地域で活動を広げています。
日本でも1961年から57年にわたり活動を続けています。

病気や事故など様々な理由によって両手を失った障がいを持った芸術家が、自立を目指して口や足に筆をとり描かれた絵のオリジナルグッズの制作・販売、その収益によって芸術家の向上と自立を目指す組織です。

今回は、有楽町の交通会館で開催された絵画展【口と足で描いた絵~HEARTありがとう~】
そして同時開催の牧野 文幸追悼展【生きるよろこび】を鑑賞して参りました。

 

 

 

口と足で描いた絵~HEARTありがとう~

知らずに観ていると両手の障がいがあって描かれたとはとても思えないステキな絵ばかり。
自分も頑張れば何かできるんじゃないかと勇気をもらいました。

 

 

口や足で描く実演~石橋亨弘氏

石橋亨弘氏
生後3ヶ月の頃、高熱により脳性小児マヒとなり体幹四肢障がいがある。
3才~中学卒業まで障がい児施設で暮らし、そこで厳しい訓練を受け、口で何でもする事を覚え、絵画の楽しさも知りました。
その後、障がい者施設に入り、通信教育でイラスト・パソコン・絵画などを勉強します。
その後は本格的に油絵を描きだしました。
現在は電動車イスで小中学校への講演や絵の実演、制作活動を中心にパソコンの仕事などでも活躍中です。

 

 

実演を拝見するまで、手で持つ筆を単に口や足で持って描いているだけと漠然と思っていました。
いえいえそんな単純なものではないのだと石橋氏の実演で知りました。
絵具の付いた筆を洗ったり拭いたり、筆を持ちかえたり、キャンバスを動かしたり…私たちが簡単にしている事も全て口や足で行わなければならない。
キャンバスに描かれるひと筆はとってもとってもゆっくり丁寧にのせられている…。
そんな事を心しながら鑑賞していると、筆先から繰り広げられる絵の中に大きな希望が見えてくるようでした。

 

 

牧野 文幸追悼展【生きるよろこび】

同時開催された牧野 文幸追悼展【生きるよろこび】

 

★牧野さんについてはこちらからどうぞ★

画家のアトリエ 牧野 文幸【生きるよろこび】
http://www.mfpa.co.jp/gallery/ishibashi/index.html

 

 

オリジナルグッズ

 

口と足で描いた絵のオリジナルグッズの展示販売もありました。
メモ・フセン・カードや絵ハガキ、文房具やタオル、生活雑貨がいっぱい♪

 

★ネットショップでも購入することができます★
口と足で描く芸術家協会 ネットショップ
http://www.mfpashop.com/

 

 

こちらは私の口と足で描いたオリジナルグッズのコレクションですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

 

詳細

絵画展【口と足で描いた絵~HEARTありがとう~】
同時開催 牧野 文幸追悼展【生きるよろこび】

  • 期間:2018年5月13日(日)~19日(土)
  • 時間:10:00~18:00
  • 場所:東京交通会館B1ゴールドサロン
  • 入場料:無料

■ 画家が会場で口や足で描く実演を行います。
  実際に口や足で描く姿を見たり、画家たちとお話ししたりしてください。
■ 口と足で描いた絵のオリジナルグッズを展示販売します。

 

口と足で描く芸術家協会

口と足で描いた絵ファンサイト参加中

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

デザインの解剖展

2016-12-22 | ■ART(美術館など)

「デザインの解剖」は、グラフィックデザイナーの佐藤 卓が2001年より取り組んでいるプロジェクトで、身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、各製品の成り立ちを徹底して検証する試みです。
本来の「解剖」が生物体を解きひらき、構造や各部門の関係、さらには条理を細かに分析していく行為であるように、ここではデザインを解剖の手段として、とりあげる製品のロゴやパッケージのレイアウトや印刷などのグラフィックを解析し、製品の内側の仕組みまで細かな分解や観察を重ねます。

企画展「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」を観に行って来ました。
画像をご覧の通り、観に行ったのは開催初日のまだ草木も青い頃です^^;

 

 

館内では身近な商品や製品が巨大化した体で断面を披露していました。
普段、疑問にも思わず何気に食べたり使用したりしている品に、改めて焦点を当ててクローズアップしている姿はなかなか圧巻です。

 

 

今はもうあまり目にする事はなくなった「写るんです」
真っ二つにぶった切ったら意外とそっけない姿。
でも思わず腰をかがめて覗きこんじゃたったわよ。

 

 

お馴染の「きのこの山」。
パッケージの背景やきのこの山の形になるまで等、事細かに分かりやすく展示してました。

 

 

特にこの巨大「きのこの山」は身近に触れられ大人気でした♪

 

 

ブルガリアヨーグルトのデザイン解剖

 

 

ひとパックをスプーンですくうとこれくらい♪

 

 

巨大チョコレート~!!
模型だってわかっているけど美味しそうなのよ^^

 

 

日本橋「ゆかり」野永三代目も大好きなスーパーカップの模型もあったよ。
微妙にアイスがフタにくっついているところなんてリアルよね。

 

 

「おいしい牛乳」

 

搾乳部分が動画になっていて、子供たちが大騒ぎして喜んでたよ。

 

おいしい牛乳つみき、大人の方が夢中になってたよ^^

 

 

おかめ納豆のパッケージの推移も興味深いよね。
昔のデザインの方が粋に感じるのは私だけ?

 

 

毎日お世話になっている納豆パック。
何故にあそこに溝があったのか断面で理解した私。

 

 

とにかくチョッとした疑問みたいなのが解消できて見終わったらスキっとした気分でした。

 

 

出口付近では解剖に関する本をご自由にご覧下さい状態。

 

 

人体解剖のカラーアトラス的なのもあったけど、ほとんどが物の作られている仕組みみたいな本でした。
ヨーロッパのドールの部品の製造過程など載った本が面白くって、ついこのコーナーだけで1時間弱夢中になってました。

来年1月22日までやってます。
せっかくの機会ですので是非足を運んでみてはいかがでしょうか♪

 

 

デザインの解剖展

  • 会期:2016年10月14日(金)- 2017年1月22日(日)
  • 開場:21_21 DESIGN SIGHT
  • 住所:港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
  • 休館日:火曜日、年末年始(12月27日-1月3日)
  • 開館時間:10:00~19:00(入場は18:30まで)
  • 入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
  • 主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
  • 後援:文化庁、経済産業省、港区教育委員会
  • 特別協賛:三井不動産株式会社
  • 特別協力:株式会社 明治
  • 協力:株式会社ニコンインステック、武蔵野美術大学、株式会社 佐藤卓デザイン事務所
  • http://www.2121designsight.jp/program/design_anatomy/

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

韓国ミュージカル「IN THE HEIGHTS」に感動!

2016-11-04 | ■ART(美術館など)

韓国ミュージカル「IN THE HEIGHTS」を観てきました。
お友達に誘っていただいたけど、実は然程期待していなかったんですが、
上演が始まった早々から超感動!!
レベルの高さに度肝を抜かされました。
はい、前情報も何もなくただ漠然と観に行った不届き者です。

 

 

出演者全員が抜群の歌唱力と演技力で、
ぐいぐい惹きこまれていったのです。
正直言うと怒ったようなしゃべり方の韓国語が苦手だった私。
でも全然そんなことはない。
キレイな歌声と情のこもった表現力は、
まさに歌うようになめらかで優しく心に浸みました。
すっかり韓国に対するイメージが変わりとても興味を持ちました。

スタンディングオベーションの嵐で幕が引かれた
韓国ミュージカル「IN THE HEIGHTS」。
また是非、観に行きたいというのが今の感想です。

 

 

連れて行って下さったお友達に感謝、感謝です♪
ありがとうございました

 

 

上演されたのはKAAT 神奈川芸術劇場。
驚いたのが、館内には託児所があったこと。
ただし特定の回に限るものみたいですが…。
ご利用の際はご確認してくださいね。

 

 

上映前に同じ4階にあるカフェでお友達が軽く腹ごしらえ。

 

 

小さな菓子パン3つ(200円税込)と缶コーヒーでね♪

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント (2)

色彩豊かな幾何学模様の世界~オノサト・トシノブ展

2016-11-01 | ■ART(美術館など)

とちぎ農産物産地ツアーで立ち寄った久保記念館にある美術展示館で
偶然開催されていたオノサト・トシノブ展。

 

 

オノサト・トシノブは久保貞次郎が支援し、
交流が深かった長野県出身の画家です。
戦前から仁科展への出展や自由美術家協会の参加など活動し、
戦後は群馬県桐生市で中学校教師や養鶏業をしながら絵画制作を続けました。
1955年から代表的な作風となる円をモチーフにした
幾何形体と色彩の配列のみによる抽象作品の制作を始めました。

 

 

1978年の作品

 

緻密で鮮やかで繊細な作品。
とてもキレイな色と柄。
こんな柄のワンピースが欲しい~♡

 

 

オノサト・トシノブ展

  • 期間:前期2016年9月1日(木)~10月3日(月)
        後期2016年10月20日(木)~11月28日(月)
  • 時間:9:00~18:00(最終入館17:30)
  • 休館:毎週火曜日、10/5(水)、10/19(水)
  • 料金:無料
  • 場所:久保記念観光文化交流館 美術品展示館
  • 住所:真岡市荒町1105-1
  • 主催:真岡市教育委員会
  • https://www.city.moka.tochigi.jp/10,28103,33,510.html

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント

今も昔も変わらない~藤城清治影絵展「光と影は幸せをよぶ」

2016-10-12 | ■ART(美術館など)

銀座の教文館で行われている藤城清治影絵展「光と影は幸せをよぶ」を観てきました。

藤城清治さんの影絵は、昭和の人ならきっと誰もが懐かしく思える絵だと思います。
どの作品も、幼い頃の思い出の1ページに登場している、
当時を思い出す…そんな甘酸っぱい作品がいっぱい。

テレビやコマーシャルはもちろんですが、
各地にある美術館や作品展にも素晴らしいものです。
私が特に心に残っているのが、山梨の昇仙峡影絵の森美術館や
カルピス本社ロビーにある幅4m30cm×高さ3mもの大作の壁画「愛の泉」です。

カルピス本社の壁画の記事はこちらから
カルピス本社の社内見学~カルピスレシピのお食事♪

 

 

ごあいさつ

今年は92才 教文館の展覧会をひらけました。
文字通り、命がけの展覧会が出来ました。
21年がけの「聖フランシスコ」の出版記念として原画と
デッサンをふくめて全作品を展示しました。
更に新作として、戦後の70年のすべてと ぼくの人生のすべてをかけて
戦争と平和を考えながら「平和の世界」を生命をかけてつくりました。
又、光のプロジェクションマッピングに取組みました
どうぞ光と影で生きるよろこぼをあじわって下さい。

藤城清治

 

藤城清治さんは、1924年東京に生まれの92歳。
慶応義塾大学在学中に見たジャワ島の影絵人形劇に魅せられ、影絵の制作を始めました。
NHK朝の連ドラ「とと姉ちゃん」の舞台となった雑誌「暮らしの手帖」での影絵の連載など、
およそ半世紀にわたり、影絵の制作と影絵劇の制作・演出を続け、
89年には紫綬褒章、95年には勲四等を受章しています。

 

 

場内はたくさんの人で賑わっていました。
年配の女性が多く、みなさん食い入るように作品を観てらっしゃいました。

 

カメラOKだったのでここからは作品を掲載しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤城清治影絵展「光と影は幸せをよぶ」

  • 期間:2016年7月15日(金)~10月13日(木)
  • 時間:10:30~19:30
  • 料金:一般1200円、中学生以下800円
  • 場所:銀座 教文館 9Fウェンライトホール
  • 住所:中央区銀座4-5-1
  • 主催:教文館
  • http://www.kyobunkwan.co.jp/ein-karem/archives/info/561abe7

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント