団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

愛妻弁当か!

2017-07-13 03:23:14 | 日記
 先日 中日新聞の「妻と夫の定年塾」、さらば「愛妻弁当」という西田小夜子さんのコラムを読みました。

 定年後も、章さんは同じ会社で6年間働いた。
妻は現役時代のそのままに、毎朝弁当を作り、「言ってらっしゃい」と、
にこやかに見送ってくれた。

 もちろん感謝してはいたが、「ありがとう」などと言わず、当然のように通勤していたんだと、
章さんは気づく。

 妻も年を重ねてくたびれるらしく、ゆうべのおかずを少々アレンジしたものが増えてきた。

 70歳の誕生日を節目に、章さんは職場を去ることが決まっていた。
さびしいとは思わない。
体も健康だし、これからは年齢と相談しながらのんびりと生きたい。

 3歳年下の妻は、孫の世話を頼まれたり、93ながら元気な母親の様子を
見に訪ねたりと、外出する機会が多かった。
早起きして夫の弁当を用意するのは、大変だったに違いない。

 最後の弁当は、ふたの上にきれいなメッセージカードが載っているのではないか。

 「長い間お仕事、大変でしたね。
休まずに、よく頑張ってくださいました。
今後のことは二人で相談して、楽しく暮らしましょう。
ありがとうございました」

 ごはんの上には、紅しょうががハート形に切りぬいたのが
2枚載っている。
その周りにゴマが、星のようにちりばめられてあった。

 結婚して43年、いろいろあったけど、まあいい夫婦だったよなあと、
章さんはじっくり「愛妻弁当」をかみしめた。


 このご夫婦のような会社員生活を送りたかったです。
私も結婚して44年目に入っていますが、会社員生活において椎間板ヘルニアで長期入院生活を2度送るし、
55歳過ぎてからは子会社へ移動させられるわで、順調な会社員生活だったとはいえないです。(苦笑)

 私の会社はビジネス街にあるビルに間借りしていましたので、
食事は近くのお店で食べることが多かったです。
でもかみさんは、けっこう弁当を作ってくれました。
女子社員は弁当を持参する人が多かったですが、男子社員はほとんど弁当持参の者はいなかったです。
私が持参した弁当を食べていると、みんなから羨ましがられたものです。(笑)

 かみさんは弁当に限らず、玄関まで送り迎えしてくれたり、私が現役の頃は良妻賢母でしたね。(笑)


 







平井 堅 『ノンフィクション』MUSIC VIDEO (Short Ver.)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また元気な姿を見せて欲しいです | トップ | 10年間音信不通だった母娘 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お互い (hide-san)
2017-07-13 06:27:08
お互いを想いあって、残って居る仕事は全部カミさんがやってきたものを、
上手に仕事を振り分けて、あって行くのがコツのようなものですね。
これを実践されている (masamikeitas)
2017-07-13 06:36:45
hide-sanさん、おはようございます。

>お互いを想いあって、残って居る仕事は全部カミさんがやってきたものを、
上手に仕事を振り分けて、あって行くのがコツのようなものですね。

これを実践されているhide-sanさんと奥様がうまく言っているのは当然の結果ですね。(笑)
私は自分の取り分を極力少なくしようとしているので、摩擦が起こります。
わかっちゃいるけど、hide-sanさんのようにマメになれないです。(苦笑)
おはようございます (かっつん)
2017-07-13 08:23:27
良妻賢母
素晴らしいです
毎日弁当を作るって並大抵ではないです
僕は元嫁に作ってもらったことはなかったですね
でもだからと言って減点ではなかったですが・・
これは加算点です(笑)
職場の友人に (masamikeitas)
2017-07-13 08:47:02
かっつん、おはようございます。

>毎日弁当を作るって並大抵ではないです

職場の友人に「昼を食べに行こう」と誘われた時、断るのがイヤでした。(苦笑)
でも、小遣いが減らないので助かった面もありました。

>僕は元嫁に作ってもらったことはなかったですね
でもだからと言って減点ではなかったですが・・

かっつんところは職場が近いので、弁当ってあまりいらないのでは。
Unknown (かずちゃん)
2017-07-13 10:37:13
わ~、いいおはなしですね
私も最後のお弁当は確か少し豪華版にした記憶が・・・

営業だった夫が内勤に変わった時しばらくお弁当を作っていたことがありました。

でもお仕事仲間との昼食もそれはそれで情報交換になってよかったのじゃないかなって思います

>かみさんは弁当に限らず、玄関まで送り迎えしてくれたり、私が現役の頃は良妻賢母でしたね。(笑)<

夫が毎日家を出て行くことがストレスがたまらない一番の方法だということが表れてますね(笑)
それはとても目立ったお弁当ではなかったですか!(笑) (masamikeitas)
2017-07-13 10:52:21
かずちゃん、こんにちわ。

>わ~、いいおはなしですね
私も最後のお弁当は確か少し豪華版にした記憶が・・・

かずちゃんが少し豪華に作られたのなら、それはとても目立ったお弁当ではなかったですか!(笑)
私は最後の弁当はなかったです。

>でもお仕事仲間との昼食もそれはそれで情報交換になってよかったのじゃないかなって思います

これがあるんですよね。
職場の仲間と飯を食べることも大事なことです。(笑)

>夫が毎日家を出て行くことがストレスがたまらない一番の方法だということが表れてますね(笑)

毎日出かける、それも働きに行けばかみさんのストレスは解消するでしょうね。(笑)
良妻賢母 (ねこママ)
2017-07-13 12:47:11
とっても微笑ましいお話で・・・

でも、自身を振り返ってみれば、愛妻弁当もずっと続くことはなかったし
ましてや、共働きでしたので玄関に送り迎えなどは1度もありませんでした。

とても、良妻賢母ではなかったですね~・・

でも、当たり前ですが子供のお弁当は、高校3年までしっかり作りましたので、ここは、及第点かな?
共働きなら玄関の送り迎えは無理ですね。 (masamikeitas)
2017-07-13 14:18:07
ねこママさん、こんにちわ。

>でも、自身を振り返ってみれば、愛妻弁当もずっと続くことはなかったし
ましてや、共働きでしたので玄関に送り迎えなどは1度もありませんでした。

共働きなら玄関の送り迎えは無理ですね。
かみさんがパート作業を始めた頃の見送りはあったかな?
かみさんの方が出かけが遅かったのであったかも。(笑)

>でも、当たり前ですが子供のお弁当は、高校3年までしっかり作りましたので、ここは、及第点かな?

働きながら作られていたなんて、素晴らしい!
ねこママさんのお弁当は美味しかったでしょうね。(笑)
愛妻弁当持参率 (くちかずこ)
2017-07-13 19:52:43
大昔は、100%?
今は?
ちなみに、婿も次男も、無いわ。。。
サメ氏は、くちこの悪妻弁当有り。
最近は知りませんが (masamikeitas)
2017-07-14 04:18:31
くちこさん、おはようございます。

>愛妻弁当持参率

最近は知りませんが、私の現役の頃はほとんどいませんでした。(笑)
会社の場所にもよると思います。
また社員食堂などが備えられていれば、弁当も減りますし。
うちの息子は、持っていく様です。

>サメ氏は、くちこの悪妻弁当有り。

ご主人幸せですね。
くちこさんの作られるボリュームたっぷりのおいしい弁当が食べられて。(笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。