団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

9月ダイエットの実績は

2017-09-30 04:01:41 | 日記
 昨日の朝 今月最後のジムへ行きました。
30分ウォーキングマシンで歩いた後、体重を計りましたら、77、4キロでした。
9月4日から、ダイエットを始めて、3、1キロも減りました。

 家に帰ってかみさんに3、1キロ減ったことを話しましたら、
「ひと月でそんなに痩せては問題じゃないの?」と言いました。
「1日に朝・夕あん・ドーナッツを食べ、コーヒーには砂糖をなみなみ入れて
2杯も飲んでいれば、それをやめたから不思議じゃないじゃないの」と言ったところ、
納得していました。(笑)

 10月も1キロ減の76、4キロを目標にしたいと思いますが、
食事は今まで通りに食べていますので、これ以上痩せれるのかどうかはわかりません。
でも10月も1キロ減の76、4キロを目指します。


 ところで3日前にテンピュールの枕を買い換えた話を投稿しました。
ブロ友さんから、枕カバーを買われた方が良いというご意見を多くいただきました。

 昨日の午後からスーパーへ行きました。
私がスーパーの中にある本屋で週刊誌を立ち読みしている間に、かみさんがカバーを買ってきてくれました。
千円ちょっとで買えたそうです。




 かみさんが事前に枕の寸法を測っていましたので、ピッタリ入りました。
綿 75% ポリエステル 20% ポリウレタン 5%で作られていますので、多少カバーが伸びるようです。

夏は無理ですが、そのほかの季節は使えると思います。
これで枕の汚れも少なくなり、10年?ぐらい持ちそうです。(笑)







色づく街 南沙織 1991
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

確かに、男のいびきは女よりうるさい。(苦笑)

2017-09-29 05:04:03 | 日記
中日新聞の「妻と夫の定年塾」というコーナーで西田小夜子さんが「バッハのBGM」という
タイトルでコラムを書かれていました。

 定年退職後、妻が「別々の部屋で寝たい」と言った。
安彦さんのいびきが気になるらしい。

 テレビを見ていて知ったが、住宅情報会社の調査で、
夫のいびきがストレスだという妻は56%、夫の側からは33%と、
妻の約半分だったそうだ。
確かに、男のいびきは女よりうるさい。
年を取ると、なおさら大いびきになるのだ。

 薄い壁を隔てただけで妻のストレスが減るものならと、
安彦さんは、ベッドを隣室に移した。

 その後、妻はテレビもあまり見なくなった。
一人きりの寝室で趣味の絵を描いたり、本を読んだりして
満足しているのか、静まり返って物音もしない。

 テレビが大好きな安彦さんは、のんびりと
夜更けまでソファに横たわり、起きていた。

 「さて、寝るか」と2階の寝室に引き上げる。
ところがなぜか、目がさえて眠れない。

 頭が重くて、フラフラしながら階段を下りていく。
「どうしたの?」と妻が心配そうな顔で安彦さんを見上げた。

 「不眠に効くピアノ曲があるのよ。
バッハの曲で、私も大好き。
落ちついた、静かなメロディーだから、あなたも眠れると思う」

 妻が渡してくれたのは、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」というCDだった。
不眠症に悩んでいた伯爵を救ったほど、ゆったりと美しく、長い曲だ。

 ボロローンと優しい音に安彦さんは眠くなり、いびきも消えた。


 以上です。



 私は不眠症ではないですが、いびきがひどいようです。(苦笑)
このコラムの安彦さんの奥様にように、かみさんも別の部屋で寝たいようですが、
部屋数が少ないので我慢しているようです。

 いびきって自分では聞こえないので助かりますね。
聞こえたら、自分のいびきの音で眠れないと思います。(苦笑)

 かみさんは耳栓をしていましたが、最近はつけていません。
きっと耳栓をつけるのがうっとおしいからだと思います。

 先日 かみさんが「おとうさんのいびきが、以前より小さくなった」と言いました。
「体重が減ったので、首回りの肉が減って息の通りが良くなったのかな?」と言いました。

 ダイエット効果で、いびきの音も小さくなったようです。(笑)












バッハ/ゴルトベルク変奏曲より アリアBWV988/演奏:園田高弘
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

おじいちゃんを、育メンじいちゃんにして欲しくないです。(苦笑)

2017-09-28 05:58:27 | 日記
 先日の中日新聞「くらしの作文」に、42歳の保健師さんが「育メンじいちゃん」というタイトルで投稿されていました。

 

 9月4日、義父が82歳で旅立ちました。

 岐阜は孫の顔も見ずに先立った義母の分まで、70歳から「育メンじいちゃん」として奮闘しました。
鬼嫁の私にお願いされて、散歩、学童の送迎、予防接種に通院まで。

 義父は真っ直ぐに素直に育った初孫を信頼していました。

 2番目の孫は、初めての女の子で、とてもかわいがっていました。

 3番目の孫は病弱なことを心配していました。

 そんな末っ子を「学校休まなくなったなあ」と言い、
安心するようになったころ、じいちゃんの体がむしばれていることが分かりました。

 私は子供たちに事実を伝え、3人はじいちゃんとの時間を大切に過ごしました。
育メンじいの役も、一段落ついたから、いとしい人のところへ行く時間になったのでしょうか。

 15年前、事故で突然旅立った義母の分まで時間を取り戻すかのように、
孫3人が見守る中、じいちゃんは静かに逝きました。

 今ごろは義母と再会、孫の話で盛り上がっているでしょうね。
孫を抱いた感触、笑ったり叱ったりしたこと、たくさんお話ししてくださいね。

 私は義父なしには育児ができなかったと思います。
お疲れ様でした。ありがとうございました。


 以上です。


 確かにこの嫁さん、ご自分で書かれているように鬼嫁かも?(笑)
この育メンじいちゃんは、孫の手助けが出来て喜んでいらっしゃると
思いますが、私なら「NO」です。

 子育て終えて、やっと自分の老後を楽しみたいと思ったら、
今度は孫の面倒を見させられる。
年寄りは暇だと思っているから、嫁さんは遠慮なく色々頼んでくる。
それも大切な孫だから、当たり前のように思って。(苦笑)

 自分には仕事があるから、暇なおじいちゃんは手伝うのが当たり前と
思っているのかな?
おじいちゃんは暇でも、自分の時間を楽しみたいのです。
たまには孫のために、手伝うのもやぶさかではないですが。

  私は子育ての時代に、親をあてにしないでやってきました。
その分かみさんは負担が大きかったと思いますが。
おじいちゃんを、育メンじいちゃんにして欲しくないです。(苦笑)


 ただこの作文を読んでいますと、ご主人の事が一言も書かれていません。
ひょっとして、育メンじいちゃんが手伝わないと生計が成り立たなかったかも
しれませんね。









夢で逢えたら 薬師丸ひろ子 作詞・作曲 大瀧詠一
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

長年使っていた枕が臭くなったので買い換えました。

2017-09-27 05:28:13 | 日記


 写真はテンピュールのHPからです。ミレニアムネックピローです。

 15年間ぐらいテンピュールのミレニアムネックピローを使用していました。
先日かみさんが「押入れが臭いのは、お父さんが使っている枕のせい」と言いました。(苦笑)
15年も使っていれば、汗が沁み込んで臭くなりますし、低反発の効果もあまりなくなっていました。





 オリジナルネックピローです。



 かみさんが新しい枕を買ったらというのでアマゾンで調べたら、私が使っていたミレニアムネックピロー
とサイズが同じなのに値段が2000円ほど安いオリジナルネックピローという枕がありました。

ミレニアムネックピローは、首筋が安定できるように真ん中あたりが凹んでいます。
ただ夏はその凹みのせいで、とても暑いです。
値段も少し安いので、今回はオリジナルネックピローを注文しました。
25日の月曜日に到着しました。

 使い心地は、25日と26日の2日使用しましたが、よく眠れました。
頭を乗せると沈むこともなく、快適です。(笑)
お金がないのでカバーを買っていませんが、カバーを買った方が長持ちするように思います。







ビリー・バンバン / また君に恋してる(ビリー・バンバン ヴァージョン)
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

3大成人病と言われるガン・心筋梗塞・脳卒中の一つで死ぬところでした。(苦笑)

2017-09-26 05:35:11 | 日記
 先週の金曜日 血液検査の結果を聞きに、内科病院へ行ってきました。
健康診断は20年ぐらい受けていませんので、どのぐらい悪いのか多少心配でした。

 健康診断を受けなくなったのは人間ドッグを毎年1回受けていましたが、いつも再診になるのです。
再診の結果、3回とも問題ないという結果が続きイヤになってしまいました。
再診の結果がわかる2週間?ぐらいが落ち着かない日々だったからです。

 後押ししたのは健康診断を受けても、受けなくても平均寿命は変わらないという説でした。
まぁ、自分が体調が悪いと自覚して病院へ行った時は、手遅れかもしれないと思っていました。

今回の高血圧で心臓肥大になったのは、健康診断を20年も受けなかったので自業自得だと思っています。
幸いにも危ないところで助かりましたが、このまま医者に行かなかったなら、
心筋梗塞になっていたでしょうね。(苦笑)

 3大成人病と言われるガン・心筋梗塞・脳卒中の一つで死ぬところでした。(苦笑)

 降圧剤を飲むことによって血圧は上が120台前半に下がりました。
動悸はまだまだ治っていないですが、寝ている時はそんなに動悸がしなくなり眠れるようになりました。

 ところで血液検査の結果ですが、20年ぶりなどでどのような数字が出るのか
心配でしたが、思ったより悪くなかったです。

 朝晩のおやつに、あんドーナッツを食べ、砂糖たっぷりのコヒーをいつも飲んでいましたので、
糖尿病の可能性はあるかなと思っていましたが、問題なしでした。

脂質の総コレステロールとLDL-コレステロールが基準値より、少し高かったぐらいでした。
LDL-コレステロールは、悪玉菌と呼ばれているそうでそれが多少多いようです。(苦笑)
あと1つは腎臓のクレアチニンが少し高かったです。
先生からは「もっと水を飲むように」と言われました。
あとの項目は全て基準値内でした。

 脳の検査とガンの検査は受けていませんが、ひとまず心臓以外あまり問題ないと思いました。



 ところで昨日の朝 ジムへ行って体重を計りました。
ダイエット宣言した9月4日が、80、5キロ。
昨日の9月25日が、77、82キロでした。
細かい数字ですが、3週間で2、68キロ減でした。(笑)

 予定以上の進行状況です。
ところが、昨日の3時頃かみさんがジムから帰ってあんこの缶詰を開けて、あんこをいっぱいトーストにつけて食べていました。
ジムから帰ると甘いものが食べたくなるそうですが、よりによって私の大好きな
あんこを私の目の前で食べなくてもいいのにと思いました。(苦笑)








ビリー・バンバン - ずっとあなたが好きでした
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加