団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

寄付は必要ではなく、温かい言葉やコーヒーを一杯くれれば、十分なんだ

2017-05-27 04:00:51 | 日記
 昨日の中日新聞朝刊に「救助のホームレス 称賛」という記事が載っていました。
タイトルは、英テロ「助けに行くのが本能」





【マンチェスター=小嶋麻友美】英中部マンチェスターの自爆テロ事件で、救助に走ったホームレスの男性二人への称賛が広がっている。
二人の生活を助けようと、インターネット上で寄付サイトが開設された。 
 英PA通信によると、現場のコンサート会場で来場者らに小銭を求めていたクリス・パーカーさん(33)は
白い光と煙を目にし、自身も爆風に吹き飛ばされた。
 両足を失った女の子を売り物のTシャツでくるみ、
頭や足に傷を負った六十代の女性は介抱のかいなくパーカーさんの腕の中で亡くなった。

「涙が止まらない。特にショックなのは子どもの(多い)コンサートだったことだ」と語った。
 近くで寝ていたスティーブ・ジョーンズさん(35)も子どもたちの元に走り、
顔や腕からガラス片などを抜いた。

 英民放ITVに「僕はホームレスだけど人間だ。誰かが困っていれば助けに行くのが本能だ」と振り返った。

 二十五日までにパーカーさんの支援に約四万五千ポンド(六百五十万円)が寄せられた。
ジョーンズさんには住居提供の申し出があり、ITVに「刑務所に入り、ドラッグもやった。
でもこの機会にもう一度人生をやり直したい」と感謝しつつ、
「正直、寄付は必要ではなく、温かい言葉やコーヒーを一杯くれれば、十分なんだ」と目を潤ませた。

 以上です。


 
 スティーブ・ジョーンズさんの写真を拝見して、この男性がホームレス?と思いました。
若かりし頃の映画俳優 ポール・ニューマンを思い起こしました。

ホームレスなってしまった方には、いろんな事情があるでしょうね。

 「僕はホームレスだけど人間だ。誰かが困っていれば助けに行くのが本能だ」。
会場近くで寝ていたホームレスさんですが、いざ人が困ったら助けに行く!
本能と言われていますが、正義感が強い方だと思いました。

>「正直、寄付は必要ではなく、温かい言葉やコーヒーを一杯くれれば、十分なんだ」


 チャップリンの映画の中に、「人生には勇気以外の何物も必要じゃない。それに想像力だ。
・・・・・・そうそう、そのうえに、お金をちょっぴりな」という名言があります。
それを思い起こさせる、素晴らしい言葉のように思いました。

 スティーブ・ジョーンズさんの、人間としてのプライドを感じました。





Diana Ross If we hold on together
コメント
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

年寄りは、早く寝るようで。(笑)

2017-05-26 04:15:11 | 日記
 先日 かみさんが「高橋真梨子のコンサートを頼んで」と言ってきました。
朝刊の広告に、名古屋で高橋真梨子さんのコンサートが行われるという案内が載っていました。
「小田さんのコンサートは、今年はないね」と言いましたので、
「今年はないよ」と言いました。
9月先行発売のチケットをネットで申し込みました。

 夕方 散歩がてら、コンビニへチケット代金を払いに行きました。
どこかのおじさんが店先でタバコを吸っていました。

 チケット代金を払って店を出ましたら、おじさんがまだタバコを吸っていました。
よく見ると知り合いでした。(笑)

 以前 私の住んでいる団地に住まれていて、通勤電車でよく乗り合わせた方でした。
私より1歳年下で、体型も昔とあまり変わっていらっしゃらないので、間近に見るとお若いですが、
遠くから拝見するとおじさんですね。(笑)

 なんでも散歩の途中だそうで、このコンビニでちょっとしたお酒を買って飲んでいたとのことでした。
確かに暑いので少し飲みたくなるのはわかりますが、せっかくウォーキングしてもお酒を飲めば、
チャラなってしまうのではと余計なことを思いました。(苦笑)
これからの季節は、どうしても酒好きは飲みたくなりますよね。

 毎日散歩されるそうです、それも散歩する道はいつも別の道を歩くようにされているとのことです。
同じ道だとどうしても飽きますよね。

 家へ帰ってから食事をして、少し飲んでから9時には寝ると話されましたが、
私と同じで寝るのが早いと思いました。(笑)

 私は飲まないですが、食事を済まして風呂から出るとすぐに眠たくなります。(苦笑)
取り立ててやりたいこともないので、眠たくなってしまうでしょうね。
年寄りが早く寝るのがよくわかります。(笑)





高橋真梨子 五番街のマリ- へ
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

神対応する4歳の息子さん。

2017-05-25 04:46:17 | 日記
  中日新聞の読者投稿欄に33歳の主婦が「幼い息子に慰められた涙」というタイトルで
投稿されていました。

 

 幼稚園の年中組になった4歳の息子が、園で泣いている子に優しく
声を掛けていると聞いた。
私も落ち込んでいたとき、息子に慰められた経験がある。


 息子が3歳だったある夜のこと。
私は体調が優れず家事が思うようにできず、泣けてしまった。
それを見た息子が近づいてきて、
「落ち着いて、落ち着いて」と声を掛けてくれた。
意外な行動に驚きながらも、私は涙を止めることができずにいた。

 さらに息子は「どうしたの?泣いてるの?よしよし」と
頭をなでたり、背中をさすったりして私のそばから離れなかった。
「もうすぐパパ帰ってくるでね。大丈夫」と私を安心させる言葉も掛けてくれた。
しばらくして帰宅した夫に息子が「ママがさっきそこで泣いてたよ」と
報告したことにも驚かされた。

 まだ小さいと思っていたわが子だが、いつの間にか
こんな優しい気持ちを表せるまでに成長していたことに
気付いて、私は胸が熱くなった。


 以上です。


 こんな神対応する子供さんっているの?
信じられないです。
3歳、4歳って、記憶にないですが、自分のことで精一杯ではないでしょうか。
幼稚園の仲間やお母様を慰めるなんて信じられません。

 考えられるのは、お母さんが自分を癒してくれた時の対応を
覚えていて、慰めてくれたとか、テレビなどで親が子供を
癒しているシーンを記憶していて、それを実行したとか。

 でも、素晴らしいお子様ですね。
このまま思いやりのある大人に成長してほしいです。








for you 高橋 真梨子
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

その美しい横顔 姉のように慕い

2017-05-24 04:17:57 | 日記
 中日新聞の読者投稿欄に62歳の男性が「『学生時代』思い出重ね」というタイトルで投稿されていました。


 4月に亡くなった歌手ペギー葉山さんの代表曲は「学生時代」。
歌詞に図書館という言葉が出てきて、図書館で10年余り勤務し、
今も複数の新聞小説を読むため毎日通う私には特別な思い入れがある曲だ。

 この曲には「懐かしい友」「カバン」「ノート」「恋」「本棚」
「テニスコート」など、学生時代を思わせる言葉がちりばめられている。
今聴いても、10代の学生時代に戻りたいという思いに駆られる。

 テレビのペギーさんはいつもすてきな笑顔で歌っていた。
追悼番組を見て思わず涙がこぼれた。
本紙夕刊「この道」に連載していたと聞くが、今では読んでいないことが
残念でならない。
長きにわたり、素晴らしい笑顔と歌をありがとうございました。


 以上です。


 私もペギー葉山さんを最近までテレビで見ましたので、亡くなったとのニュースが
流れた時は驚きました。

 ペギー葉山さんの「学生時代」は、高校生の頃、よく口ずさみました。
3番の「その美しい横顔 姉のように慕い」という歌詞の部分が、どういう訳か好きでした。(笑)

 図書館へ行ったことはあまり多くなかったですが、高校の夏休みには暑くて勉強する気が起こらず、
図書館に行ったこともあります。
たまたま私が好きだった女の子が斜め向かい側に座っていました。
参考書を開いたのですが、いつの間にやら寝てしまいました。
せっかく偶然に彼女に会ったのに眠ってしまうなんてと後悔した思い出があります。(笑)

 ペギー葉山さんの「学生時代」は、青春の1ページです。















ペギー葉山 学生時代
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

家事のやり方で妻怒る

2017-05-23 05:15:38 | 日記
先日かみさんが「ちょっとこの記事を読んだら」と言いましたので、
「女の気持ちが書かれているの」と訊いたところ、「そうよ」と言いました。(苦笑)

 

 それは読者のお悩み相談を、読者が返答するスタイルの記事でした。
内容は、「家事のやり方で妻怒る」のやさしい夫さん(5月6日付)へ。

 前回の相談の記事を読んでいませんが、
家事のやり方で奥様が怒るので、どうしたら良いかという相談だったと思います。


 まずは岐阜の63歳の男性からのアドバイス

 家事の分担は、奥さんの要望を聞くことが大事です。
私は退職後に男の料理教室に通ってハンバーグやカレーの作り方を覚え、
週に何度かは作っています。
大事なことは、洗い物など、後片付けまで自分でやりきることです。


 次に愛知の63歳の女性からのアドバイス

 家事をやろうとする気持ちはすばらしい思います。
ただ、妻は自分のやり方と違うと結局やり直して
2度手間になり、カチンと来てしまうものなのです。
だから奥様のやり方には従った方がいいと思います。
洗濯物の畳み方なら「どうやって畳んだらいいの?」
と奥様に聞いて、まずはお手本を見せてもらってから
行動してみては。


 最後に愛知の55歳の女性からのアドバイス

 あなたの「手伝っている」という認識が、
妻をカチンとさせるのではないでしょうか。
中途半端に手を出すだけなら、妻のやり方に従う方がいいです。
家事の先輩である妻に素直に教えを請えば、
気持ち良くやり方を教えてくれるのではないでしょうか。
家事を「分担」するという主体性と責任を持てば、
奥さんはやり方が違っても文句を言わないのでは。
「洗濯物畳は毎日必ずやる」とか、
「食事の用意から片付けまで全部やる」とか覚悟を見せるといいと思います。


 以上3人さんからのアドバイスです。



 かみさんが「記事を読んだら」と言ったのは、最後に書かれていた
愛知の55歳の女性のアドバイスを読め!ということではないかと思いました。

「中途半端に手を出すだけなら、妻のやり方に従う方がいいです。」ということを、
言いたかったのかな?

 どうしても「手伝っている」という認識はありますよね。
「家事を『分担』するという主体性と責任を持てば」、なんて言われてもねぇ。
そんな覚悟は持てません。(笑)

 かみさんは「やり方」を指導してくれますが、私は1度や2度教えられても覚わりません。
かみさんは「効率よくやりなさい」と良くいいますが、別に急いでいるわけでないので、
効率よくやる必要はないと思っています。
こちらが教えを請うた場合は別ですが、かみさんの流儀と違っても、何ら問題ないと
私は思います。(苦笑)










♡セカンド・ラブ♡
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加