団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

何かしら病気を患った同僚ばかりです。

2017-01-24 04:10:14 | 日記
先週の土曜日の夜7時すぎに元の会社の同僚に電話しました。
6〜7年ぶりかな?
以前 JRの主宰するウォーキング大会に誘われて以来の電話での会話でした。
お正月に電話した元の会社の同僚が「〇ちゃん(彼はちゃん付けで呼ばれていました)入院していたよ」と
聞きましたので、様子伺いで電話しました。

 本人が直接電話に出ました。
入院していたのは、左耳が突然聴こえなくなったからだそうです。
入院しましたが、結局は治らなかったそうです。
医者からは「来るのが遅かった」と言われたようです。
原因はよくわからないそうですが、ストレスか老化かな?

 彼が「〇〇さん(私のこと、私の方が年上ですので、さん付です)は、どこも悪くないの?」と
訊きましたので、
「何十年も健康診断を受けていないので分からない。ある日突然倒れるかもしれない」と
言いましたら、あきれていました。(笑)
彼は血圧も高いので、降圧剤を飲んでいるそうです。

「『医者が飲むのをやめてもいいよ』と言うまでは飲んだ方がいいよ。
〇〇ちゃん(お正月に電話した同僚)も薬を飲むのをやめてしまったので、脳梗塞で
倒れたから」と言いました。

 車を運転しているとのことですが、左耳が聴こえなくて一番困るのは救急車がどちらから来ているかわからないことのようです。
救急車に道を譲らなければいけないのでどちらから来るのか音で判断しなければいけないですが、
片耳だけですと判断が難しいようです。

 彼は毎朝ラジオ体操をしに近くの公園へ行くそうです。
このラジオ体操に元の会社の後輩もやって来るそうです。
でもここ半年前ぐらいに胃がんを患い、胃の半分を手術してからは顔を出さないそうです。
まだショックが癒えていないようです。

 正月以降 元の会社の同僚に電話すると、何かしら病気を患ってます。
お互いそのような年齢になったのを実感します。(苦笑)

 彼は今までずっと独身です。
ウォーキング大会に出席して親しくなった女性がいるようです。
彼は穂高に一度行ってみたいと言いましたので、
私がその女性を誘ったらと言いましたら、
「あんなおばさんをか」と言いましたので、
「幾つなの?」と訊きましたら、
「俺より三つ下」と言いましたので、
「年下ならいいじゃないか」と、言いました。
「○ちゃんだって67歳だから、おじいちゃんじゃないの」と言いました。
男はいつも若い女性に目がいくものですね。(笑)

 「また電話をくれ」と言いましたので、
「3ヶ月ぐらい経ったら、様子伺いの電話をするわ」と言って、電話を切りました。






永井龍雲・帰りの電車.wmv
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

俺はいつも優しい

2017-01-23 03:40:18 | 日記
先日の夜 布団を敷きました。
かみさんは座布団を足枕にしていますが、座布団が「冷たい!」と言って、今は使っていない枕を足枕にしました。
朝 私が布団を押入れにしまう時に、枕が足に置かれていました。
使っていない枕を足枕にしたことに気づきましたので、
その日の夜 布団を敷いた時に足元にいつも使っている座布団ではなく枕を置いてきました。

 かみさんが寝る前、足元にいつもの座布団ではなく、枕が置いてあることに気づき、
「枕を置いてくれたの」と言いましたので、
「『座布団は冷たい!』と言っていたので」と答えますと、
「優しいねぇ」と、言いました。

「俺はいつも優しい!」と言いましたら、
「自分で言うの」と言いましたので、
「自分で言わなけりゃ、誰も言わない!」と、言いました。(笑)

 かみさんが「ジムの人たちも、優しそうなご主人って言うからね」と、言いました。

 見た目は優しそうに見えますが、実際は優しくないですが。(笑)








松山千春 恋心
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

確定申告に税務署へ行ってきました。

2017-01-22 04:18:20 | 日記
  1昨日 税務署に確定申告に行ってきました。
8時半から税務署は開きますが、8時20分ごろに着きましたのでまだ開いていませんでした。
玄関先にはすでに人が並んでいらっしゃって、私は9人目でした。

 8時40分ごろから個人申告相談会が始まりました。
1番はシニアの女性でした。
指導の職員さんがまだ一人しかいらっしゃっていなかったです。
50分ごろに3名の指導員さんがいらっしゃってピッチが早まりました。

 そうこうするうちに女性3名の指導員さんが9時半ごろ来られました。
中年の女性職員さんに番号を呼ばれまして、パソコンの前に着きました。
「パソコンをやられますか?」と訊かれましたので、「やってください」とお願いしました。
去年まで歳とった男性の職員さんが担当になり、私にやるように勧めましたが今回は様相が違っていました。
歳とった素人さんに無理やりやってもらうより、税務署側がやった方が早いと方針が変わったのでしょうか?(笑)

 まずは利用者識別番号と暗証番号を職員さんに訊かれました。
書類を見ながら答えました。
これで私の住所が自動的に出ます。
一昨年 私は暗証番号を書いた資料を忘れました。
歳をとった男性職員さんは住所を手で入力しなくてはいけないので嫌そうな顔をされました。
「私が住所を入れましょうか」と言いましたら、ニコッとされて「そうして」と、言われました。(笑)
税務署の職員さんも男性で歳を召された方は、あまりパソコンが得意ではないようです。

 次に通知カードの個人番号を訊かれました。
今年から12桁の通知カードの個人番号が必要です。
配偶者控除の為、かみさんの個人番号も必要でした。
「奥様の名前を入れてください」と言われました。
数字入力はそなえつけられていたテンキーパッドで入力されましたが、
文字は苦手のようです。
どうも臨時職員さんのようでした。
私がかみさんの名前を入力しました。

 年金の源泉徴収票から介護保険料と国民健康保険料を入力されました。
生命保険料の金額を教えました。
それで終了されてしまいました。

 納める金額がゼロでした。
かみさんが65歳になって本格的に年金をもらうようになって、私の加給年金がもらえなくなりました。
年金が年間35万近くも減りました。(痛)

 女性職員さんが「ゼロですが申告されますか?」と訊かれました。
税金がゼロの場合、申告しなくても良いようです。
「申告します」と返答しました。
何か必要資料がいる場合、困るかもと思ったからです。

 女性職員さんに「まだ医療費がインプットされていないですけど」と言いましたら、
隣の女性職員さんに相談されました。
こちらの女性職員さんは正職員さんのようでした。
途中からやり直しできるようで医療費合計金額を入力されました。
正職員さんは医療費の領収書を所々チェックされました。
私がパソコンで作った医療費一覧表を「頂いておきます」と言って、資料に貼り付けられました。

 これにて終了しました。
家へ帰ったら、10時ちょっと過ぎでした。

 還付金がないのは寂しいですが、これで平成28年度の作業が全て終わったように思いました。(笑)









ラブ レターズ
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

子供達を初めて連れて行った映画

2017-01-21 05:33:37 | 日記
アニメの「タッチ」。
日曜日の夜7時からのテレビ番組。
私とかみさんと息子と娘、4人で毎週見ていました。
「タッチ」の映画も子供達を連れて行きました。
懐かしい番組です。
去年「タッチ」のタイトルに関してネットで下記のような事が書かれていました。




『タッチ』のタイトルの由来にファン衝撃「驚きすぎて声も出ないわ(呆然)」

 スポーツ漫画の不動の名作、あだち充の『タッチ』。誰もが知っている同作だが、
2016年10月12日(水)発売の『月刊少年サンデー(ゲッサン)』で明かされた
同作の名前の由来に「まじかーーー! この事実は結構ショック(笑)」
「まさかそんな意味があったとは…震えたわ」とファンに衝撃が走っている。

 同誌では、覆面漫画家・カメントツがあだちにインタビューしているのだが、
「なんで『タッチ』で上杉和也を殺したの?」というド直球な質問から始まっている。
あだちは「最初から殺すつもりだった」とこちらも直球かつ驚愕の事実をさらりと返答。
さらに「タイトルの『タッチ』は『バトンタッチ』の『タッチ』だからねぇ。」と、
天地がひっくり返るような事実を明かすのだ。

 あだちは、当時の担当編集者から「人気のあるキャラだから殺すな」とさんざん釘を刺されていながら、
原稿を置いて行方をくらましたと当時のことを振り返っている。
これにファンからは「タイトル決める時点で決まってたのかー! 鳥肌立った」
「和也が死んで飯が喉を通らなかった俺は、あだち充の手のひらの上で踊らされてたんだな」
「驚きすぎて声も出ないわ(呆然)」といった声が。

 上杉和也の死については今さら言うまでもないことだが、
甲子園出場予選の決勝の日に子供をかばってトラックにはねられてしまう。
その後、上杉達也が和也の代わりに浅倉南の夢を叶えるため甲子園を目指すのだが、
この選手交代が「タッチ」だったと、夢中で読んでいた当時、一体何人が気付いただろう。

 爆笑問題のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』では、
『週刊少年サンデー』の現編集長・市原武法が当時のことを語っている。
和也の死にそうな雰囲気を嗅ぎ取った当時の編集長に
「死んだら載せない」と言われた担当編集者が、
死ぬことを知っていながら「死ぬわけない」とウソをついたと明かしている。

 ショックを受けたファンは多いようだが、和也が死ぬのはコミックスで言えば26巻中の7巻目。
ここから話は盛り上がっていくため、あだちの描いたとおり見事にバトンタッチできたのかもしれない。

以上です。



「タイトルの『タッチ』は『バトンタッチ』の『タッチ』だからねぇ。」
そうだったんだ!
「タッチ」は触れるとかさわるのタッチだと思っていました。(笑)
当時の編集長から「人気のあるキャラだから殺すな」と言われても、作者のあだちさんは
殺してしまう。
あぁ残念!

 「タッチ」は子供達を初めて映画館へ観に連れて行きましたが、
それが最初で最後になりました。
とても印象深いアニメでした。
 孫が引き続いて「タッチ」の単行本を読んでいます。(笑)



Touch タッチ amv
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

社会に恩返ししたい

2017-01-20 04:35:01 | 日記


 先日の中日新聞に金メダリストの岩崎恭子さんのお父様で勝稔(かつとし)さん(74)のことが書かれていました。
勝稔さんは74歳にして、ゼロ〜10歳の3人の里子を自宅で預かり育てていらっしゃるとのことです。

虐待や経済的理由などで実親と暮らせない子どもが増える中で、里親のなり手が増えてほしいと願い、
昨年、体験記も出版されたそうです。

 下記が記事の内容です。

 「じいじ、おんぶ」。
自宅の庭で勝稔さんに甘えるヒトミちゃん(3つ)。
その周りを、小学四年生のアキラ君(10)が元気に走り回る。
一見「おじいちゃん」と「孫」のようだが、二人とも勝稔さんと妻の真知子さん(68)が
育てている里子だ。
もう一人の里子、9ヶ月のアヤカちゃんはハイハイが上手。
「子どもの成長が生きがいです」。
勝稔さんの目が優しい。

 「今まで生きてきた中で、一番幸せです」の名セリフで有名な金メダリストの次女・恭子さんを含め、
夫婦には娘が3人おり、長女は同居している。
40代で白血病になり、抗がん剤治療を3年続けた勝稔さん。
子育てが一段落した頃、闘病生活を多くの人に支えてもらった経験から、
社会に恩返ししたいと里親になることを決めた。

 2004年に県の児童相談所に里親登録。
最初は児童擁護施設で暮らす子どもや、児相が緊急保護した子供を
数日〜2週間程度預かる活動から始めた。
体にあざがあり虐待が疑われる子や、別々の施設に引き取られる兄弟がいた。
「家庭に恵まれない子どもたちに、普通の生活を送らせてあげたいと思った」と
勝稔さんは言う。

 06年に児相から依頼され、生まれたばかりのアキラ君を預かって本格的な里親生活が始まった。
13年にはヒトミちゃん、昨年にはアヤカちゃんが、いずれも生まれて1週間程度で家にやってきた。
子どもたちを育てるのは、実親が引き取る準備ができるまでの約束だ。

 アキラ君とヒトミちゃんは、勝稔さんのことを「じいじ」と呼んでいる。
「『里親をしているなんてすごい』とよく言われるけど、自分は普通のじいさん」と
勝稔さんは笑う。
一番うれしかったのは、ヒトミちゃんが「大きくなったら、じいじと結婚する」と
言ってくれたこと。
お正月は娘や孫たちも勢ぞろいし、にぎやかに過ごした。
近所の人も子どもたちの声がしないと心配してくれるほど自然に受け入れてくれている。

 昨年、体験記「74歳、今まで生きてきた中で一番幸せです!」(三五館)を出版。
里親のなり手が増えてほしいとの願いを本に込めた。
勝稔さんは「虐待が増える中で、里親制度を浸透させて、社会全体で
子どもを育てていくことが大切です」と話す。

 以上です。


 

「『里親をしているなんてすごい』とよく言われるけど、自分は普通のじいさん」と
勝稔さんは笑う。

普通のじいさんが里親なんてできるでしょうか?
私なんて1000万円もらってもお断りです。
70歳過ぎてから9ヶ月、3歳、10歳の子どもを育てるなんて、体力的にとても無理です。
社会に恩返ししたいとのことで里親を始められたようですが、さすが金メダリストのお父さんだと
感心しました。
とても真似できないです。

 金メダリストの恭子さんはお父様似のように思いました。(笑)
 








GIGLIOLA CINQUETTI - A LAS PUERTAS DEL CIELO español YOU TUBE.
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加