団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

家事を分担しなければいけないという気持ちは持ってます。

2010-02-28 08:17:00 | 日記
今朝は朝から雨模様です。天気予報によると、午後からは晴れるらしい。

休みが雨だと一日損をした気分になる。

早いもので2月も今日で終りです。

ところである雑誌に、最近の若いご主人は家事の分担を引き受けているから良い。

70歳以上のご主人は逃げ得というか、今更云っても仕方がないと奥様があきらめているから良い。

40代から60代のご主人はそうはいかない。
それなりに家事の分担を引き受けないと奥様と上手くやっていけないと書いてありました。

昨日スーパーから食料品を買い、いつものように食卓まで買物袋に入れ運びました。

家内が、中村メイコさんはご主人に買物袋から食料品を取り出すことまでやっていただいていると話しました。

買物袋から食料品を取り出し、冷蔵庫に整理しながら入れるのは結構大変なようだ。

せめて食料品を買物袋から出して欲しいとの要望だと受け取りました。

次回からは忘れずに行いたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真央ちゃんの凱旋パレードを観たい!

2010-02-27 09:03:00 | 日記
昨日のどしゃぶりの雨も止み、今朝は多少風は強いものの気持ちの良い日になりました。

昨日の浅田真央ちゃんは、残念でした。

なんでもオリンピック女子フィギュアの優勝者の衣装の色は、ブルー系の衣装を着た人がなるというジンクスがあるらしい。

今回のキム・ヨナさんも、前回優勝者の荒川さんもブルー系の衣装でした。

真央ちゃんは赤系の衣装でしたが、今回もジンクスが生きていました。

次回もブルー系が続くかな?

ところで、河村名古屋市長が浅田真央ちゃんが金メダルを取ったら、名古屋で凱旋パレードを行うと云っていました。

今回、真央ちゃんは残念ながら銀メダルでしたが、それでも河村市長さんは、凱旋パレードを行うと当初の発言を修正しました。

ぜひ凱旋パレードをやって欲しいです。
真央ちゃんを観てみたいです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚えておいて欲しい!

2010-02-25 08:49:00 | 日記
ブログにも書きましたが、先週の土曜日 家内の父親の13回忌と母親の37回忌でした。

家内の母親は59歳と若くして亡くなりました。

法事の際、母親が亡くなった時に幼稚園児だった甥に家内が、「お祖母さんの事覚えている?」と尋ねたところ、「覚えていない!」と云われたとのことでした。

孫達の記憶に残るには、少なくとも小学校の高学年くらいまでは生きていないと、覚えておいてもらえないと思いました。

あと10年は生きたいですね!

せめて孫達には、私がこの世にいたことを覚えておいて欲しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

検察の横暴は、民主国家の敵だ!

2010-02-24 17:11:00 | 日記
検察というのは正義の人の集団でないということが、最近世間に知れ渡ってきた。

自分達が作ったシナリオに基づいて、無実の人間に罪を着せることがあるのです。


この典型的な事件が、最近起こった厚生労働省の文書偽造事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた元同省局長村木厚子被告の事件です。

検察側は、実体のない「凛の会」を障害者団体と認める証明書の発行を村木被告が部下に指示し、同会に渡したとしていたが、部下の上村同省係長が、村木被告から指示されたのではなく、自分が作成し、凛の会の会員に渡したと、本日の公判で証言しました。

週刊誌によると、検察は民主党の有力議員をこの事件をきっかけに引っ張りだしたかったようですが、完全に自分達のシナリオが今回の上村被告の証言により、覆されてしまいました。

村木厚子被告は無罪に間違いないのですが、検察がいつまでも自分達の誤りを認めないならば、長期の裁判になる可能性もあると思います。

村木被告は順調に出世街道を駆け上がっていたのに、検察によって自分の人生を壊されてしまった。

検察にこのような横暴は許されるでしょうか!

早急に取り調べの全過程を録画・録音する可視化法案を成立させないと、無実の人が犯罪者にさせられるのを防げない!

今回の検察の横暴さは、民主国家の敵だと思える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さっさと一人で行かないで!

2010-02-24 07:52:00 | 日記
今朝の朝刊のコラムにご主人が「美術館に行こう」と誘ってくれたのはいいが、ごみ出しをしている間に夫は一人でさっさと駅へ。
結局、別々に美術館へ行くはめに。
結婚して36年たっても、あなたの行動は読めません。という笑い話が載っていました。


私の義姉の話によると、義姉のご主人も観光名所に一緒に行った際、義姉があちらこちらみやげ物店を見ていると、さっさと行ってしまい、追いつくのに苦労する。
自分の父親もそうだったので、私はそういう運命に生まれたのかなと嘆いて見えました。

ちなみにその父親は家内の父親ですが、家内からも幼い頃、名古屋に遊びに連れて行ってもらっても、父親がさっさと行ってしまうので、子どもの足で追いつくのに苦労したという話をしていました。

最近、夫婦でウォーキングする方が多いですが、自転車などが横を通るので危ないというせいもあるでしょうが、横並びで一緒に歩く夫婦より、縦列で歩く夫婦の方の方が多いように思える。

その際は、ほとんどご主人が先頭を歩いてみえる。

私達夫婦は横並びで歩きます。横並びの方が会話ができるからです。

先日も散歩の途中で、きれいなピンク色に咲いた梅を観ました。

梅の横にある立て看板の名前を見てみると、「道標示(みちしるべ)」と書かれており、お互いに良い名前だと話しました。

健康の為だけでなく、季節の変わり目を味わうことも散歩の楽しみだと思っています。

折角、夫婦で散歩するのだから、横並びで歩いてみるのもいいと思うんですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加