団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

遅まきながら、お墓まいりに行ってきました。

2017-03-31 05:33:15 | 日記
 今日で三月も終わりですね。
昨日はとても暖かくて春用のジャンバーを取り出しました。(笑)

 投稿文に書きましたように、月曜日に孫が怪我をしました。
かみさんの花粉症がひどくお彼岸に墓参りに行っていませんでしたが、孫が怪我したとなると
墓参りに行ってないのが気になり、火曜日の午前中に、墓まいりに行ってきました。
 お墓の近くのドラッグ・ストアでお花を買って。

私一人で行ったということは、車を運転できないので、ケッタマシンで行きました。
風は強かったですが、快晴で暖かかったです。

 先週の日曜日息子から電話があって「お墓まいりはどうするの?」と訊いてきましたが、
「お母さんの花粉症がひどいので、多少良くなってからにする」と答えました。
息子一家とは早めの休日に一緒に行こうと思います。

 お彼岸も終わっていますので、墓参りに来ていた人は、私ともう一家族だけでした。
あちらは命日で来られていたかもしれません。

 墓には雑草がたくさん出ていました。
30分ぐらい雑草とりをしましたが、半分程度でやめました。
少し見栄えが良くなったので、自分でここまでで良いと判断しました。(笑)

 今度息子一家ときた時に、もう少し雑草をとりたいと思います。








ブルーヴェルヴェット/ボビー・ヴィントン
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

孫がドブに落ちて怪我しました。

2017-03-30 04:18:45 | 日記
今週の月曜日の3時頃 いつもの喫茶店からもう少しで私の住んでいる団地に着くという時、携帯電話が鳴りました。
かみさんからの電話で「今どこにいるの?」と訊いてきましたので、
「もうじき家につくところ」と言ったところ、
「〇〇(小5の孫)がドブに落ちて足を怪我した、これから行くところ」と言いました。
団地の駐車場のところに着くと、かみさんがやってきました。
「行く?」と訊きましたので、車に同乗することにしました。
なんでも中1の孫から1時半ごろ電話がありましたが、私は喫茶店へ出かけたところですし、
かみさんはジムに行っていたので連絡が取れませんでした。
嫁さんは仕事中は携帯電話を持っていないですし、中1の孫も連絡が取れず困ったと思います。

 かみさんがジムから帰ってから電話を見ると、息子の家から電話があったようなので、
電話をかけて見たところ、中1の孫が出て、小5の孫がドブに落ちて足から血が出て止まらないとの話でした。

 息子の家に着いて、小5の孫の足の状態を見ると血が流れていました。
嫁さんの携帯に電話して見ましたが、出ませんでした。(苦笑)
かみさんが風呂場で小5の孫の足を水で洗っているうちに、中1の孫の自転車を借りて近くのドラッグストアへ行きました。
焦っているので、ドラッグストアが遠くに思えました。(苦笑)
ドラッグストアで薬の棚を見ましたが、包帯はありましたが消毒液が見つかりません。
レジの女性に薬剤師さんを呼んでいただき、消毒液など1式取り揃えてもらいました。

 息子の家へ帰ったら、嫁さんが帰ってきていて「5時から外科病院が始まるので連れて行く」と言いました。
買ってきた薬は無駄に鳴りましたが、また使うこともあるでしょう。
とりあえずかみさんが傷口を洗ったあと、包帯を巻いたようです。
小5の孫は小3の孫と近所の友達の家の近くで野球をやっていて、ドブに落ちたようで友達のお母さんに
自宅まで送ってもらったようです。
かみさんの話では、傷口は相当深いとのことでした。

 夜の7時すぎに嫁さんから電話が入り、医者が見るなり傷口が深いということで5針縫ったようです。
昨日は病院が午前中ということで、かみさんが車で病院に連れて行きましたが、治るのに10日ぐらいかかるようです。
春休みの野球の練習には参加できないようです。

 それにしても春休みに入って3日目で怪我するなんて!
男の子3人もいると、何かしら起こりますね。(苦笑)






大人になりたい(日本語)/コニー・フランシス
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ヨメの顔が大好き。ヨメがほんとに好き。

2017-03-29 05:44:49 | 日記
 昨日 録画していた藤木直人さん、上田晋也(くりぃむしちゅー)さん、森泉さんがMCをされている「おしゃれイズム」を見ていました。
ゲストはタレントの藤井隆さんでした。
藤井さんはタレントの乙葉さんと結婚されていて女のお子様がいらっしゃいます。

 藤井さんは乙葉さんの顔が、大変お気に入りとの話でした。

「ヨメの顔が大好き。ヨメがほんとに好き。」
藤井さんは、妻で女優の乙葉(36)の顔が「すごい好き」と堂々と言い切りました。
これにはMCの上田さんも呆れていました。(笑)
結婚11年目に入られたそうです。


 でも私もそうですね。(笑)
結婚って、人生の選択で一番重要ですし、結婚相手って、一生付き合わなければいけないですよね。
自分の好みじゃない顔の人と妥協して結婚するなんて、私には考えられないです。
相手がこちらを気に行ってくれるかどうかは問題ですが。(苦笑)

 結婚相手は、顔じゃないと思っている方はそれはそれでいいと思います。
自分の好みですよね。(笑)






レッツ・メイク・ア・メモリー/クリフ・リチャード
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ご夫婦で手紙を読みながら、当時の思い出を語り合っていただきたいです。

2017-03-28 06:23:15 | 日記
 昨日に続いて中日新聞の投稿欄・発言のテーマは「さがしもの」です。
今回は89歳の男性が書かれたものです。タイトルは「結婚前 妻へ宛てた恋文」です。

 ダイヤモンド結婚式とも言われる60周年を一月に迎えました。
結婚前に妻へ出したラブレターの下書きを今探しています。

 妻は高校を卒業すると東京で呉服問屋を営む叔父の仕事を手伝っていました。
いとこ同士で幼い頃から仲良く遊んでいましたが、離れ離れになって寂しく思い、手紙を書きました。
封筒には、庭に咲いていた百日草やカーネーションの押し花を入れました。

 下書きをして、丁寧に清書しました。
3通ほど出しましたが、返事は来ませんでした。
結婚後、妻に聞くと、手紙を読んで愛知の様子を思い出し、うれしくなったそうです。
けれど手伝いで忙しかったり、体裁が悪かったりで返事は出せずにいたとのことです。

 下書きは本棚の本の間に挟んで残したつもりでしたが、見つかりません。
余計に探し物が読みたくなります。
妻は手紙をなくしてしまったよう。
二人の仲を結んだ手紙の下書きが見つかったら、夫婦仲良く語り合いたいです。

 以上です。


 このご夫婦、ダイヤモンド婚ですか!
お二人とも元気で長生きですね。

 私は金婚式を目指していますが、ダイヤモンド婚なんて、とてもとても。(笑)
このご主人は手紙に百日草やカーネーションの押し花を入れられたなんて、ロマンティストですね。
60年以上前のことだと思いますが、なんとか手紙の下書きが見つかるといいですね。
ご夫婦で手紙を読みながら、当時の思い出を語り合っていただきたいです。






コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

簡単なようで一番難しいのが夫への感謝の言葉

2017-03-27 04:40:01 | 日記
 昨日の中日新聞読者投稿欄に69歳の女性が「どう言おう 夫への感謝」というタイトルで
投稿されていました。


 簡単なようで一番難しいのが夫への感謝の言葉。
夫には「私のことをありがたいなんて思ったこと一度もないよね!」と愚痴ってきたけれど、
私も今まではっきり言ったことがあったかしら?
反省しています。

 結婚四十年目を迎えた十二日。
入院中の私は病室でもうすぐほころぶであろう桜並木を眺めていました。
退院したらどんな言葉をかけようかと思案しながら。

 「何度も入院してすみません」 「毎日洗濯物を取りに来てもらいごめんね」・・・。

以前のことも言わないと・・・。
「自由気ままな性格に合わせてくれてありがとう」かしら、
それとも「四十年前に私を選んでくれてありがとう」かな?

 夫が言った「数ある見合い写真の一番上を開いたらお前やった」を思い出して笑いながらも、
感謝の涙がこぼれ落ちてきました。
そこへ回診に来た医師は「もう少し、入院ね。頑張って」と。
言葉探しにはまだ時間をかけられそうです。


 以上です。

 

 入院していると人の温かみが身にしみますね。
奥様のご主人に対する感謝の気持ちがよくわかります。
奥様が書かれているように、「簡単なようで一番難しいのが夫への感謝の言葉」。
 なかなか言えないですよね。(苦笑)
今回は仰ると思います。

 私も30代、40代と椎間板ヘルニアで長期入院していましたが、かみさんに感謝の言葉を言っていません。
折を見て、言った方がいいですよね。(笑)









小田和正 本人 言葉にできない フル
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加