団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

久しぶりに友人と連絡が取れました。

2010-10-31 11:20:00 | 日記
昨日の夕方、久しぶりに前の会社の同僚に電話しました。
彼は以前ブログにも書きました家内との縁を結んでくれた男性で、私より三歳年下です。

電話で話をすると、彼は今年の6月に定年で退職したとのことでした。
できれば嘱託で残りたかったらしいですが、会社は人数削減を打ち出しており断念したとのことでした。

彼の上司から3月に嘱託の道はないので、有休が残っておれば使うように言われたとのことです。
ところが、修理部品の手配という仕事を、彼とパートの女性二人で行っていた為、自分が休むと彼女の負担が増すと思い、有休を取らなかったと電話で言いました。
ここが彼と私の違いで、私なら有休を消化します。会社は自分を必要としていない以上、後の事を考えるのが上司の仕事ですし、彼が有休を取らなくて仕事をしても、結局は7月には、彼に替わる人材が入ると思うからです。
電話では何も言いませんでした。彼の美学を私が否定する必要はないと思ったからです。

でも彼らしいなぁとは思います。
そのやさしさが裏目に出ているかも知れませんが、彼は独身です。
8月の半ばにも彼に電話しましたが、連絡取れませんでした。今回理由を聞いてみましたら、8月2日から一ヶ月入院していたとのことでした。
独り身で大変だったと思い、「だから結婚しろ!」と言ったのにと思わず言ってしまいました。
彼は若い頃結婚を考えていないと言っていました。
けっこう同世代の女性と付き合いがあったのに、その気がなくチャンスを失くしてしました。
縁ですから仕方ないですが、結婚できるチャンスがあったにもかかわらずしなかったのは友人として残念に思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしの歌手のコンサートに行ってきました。

2010-10-30 14:37:00 | 日記
昨日の昼、「同窓会コンサート」に岐阜まで家内と行ってきました。
メンバーは、1960年から1970年代に活躍した歌手で、チェリッシュ、フォーリーブスの江木俊夫、タイガースの加橋かつみ、オックスの真木ひでと、狩人の高道、あべ静江、柏原芳恵、あいざき進也と9名もの歌手が出演しました。

まず、あべ静江さんが「コーヒー・ショップ」を歌われたのですが、昔清純な感じの女性が、妖艶な女性に変わっていました。
でもサービス精神は旺盛で、客席まで降りてきて観客と握手を交わしながら、にこやかに澄んだ声で歌ってくれました。
フォーリーブスの江木俊夫さんは、太って見えるのですが、まだまだ中年の割には体形を維持されていて、昔のように可愛い顔でした。
チェリッシュの松崎さんは、ロマンスグレーの渋い男に変わられており、良い人生を過ごされていると思いました。
悦ちゃんは歳はとっても可愛らしく、良い奥様だということが、充分分かりました。
松崎さんが、僕たちの想い出の曲「白いギター」を歌いますと、曲紹介されましたが、私たち夫婦も「白いギター」は想い出の曲です。
新婚旅行3日目の夜、鹿児島の城山ホテルの部屋でテレビを視ていると「白いギター」が流れてきました。
ちょうど「白いギター」が流行り始めた頃で、家内とよく口ずさんだ歌でしたので、印象深いです。

驚いたのは、あいざき進也さんです。3日前に54歳になられたとのことですが、声もスタイルも30代です。
郷ひろみさんのように、いつまでも若い方です。
あいざきさんは都会の人だと思っていましたが、会場の岐阜市の出身ということで、更にびっくりです。

観客の多くは50代以上の方がほとんどで、なつかしいヒット曲に大いに盛り上がりました。
会場でペンライトが500円で売っていました。私の隣の60代半ばに見えるご婦人が休憩時間に3本買われて、そのうちの1本を曲に合わせて振ってみえました。
きっと自分の青春時代を思い出されて、楽しんでみえるのではないかなぁと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

用件はメールが楽ですね!

2010-10-29 10:54:00 | 日記
職場の仕事仲間と2ヵ月に一度昼食会を開催しています。
昼食会と言っても、気の合う男女2名づつの少人数で行っているだけなんですが。

日程と連絡は、なんとなく私が担当することになり、私が日程を決めて後の3人に電話連絡していました。

今回は、前回の昼食会で2名の方のメールアドレスはお聞きしていたので、連絡と日程の確認が楽でした。
もう1名の女性はメールアドレスをお持ちでないので、ご自宅の固定電話におかけしたのですが不在で、3度目に電話して連絡及び日程がOKかの確認が出来ました。

メールは気楽に打てますが、電話、特に固定電話で連絡する時は少し緊張しますね。
本人ではなく、ご主人が出られる可能性もあるので、より緊張します。
やはりメールは楽ですね。本人の予定を考慮しなくても、こちらの用件だけを打てば良いのですから。
便利な世の中になったものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男女間でも友人は出来る。

2010-10-27 10:08:00 | 日記
今朝は一段と寒いです。
今日の夕方は老人ホームで宿直作業ですが、ジャンバーで行かないと寒いかなと思っています。

ところで昨日職場で仲良くさせていただいている女性が、私の家まで旅行の土産を持ってきてくださいました。
折角わざわざ届けてくださったのにそのままお帰り頂くのは心苦しいので、近くの喫茶店でコーヒーを飲みました。
私はお金を持って出なかったので、土産を持ってきた彼女にコーヒー代を払って頂くという結果になってしまいましたが。
彼女、職場の先輩とちょっとしたトラブルを抱かえていますので、その件で話し合ったりしました。
私と彼女とは二ヶ月に一度もう後二人の男女併せて計4人で食事をしている間柄です。
お互いのつれ合いを知っていて、家内も承認の仲なので、気楽に付き合えます。

会社を辞めた頃はこのような友達ができるとは思っていませんでした。
昔は男女間で友人を作るのはむつかしいと思っていましたが、今は男女間でも友人を作ることは可能だと考えを改めました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ニューシネマパラダイス」は大好きな映画。

2010-10-26 11:26:00 | 日記
今朝は寒かったですね!寒くて眼が覚めました。
ところで、私の好きな映画に「ニューシネマパラダイス」、「ドクトル・ジバゴ」、「ひまわり」などがあります。
今日は「ニューシネマパラダイス」のことを書きます。
映画の話ですので現実とは違うのですが、「もし....たら」と運命は変わったのにと思うことが良くあります。
「ニューシネマパラダイス」の主人公トトが愛するエレナとのつきあいをエレナの父親に反対され、エレナは引越しさせられることになる。
エレナは、父親に嘘をついて映画館へトトに会いにいく。が、トトはエレナの自宅に向かっている為、すれ違いになる。
エレナは帰る時間が迫っている為、やむなく新しい住所だと手紙がきても両親に破棄されるので、友人の住所を書いたメモをフィルムの検査書の裏に書き残して去る。

ところがエレナのメモの上に、帰ってきたトトが新しいフィルムの検査書を張ってしまったため、エレナのメモが隠れてしまった。

なんたる悲劇、エレナの書いたメモをトトが見ることが出来たら、運命は変わっていたのに。
トトの母親がトトの自宅に電話すると、毎回別の愛人が電話口に出る。
トトの母親は、女性達が毎回違うということに気づかないふりをいつもすると、30年ぶりに恩人アルフレードの葬式の為にふるさとへ帰ったトトに話す。母親は、どの愛人達もほんとうにトトのことを愛している女性は一人もいないと電話の声から思っている。

トトは映画監督として大成功したが、愛する女性を失い、いまだに見つからない。
アルフレードがトトとエレナを別れさせたことが、トトの才能を高く評価し、開花させる為とはいえ、どうかな?と思ってしまう。

「ニューシネマパラダイス」は大好きな映画ですが、なぜかすっきりしない。

ちょっとしたすれ違いが悲しい運命につながることを、この映画は私に教えてくれる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加