まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

庭先の つつじの花に 揺らぐ風

2017年04月23日 | 今週も俵札調査

 さぬき市地方は高気圧に覆われて晴れていた。気温は7.4度から19.2度、湿度は86%から56%、風は1mの東南東から西の風が少しばかり。明日の24日は、引き続き高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。

 

 本来ならば、昨日の「年度総会」が終わったらすぐに丸亀に向かい、しわく廣島で草刈りをする予定だったのだが、どうにも体調がすぐれないので、もしもの事態を考えて予定を変えた。で、昨日の総会の様子をHPに更新することにした。

 

 その前に、天気がいいので布団を干して、二階部分に掃除機をかけておく。でも、少し動くと「ぜぇぜぇ・・ハーハー」と呼吸がおかしくなる。腹水がたまってきて心臓を圧迫するからである。

 

 血圧の高い状況は収まった。ただ、腹水がたまるのがどうにもならない。でも、それも午前中で収まるようになった。でも、翌日の朝にはやはりおかしくなってしまう。でも、少しずつ改善されてきているように思う。

 

 そういうことで、HPの更新を黙々とやっていた。こういう作業だと、何の問題もない。

 

 その合間に、奥方が「野菜畑を耕すのでミニ耕耘機のエンジンをかけて・・・」というので動かし始めたが古い燃料が残っていたようで動かない。そこで新しいガソリンを買いに行ったりと・・・。

 

 新しいガソリンに入れ替えると一発で始動した。でも、この機械を使うことはまだできない。

 

 その間に、山の旧宅でタケノコを掘ってきた。サルやイノシシが見残したタケノコがどっさりと。もう、サルもイノシシも飽きたのかも知れない。

 

 我が家も連日、タケノコづくしなのだが、今度は春巻きにするのだとか。春巻きだって、そうそうは食べられない。

 

 昼食後は、例の「護符」などの展示用パネルの制作。仙台藩白石家の「片倉小十郎」についてのパネルなどである。

 

 ま、できることからコツコツと・・・。

 

 この「護符」についても調べてみた。ただ、これだけのものだが、これから、信州善光寺の朱印だと知れた。この朱印は、鯉が水面で口をパクパクしている図案だというのである。そう言われても納得しがたいのだが。

 

 こういうパネルにしてみた。明後日の火曜日に「仮展示」をしてみて、また、考えることにする。

 

  今日の掲示板はこれ。「大切なことはいまを生きること。人生はすべていまの積み重ねですから、いまをどれだけ大切にするかです」という平田静子さんの言葉から。平田さんは1948年、福岡県に生まれ、フジテレビに入社、扶桑社に出向、雑誌CAZ編集長を経て取締役、常務取締役などを歴任した。2010年に扶桑社を退職、同年4月に「ヒラタワークス」を設立し、幅広いビジネスを展開している。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お念仏 おなかさすって 藤の花 | トップ | アイリスも 願いも供えて ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今週も俵札調査」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。