まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

日が落ちて つくつく法師の お説教

2016年08月23日 | 今週も俵札調査

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は26.2度から33.6度、湿度は88%から66%。風は1mから2mの北東の風が少しばかり。明日の24日も、引き続き高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。雨が降る降る・・と言いながら一滴の雨さえ降ってはくれない。

 

 この集落内の稲は全て刈り取ってしまった。だから、プロの猟師さんの散弾銃も発射されなくなった。そうなると、山猿は大手を振って県道やさぬき市道を闊歩する。刈り取った水田の落ち穂なんぞを拾いに集まって来るものらしい。

 

 山栗とかも格好のエサになるらしい。そこで、ジェット花火を数発発射して撃退をするが、敵もサルもの・・・引いては返し、引いては返し・・。全く、懲りない連中である。

 

 さて、久しぶりに「おへんろ交流サロン」にやってきた。例の俵札調査の夏休みが終わって、今週から作業再開・・・ということであったのだが、

 

 急遽、さぬき市教育委員会の会合が入ったとかで、いつもの作業場の研修室が使えない。で、お遍路さんが休憩するお部屋での打ち合わせになったが、コンセントが使えない、お茶が沸かせない・・、資料が開けない・・ということで、簡単な打ち合わせになってしまった。

 

 女性陣は、全く資料に触れないので、もっぱら井戸端会議になってしまった。

 

 私たち男性陣は、この秋の研究成果発表の報告書造りの打ち合わせ。まだ、会長の寒川家の調査集計も、中島先生の飯田家のデータ修正も終わっていない様子。私の作った報告書を参考にして、作業していただくことになった。

 

 データさえ修正できたら、私も作業を分担することにして、今日は10時で散会になった。

 

 とにかく、現物に触れないのでは何の作業もできないのだから仕方がない。私たち男性陣は、現物のデータをパソコン内部に持っているから、自宅でも作業はできるのだけれど。

 

 今週の法話会が終われば、今度は、私個人の「遍路札調査研究報告書」を作成する予定。役所の紐付き資金をもらわない研究報告書である。

 

 んで、来月の歴史講演会の基礎資料を、草創の会の会長さんや幹事さんに送るために印刷し、製本した。

 

 この9月中旬の歴史講演会が終わればお彼岸になる。そうなれば、暑さ寒さも彼岸まで。暑さが収まれば、志度寺から大窪寺までの遍路道にある「遍路墓」の個別調査を始めるつもり。基礎資料は「おへんろつかさ養成講座」の時に頂いているし、遍路道研修の時に、おおよその遍路墓の位置は教えていただいている。これを一個一個、歩いて調べて写真に収めて整理する積もり。

 

 とにかく、この暑さがあるうちは、室内でのパソコン作業。今まで勉強してきた、納め札・遍路札・俵札を個人的にまとめておきたいと考えている。さぬき市教育委員会用のものは「アカデミック」に、私用のものは「マニアック」に仕上げてみようと考えている。

 

 今日は「台風一過」のようなさわやかな天候になった。昨日までの、蒸し暑い「サウナ状態」ではなくなって、さわやかな風が吹き抜ける秋みたいな空気になった。

 

 今日の掲示板はこれ。「何もできない自分がダメなのではない 何もできないと思ってしまう自分がダメなのである」というもの。京都府福知山市にある丹波あじさい寺・観音寺の住職「小籔実英」さんの言葉がとても温かく心安らぐ。人生で少し疲れた時、悩みや迷いがある時、悲しい時、辛い時、そんな時にぜひ思い出してほしい言葉である。五月初めの藤、梅雨の時期にはあじさい、晩秋には紅葉、立春の頃には蝋梅…と、一年を通じて花や古木、紅葉が境内を美しく彩るという。花が満開になる時期には特にご参拝の方が多く、はるか遠方からもお参りがあるという。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモスを 指折って詠む 五七五

2016年08月22日 | 自然ありのままに

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。しかし、湿った空気の影響で、夕方からは雨の降る所があるという。そんな気配は少しも感じられないのだけれど。気温は26.8度から34.5度、湿度は92%から74%、風は1mから4mの西北西の風が少しばかり。明日の23日は、引き続き高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。野菜畑もお花畑も玄関先もカラカラに乾ききって野菜などがひからびてきている。早く、一雨欲しいものだ。

 

 早くも八月も残すところ10日を切った。そこで、私のホームページの行事予定コーナーを更新しておくことにした。

 

 で、10月分の行事予定表も追加しておくことにした。こうしてみると、一年なんてあっという間だ。

 

 HPの更新が終われば、花オクラの花を摘み取って、奥方の勤務先の介護施設まで届けておいた。職場のケアマネ連中に配るのだそうだ。レジ袋まで余分に運んで行って来た。

 

 その後、農協さんに行って、昨日の「おっぞさん」にお供えしてあったお賽銭を自治会会計に入金してきた。お頭人さんが持って来たのは「162円」だった。もっとあった筈なのにお猿さんが持って行ったのかわずかしかないと悔やんでいたが、最近のおさるさんは、お賽銭でお茶を買って飲むのだろうか・・と話題になった。

 

 確かに、お供えしてあったお花は引き抜いて捨ててあったし、「よだれ掛け」も引きちぎって木の枝に掛けてあったし、帽子はかぶって逃げたのか、どこにも見つからなかったと怒っているおばさんがいた。お猿さんがお賽銭を持って、缶コーヒーを飲んだ可能性はあった。もっとも、通りすがりのおじさんが、お賽銭でワンカップ大関を買って飲んだという可能性が無いわけではない。しかしのかかし、大の大人が、162円を持って窓口に行くのも優雅でステキな姿ではない。

 

 帰って来てからは、この金曜日の法話会のリハーサルをやっておいた。時間調整のためである。短かすぎてもおかしいし、時間を過ぎてダラダラと話すのもみっともない。

 

 「岸崩れて花逆さまに開き 石圧してタケノコ斜めにいづ」と書いてある。それが、「ありのままだと」というているのである。

 

 「妙好人庄松同行一代記」である。この二行目、「壬生村字土居」と書いてあるのが妙に気になる。昔は「壬生村」というていたのだろうか。いや、おへんろさんの納め札だって、江戸時代から「大内郡丹生村」と書いてあったのだが・・・。

 

 タイムはおおよそ、時間通りにはなった。ただ、本番ではどうしてもタイムが伸びるのが困りもの。サービス精神で、ついつい、余分な話をおまけしてしまうからなのだ。

 

 今年の講演会・法話会は、この26日の法話会でおしまいにするつもりが、来月にも一座お話することになった。秋の文化祭用の「夏休み自由研究」がまだできあがっていないので、予定を入れずに自由研究に没頭する積もりであったのだが。

 

 先日の歴史講演会で、「講師が急に入院したので、先生にどうかお願いしたい・・」と頼まれると断り切れなくなってしまう・・。で、緊急に、講演会のパンフレットまで作ってしまい、早々に幹事さんに送ることになった。

 

 コンテンツは、昨年の夏に中学生にお話をしたものを、おじさん用に修正してお話することにした。

 

 今日の掲示板はこれ。「きょうほめて あす悪く言う人の口 泣くも笑うも人の世の中」というもの。「今日ほめて 明日悪く言う人の口 泣くも笑うもうその世の中」という場合もあるが、一休さんのことばだとされている。今日は私のことを、「いい人、大好き。」とほめていても、明日になると、「あんた、そんな人だったの?大嫌い!」と悪く言う。人とはそういうものだ、ということである。あなた自身は昨日と今日で何が変わったわけではなくても、人の口はコロコロと変わるもの、あてにはならない。そんなあてにならない人の口にふりまわされて、「悪口を言われた。」とか、「こんなひどいこと言われるくらいなら死んだほうがましだ。」と言って自殺しようとする人があるが実におろかなことではないか。逆にほめられたからといって、有頂天になって舞い上がっているのも馬鹿なことだよ・・・と一休さんは言うているのである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の汗 濡れて郵便配達夫

2016年08月21日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は27.2度から34.4度、湿度は90%から70%、風は1mから4mの東北東の風が少しばかり。雨が降る、雨が降ると言いながら一粒の雨も降らない。明日の22日は、湿った空気の影響で概ね曇りとなる見込みらしいがホントだろうか。

 

 さて、今日は「おっぞさん」の日なのだという。一般的には「お地蔵さん」の日で、いわゆる京都あたりの「地蔵盆」なのだろうと思う。これがいつ頃できたものか、いつごろから「おっぞさんの日」になったものか、それを知る人はいなくなってしまった。

 

 で、各家から一人ずつが出て、「おっぞさん」の回りの掃除をする。これは年に一回、今の時期だけである。だから、草は伸び放題、落ち葉は積もり放題である。

 

 朝の7時からお掃除・・・という案内があったのだが、みんなが集まったのが6時35分過ぎ。それからすぐに掃除を始めて、7時前には掃除が終わって解散になった。それでも、みなさん、汗まみれになっていた。

 

 で、さっぱりとしたのだが、お花を入れ替えた程度で、誰も手を合わせたり、お経をあげたりはしない。掃除が終われば、バイバイ・・・である。

 

 昔は、夕方にはここに集まって、近郷近在の子供たちが集まって、お菓子を分けたり、食べたりして、最後は盆踊りをしたというが、このあたりに、もう、子供の姿はない。

 

 これは、野猿が栗の実を食べ散らかした後である。このとがったイガイガを、小さなかわいい手で割り裂いて、うまく食べるものである。

 

 道ばたには、この時期、「タカサゴユリ」が咲き誇っている。誰が種をまいた訳でもないのに、このユリはサルにもイノシシにもシカにも食べられずに繁殖を続けている。

 

 で、15時からは、「おっぞさん」のお祭りであるが、14時半には集合する。別におまつりが楽しいわけでもないし、ヒマだからという訳でもない。

 

 今回の話題は、①、イノシシの姿が減ったこと。②、猟師さんが毎朝、空砲を発射するのでサルが姿を見せなくなったこと。③、シカが出没すること。④、サルが青信号で横断歩道を渡っていたこと。⑤、白、黒、灰色の捨てネコが三匹、犬のエサを食べて回っていることなどが報告されたが、肝心の「おっぞさん」の話は一言も話題に上らなかった。ま、のどかと言えばのどかな集落ではある。

 

 今日の掲示板はこれ。「何ものも「自分のもの」ではないと知るのが智恵である」というダンマパダからのことばである。「降れば濡れ 濡るれば乾く袖の上を 雨とて厭う人ぞはかなき」と一遍上人は言った。煩悩にまみれた自分でいいのだと腹をくくると光が見えてくる。「煩悩 を断ぜずして 涅槃を得るなり」と親鸞聖人も言った。人生さえも借りものである。清々しく生きられるコツがそこかしこにある。「何ものも“自分のもの”で はない、と知るのが知恵であり、苦しみからはなれ、清らかになる道である」と、『ダンマパダ』に書いてある。考えても仕方のないことを、あれこれ思い悩む のは愚かなことだ。「眠れぬ者に夜は長く、疲れた者に一里は長い。真実を知らぬ愚者に生死の道は長い」とも『ダンマパダ』に書いてあった。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知恵熱が 出てコスモスの 午睡かな

2016年08月20日 | お役目ごくろうさまであらっしゃいます。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていたが、夜は湿った空気の影響で、雨の降る所があるらしい。気温は27.1度から35.2度、湿度は92%から62%、風は1mから2mの東北東の風が少しばかり。明日の21日は、引き続き高気圧に覆われて概ね晴れるらいいが、午後は大気の状態が不安定となるため、雨の降る所がある見込みなのだとか。

 

 朝方は湿った空気が充満して、曇り空のように薄暗い天候になった。

 

 御案内の通り、今日は高松市内での歴史講演会の日。どのような形でプレゼンをするかが気に掛かる。果たして私のパソコンは適合できるのかどうか。万一のために、私愛用のプロジェクターとスクリーンは車に積み込んできたのだが。

 

 夏休みとあって、家族連れが多かった。子供たちも慣れたもので、サービス用のお茶やコーヒーなどを自由に飲んだり、おもちゃコーナーで遊んだり。スタッフのおねえさんも、「将を射んとすれば馬を射よ」ということで、子供用の工作セットやアイスクリームプレゼント、お菓子プレゼントなどをやっている。

 

 で、用意されたのがこういう、普通のテレビである。ここでは皆さん、これで講演会をやっているのだという。で、HDMIケーブルで接続しようとすると、

 

 これを使ってください・・・と、こういうケーブルを持って来てくれた。そら、このディスプレー用ケーブルが確かである。あ・・・そういうことか・・。少しばかり考えすぎていたな。

 

 で、幹事さんが記念写真を撮ってくださった。

 

 今日は暑いせいか出足が悪いとかで、10名ほどの出席になった。ま、私は何人だってかまいはしない。時間だけお話すればいいだけのことである。

 

 これは日露戦争で仁川沖で自沈したワリヤーク(バリャーク)である。日清戦争でも旗艦定遠が自沈したが、戦艦はなぜ自沈するのか。なぜ、日本海軍始め諸外国は、その戦艦を引き上げようとするのか。

 

 これはソ連軍が遺棄したT-26を調査するフィンランド軍の写真であるが、これを「鹵獲:ろかく」というのである。鹵獲というのは、古代中国の春秋戦国時代や三国時代などから戦時で度々行われた行為であり、我が国でも古代からたびたびこの行為が戦の度に行われていた。主な目的として、自身の装備品より良い武器を奪うためや、それらを売り払って金銭にするためなどが目的だった。

 

 これは古川庄八らが引き上げた「定遠・鎮遠」を運んでいる写真であるが、これを我が国に運んで調査し、使えるものは使用し、参考になるものは参考にし、不要なものは民間に払い下げられた。

 

 これは、九州太宰府の神官の邸宅である「定遠館」で、室内には戦艦定遠の手すりや櫂などの部品があちこちに取り付けてあるし、

 

 この門の扉は、定遠の装甲鉄板で、各所に貫通した銃弾の跡が残されている。かように、「鹵獲」というのは重要で、古川庄八らの活躍は以降の艦船建造に役立っているのである。

 

 この暑い時期に、さぬき市内では各所で稲刈りが行われている。近く、台風が接近するとかで、農家では、この土日あたりに急いで収穫するらしい。

 

 今日の掲示板はこれ。「頑張らない いつも一所懸命だから」というもの。いつだったか、俳優の倍賞千恵子さんが旭日小綬章を受賞したとの記事があった。その新聞に彼女のコメントが載っていて、「(前略)でも、頑張らないで、一 所懸命というのが私のモットーなので…。(後略)」だったようなことで、曖昧なことしか覚えていないのだが。がんばるのと、一所懸命なのは、どこがどう違 うのかも理解もせずに今まで来ているのだけれど。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あちこちに セミ落ちている 昼下がり

2016年08月19日 | お役目ごくろうさまであらっしゃいます。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は26.3度から33.6度、湿度は94%から74%、風は1mから2mの東北東の風が少しばかり。今日も蒸し暑い一日になった。明日の20日は、引き続き高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。

 

 今日も四枚ほどの花オクラを収穫してレジ袋に入れて冷蔵庫に入れておいた。

 

 さて、明日の歴史講演会だが、会場でパワーポイントを使うのには、大型テレビに接続するらしい。スクリーンだと回りが明るくて見えにくいからだと言うことだった。でも、大型テレビにパワーポイントを映したことはない。

 

 まぁ、応用かなぁ・・ということで、テレビをディスプレー代わりに使っていたことがあったので、接続してみた。理屈は同じ事だ。

 

 このパソコンはちゃんとパワーポイントを映してくれるのだが、Vista版のほうは映してくれない。

 

 OSではなくて、ノートPC側の問題らしい。

 

 はてさて、ノートPCを2台持っていくべきか、どのマシンを選んで行くか・・・。そこが思案のしどころだ。

 

 そういう、悪戦苦闘をしている時に玄関でなにやら叫ぶ人がいる。何事かと出てみれば、さぬき市の広報を届けに来たシルバー人材会社の方である。

 

 こういう、各種団体からのチラシやパンフレトや広報やらがどっさりと入っている。そうか、今日は19日だったのだ。すっかりと、20日のことばかりを考えていて、すっかりと広報配布の日を忘れてしまっていたのだった。

 

 これを10軒分に配分して・・・

 

 それぞれを袋詰めして夕方になると、各家庭を回って配ることにした。

 

 来月前半にはいろんなイベントが目白押し・・・。

 

 広報の準備が終われば、最終の通しのリハーサル。

 

 それが終われば、早くも来週の法話会のリハーサルもやっておく。

 

 できることからコツコツと・・・。

 

 今日の掲示板はこれ。「やる前からあきらめて何もしない人は永久にゼロなのよ。」という、林真理子さんの言葉から。胸の中にある「これやりたいな」っていう気持ちや、忙しくて後回しにして、忘れてしまったり、諦めてしまったことってあるけれど、「これだったらできるか も」とか、「じゃあどうやったらいいのかな?」と、少し視点を変えて、自分のやりたいことに一歩ずつ近づいていけるといい。大きな一歩ではなくて、小さな 一歩でいいから、まずは一歩を踏み出してみよう。

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花オクラ 過ぎた休みを 気にしつつ

2016年08月18日 | 日常・・ありのまま。

  さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は26.3度から33.6度、湿度は89%から68%、風は1mから3mの東の風が少しばかり。今日も暑い一日になった。明日の19日は、引き続き高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。

 

 わが家に咲いた「花オクラ」である。オクラの花なのだが、花が美味しくなるように改良した品種で、通常のオクラよりも花が大きい。この花は食べられるのである。この花には、オクラの香りと粘りがあり、野菜らしい濃密な甘さがあるという。

 

 この花は朝方に開くので、それをレジ袋に入れて冷蔵庫で保管しておいた。それを昨夜は調理をしてくれた。

 

 花びらを刻んでサラダにしたり、花びらで生ハム等をくるんだりと、食感と彩りが楽しいエディブルフラワーなのである。一昨年からつくり始め、ものめずらしさも手伝ってか、あちらこちらにお裾分けしている。

 

 今日は奥方の勤務する介護施設のケアマネさんにもプレゼントしてきた。

 

 昨日は講演会用の手持ち資料を作ったのだが、それでもわかりにくいので、家系図を作ろうとやってみたのだけれど、ワードでは難しいし、イラストレータでは邪魔くさいし・・エクセルでもうまくいかないし・・と悪戦苦闘していたのだが、今朝は気分が良かったのかうまく、それなりにできた感じ。

 

 朝ドラが終わったら、いつもの香川県立図書館へ行って来た。先週に借りた本を返却しておきたかったし、気分転換にもなると考えたし・・・。パソコンの前ばかりでは目も乾くし肩も凝る。

 

 夏休み時期ともあって、親子連れのこどもの数が多かった。その中で捕虫網を提げた子供が淋しそうに歩いて居たが、なぜか、セミの声も姿もないのである。この時期に、あれほど啼いていたセミが一匹もいない・・って、どういうことなんだろう。早くもセミの季節が終わったのか。それとも暑すぎてセミも木陰に隠れているのだろうか。

 

 で、こういう本を見つけた。本屋さんで売っている本ではなさそう。

 

 この中に、こんな写真があった。古川庄八がオランダで撮った写真らしい。

 

 これも、同じ留学生だった高見島の山下岩吉さんだが、ここにはオランダ語だかの表示が見えない。

 

 これも同じ留学生だった榎本釜次郎さんである。マークが違うけれど、オランダで撮った写真だと思われる。

 

 この本は明治に作られた灯台のお話であるが、英国士官レキ氏が乗っていた船が、この灯台調査船で、

 

 その灯台を設計した人が、このリチャード・ヘンリー・ブラントン氏であった。

 

 なるほど、なるほどと、読ませていただいたことであった。

 

 今日の掲示板はこれ。「いのちほど大切なものはないと言いながら 今日もそのいのちを食べている」というもの。動物であろうが植物であろうが、どんな生き物であっても、自分の命の限り精いっぱい生き続けたい、そう願って 生きているのだと思うもの。私たち動物は、そんな他の生き物の「いのち」を奪わなければ、一時も生きていくことができない、悲しい宿命を背負った生き物なのである。口先では「命は重い」とか「大切ないのちをだいじにしましょう」とかと言うのだけれど、その口裏で、平然と他の生き物のいのちを奪って食べているのである。食べることを考えることは、命について考えることである。いのちについて考えることは、多くの生き物のいのちを考えることである。

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ものとせず 高砂ユリの ひたむきさ

2016年08月17日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は湿った空気の影響で概ね曇り、夜のはじめ頃まで雨の降る所があるらしい。今日も高温が予想され、熱中症の危険が特に高くなる見込みらしい。気温は26.7度から32.8度、湿度は92%から74%。風は1mから2mの西から北北西の風が少しばかり。明日の18日も、高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。

 

 前の県道工事も、お盆休みが終わって本格稼働に戻ったらしい。朝から賑やかなことだ。

 

 ふと、カレンダーを見上げたら、今日は早くも8月17日。お約束の8月20日って、もう、すぐそこじゃないか。あれあれ・・。急がなきゃ遅れるわ準備しなくちゃ♪~。

 

 まだまだ先じゃ、まだ、先じゃ・・と、のんびりと構えていたらば今週末はすぐそこだ。ここが高松市福岡町にある「RNC総合住宅展示場セトラ高松」である。ここの会議室をお借りして、「草創の会歴史講座」をやっている。

 

 そこで、歴史のお話をしてくれないか・・という話があったのは5月の連休の後・・・。先は長いぞ・・・と、呑気に構えていたのだが、お盆を過ぎたらあっという間だ。

 

 で、一応、通しでタイムを計測しながらのリハーサルをやってみた。時間は75分少しだったので、質疑応答時間を考えれば、ちょうどいい時間になる。で、安心をしていたのだが、手持ち資料も必要かなぁと考えた。お説教や法話会に「レジュメ」は必要ないが、歴史講演会には何かないとお土産にならない。

 

 歴史好きに限らず学者さんたちは「資料はないんかい」を連発する。「資料は用意しとらんのか・・」などとおしかりを受けたりする。ということで、おみやげ程度のA4番両面印刷の資料を作ることにした。

 

 ま、今年の4月に「つかさの会総会」に使った資料を下敷きにして、本文の中からコピペで切り貼りしてあっという間にできあがった。これで準備万端。あとは体調を万全にしておくことだが、それまでに宴会・飲み会はないので大丈夫だろう。

 

 郵便局に用事があって出かけたが、もう、あちらこちらで稲刈りが行われている。はやく収穫しないとサル軍団やイノシシの乱入に遭うとたまらない。少し前までは、「台風が来る前に取り込まないと・・・」と言うていたが、今は、「猿が来る前に取り込まないと・・」と言うらしい。

 

 今日も蒸し暑いもので、朝から氷麦茶や氷水をがぶ飲みしている。「水分をこまめに補給しましょう」とラジオとかで言うている。だから、今日はガリガリ君のお世話にもなった。

 

 で、利尿剤を飲んでいるものだから、トイレ、水分補給、トイレ・・・の連続である。水分補給をしないと脱水症や熱中症になるという。飲んだら出るし、飲まないと熱中症になるというのだからややこしい。

 

 午後からも通しでリハーサルをやってみた。時間もぴったりと合うようになった。

 

 今日の掲示板はこれ。「誓って破ってまた誓う 決まり文句は今度こそ」というもの。それが凡夫(ぼんぶ)たる我らの姿である。昔に流行った「スーダラ節」植木等の歌った有名な歌だ。「わかっちゃいるけどやめられない・・・」我らの素顔そのもの。それでいいのだ。「悪性さらにやめがたし こころは蛇蠍(じゃかつ)の如くなり」と親鸞さんも言うてなさる。

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盆過ぎて 深い疲れが 降って来る

2016年08月16日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れるけれど、午後は大気の状態が不安定となるため次第に雲が広がり、雨や雷雨となる所があるらしい。気温は27.4度から33.5度、湿度は93%から74%、蒸し暑い一日になった。風は1mから2mの北東の風が少しばかり。明日の17日は、高気圧に覆われて概ね晴れるらしいが、午後は大気の状態が不安定となるため、雨や雷雨となる所がある見込みなのだとか・・・。

 

 ご案内の通り、昨日はお盆の打ち上げ会というか、「追い出し飯」というか、午前中に出して置いた奥方の預金でうどん屋さんに行った。私はそれまでに、缶ビールを2本と、そのあたりにあるものをつまんで食べていたので、「生ビールだけ付き合うわ・・」ということでついて行った。

 

 「枯れ木も山の賑わい」の積もりだったのに、生ビールが出て来ると、ついつい手が出てしまい、

 

 おでんが目の前に来ると食べてしまい・・・。その上に、ビッグなきつねうどんを食べてしまった。やがて、神戸の親子や京都組が高速バスで帰ってしまい、娘家族が帰ってしまうと・・・急に呼吸が苦しくなった。「寂寥感(せきりょうかん)」というのか、「孤独感」というのか、急にさみしくなってきて、頭が重くなって、胸が圧迫されて・・・横になってしまった。

 

 連日の飲み過ぎ・食べ過ぎに夜遅くまでのカラオケ大会・・・。おなかが張ってきて、肺を圧迫するし、心臓を圧迫する。大急ぎで「利尿剤」を飲んで横になった。おかげで夕食も夜のビールも欲しくなくなってダウンしてしまった・・・。だから、17時あたりから寝ていたことになる。

 

 やがてのことに利尿剤が効いてきて、30分ごと、1時間ごとにトイレに起きる。そこでのどが乾くのでコップ一杯の水を飲む。だと、1時間ごとに起きる。また、水を飲む・・・の繰り返し。でも、朝になれば普通の私に戻っていた。で、昨日の手続きの後処理に出かけた。

 

 というのも、私がうっかりと、「カードを紛失してATMが使えないので、通帳からの引き出しをしたい・・」とかと言うたもんだから、カード事故届け(本人用)と(代理人用)の二通の書類を書いたが、本人確認用の免許証がない・・というので、「カード停止」の処理をされてしまったのだ。

 

 だから、カードが見つかったから、カードを使えるようにしてください・・とお願いしたら、「カード発見届」が必要だというので、それを書いた。すると、電話番号が違う・・という。少し前までは「ネット電話=050・・・」だったのを、さぬき市のCATVに変えたので、番号が変更になっていたのだ。そこで、「電話番号変更届」というものを書かされた。そのたんびに印鑑が必要になる。

 

 「別の支店からの情報では携帯電話をお持ちになっておられるのですが・・」という。「そんなものは必要ないでしょ」というと、「大事なお客様の情報です。この書類に携帯番号の記入をお願いします」という。結局の薬局で、いらんことをしゃべったばかりに、延々と1時間半ほど掛かってしまった。「カードをなくした・・」なんてことは、よくよく探した上で処理をお願いしないと無駄な時間をつぶしてしまう・・・。昨日だって30分以上はかかってしまったのだから。

 

 そこで、頭を冷やして気分を収めるつもりで、先日の氷菓の「古都の氷華」を買いに行ったら全くない。売り切れだった。そこで仕方なく、これを買ってきた。

 

 これには、本物のスライスされたレモンが入っていたが、苦い苦いものだった。あ~あ、気分が苦い時には、お菓子までもが苦いのか・・・。

 

  気分を変えて、今月下旬の法話会用の原稿の作成に入った・・・。

 

 前席30分、休憩30分、後席30分の1時間半で良かったのかしらん・・・。

 

 今日の掲示板はこれ。「見る気がなければ何も見えない。聞く気がなければ何も聞こえない」という荒了寛さんの言葉から。だからと言って、何でも見たがって、余計なものまで見てしまって気になってしまったり、何でも聞きたがって、余計な事まで聞いてしまって不安に陥ってしまったりするのもどうかと思う。他人の事も、自分の噂も、事実とは違ってる事が勝手に出回っているということはよくある話である。そういうことに翻弄されない心構えが必要な時代でもあるなぁと感じる今日このごろである。

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敗戦忌 つくつく法師も 黙祷し

2016年08月15日 | 時にはぼぉっ~とする時

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は26度から33.9度、湿度は92%から71%、風は1mから3mの西南西の風が少しばかり。明日の16日は、引き続き、高気圧に覆われて概ね晴れるけれど、午後は大気の状態が不安定となるため、雨や雷雨となる所がある見込みらしい。

 

 台風一過、祭りの後・・・みたいな今朝。帰るものは帰ってしまい、残った者はのんびりとし、奥方は急ぐ用事があるからと出勤して行った。

 

 時間が来たので、郵便局で奥方の口座から現金を引き出して・・・

 

 銀行に行って、私の口座から年金を引き出そうとしたら・・・カードがない。カードを入れているケースもない。通帳は持って行ったが、通帳だけでは現金は引き出せない・・・。

 

 あれれ・・・と記憶の糸をひもといて・・。確か、13日に奥方のお買い物の運転手をして、燃料のガソリンを入れるのにカードを使って・・・。

  

  車の前にぽんと置いた筈・・・。そこで、奥方の勤務先まで走って行って確認をしたが、ここには何も見えない。「あれれ・・・」と、今度は自宅に戻って机回りを調べてみたが、カードケースは見つからない。

 

 仕方がないので、印鑑を探して、通帳で現金を引き出すことにした。ま、なんとか、現金は引き出せて、税金やら国民健康保険の保険料を支払った。

 

 ついでに、酒屋さんにも寄って、15リットル、7リットル、7リットルの合計29リットル分の支払いを済ませた。2万円弱だった、

 

 で、帰宅して、やれやれ・・と、冷蔵庫から缶ビールを取り出して飲もうとすると、「お父さん、身体は大丈夫なの?」と娘が言う。「あ、身体は大丈夫やけんど、気分は大丈夫やないな・・・」

 

 「どないしたん・・・???」、「あぁ、カードがない、免許証もない・・・」というので大騒ぎになった。奥方にも娘にも叱られて・・・くっしゅん。13日に買い物をしてきて、夕方から宴会になって・・・。そこから記憶の糸はぷっつんだ。

 

 ま、とりあえず、今日のお昼はおうどんにしよう・・・」ということで、みんなでおうどんを食べに行った。

 

 みんなでおつかれさん会・・ということで、生中のビールにおでんと、このビッグなきつねうどん。

 

 で、戻ってきたらば、「これでしょ・・」と、孫のなぎちゃんが持って来たのがカードケース。そうそう、これこれ。「どこにあったん??」

 

 「けいこばぁの車のダッシュボード・・・」。ここ、何回も確認したし、けいこばぁもよしつぐさんも気がつかなかったという・・・。見る目が違えば見えるのか・・・。ともかく、お小遣いで2000円をプレゼント。やれやれ、泰山鳴動カードケース1個。

 

 今日の掲示板はこれ。「今この命 ご先祖さまが命の道をつないでくれた 感謝」というもの。今回はお盆ということで、親戚が集まってお墓まいりや盆礼をし、楽しい食事会にもなった。こういった行事があると改めてご先祖様への感謝の気持ちを確認することができるというもの。自分の命が今あるのも、ご先祖様が命をつないでくれたおかげ。命つながりって不思議なもので、
ものすごい数のご先祖様達の掛け合わせで今があるということになっている。組み合わせが一つ違っただけで私は存在していないかも知れないのである。全ての人が奇跡のような確率で存在しているのである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲いて散る 花火はかなし 色の跡

2016年08月14日 | 自然ありのままに

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は26.3度から35.2度、湿度は92%から62%、風は1mから2mの西北西の風が少しばかり。今期最高の蒸し暑い一日になった。明日の15日は、引き続き、高気圧に覆われて概ね晴れるけれど、大気の状態が不安定となるため、夕方から雨の降る所がある見込みらしい。

 

 ご案内の通り、昨日は「盆礼」だということで、私の弟や娘家族、神戸のよしつぐさん親子らと12名のこじんまりとした宴会になった。

 

 お料理は奥方・けいこばぁの手作り料理になった。手作りだと言うても、うなぎや魚をけいこばぁが作った訳ではない。けいこばぁが調理したものばかりである。

 

 で、宴会は16時半から始まって、延々と23時過ぎまで続いたのであった。

 

 おきまりは家カラオケで、右が次男のよっくん、左が三男のたっくんである。まぁ、実によく歌う二人であった。

 

 少し前にはこんなお子だった「たつや君」が・・・

 

 こんなに大きくなって歌ってくれたし、

 

 少し前にはこんなお子だった「なぎちゃん」が・・・

 

 こんなに大きくなって歌ってくれた。

 

 弟たちは眼が覚めると早々にわが家へと帰っていった。娘家族と神戸からの親子はのんびりと過ごしていたが、ゴルフだ海だと遊びに出かけたが、今晩の花火大会を楽しむ予定らしい。

 

 例年、8月14日は、町内で「みろく納涼夏まつり」というものが行われるらしい。同じ町内だけれど、そうしたお祭りに出かけたことはない。

 もっぱら、リビングの窓から、こうした花火を眺めるだけである。

 

 エアコンの効いた部屋で座布団に座って花火を見るには特等席なのだ。

 

 そのために、もう一組の家族がやってくるらしい。そんなんで、樽生ビールが追加になった。今夜もにぎやかな夜になりそうである。

 

 今日の掲示板はこれ。「千万(ちよろず)のいのちの上にさづかれし 平らけき世を生くる悲しさ」という、元本願寺お裏方大谷嬉子さまのお歌からである。

      「海をよごし
       川をよごし
      空をよごし
       あさましい人間 
      然し地球は
       このあさましい人間を抱いて
      悠悠自転している」

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮の花 弥陀の香りを 仏前に

2016年08月13日 | 時には日々是日

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は26.3度から33.5度、湿度は88%から70%、風は1mから2mの東の風が少しばかり。明日の14日も、引き続き高気圧に覆われて晴れる見込みらしい。

 

 本格的な夏になった。朝早くからヒグラシが鳴き始め、ミンミンゼミが泣き出すと朝になる。

 

 朝の間の涼しいうちに全ての部屋や廊下などに掃除機をかけて掃除を済ませておく。

 

 9時前になったので買い物の運転手を頼まれた。今夜の「盆礼」の準備のためである。世の中は「お盆だ」「お盆だ」と賑やかだけれど、私的には「お盆」らしいことは何もしなかったし、お盆という意識もなかった。それは子供の頃からで、お盆だから何かをする・・・ということはなかったと記憶している。唯一、「盆礼」という食事会があるということくらいなものだった。

 

 お盆だから家族で旅行に行く・・なんてことがなかったし、お盆だから出かけるということもなく、ボン・ダンスがあったわけでもないし、演芸大会があったわけでもない。最近の10年余りは、島の家に神戸からのお客さんがあって、みんなで魚釣りをしたり、クルージングをしたり、ウエークボードや海水浴で楽しんだりしたが、子供たちが大きくなると部活だ受検だということで、それらもやまってしまった。

 

 でも、この「盆礼」と「正月礼」というのはずっと継続している。ちなみに「盆礼」をぐぐってみた。

 「盆に行われる訪問、贈答。盆を凶礼とするのは仏教の影響によるもので、もともとは正月と同様に祖霊祭の日であったため、子方から親方へ正式の訪問がなされ、そうめん、米、あるいは塩さばなどの食品の贈答が行われた。」(ブリタニカ国際大百科事典より)

 

 母が健在の頃には、母方・父方の叔父や叔母、母のいとこや甥や姪、それに弟たち家族などで30人から40人の大宴会になっていたが、今は叔父や叔母などがいなくなって、私の弟家族らの10数人になってしまった。今夜もそんなものだろう。

 

 樽生ビールは大繁盛で今年はお店に在庫がなくて、15リットルを今日と明日一本ずつの30リットルになる予定。わが家の冷蔵庫は容量が小さいのでビールを冷やす容量がない。そこで、いつも、こうしたサーバーをお借りしている。これを飲み干してしまうと、ぬるい缶ビールになってしまう。

 

 今夜も神戸から「よしつぐさん親子」が来る。

 

 みんなでお勤めをしてから小宴会になる。

 

 こうした盆礼や正月礼というものが、それぞれの家で行われてきたのだが、最近は、どういう訳か、わが家でのみ行われるようになった。だから、私たちが親戚筋の盆礼に出かけることはなくなってしまった。

 

 その後は、恒例になった「カラオケ1番」での歌合戦になる。

 

 一番の歌いたがり屋は私のすぐ下の弟の「よっくん」である。今夜も彼の一人舞台になることだろう。

 

 今日の掲示板はこれ。「蓮は泥沼で華開く 憂世の苦しみの中でこそ人は磨かれる」というもの。お釈迦様は「高原陸地に蓮華生ぜず、卑湿汚泥にこの花を生ず」と話された。蓮華は泥中にあって、はじめてきれいな花を咲かせる。泥なくしては決して美しい花は咲かない。泥が大切で、泥があってこそはじめて咲く蓮華である。泥を如何にして肥料として昇華していくべきか、私たちの生きて行く道にも泥中に学ぶことがたくさんありそうである。

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲湧いて 空を見上げる アイス菓子

2016年08月12日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて晴れている。気温は24.8度から33.9度、湿度は92%から72%、風は1mから4mの東南東の風が少しばかり。明日の13日は引き続き高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。

 

 7月末の父の命日前に弟が草刈りをしてくれたが、やはり、お盆前にも草刈りは必要だろうと、朝の7時過ぎにここにやってきた。そんなに草は伸びていなかったが、やはり、きれいなほうが良かろうと草刈りを始めた。

 

 ピンピンと伸びたものを刈り払うだけでも見た目はきれいになる。

 

 ところどころに、こんな穴が幾つもあいている。で、黒くて大きな(ごきぶりくらい)羽を持った虫である。で、中から砂粒をくわえて運び出している。

 

 穴へ入っていく虫だが、なんだかわからない・・・。

 

 帰って調べたら、「クロアナバチ」らしい。

 

 40分ほどでお墓の掃除は終わった。家に帰ってシャワーを浴びて、着ていた物を洗濯して干して一休み。

 

 奥方に「お仏壇用のお花を買ってきておいて。明日になれば高いから・・」と言われていたので、近くの産直店に行ってみた。

 

 すると、誰も考えることは同じようで、駐車場に空きがないほどの混雑だし、レジ前には長蛇の列・・・。「だめだ、こりゃぁ・・・」

 

 で、行きつけの小さなスーパーに行ってみた。だと、ここは駐車場も店内もガラガラ・・。

 

 で、仏花と・・・。

 

 明日、あさって用の飲み物を調達した。メインは樽生ビールで、明日は15リットル、あさっても15リットルである。これは、二次会・三次会用である。

 

 その後、お盆灯籠を出しておく。なくてもいいのだが、あるのだから出してみた。

 

 点灯試験もしておいた。これでお盆の準備はOKだ。ご用が終わったので、昼からビールを飲んで高校野球でも眺めながらのお昼寝をしよう。

 

 お昼の食後はこれにした。「古都の氷華」という氷菓子。

 

 かき氷みたいな感触である。冷たくておいしいが、食べて終われば少しも涼しくなったとは思えない。

 

 そうそう、スーパーから戻る途中では、早くも稲刈りをやっていた。今日みたいな日の稲刈りは暑いやろうねぇ・・・。

 

 今日の掲示板はこれ。「年をとったら遊ばないのではなく、遊ばないから年をとる」というもの。バーナード・ショーの言葉である。George Bernard Shaw (1856年~1950年)はアイルランド出身の劇作家、劇評家、音楽評論家、社会主義者、ノーベル文学賞受賞。856年、アイルランド共和国の首都、ダブリンに生まれる。母は、アルコール依存症の夫に見切りをつけて、娘達とロンドンに移住。音楽教師として生計を立てる。ショーも20歳のときにロンドンに出て、音楽評論家のゴーストライターを始める。27歳のときに最初の小説を書くも小説家としてはあまり世に認められていない。翌年、フェビアン協会(英国の社会主義知識人による運動。労働党の基盤の団体として現在も存在)に入会。36歳になり『やもめの家』で劇作家としてデビュー。1898年、42歳で結婚する。1925年、69歳のときにノーベル文学賞を受賞。初めは固辞するも賞金を寄付するという条件で受賞した。1943年に妻が死去。妻の死以来、生きる気力をなくしつつあったショーも1950年、94歳の生涯を閉じた。(Wikipediaより)

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山の日に 山寺の風 聞いていた

2016年08月11日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて晴れていた。気温は24.7度から34.2度、湿度は94%から46%、風は2mから1mの東の風が少しばかり。セミもツクツクボウシが啼くようになり、夕方からは虫の声が聞こえるようになってきた。明日の12日は、引き続き、高気圧に覆われて晴れる見込みらしい。

 

 ポチの散歩を済ませると、空き缶回収場へ空き缶を運んでおく。ホントはブルーの袋に入れないとアカンのだが、わが家の空き缶は入りきらない。

 

 その後、リハーサルをやってみたら、今度は時間がオーバーするようになった。それは適当にはしょったり、テンポ良くいけば済む話なので、この講演会のスライド作成はこれで「完了」とする。直前に、もう一度、リハーサルを行えば充分だろう。

 

  今日は初めての「山の日」で「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としているらしいが、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではない。「国民の祝日に関する法律の一部を 改正する法律(平成26年法律第43号)」が2016年1月1日に施行されて、8月11日は同年より国民の祝日「山の日」となったが、 この祝日が制定されたことで、祝日の制定がない月は6月のみとなった。だから、6月20日を「まほろばの日」ということで、6月にも休日を制定してくれるとありがたい。

 

 で、お昼からはさぬき市多和兼割にある大窪寺さんへ行って来た。例年は8月20日に行われていた「柴灯大護摩供養」を今年から「山の日」の8月11日に行うようになったらしい。四国内の霊峰や集験場で修行している山伏たちが集まって弘法大師の恩を報い、徳を慕って供養を営む八百年余りの伝統行事だといい、春は、春分の日に開催されている。

 

 このおじさんは有名な方で、火の付いたたいまつを右の袖から左の袖へと通すという、いかにも熱いセレモニーを行う方である。四国内のあちこちで、その芸当を見せている。

 

 このとき、衣装の下では火が燃えているらしい。それで衣装が焼けたとか、やけどをしたということもないらしい。熱いのは熱いようで汗まみれで「行」をやっている。

 

 こちらが大窪寺の住職さん。今回の護摩供養の導師さんをやっている。そのご挨拶である。

 

 この「お先達さん」は昨年の護摩供養にもお見えになっていた。お先達さんというのは、お遍路さんの信仰上のガイドさんである。もちろん、境内などでは観光ガイドもやってくれる。

 

 こちらが、「院代さん」と呼ばれている「副住職さん」。護摩供養の「願文」を奉納している。

 

 それが終われば護摩壇に点火される。

 

 この中には、お遍路を回り終えた人たちが収めた金剛杖や護摩木などが収められている。

 

 珍しいライブなのだけれど、今回は最初の山の日ということで、20日から11日になったせいか、一般の参加者が少ないかなぁと思ったし、カメラマンやメディアの方も少なかった。

 

 ま、みなさん、熱い、暑いを連発しての見物だった。

 

 私もこのあたりで勘弁していただいて帰ることにした。とにかく、暑くて熱くてめまいがするほどだった。

 

 帰るとすぐに「ガリガリ君」。でも、こんなものもあっという間に消えてしまう。

 

 今日の掲示板はこれ。「どんなに好きでも最後は別れるんです。どちらかが先に死にます。 人に逢うということは必ず別れるということなんです。 別れるために逢うんです。だから逢った人が大切なのです。」というもの。瀬戸内寂聴さんのことばかららしい。「愛別離苦」という言葉がある。「怨憎会苦」ということばもある。「求不得苦」という言葉もある。「五蘊盛苦」という言葉もある。とかくこの世は苦ばかりだ。

 

じゃぁ、また、明日、逢えたらいいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝顔は いらぬ昨日を 忘れさせ

2016年08月10日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて晴れていた。気温は25.2度から33.8度、湿度は90%から55%、風は1mから2mの東南東の風が少しばかり。明日の11日は、引き続き高気圧に覆われて晴れる見込みらしい。

 

 今日は孫のなぎちゃんのテニスの試合があるので送迎を頼まれていた。5時前に起きて、6時過ぎにわが家を出て、屋島の娘家族の家に向かい、そこから高松市生島町にある「香川県総合運動公園」に向かった。

 

 テニス場は20面のコートがあって、5,300人が収容可能という。ここで香川県内の中学校のテニス大会が行われるらしい。

 

 ここに着いたのが7時半過ぎ・・。そんなに早くからでは行くところがない。孫を送り届けてしまえば帰りまでは用事が無い。で、その帰りの時間も試合次第だという。早くに負けてしまえば早く帰るし、勝ち進めばいつになるか分からないのだという。私はどこで何をすればいいというのだろう。

 

 テニスコート周辺を散策しながら時間つぶしの後、先週の土曜日に「讃岐国分寺跡資料館」で行われた講演会に参加したときに帽子(キャップ)を忘れてきた。

 

 そんなに高価な帽子ではないし、そのあたりにある帽子だから、わざわざに取りに来るほどでもないが、案外とお気に入りのキャップだったもので、ものはついでだからと、一山越えてやってきたという訳。

 

 これが、そのキャップである。ちゃんと、私が座っていたテーブルに挟まって、そのまんまになっていた。

 

 ついでに展示物も見せていただいた。65才以上は無料だというので、タダで見せていただいたが、言うちゃ悪いが、100円の入館料を払ってまで見るような展示ではなかった。

 

  ここは開館時間が9時からだから、それに間に合うようにやってきて、キャップを受け取って、館内展示を見ても9時15分・・・。本物の(四国霊場80番)国分寺も季節が良ければ拝観してもいいのだが、9時を過ぎたら気温も上昇してきて暑くなってきた。

 

 これは、昔の国分寺(教王護国寺)の金堂の20分の1の模型である。スイッチを押せば、正面の扉が開いて、本尊の「釈迦三尊像」が見える仕組みになっている。

 

 さて、これからどこに行こうかと考えたが行くところがない。仕方なく運動公園に戻ってみたら、こんな野球大会が行われていた。

 

 入場無料だというので入ってみた。鹿児島大学と岡山大学の試合で、鹿児島大学が3-0でリードしていたが、岡山大学が8回に1点を返し、9回にも一点を取って追い上げに入ったが惜しくも3-2でゲームセット。

 

 マネージャーさんは背番号ではなくて名前になっている。暑くともこうしてビデオを撮ったり、スコアブックをつけていた。

 

 お昼を少し過ぎたところでゲームが終わって、応援団もいなくなった空っぽの球場でお弁当を食べた。食べ終わったところで、孫から「終わったよ~」という電話。やれやれ・・・。

 

 今日の掲示板はこれ。「他人と過去は変えられないが 自分と未来は変えられる」というもの。これはカナダ出身の精神科医であるエリックバーンの言葉として有名である。他人を変える事ができないこと、過去を変える事ができないことを悩むよりも、自分を変える事、自分の未来を変える事に目を向ける方が良いというのは、なんとなく「そうなんだろうな」と思えてくるもの。例えば自分の子供に向かって「勉 強しなさい」とか「部屋を片付けなさい」と言っても、簡単には聞いてはくれないし、職場で人に迷惑をかけているような人に対して注意をしてもそれが治らなかったりするもの。過去を変える事も、過去に起こった出来事を変えるという事は出来ないけれど、自分の受け取り方を変える事で、その出来事に対しての見方を変えることはできるけれど、その事実が変わる訳ではないし、過去に何があったのかを秘密にした所であなたの過去の出来事がなかったことになる訳でもな い。

 

じゃぁ、また、明日、会えたらいいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い日を なお暑くする 長崎忌

2016年08月09日 | ふるさと散歩

 さぬき市地方は高気圧に覆われて晴れていたが、湿った空気の影響で夕方から曇るらしい。気温は25.4度から35.1度、湿度は92%から66%、風は1mから2mの西の風が少しばかり。明日の10日も高気圧に覆われて晴れる見込みらしい。

 

 今日は全国的に火曜日だということなので、香川県立図書館に出かけてみた。まぁ、一般的にこうした施設は月曜日が休館日だからである。そのついでに、国分寺町の「讃岐国分寺跡資料館」にも立ち寄って、忘れてきた帽子を探して来よう・・とも考えていた。

 

 今月下旬に予定されている「定例法座会」の法話の下準備もしなくては・・ということも考えていたが、なかなかに、そういう話題の本はない。

 

 で、思いつくままに目の前にあった香川県の歴史関係の本を五冊、借りて来たが、どれも読んだことのある本ばかりで少しも役には立ちそうにもない。で、家に戻ってきてしまってから、「あれ、帽子を忘れた・・・」と思っても、今更、どうにもならぬほど遅すぎる・・・。

 

 FBFの森重先生が古地図を探してきて云々・・とやっておられるので、今日はこれをつらつらと眺めておった。

 

 古地図・・と言うても、昭和3年の地図らしい。右の半ばに「小学校」があるが、道路はそこでおしまいになっているが、現在は小学校前から役場や裁判所の前を左に向いて県道が突っ走っている。真ん中の道路は、「旧道」ということになる。で、左端に電車の駅ができている。

 

 現代のマップでは、こういうことになる。場所が変わっていないのはお寺くらいなものだ。銀行も郵便局も場所が変わっている。警察署も場所が違っている。

 

 昔の警察署はこんなだったが、長尾警察署になり、今は「長尾交番」になっている。

 

 郵便局の隣にあった「岸呉服店」は「松屋呉服店」になっている。昭和3年ということは、私の生まれる20年前になる。ということは、68+20=88年前という計算になる。やっぱり、昔の地図なんだなぁと思う。

 

 お昼からは、またも、古川阪次郎の部分の追加修正作業をやっていた。どうにも阪次郎さんの部分が短いので追加をしたら、話のつじつまがおかしくなってしまって。

 

 そこを修正すると、またしても話の前後がややこしくなってしまう。

 

 猛暑(もうしょ)とは平常の気温と比べて著しく暑いときのことである。主に夏の天候について用いられる。日本国内では2007年以降、1日の最高気温が35℃以上の日のことを「猛暑日」と言うことになっているらしい。さぬき市でも昨日が36度、今日が35.1度になっていた。

 

 今日の掲示板はこれ。「生涯 初体験の連続である」というもので、町内の善楽寺さんの掲示板にあったもの。これまた、どこの誰の言葉かはわからないが、確かに確かにそうだと思う。毎日毎日が初体験であるし、一時間一時間もまた初体験である。だから毎日がどきどきするし、新鮮であたらしいわけだ・・・。

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッター

<script type="text/javascript" src="//platform.twitter.com/widgets.js"></script>