まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

落ち栗は 食べられもせず 一個二個

2018年09月19日 | 観光ガイド的日常

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は21.9度から28.0度、湿度は84%から61%。風は1mから2mの北東の風が少しばかり。明日の20日は、気圧の谷や湿った空気の影響で昼前から雨が降る見込みらしい。

 

 ようやくに秋らしくなってきた。今朝のぽちの散歩も快調だった。

 

 まるで、「そよ風扇風機」みたいな心地よい風が流れていた・

 

 今朝の気圧は1010hPa、気温は25度、湿度は50%。やはり湿度と私の体調は関係するのかもしれない。

 

 ほら、昨日には67.4Kgもあった体重が、今朝には64.1Kgと 3.3Kg も減ったじゃないか。食事の量を減らしたわけでもないし、飲み物を減らしたわけでもない。

 

 それはさておき、朝の散歩は、このホームセンター。ここも案外と広いので、端から端まで歩くと、相当な距離になる。それを何度も往復してみた。昨日は数歩歩くと休んだものを、今日はいくらでも歩くことができた。ま、平坦ならば・・・ということなんだけれど。

 

 ここにも寄ってみたが、ここでも来年度用のカレンダー(卓上型)とかスケジュール帖とかは見えなかった。

 

 で、「ルンルン♪秋の大窪寺」ツアー用に参拝用品を買ってみた。使えるものかどうかの確認用。ま、良識あるゲストさんなら、お寺参りに来るのだから、お念珠くらいは用意してくるはずだと思うのだけれど。昨年は、自分用の白衣や笠、杖、納経帖から半袈裟や折り五条袈裟を用意していた人があったもの。

 

 ま、これはお念珠を忘れてきた方用・・・。

 

 そうそう、昨日、ダウンロードした納め札を裁断してみた。

 

 大窪寺の本堂と大師堂の二か所分の二枚ずつを15人分用、作ってみた。

 

 それを、昨日に作った経本の裏側に差し込んでおいた。サービスのいいことだ。

 

 ふと、通りがかった我が家のお墓・・・。周囲をきれいに草刈りをやってくれている。お彼岸前だからと、草刈り機で草を刈りはらってくれている。弟のどちらかがやってくれたものだろう。

 

 害虫によって落ちた栗の実。こういうものはサルも食べない。サルは枝になっている、まだ、緑色のイガグリを好んで食べるようだ。

 

 今日の掲示板はこれ。「"人"の"為"と書いたら "偽り"という字になりました」というもの。「人の為」だと思って物事を為すことは尊いことである。「人の為」と思うからこそ、物事を為すことができるのかもしれない。しかし、たとえ純粋な想いで始めたことでも、いつの頃からか「お礼を言われなかった」「誉められなかった」「見返りがなかった」など、不平不満の気持ちが溢れて来るもの。そのことを否定する つもりは毛頭ないけれど、本当に「人の為」を想ってのことなのかどうか、自分を中心に考えていなかったか?不平不満が出たときにこそ、問い返されることである。「偽り」と表現すると、わたしの想いや行動を否定されるように聞こえるかもしれないけれど、そうではなくて鏡のことばとして受け止めよう。「偽り」とは、わたしの姿を映し出していることばなのである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

山の子の 一人遊びや 彼岸花

2018年09月18日 | 観光ガイド的日常

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は21.7度から28.3度、湿度は88%から67%、風は1mから2mの東北東の風が少しばかり。今日も蒸し暑い一日になった。明日の19日は、引き続き、高気圧に覆われて概ね晴れる見込みらしい。

 

 今朝も呼吸困難になって5時半前に起きてしまった。酸素圧縮機で鼻から酸素を吸入して寝ているのだが、それでも呼吸困難になる。奥方は定休日らしくゆっくりと寝ているものだから、隣の部屋で朝のニュースだかを見て時間を過ごしていた。

 

 で、気分が悪いのに、奥方が「このパソコン、立ち上がらないわよ」、「あれ、まだ、うごかないわよ・・・」とか「グーグル検索はどうやるの?」と、うるさく言うので、簡単に操作しておいて、「今日は前山出勤だから・・・」と、言い残して前山地区活性化センターに向かった。

 

 毎週火曜日には役員さんたちがそれぞれのお仕事をやっている。長らく入院していて、お仕事から遠ざかっていたために、私の当面のお仕事はない。ま、勘弁してもらっていて「病気療養中」・・・みたいなものだ。

 

 11月の大窪寺ツアーでは、「正式なお作法を学ぼう」ということで、「なりきりお遍路体験」というものをやる予定。そのために、お遍路用の白衣、輪袈裟、杖、傘、ろうそく、線香・・・など一式を貸し出す予定。でも、経本くらいはおみやげに持って帰ってもらおうということになった。で、経本を作った訳だ。

 

 で、チーフ・ガイドの前田先輩が、「散華も記念にあげたらエエだろう。それを、経本に挟むようにはできんやろか・・・」というので、あれこれと試行錯誤をやってみた。

 

 事務用の古い封筒がたくさん余っていたので、それを利用してみた。落ちないようにポケット状にするには手間が必要。ま、この経本を持って四国中を廻る訳でもないだろうし・・・ということで、三角シールみたいな袋にしてみた。

 

 表紙の裏面に、袋を貼り付けてみた。

 

 こういう案配である。皆さんは、経本を両面印刷にして欲しいとおっしゃるのだが、それには緻密な計算と実験が必要。だから、裏面は白紙状態。

 

 で、納め札と、散華(正式には「華芭(けは)」を収納できるようにしてみた。

 

 私の宿題は終わったようなものだが、肝心の「数珠」はどうするんじゃろうか。輪袈裟とお数珠は必需品だが、会のほうでもお数珠までもは用意していないはず。線香は我が家にもずいぶんとあるが、参拝用のローソクは我が家にはない。大先達さんに用意してもらおうか。

 

 納め札は、ネットからダウンロード出来た。市販の白札はお安いが、一束100枚綴りは多すぎる。会専用の納め札を作ろうかと考えたが、今回はパスした。

 

 役員さんたちは、封筒印刷がうまくいかないとああだこうだと実験中。うまく郵便番号が枠内に入らないのだとか。普通は、プリンターと封筒の大きさ(長形3号)とかを指定すればうまくいのだが、封筒が長いのか、設定がおかしくなったのか・・・。

 

 今日の掲示板はこれ。「自分だけのために生きる人生は小さくてむなしいけれど、人のために生きれば人生は無間に広がるのよ」という有吉玉青さんの言葉から。有吉玉青(ありよし たまお)は、日本の随筆家、小説家。本名は清水 玉青。大阪芸大文芸学科教授。東京都生まれ。父は興行師だった神彰、母は作家の有吉佐和子。その「美しき一日の終わり」という小説の中の言葉である。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

世の中の 悩み重ねて 曼珠沙華

2018年09月17日 | 観光ガイド的日常

 さぬき市地方は、気圧の谷や湿った空気の影響で概ね曇っていた。昼過ぎから夜のはじめ頃にかけて雨の降る所がある見込みらしい。気温は23.9度から28.8度、湿度は88%から72%、風は2mから4mの西北西の風が少しばかり。明日の18日は、高気圧に覆われて概ね晴れるらしい。

 

 昨日から湿度が高くて蒸し蒸ししていて気分がすぐれない。今日の気圧は1010hPa。ぽちの散歩についていくのがやっとだった。

 

 昨日、今日と体重も66Kgを超えていて、足が重く、おなかの調子も悪い。だから今日は休養日にした。いや、毎日が休養日なんだけれど。

 

 自宅にじっと引きこもっている訳にもいかないので、銀行だ、スーパーだ、文具店だのをのぞいてきた。ここは東かがわ市湊にある「文遊館」という文房具店。ここも久しぶりだ。

 

 で、探し物は、この和紙。例の経本の表紙に使っていた用紙が切れてしまったのだ。で、同じ柄のものはないかと探してみたのだが、同じものはなかった。

 

 で、小柄な紋様を選んで買ってきた。ところが、この和紙は、ゴムのように伸びて、切ったり、張ったりするのにはやや不向きなものだった。手触りまでは確認しなかったのが失敗。

 

 仕方がないから、残りの五部を作ることにした。余分な部分を切り落としたり、

 

 それを長く張り合わせて行ったり・・・

 

 それを。折り本のように折り上げていく。ま、根気のいる作業である。

 

 で、買ってきた和紙に、薄いボール紙を挟んで表紙を作る。この裏面を見ればわかるように、ゴムのようになっていて、わずかだが伸び縮みする。だから張り合わせるのが面倒になった。

 

 で、出来上がったのが、この四冊分の表紙である。これに、折り本部分を挟み込んで糊付けする。

 

 で、「題箋」を張りつければ完成になる。

 

 これで、予定の15冊の経本が完成したことになる。あとは、「Qシート」の作成になる。確かにこれは「売り物」にしたいようなものだ。

 

 今日の掲示板はこれ。「人間の大きさは その人が出会っている世界の大きさ」であるという言葉。町内の善楽寺さんの掲示板からである。農業をやっている人はどこに旅行しても、稲のできばえとか野菜の育ち具合しか見ないという。会社の事務職員は自分の仕事の範疇しか知らないし、技術者は自分の担当している職場しか知らない。孫悟空がどこまでもどこまでも飛んでいったのに、お釈迦様の手のひらの中で遊んでいただけのように、「人間の大きさは、その人が出会っている世界の大きさ」なのである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

手を合わせ 初心忘れな 曼珠沙華

2018年09月16日 | お役目ごくろうさまであらっしゃいます。

 さぬき市地方は、高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は23.8度から30.8度、湿度は92%から68%。風は2mから4mの西の風が少しばかり。明日の17日は、気圧の谷や湿った空気の影響で概ね曇り、昼過ぎから夕方は雨の降る所がある見込みらしい。

 

 昨夜の宴会は21時半過ぎにお開きとなったが、奥方は明日もお仕事だからと20時過ぎから寝てしまい、弟たちも22時前には寝てしまった。

 

 残った私は、食器洗いから片付け、テーブルの整理、ゴミの片付け、お風呂の片付け、エアコンの停止・・・なんぞの後始末をやってから寝た。23時を過ぎていた。

 

 寝てからふと気がついたのだが、お昼からはトイレに全く行っていない。あれだけ食べて飲んで大騒ぎしたのに、トイレには行っていないということは・・・。

 

 夜中には頭痛がするし、おなかが張るし、トイレに起きても量はあんまり出ない。夜には酸素圧縮機から酸素吸入をやっているんだけれど、息苦しくて何度も起きてしまったし、朝の4時半には、もう、起きてしまった。おなかを圧迫されるようで苦しくて寝ていられない。

 

 で、朝の6時半からは集落内にある「山の神神社」の秋の例祭のお掃除である。この集落には10軒の家があるが、歩行困難の方と佛忌のかかったおうちとの二軒がお休み。残りの8人でおそうじすることになる。

 

 昔はここに拝殿があって、宵宮から集まっておこもりをしていたというが、今は礎石が残るばかりで再建されたこともないという。

 

 この頃の私は、おなかが張って歩けないし、動けない。このしめ縄を張って、紙垂(しで)を飾るのがやっとのこと。男性陣は倒れた松の木や竹の枝を切ったり片付けたりするのだが、私はまるで動けない。

 

 どうにかこうにか、おそうじができて、しめ縄が掛けられた。で、みんなで「二礼二拍手一礼」して、おしまい。昨年までは会堂に集まって、座談会のようなことをしていたが、今年からはやまってしまった。もう、山でたきぎや柴などを集めることもなくなったし、山仕事をするような人もいなくなって、信仰心も薄れてしまったような気がする。

 

 7時半過ぎに我が家に帰ってみると、奥方は出勤、弟たちは用事があるからと帰ってしまい、娘家族も帰ってしまった後だった。祭りの後はこんなものだ。私も気分が優れないもので、例の経本の折り本とか、表紙付けなんぞの作業をしながら気分転換。

 

 で、今日も五部の経本を折りあげて製本した。都合、10冊にもなった。

 

 薬を飲んでも、胃腸薬を飲んでも、漢方薬を飲んでも、トイレにしげく通っても、体調は少しも好転しない。昨日だって、そんなに多くを飲んだわけでなし、そんなに多くを食べた訳でもない。ただ、働き過ぎたかな・・という気はするのだけれど。

 

 今日の掲示板はこれ。「みようみまねで合わす手に やどるすなおな菩提心」というもの。仏さまの眼から見れば無心に遊ぶ子供たちの姿の中にも、菩提心はあるということなのだろう。そういえば、幼い子供は、みよう見真似で小さな手を合わせている。それにどんな意味があるのか、なぜそうなるのか知らないままに合わせる両の手。それでいながら、そこには不思議なほど仏さまの世界との一体感が感じられる。言い方を変えてみれば、大人より子供たちの合掌の姿の方がずっと絵になるのである。子供は純粋無垢という点で私たちより仏さまの世界に近いのかも知れない。だから素直な心そのものが菩提心だと受け止めてみてもいいのかもしれない。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

ススキの穂 今日の予定は にしひがし

2018年09月15日 | 自然ありのままに

 さぬき市地方は、西日本付近に停滞する前線や湿った空気の影響で曇り、雨の降っている所があった。気温は23.2度から29.1度、湿度は94%から72%、風は1mから4mの西の風が少しばかり。明日の16日は、引き続き西日本付近に停滞する前線や湿った空気の影響で概ね曇る見込みらしい。

 

 できるだけ、毎月15日は管内見回りの日。すっかりと過疎化と高齢化が進み、一集落(自治会)が10軒ほどになり、7集落で70人ほどが私の担当区域。

 

 こういう絵地図も空き家が増えてくる。亡くなられたり、施設や病院に入所したりで寂しくなっていくばかり。小学生や幼稚園生はいない。

 

 そういう集落を歩きながら、健康状態やら安否情報を聞いて回る。

 

 限界集落に近い集落ばかりになった。

 

 さて、今日は弟たちが集まって、「月見の宴」を開くという。ささやかに、お月見風情を作り出しておく。朝からビールを冷やしたり、お風呂を掃除したりと、家主さんは忙しい。それだし、九月の中旬だというのに蒸し暑い。エアコンを調整したりと雑用は多い。

 

 弟二人は14時半過ぎにやってきて、お刺身などで軽くウォーミングアップ。

 

 16時半ごろになると、娘家族がやってきて、一座がぱっと明るくなる。今日のメインのおでんと・・・

 

 鯖寿司である。

 

 で、弟二人と我が家の二人、それに娘家族三人の7人という参加者。これまた、だんだんと少なくなってしまう。

 

 で、娘の用意したおそろいのT-シャツで、「燃料は酒!」の大合唱。

 

 あとは恒例のカラオケバトル。「日本全国酒飲み音頭」からスタートして歌えや歌え・・・の大バトル。うたったもん勝ちである。

 

 マジックボールも機能して雰囲気は最高に盛り上がる・・・。

 

 都の西北から軍艦行進曲まで飛び出す始末。私は月見に合わせて、「月の砂漠」「炭坑節」、「月がとっても青いから」などを歌ってみた。

 

 今日の掲示板はこれ。「好奇心、幼児性を持っていないと、大切な者を見落としてしまう。三歳の子供からでも学ぶことは沢山ある。」という堀威夫さんのことばから。堀さんの人を選ぶ三つの基準は、それが歯と目と声。「歯はビジュアルの面での美しさもそうだけど、もう一つ重要なのは咀嚼力。健康じゃないととてもこの仕事は務まらない。二番目は目。何か事を成すっていう人の目はキラキラしていますよ。イワシの腐ったような目はしていない。そして最後は声です。声っていうのは、大きければいいんです。スピーカーでも出力が大きいスピーカーで小さい音を出すと、聞こえがいい。小さいスピーカーで大きな音を出そうとすると耳障りなわけですね。それに、でかい声を出す人はネアカな人が多いし、根暗の人の声は小さい。」人を見る目もさまざまだなぁと思ったことである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

背伸びして すすきは月を 待っており

2018年09月14日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は、気圧の谷や前線の影響で曇り、断続的に雨が降る見込みらしい。夕方にかけて雷を伴う所があるのだとか。気温は22.8度から25.1度、湿度は96%から90%、風は3mから5mの東北東の風が少しばかり。明日の15日は、前線や湿った空気の影響で曇り、雨の降る所がある見込みらしい。

 

 今日の気圧は1012hPa 、気温は22度、湿度は82%が朝のデーター、体重は61.4Kg、若干の増。やはり、体が重くおなかが張って動くのが苦しい・・・。

 

 経本を15部、印刷をしたのだけれど、試しに五部だけ、張り合わせてみた。

 

 でも、いつまでも、こんな所にも並べておけないということで、これを「折り本」タイプに折ってみた。

 

 これが簡単なようでうまくいかない。ジグザグになってみたり、弓なりになってみたり・・・。

 

 ま、試行錯誤しながら、五部の経本を織り上げることができた。

 

 で、天地をカッターで切りそろえると、経本らしくなってきた。

 

 で、前田チーフ・ガイドから希望のあった、きれいな和紙で表紙を付けてほしい・・・ということで、倉庫から和紙を選んで持ってきた。少しばかり派手かな・・と思ったけれど、どれも、帯に短しタスキに長し・・・ということで、これにした。

 

 で、表紙より大きめに裁断して・・・。

 

 薄いボール紙を表紙大に切って、それを和紙でくるみ込む。

 

 折りあげた経本の前後ろに張り付けると、それらしくなってくる。

 

 で、ワードで作成した「題箋」を張り付けると完成である。

 

 うむ、これをゲストさんにプレゼントするのは惜しいような気がしてきた。

 

 今日は奥方はお休みで、畑仕事をしていたのだが、私が昨日、山道で刈り取ってきたススキ全部を花瓶に投げ入れてある。おまけに、ススキにからみついていた野草も、そのまんま活けてある。大胆と言えば大胆、無造作と言えば無造作。お月見・・・という粋とか風情とかは感じられない・・・。

 

 第二次世界大戦中、ナチスの強制収容所での体験を記した『夜と霧』で知られるフランクル博士。その謦咳(咳払いのこと=仏教の面授)に接し、医学領域の後継者と指名された著者は、博士の教えを自らの医療活動に役立ててきた。末梢から筋肉が萎縮し寝たきりになる難病が著者を襲ったのは、博士の死から一年後のこと。治療法はなく、主治医は匙を投げる始末。死をも覚悟した壮絶な闘病体験で著者を救ったのは、フランクル博士の奥様から届いた一通の手紙だったという。「あなたが人生に絶望しても、人生はあなたを絶望していない。」手紙に添えられた博士の言葉に自らの生きる意味を見出し、奇跡的な復帰を果たした著者。そのメッセージは、多くの人々に生きる勇気と希望を与えることだっただろう。柳澤桂子さん推薦「一人の医師が、血の滲む苦しみの末、多くの患者のために難病から立ち直る感動の書」から。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

凛として 生まれて伸びて 曼殊沙華

2018年09月13日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は、気圧の谷や前線の影響で夕方から雨や雷雨となるらしい。気温は22.2度から24.7度、湿度は78%から94%、風は2mから5mの東北東の風が少しばかり。明日の14日は、引き続き気圧の谷や前線の影響で、昼前から断続的に雨が降る見込みらしい。

 

 今日の気圧計は1013hPa 、気温は25度、湿度は75%。今日は体が重くて気が重たい。太陽のせいか、湿度のせいか。気圧のせいでないことははっきりとした。曇っていると、体内時計が動かないとも聞いたことがある。

 

 昨夜も20時半から寝て、今朝は5時半に起きたのだから9時間も寝た勘定なのに、今日は一日、眠たくて眠たくて、何度も顔を洗ったり、氷水を飲んだりしたが、どうにも効き目がなかった。

 

 「眠たくなったら寝てくださいよ~」と、県立病院の心不全ナースは言うけれど、明るいと眠られないという貧乏性。昼間に寝たら、夜には眠れないじゃないか・・・という、「ああいえば、ジョーユー」症候群でもあるのかもしれない。

 

 で、秋のイベント用に経本を作ってみようということになったので、印刷だけをやってみた。

 

 でも、これから先が進まない・・・。

 

 この15日の土曜日に、我が家で「月見の宴」をやるらしい。で、ホームセンターに出かけたら、この「三宝」がけっこうなお値段する。百円ショップに行ってみたが、そういうものは見当たらない。スーパーで「お月見団子」を探したが、時期的なものらしくて見当たらない。

 

 今年の中秋の名月は、9月24日らしい。今週末では、盃に写った満月を飲み干すのは無理みたい。

 

 で、ススキだけは道端で切ってきた。こんな雑草だから、「入山権」とかは関係あるまい。

 

 のどが渇いたから、お茶でも・・・と、自動販売機を見ると、こんなところに、こんなものが。そろそろ、冬眠の時期に入るのではないのかえ。それとも、それで冬眠のつもりなのかえ~・・・。

 

 近くの公園の「ひがんばな園」にある、白いリコリス。リコリスは葉っぱもないのに、どうして花を咲かせる時期を知るのだろうか。

 

 黄色いリコリスも元気いっぱい。

 

 我が家の曼殊沙華はようやくに芽を出したばかり。彼岸の入りは、来週の20日。彼岸の中日、秋分の日は23日。それにしても時期をよく知っていて花を咲かせるものだ。

 

 今日の掲示板はこれ。「おこないはおれのもの、批判は他人のもの、おれの知ったことじゃない。」という「勝海舟」先生の言葉から。これは維新後、新政府の要職についた勝や榎本を福澤諭吉が「痩(やせ)我慢の説」という著書で批判をして、二人にその著書を送りつけた。その時に、勝が福澤諭吉への手紙で述べた言葉である。原文は、「行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与らず我に関せずと存候」(世に出るも出ないも自分がすること、それを誉める貶すは他人がすること、自分はあずかり知らぬことと考えています)ということ。江戸開城を止めるために、上野のお山で彰義隊は命を捨てて戦っている最中、福澤は御殿山からその戦いを自分の弟子と一緒に傍観していたらしい。勝にすれば、「お前も曲がりなりにも武士だろう。命を懸けるほどの仕事をしてみい。学者気取りで偉いもんじゃなあ」というのが勝さんの本音だったものと思われる。批判をする方は簡単である。勝手なことを言っていればいいのだから。でも、批判されるほうは堪ったものではない。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

ススキの穂 疲れた心を 掃きはらう

2018年09月12日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は気圧の谷や前線の影響で曇り、昼過ぎから夕方にかけて雨が降るらしい。気温は21.8度から24.5度、湿度は84%から90%、風は1mから5mの東の風が少しばかり。明日の13日は、気圧の谷や湿った空気の影響で曇り、雨の降る所がある見込みらしい。

 

 朝の気圧は 1013hPa 、気温は23度、湿度は80%。体重は65.8Kg、だが、湿度のせいか気分は重く、おなかは張るような感じで足は重い。天候のせいばかりでもないのだろうか。

 

 今日の讃岐路の天候は雨・・・。気分は夢の中というか霧の中・・・の雰囲気。

 

 さて、本山に提出する書類が進まない。私の気分も乗らないし、他人さんも乗ってはくれない。

 

 と、グダグダと言うてんと、ハンコをいただきに回ってきた。まずは動かなければ物事は進まない。歩き出さないと目的地には到着しない。

 

 なんまんだんぶ、なんまんだんぶ・・。ご本尊さまはおいでになるのだろうが、住職様はみなさん、お忙しいようでなかなかにハンコは集まらない。

 

 昨日の勉強会で決まった、経本の印刷。門前の小僧、習わぬ経を読む・・・ということで、これくらいは平気の平左。このあたりでは、真言宗や浄土宗は当たり前で、曹洞宗のお経まで読まされることがある。

 

 ま、まほろば工房は、「本を作る」「世界で一冊だけの本を作る」「どこにも売っていない本を作る」がモットーだから、お遍路さん用の経本なんぞお手の物である。

 

 夕方になる前に、空き缶を集積場に運んでおいた。この、ブルーの空き缶が我が家のもの。

 

 昨年は、この黄色い空き缶がこれだけあったのに、今年は私が1本しか飲まなくなったので、三分の一、四分の一になった。

 

 我が家のホテイアオイの花が咲きだしてきた。

 

 空き缶を運んで戻る途中、こんなものを見た。ウリボウである。それが六頭か七頭ほどいたように見えた。でも、最近はイノシシもワナに掛ったものは見たことがない。学習が進んだのかもしれない。

 

 今日の掲示板はこれ。「掃けば散り 払えばまたもちり積もる 人の心も庭の落ち葉も」というもの。僧侶にとって、庭の落ち葉を掃くことは、自分の心を掃き清めることに通じるという。釈尊の弟子に、チューリーパンタカ(シュリハンドク=周梨槃陀迦(しゅりはんだか))という者がいた。ものを覚えるのが苦手で、一説には自分の名前さえ覚えられなかったという。そんな彼に、釈尊は「きれいにしましょう(塵を払わん、垢を除かん)と教えたという。シュリハンドクはひたすら庭掃除に励んだことである。あるとき、彼は、庭掃除が自分の心の掃除に通じることを悟るのである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

受け止める 大地があって 曼殊沙華

2018年09月11日 | 観光ガイド的日常

 さぬき市地方は気圧の谷や湿った空気の影響で曇っていたが、午前中からは晴れてきた。気温は21.0度から27.8度、湿度は82%から65%、風は1mから3mの北東の風が少しばかり。明日の12日は、湿った空気や南海上から北上してくる前線の影響で、昼前から昼過ぎにかけて雨となる見込みなのだとか。

 

 気圧は 1015hPa 、気温は20度、湿度は78%というのが朝の数字だった。体重は65.8Kg だったが、おなかが張るようで気分は悪かった。そんなに変わったものを食べたり飲んだりしたことはない。

 

 台風のおかげで、先週の火曜日に行われるはずの「大窪寺ガイド勉強会」を今週に順延したので、今日のお出かけになった。8月は夏休みということでお休みだったもので久々の前山出勤になった。

 

 メンバーはいつもの男性3人と女性3人の6人のメンバーである。

 

 で、今日の話題は、当面する行事予定と、秋の「ルンルン♪大窪寺」の準備であった。今回は普通の観光ガイドではなくて、正式の参拝のお作法を、会員の寒川大先達が直々に伝授するというお作法編と、その他の会員による観光ガイドという二面性のツアーになる。

 

 これは昨年に作った「Qシート」だが、これをたたき台にして、大窪寺班のQシートを考えてもらうことにした。

 

 で、白衣や笠、杖、輪袈裟などは「つかさの会」が持っているので借りることにしたが、経本をどうするかということになったが、記念品としてさしあげる・・ということで、この経本を手作りすることにした。

 

 また、記念散華は大窪寺班の一人が真言宗のお寺さんなので、用意してくれることになった。

 

 この真ん中のお姉さんである。一般的には「大黒さん」と呼んでいる。

 

 コースなんぞも確認したし、持ち物、準備するものなども確認した。お線香やおろうそく、納め札などは大先達が準備してくれることになった。

 

 この左の方が、その大先達さんである。ま、真宗の坊さんは出番がないので、総括担当ということになる。

 

 午後からは、私の預金口座や奥方の口座の予算管理などをやっていた。

 

 ま、雑用といえば雑用である。

 

 今日の掲示板はこれ。「なやむこと 悲しむことも 慈悲の中」というもの。どこで見かけた物かは記憶にないが、お正信偈に「大悲無倦常照我」とあるように、阿弥陀さまのお慈悲は常に我を照らしてくださっている。悩んでいるときも、悲しみのうちにあるときも、どんなときにもお慈悲のただまっただ中にあるというのである。 私一人を生かすためにどれほどのいのちがかかわっているだろうか。天地のいや全宇宙のはたらきが私を支え、生かしてくれている。このいのちの尊さに目覚めよというのが縁起の教えである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

朝寒に 逃げるトンボを 追ってみる

2018年09月10日 | 日常・・ありのまま。

 さぬき市地方は気圧の谷や前線の影響で曇り、夕方まで雨が降っていた。気温は21.8度から24.4度、湿度は96%から80%、風は1mから4mの北北西の風が少しばかり。明日の11日は、気圧の谷や湿った空気の影響で概ね曇る見込みらしい。

 

 昨日あたりからぐっと涼しくなってきて、冷房モードから暖房モードに切り替えが必要になった。今日の気圧は1005hPa、気温は20度、湿度は78%、私の体重は65.6Kgと安定してきた。

 

 さて、私は、このOffice365というものを使っているが、このアプリの中に、雲のマークの「One Drive(ワン・ドライブ)」というものがある。ま、一種のクラウドである。

 

 この絵のように、デスクトップPCやノートPCから、One-Drive 経由でタブレット端末やスマホとデータを共有できる。私の場合、このマシン室に5台のPCがあり、隣の奥方のアトリエには2台のノートPCがあり、丸亀沖のしわく広島の家には2台のノートPCがあり、iPad のタブレット端末があって、このクラウドにつながっている。つまり、データの共有ができているということだ。

 

 それに、面白い機能があって、どこの端末からでも、キーボードの「Prt-Sc (プリント・スクリーン)」を押すと、画面コピーが One-Drive の中の画像フォルダー内の「スクリーンショット」に貯蔵されていく。前には、アプリのペイントを起動して貼り付けて保存していたが、そんな手間はいらない。

 

 このように、自動で年月日と、その日の連番号が付与されて記録されていく。で、どの端末からでも、その画像は見られるし利用もできる。あ、この話いいな・・・と思えばプリントスクリーン。あ、このコメント、いいな・・と思えばスクリーンショット。

 

 容量はそんなに大きくはないが、個人用なら十分に対応できる。

 

 さて、明日の命がない、明日がない・・・と言いながら、早くも来年の準備である。たまたま、本屋さんに立ち寄ったら、早くも並んでいたので、無造作に買ってきてしまった。来年のダイアリーと暦である。

 

 会社時代には個人貸与だったダイアリーはA4判だったが、退職してからはB5判にして、10年になった。飽きっぽい性格な割に、こういうところは頑固で一途だ。

 

 一年使うと、同じものがこんな厚さになってくる。人生の涙と汗が染みこんでくるし、思い出も詰まってくるというものだ。

 

 中身はメモ書きみたなもので、あとから読んでもわからないことが多い。

 

 今日の掲示板はこれ。「追えば逃げるぞ赤とんぼ 待てばとまるよ竿の先」というもの。どこの誰の言葉かはわからない。幸せもお金も地位や名誉も健康も・・・そんなものかも知れない。追いかけている間は手に入らないが、ふっと、無心になったときに、「あ、ここにあったのか・・・」みたいにすぐそばにあったりする・・・。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

堂々と 悩んで生き抜く 彼岸花

2018年09月09日 | ふるさと散歩

 さぬき市地方は、前線や湿った空気の影響で雨となり、激しく降る所があったらしい。気温は23.6度から26.5度、降雨量は0mm/hから10mm/h、湿度は92%から78%、風は1mから3mの西の風が少しばかり。明日の10日は、前線や湿った空気の影響で昼前まで雨が降り、雷を伴う所がある見込みで、昼過ぎからは湿った空気の影響で概ね曇るらしい。

 

 今日は朝から終日雨。気圧は1005hPa、気温は20度、湿度は78%が朝のデータ。体重は65.6Kg。おなかの張りはない。

 

 山の神神社のしめ飾りは準備できていたのだが、境内のお掃除などは来週の16日に順延することになった。雨に濡れてまでやるようなことでもない。

 

 で、今日は「おへんろつかさ養成講座」の志度寺現地研修の日だったが、まだ体調がよくないので今回もパスすることにした。私のご用はとくにない。駐車場係くらいなものだ。

 

 そこで、朝の間は事務作業ということで、10月の行事予定表なんぞを作成していた。来月まで生きていけるかどうかは定かではないが、一応、生きていく上での目標みたいなものだ。

 

 こちらは11月分のスケジュール表である。法務や講演会は、体調不良・・・ということで、当分の間はお休みさせていただいている。その診断書もいただいている。

 

 で、今日は高松市での「ひょうげ祭り」の日である。奥方が何年も前から一度、見学したいと希望休をとってまでの拝観である。ひょうげ祭りというのは、江戸時代に水不足解消のため、新池を築造した矢延平六の徳を偲び、水の恵みに感謝し、豊作を祝うお祭り。祭りでは、色鮮やかなメーキャップをした人々が新池までの約2キロの道のりをひょうげ(おどけ)ながら練り歩き、 最後は神輿ごと新池に飛び込んでクライマックスを迎えるもの。

 

 消防車に前後をガードされて、お祭りの一行は、浅野地区集落研修センターから新池まで奇抜な化粧や衣装を身に纏った人々が約2時間ひょうげ(おどけ)ながら練り歩くもの。

 

 高松城を水攻めにするために池を作ったとのい讒言(ざんげん)で、阿波に追放になった矢延平六をしのぶため、また、農民一揆と間違われないため、肥料の袋の衣装や、野菜の刀、野菜の帽子などで、おどけながら武士をバカにし、殿様を阿呆もの扱いする道化者の行列で皮肉たっぷりの行列を組む。

 

 このころは小雨状態で行列もスムーズに進行している。この独特のメークが面白い。

 

 馬も平六さんも雨具姿ではさえない表情。

 

 最後はおみこしだが、これらもお手製の神輿で。最後はかき手もろともに池の中に飛び込むとクライマックスになる。

 

 昨年のおまつりはこんなもの。やはり、まつりは晴天が一番だ。

 

 そして、これがクライマックスの場面。今年は降雨のため、私たちは途中でリタイアして帰宅した。

 

 今日の掲示板はこれ。「念仏は悩みをなくすのではなく 堂々と悩んでいける道である」という曽我量深先生の言葉からである。妙好人といわれた庄松さんはまさしく安心して悩むことができる道を見出された。「(悩みを)持ったまま」「邪険という角を持ったまま」、安心して堂々と悩 んでいける道しか、私たちがすくわれる道がないと仰せになったのは法然上人さん。そこには、いのちを我が物にして苦しんでいたことから解放された法然さん の喜びがある。思いどおりにならない状況のなかに、実は光輝く世界があるもの。法然さんは、「真宗の教えは立派な人になっていく教えではない。人間は愚か であるがゆえに、はかりしれないいのちからの呼びかけを常に聞いていかなくてはならないのだ」と言われている。この呼びかけを忘れて、自分の思いにとらわ れてしまうのが凡夫とよばれる私たちのあり方なのであろう。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

秋時雨 目覚まし時計が 空回り

2018年09月08日 | お役目ごくろうさまであらっしゃいます。

 さぬき市地方は、前線や湿った空気の影響で雨が降り、やや強い雨の降っている所もあったらしい。気温は21.5度から24.7度、湿度は82%から94%、降雨量は0mm/h~6mm/h、風は1mから3mの北東の風が少しばかり。明日の9日は、引き続き前線や湿った空気の影響で雨や雷雨となる見込みらしい。

 

 讃岐路は朝から雨。気圧は 1002hPa、気温は24度、湿度は75%。ここのところ、体調は良い。おなかの張りもないし、身体も軽い。体重は65.6Kgで安定してきた。

 

 朝から雨ではお仕事にならない。頼まれている「しめ縄」も御幣もできていないのがやや気にかかる。

 

 それじゃぁ、ダメじゃん、春風亭柱昇。ということで、「紙垂(しで)」から作ることにした。これは「型紙」である。用紙を、この大きさで、切れ目のように切っていけば、「紙垂(しで)」ができる。

 

 切って折ったものがこれ。これを、しめ縄に挟んで神様への目印にするらしい。

 

 昨日の藁(わら)は雨に濡れて使えないので、物置に少しばかり残っていたのを思い出して、「前垂れ」を、七本、五本、三本に結んで三組作っておく。この「七・五・三」で、「七五三縄(しめなわ)」と書くこともあるそうな。私が会社員時代に、「七五三吉」という人がいて、「しめきち」さんと呼んでいたのを思い出した。

 

 これが、山の神神社で、手前の「しめ柱」に掛けるものが4m、本殿が1.5m、脇殿に掛けるものが1mと、三本のしめ縄が必要になる。だから、前垂れも紙垂も三組ずつ必要になる。

 

 外は相変わらず雨・・・。遊びに行きたし傘はなし・・・。

 

 昨日のミラーボールを試験点灯してみた。本当は天井に取り付ければいいのだが、我が家の天井は高い・・・。

 

 暗くすると、いい感じ。実は、このマジックボールは音楽が出る。だから、ダンスホールにもなるという仕組みらしい。

 

 小雨になった瞬間を狙って、竹藪を探し歩いて、青竹を切ってきた。これでご神体となる「御幣」を作るが、「半分、青い」の「五平餅」の準備ではない。

 

 これが、ご神体になる「御幣」である。あんまり、みんなは興味がないのか注目しないので、いい加減と言えばいい加減・・・。

 

 これが、本殿用と脇殿用のしめ縄。紙垂(しで)は、当日に挟み込む。

 

 こちらが、しめ柱(七五三柱:注連縄柱とも言う)用の長いもの。あ、下のは宴会用の「円座」で、昔の座布団である。その下はミニいろりで焼き肉用。これで、明日の用意は準備万端。

 

 今日の掲示板はこれ。「毎日の不思議を見逃さない そんな感性を持ち続けたい」というもの。見渡せば、私たちの回りには不思議がいっぱい。この私が生きているのも不思議だし、となりの奥さんが生きているのも不思議・・・。草が伸びるのも花が咲くのも不思議と言えばふしぎなもの。そんな不思議を見逃さない感性をいつまでも持ち続けていきたいものである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

夏の雨 九月七日を おもしろく

2018年09月07日 | お役目ごくろうさまであらっしゃいます。

 さぬき市地方は、一部で晴れている所があったが、気圧の谷や前線の影響で概ね曇り、午後からは雨や雷雨となってきた。気温は24.3度から29.9度、湿度は92%から70%、風は1mから2mの南西の風が少しばかり。明日の8日は、前線や湿った空気の影響で雨となり、雷を伴う所がある見込みらしい。

 

 今日の気圧は 1002hPa 、気温は25度、湿度は62%。おなかの調子はいい。今朝の体重は 65.8Kg。安定してきたように思う。

 

 今朝も「三毛猫とまとの卓球便」がやってきた。相変わらずの大きな段ボール箱に小さな小箱が入っていた。

 

 来週の土曜日の15日に、弟たちが「お月見の会」をやりたいという。そこで、このカラオケスペースにアクセントを付けようと考えて・・・。

 

 「LED MP3 MAGIC BALL」というものを注文した。はてさて、カラオケ大会は盛り上がるのじゃろうか・・・。

 

 お昼からは雨になるというので、頼まれていたご用をこなしておくことにした。

 

 この日曜日、9月9日は、集落内の「山の神さん」の秋の例祭だという。で、うちの班は女性ばかりなので、「おしめ(しめ縄)」を用意してくださいとのこと。ま、毎度のことなので、準備はしてあったのだけれど、雨の降らぬ間にと作業を開始した。

 

 まずは稲藁をたたいて柔らかくする「わら打ち」から。で、葉っぱに当たる「荒しべ」をのぞく。

 

 で、二つに分けた稲わらを、回転させながらより合わせていく。これを「縄をなう」というのだが、これがなかなかにうまくいかない。

 

 両手で反対方向に回転させながらより合わせるのだが、手が滑ったり、動かなくなったりでロープ状にはなってくれない。

 

 ま、こんなもので、きれいにはできない。この長いピンピンとしたものをハサミで切ったり、ライターで焼いたりする。

 

 すると、なんとなく、それらしいしめ縄ができあがるのだが、ここで雨になった。続きは明日だ。

 

 片付けをする間に前進ずぶ濡れになった。着替えを取りに行こうとすると、ベランダには洗濯物が・・・。これをまた急いで取り込んで・・・。シャワーを浴びて着替えをしたら夕方になった。

 

 今日の掲示板はこれ。「おもしろきこともなき世をおもしろく」という高杉晋作の言葉から。正式には、この後に、功山寺挙兵時に「すみなしものは心なりけり」と、勤王女流歌人の野村望東尼が付け加えたとされている。私達の周囲の世界はただの現象世界であり、そこにはどんな意味や価値判断、意図もない。あるのはただの無為自然でしかない。それにひとつひとつ意味付けをしていくのは、私達一人一人の感覚であり、解釈である、ということを詠んでいるのだと私は思っている。だからこそ彼は、自分のしていることもしてきたことも、世の中が変わろうとしていることも全て、所詮はその程度のものなのだ、と達観したのではなかろうか。例えば、出かけようとした時に雨が降ったからと言って、それで私達は不幸になるわけではない。雨は何も考えてもいないで、ただ降っているばかりなのである。それをどう受け止めるかは私達次第。自分だけに降っているように感じて、こんな時に限って・・と、不運な自分を惨めに思うか、何気なしに今日は家でのんびりせよ、という天の思し召しだなあ~と思って、のんびりとするのか。全く、自分の考え方一つなのである。雨を面白くないと思うか、雨を面白いと思うのかもまた、私たちしだいなのである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

寝ながらに 虫の一座の 大芝居

2018年09月06日 | 今日もまた、病院に行って・・・。

 さぬき市地方は気圧の谷や湿った空気の影響で曇っていた。気温は22.5度から30.8度、湿度は82%から58%、風は1mから3mの東南東の風が少しばかり。明日の7日は、前線や湿った空気の影響で断続的に雨が降り、雷を伴う所がある見込みらしい。

 

 今日の気圧は 1002hPa、気温は25度、湿度は55%。体重は65.6Kgでおなかの張りはない。

 

 今朝から北海道がひどいことになっている。昨日は関空だったのに、今日は北海道だ。まったく、地球が悲鳴をあげているみたいだ。いつもは朝ドラが行動の目安になっていたのだが、少しばかり早めに我が家を出て、県立病院に出かけてみた。

 

 これは、「日々記憶帖」で、毎日の体調他の記録帳である。8月に入る前から体重が徐々に増加してきて、おなかが張るようになって体が重くなってきた。だから、8月2日の予約診察の時に、「腹部CT検査」をお願いしてあった。

 

 赤線部分が体重の変化である。退院してきた5月中旬には60キロ台だったものが、ぐんぐんと増えてきて68キロを超えた。これはもう、入院級の体重増加である。

 

 これはてっきり、肺に溜まっていた胸水が溢れて、おなかに水のたまる「腹水」ではないかと考えたのだ。食べるものも同じ、飲む量も変化なし。運動量や行動量はやや控えめ・・・。なのに体重が増加しておなかが張るのは水分以外にないではないか。

 

 で、9時15分予約のCT検査だったが、8時45分にはOKが出て検査になった。

 

 胸部と腹部のCT検査は5分ほどで済んだ。拍子抜けのような速さだった。

 

 採血と採尿はルーチンワーク。これもあっさりと済んだ。でも、この検査に1時間ほどが必要になる。朝食抜きだから野菜ジュースを飲んだり、トイレに何度も走ったりしながら1時間を過ごす。

 

 検査の結果は昨年夏のCT検査と同じ。内臓脂肪と少しばかりの皮下脂肪もあるが、気になるような脂肪量ではないとのこと。腹水の滞留も、内臓疾患もないとおっしゃる。ましてやガンなどの兆候もないとおっしゃる。だと、あの膨満感は何なのだ。

 

 心不全ナースとの対話の中で、やはり問題は「水分管理」しかないという結論に落ち着いた。今年の夏は異常に暑かった。だから、ついつい、管理量よりも多く、水分を飲んでいたのじゃないか。がぶがぶと飲んだのじゃないか・・・ということになった。そんな些細なことなのか・・・。

 

 それが証拠に、九月に入ると体重が減少し、おなかの調子もよくなってきたではないか・・・ということになった。「大山鳴動ネズミ一匹」という結末に。

 

 もう少し尿の出がよくなる薬に変更することになった。3万とか4万円もの薬代が二割負担になったせいもあって2万円以下になったのはうれしい。

 

 今日の掲示板はこれ。「阿弥陀仏と称える口で愚痴を言い」というもの。これまた、どこのどなたの言葉かはわからない。ご法座の席でお聴聞しながら「南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・・」とお称なえしたその口で、お隣のおばあさんと愚痴の言い合いをする。よくあるお寺での一幕である。似たようなことばに、「墓参り 合わせたその手で 蚊を殺す」というものもある。私たちのこころというものは、そんなものなのである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

台風の 去って路地にも 下駄の音

2018年09月05日 | お役目ごくろうさまであらっしゃいます。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて概ね晴れていた。気温は23.7度から31.8度、湿度は90%から55%、風は2mから5mの西の風が少しばかり。明日の6日は、高気圧に覆われて晴れるが、気圧の谷や湿った空気の影響で夕方から曇り、夜は雨の降る所がある見込みなのだとか。

 

 今日は県外研修ということで、7時半に公民館前に集合とのこと。あわただしく準備してようやく間に合った。

 

 チャーターしたマイクロバスで一行は鳴門市に向かう。ところが、バスに乗ってすぐにトイレに行きたくなってしまった。しかしのかかし、およそ1時間はノンストップでバスは走る。なかなかにバスを止めてもらうのには勇気がいる。我慢我慢の1時間だった。

 

 目的地の施設に到着するやいなや、施設に駆け込んでトイレを探して走る走る。ここは鳴門市にある「救護施設:小鳴門莊」という施設。

 

 ここで施設長から施設の概要についてのお話があった。路上生活者や精神障害や知的障害のある方、生活保護法の適用を受けている人など受け入れている施設らしい。

 

 こういう施設らしい。

 

 こういうお風呂や洗濯室、食堂や居室なども見せていただいた。

 

 次にお邪魔したのが「児童養護施設・鳴門こども学園」だった。あの玄関から入って右側が男の子用、左が女の子用で、男女半々程度で30名が生活しているという。下は3歳児の年少児から小学校、中学校、高校生まで。18歳を過ぎると卒業になる。

 

 ここは児童福祉法による施設で、ネグレクト(育児放棄)や児童虐待などで親などとは生活できない子供たちを受け入れている。

 

 こういう幼い子供たちもいる。まだ、幼稚園には入れないこどもたちだった。幼稚園児以上は通園・通学の時間帯で子供たちはいなかった。

 

 昼食は、鳴門市北灘町にあるホテルだった。山の上にホテル群があって、ゴルフ場や宿泊施設、ロッジやらレストランなどがある。

 

 山の頂上一帯に施設があって、瀬戸内海を眺めることもできる。

 

 で、中華料理のお店が用意されていた。ところが、ここのお食事は味が濃いというか味付けがきつくて、エビチリを二匹食べただけで、あとのものは皆目、受け付けなかった。脂濃いものが多く、塩分も多そうな感じ。

 

 結局の薬局で、エビを二匹食べられただけ・・・。デザートまでパス。このお料理を見ただけで、私のおなかは満杯になってしまった。やっぱり、おにぎりを持ってくればよかったなぁと後悔しきり。それに明日が県立病院での診察日だし、CT検査の日でもある。塩分控えめだからパスは仕方がない。

 

 今日の掲示板はこれ。「苦をまぬがれるには その苦を生かしていく道を学ぶことです」という、蓬茨祖運(ほうしそうん)先生の言葉から。蓬茨祖運先生は、浄土真宗の僧侶で仏教学者。 石川県出身で大谷大学卒。真宗大谷派参務。1970年九州大谷短期大学教授、二代目学長。賢隆寺住職。宇宙物理学者・蓬茨霊運は長男である。人生には4つの約束事があるという。「繰り返すことができない」「誰にも代わってもらえない」「かならず終わりが来る」、そして「その終わりがいつくるか わからない」。仏教の基本的な教えである四法印、すなわち諸行無常・諸法無我・一切皆苦・涅槃寂静はこのことを私たちに教えようとしている。この生老病死の現実を前に、私たちはまさに無力と云うほかない事柄にしばしば直面し、苦悩する。蓬茨祖運先生は「苦しみをまぬがれるには、その苦しみを生かしていく道を学ぶこと」と云われた。心の闇が照らされて、闇を闇と知らされる。苦は消せるものではなく、照らされ開かれるものだと教えてくれたのである。

 

じゃぁ、また、明日、会えたら、いいね。

コメント

ツイッター

<script type="text/javascript" src="//platform.twitter.com/widgets.js"></script>