フルート吹きのほっと一息

ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。ただいま 9歳です

ぶらり旅 4

2013年12月31日 | 旅行

 

お江戸のぶらり旅 テーマは「細い道を行く」

すると薄い自動販売機

楽しいモードならなんでもおもしろい

 

 

こんなところに銀行かしら?とおもったら

 

 

何と小学校。

区の予算も北海道とは桁が違うようです

校庭で子供達は体育の授業かな

 

 

首都高速道路の下は釣りバカ日誌の世界でしょうかー。

どうやって都内で”浜ちゃん”は舟で出社出来るのか?

とずっと思っていましたが,ようやく納得が

 

さて、築地です

 

 

この写真の時は普通に歩けましたが

土曜日の日中は満員電車みたいに道が混んでいました

 

 

日本全国でとれた海産物は皆、築地に集まってきます

沢山のお寿司屋さんがおいしそうなマグロで競っていました

 

                     

 

ブログをご覧くださった沢山の皆様。

いつもご訪問ありがとうございました。

 

来年もボクとオカーさんをよろしくおねがいします

 

 

 


ぶらり旅 3

2013年12月30日 | 旅行

 

お江戸のぶらり旅でございます

テーマは細い道を歩こう!

 

 

私もナッちゃんもどちらかと言えば方向オンチ。

I Phone 無しにはこんなスムーズなお散歩は無理だったりします

 

 

 

 

 

高級料亭でしたのでランチでさえ立派なお値段

ナッちゃんは外国人ご案内の下見も兼ねていたかな?

 

 

こちらのお店は看板を欄間が飾っています

 

 

お江戸の情緒あふれて天気にも恵まれ

楽しいひとときでした

 

 

場所柄、扇子の専門店とか

 

 

呉服屋さんとか

違和感も無く並んでいました

 

 

                     

 

さて、

お節料理だけが順調に進んでいます

今日は伊達巻き

 

 

お人形も出しました

 

 

来年は君の年だよ

 

「舞玉」を買ってきました。ずっと繭玉だと思っていましたー

 

 

 

窓の外は雪景色

 

 

舞玉で懐かしいお正月を感じます

 


ぶらり旅 2

2013年12月29日 | 旅行

 

10年以上東京に住んでいましたが

練習とレッスンと仕事に明け暮れていて

どこにも行ったことがない様な私でした

 

逆光の写真で見にくいですがこれは浅草橋

 

橋の麓には船着き場がありました。

この辺り、入船という地名もありました

意外なことに東京の街中です

 

 

ああこれは釣りバカ日誌の世界だなとちょっと嬉しくなりました

 

浪花軒って,え? 床屋さん?

一体いつからある理容室なんでしょう!

 

 

この歩道の狭さも札幌辺りじゃあり得ません。

除雪機が通れませんもんね。


人形町という地名は地下鉄駅にあるので知っていましたが,

地上を歩くとひな人形のお店が連なっていました。

あら,,,だから人形町だったのね。

 

 

 

日本橋と聞くと三越くらいしか想像出来ませんが,

この調子で行くとちゃんと橋があるはず。

でもこの看板,テープが貼ってありますね。

商店街統合されたのでしょうか??

 

この古い家屋も日本式バルコニーがついていて

まるで映画に出てくる旅館みたいです。

札幌にこんなのあったら文化財かも?

 

 

ここは普通に酒屋さんでしたが

家紋でしょうか?お店のマークでしょうか?

ぽつりと風情を漂わせていました

 

 

おばあさんが下駄を履いて箒で掃除をしていたのが

まるで映画のように見えました

 

 

細い小路には沢山の飲食店が。

絶対映画のワンシーンに使われているに違いない!

 

数年前にお江戸でござるという番組がありましたが,

下町をこうやって歩いているといろいろ気付き確かにおもしろい。

 

昔も道はこの広さだったのでしょう

建物だけが変わって行った。

なるほどなぁと、そんなことを感じていました

 

 

お正月のお料理の準備を淡々と進めています

いつもながら年賀状と片付け以外のことは

はぁ~・・着々と進むんです



ぶらり旅 1

2013年12月28日 | 旅行

 

12月13日の東京はまだ紅葉が。。。

札幌では吹雪いていたんですけどね

 

 

フランス語も英語も堪能で,

フルートが上手くてピアノも上手くて

通訳だって演奏だって伴奏だって軽々できちゃう友人なっちゃんと

久しぶりに東京ぶらり旅。

 

 


古い書籍を古い店で・・

風情があると言えばその通り

 

テーマは「細い道を歩く」

というわけで浅倉蔵前から下町裏通りぶらり旅です

とりあえず今日は写真二枚ね




さて,今日は

レッスン納めとトリオ風雅の練習納めでした


レッスンはロマン派の歌い方をしつこく。

短い曲で出来ないものは長い曲でもできません。

音の引っ張り方と強調せずに吹くことを学習。


トリオ風雅の練習は・・・出ました!

「ああ,面白い」

「面白かったね」

「大分曲になって来たね」


というわけで実のあるお時間でした

あと2レベルは上げたいと思う私です


今年もなかなか良い練習を積み重ねましたがまだまだ

来年に乞うご期待でございます




クリスマスツリー

2013年12月23日 | 旅行

 

初めて浅草に宿をとりまして。

スカイツリーはキョロキョロするとどこからでも見える感じでした 

 

 

グリーンのライトアップはクリスマスモード

なかなか魅力的です

雪のないのがウレシイ道産子です

 

 

このスカイツリーのクリスマスマーケットが素敵でした

イルミネーションも趣向が凝らされていて楽しめました




ツボ

2013年12月22日 | 旅行

 

えー、初めて築地に行ってみました

 

乾物屋や卵焼きの専門店,かまぼこの専門店などなど

狭い路地に活気が溢れていました

 

たわしの専門店も。

 

 

イヤー、さすがお江戸だなぁーとしみじみ実感・・・・

で,私的な笑いのツボはこれです

 

 

笑いのセンスってそれぞれで,

テレビのお笑い番組はなかなか笑えませんが

これはねー。

 

 

笑っちゃうんですけどね,笑えます??

 


KITTE

2013年12月20日 | 旅行

 

東京駅の向かって右手には郵便局があります

外観の写真は取り損ねてしまいましたが,古くて立派

黒い柱は8角形?(数えてこなかった・・)

写真よりずっと美しく荘重なものでした

 

KITTEという名前がついている建造物で

商業施設と一体化しています

 

 

天井の高いフロアには札幌では珍しくも何ともない

雪もどきの積もった大きな木の模型

 

 

 

と書くと身も蓋もないですが

お客様は皆様楽しまれていらっしゃいました


私達? 

うーん,雪景色は東京では見たくないですなー


ふふふっ

 

コメント (2)

重要文化財~煉瓦2 

2013年12月17日 | 旅行

 

昨日より続きます

煉瓦の建物は,東京駅

1914年に完成して100年!!


 


ヨーロッパから建築技術を学び建築家が腕を振るった建造物 

現代の建築家は作らないだろうけど

ヨーロッパの音楽に憧れを抱きながら育った私としては 

ちょっとした夢見心地


セピアで撮影すると時代が戻った錯覚に

 

 

こちらの方は現代です

 

 

東京駅のギャラリー(有料)の中は写真は撮れないのですが, 

古い煉瓦をそのまま使いなかなかの趣でした。 

2階からの雰囲気 ↑ も眺められ素敵です

 

  


 



重要文化財~煉瓦

2013年12月16日 | 旅行

 

ご無沙汰しております

11月の後半から怒濤の忙しさになりさすがに神経が、、、

そんなわけで一息ついたところで

ああだこうだと理由をつけて出歩いております

 

 

ハイ、触れません

 

 

触れてはおりません。しかし,ただの煉瓦ですなぁ。

 

 

所々埋っているのは木煉瓦というのだそうですよ

 

 

階段のところは新しいのですけどね、煉瓦は古いと。

 

 

ランプは。。。景観に合わせてつけた新しいものかな

 

 

ここはギャラリーになっていて

ちょっとした写真展などやっていました(つづく


楽器博物館 5

2013年11月17日 | 旅行

テオバルト・ベームは

優秀な演奏家で作曲家で楽器製作家でもありました

私はどうもこのヒトにいつも特別な興味を持っています

 

(↑1998/12/3 ライプチヒの楽器博物館表札)

 

初めてのドイツ旅行で「なんだこりゃ?」と

わくわくと心躍るヘンテコな多数のフルートと出会い

楽器のメカニズムの発展とその時代に作られる作品との関連に

ドキドキしたことがありました

 

写真↑は表札です。

まだライプチヒは東ドイツ時代の殺伐とした雰囲気で

観光地の顔はなく街全体がくすみ、重々しかったです

街の中でカメラを取り出すことがはばかられる雰囲気でした

 

で、 1832年あたりでベームはベームシステムを完成したのですが

 このフルートのシステムが世間に浸透するまでには

やはり。というだけの時間がかかっているんですね。

製作の方々はそれぞれにプライドを持ってやってますもんね。

 

というわけで下の写真は今と違うシステムのフルート

(入間校舎で見られます)

ベームのシステムが完成しても他の制作者達は自分のシステムを採用

しかもベームシステムをいち早く採用したのはフランスの音楽界でしたので

お国ドイツよりも先にフランス近代の作品が飛躍的に発展して行きます

 

こちらはベームシステムで、リングキーのものですね

(入間校舎で見られます)


今ではエチュードで名を残しているフルート奏者フュルステナウは、

ウェーバーと仲が良かったのですが、

その頃どんな楽器を使っていたのかな?と考えたりしています

 

「歴史が見えて面白いですねぇ」と言ったら

恩師増永が笑って、『それは年を取った証拠です』

言われたこと、ありましたっけー。。。

 

この秋は1998年以来のワクワク感を

武蔵野音楽大学入間校舎にある楽器博物館で

味わっていたのでありました

とっても楽しかったでーす

 

コメント (2)

楽器博物館 4

2013年11月16日 | 旅行


ピアノもイロイロありました。

暗い部屋にあったのでぼんやりした写真ですが

ご覧くださいね

 

コレは、鍵盤です

簡単な曲でも猛練習しないと弾けそうもないですね

 

 

アップライトピアノのちょっと前の形

 

 

 

何とも言えぬ威圧感のあるアップライトピアノですが、

 

ナポレオンと言われれば何となく納得というものです。


楽器博物館 3

2013年11月15日 | 旅行

 

さて

弦楽器であります

専門外なのでさほどの知識も興味もないのですが。

 

 

表面は4弦で、後方に多数の弦がついています。

後方の弦? 見えないですね?

すみません、写真が不鮮明なせいです

 

でも調弦のねじが沢山ついているのが分かりますよね?

これらの後方の弦に共鳴することで音が豊かになったのだと思います

ヴィオラダモーレという名前が付けられていました

 

 

こちらもヴィオラダモーレ

表面の弦が6本で後方にも弦が張られています

 

 

そしてこちらは中国

 

 

美しいですね。

月琴です。バチで演奏されます


私の父は新聞社退職後に

中国の大学で日本語の講師をしていました

お土産に月琴があったのですが、

使い方が分からず邦楽の友人に贈呈しました


 

ぜひ、演奏を聴いてみたいものです


楽器博物館 2

2013年11月14日 | 旅行

 

これは・・・

ビルマの竪琴じゃないですかっ!!

 

 

練馬の校舎立て替え中につき、全資料が入間校舎に集まっている今

雑然としているようですが、

めったにお目にかかれないものに出会うことができました

絵本の世界ですねー

 

実用的に欲しいなーと思ったものもあります。

 

 

パソコンの操作が苦手な私としては

コンピューターでの楽譜作成はすでにお手上げ。

古式ゆかしく写譜ペンを二本(高いのと安いの)持っていますが。。。。

 

五線の万年筆~~!!

いつかヨーロッパに行ったら探してみよう。


楽器博物館 1

2013年11月13日 | 旅行

 

武蔵野音楽大学の楽器博物館に行ってみた。

 

古いクラリネット。リードが外側についているんだけど

まさか音大の博物館で間違っているはずはないよね? ねっ?

 

 

管楽器の進化の過程にはいろいろなものが造られる。

金属製も試してみたんだねぇ

 

 

 

こちらはバロック時代のオーボエかな。

フルートのベームシステムは後にオーボエにも影響を与えるんだよね

 


議事堂

2013年11月12日 | 旅行

「国会議事堂」に初めて行ってきました

大正9年着工で昭和11年に完成

国家の威信をかけた

大理石で造った荘厳な趣の建造物です

 

 

議事堂の回りは若手のイケメン?の警官が沢山いました

外観の写真を撮るにもいちいちウルサイ。

 

 

議事堂前の道路は整備されて美しく

イチョウが沢山あったのですが、一本だけギンナンがなっていました。

こんなところじゃ誰も拾わないようでふんだんに香っていました

 

 

 

こちらは天皇陛下の展示用の椅子

エンペラーの足元には

 

 

ライオン?です

 

見学ツアーに参加してきました

議事堂内部は撮影不可でしたので、

HPから写真をお借りして。。。

 

玄関ホール

一般の見学者は入れないとこです

玄関ホール天井のステンドグラス

 

 

この階段は天皇陛下専用

(エレベーターを使っているので実際には登っていない)


階段を上がってホールの天井

階段を上がってすぐのところに皇族専用の立派なお部屋

(ガラス越しにちょっと見るだけ)

 

 

テレビで見る ↓ ↑ 議事堂

 

 

この素敵なレストランは

議員用の中央食堂!!

 

 

こちら ↑↓ は委員会用の会議室

どこかのステンドグラス

 

玄関ホール床の大理石


ホームページの写真は美しいのですが、

見学者はゆっくり鑑賞することもままならず

楽しいとは言えません


しかし国の政はコレだけ

重く権威のあるものだと世に知らしめる

抜群の効果がある立派なものでした


一度は行ってみるべきでした

ようございました