フルート吹きのほっと一息

楢崎容子です。ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。
ただいま10歳です

小松昭五・昭和45年のフルートリサイタルから

2017年11月18日 | 小松先生と。

今月3日4日の小松先生の葬儀で

先生の演奏の録音を聴くことができました。

使われていた楽器はイギリス製ドゥーダルカルテという名器で

NHK札幌放送管弦楽団より貸与されていたそうです。

 

1969年42歳の時の札幌共済ホールでのリサイタルから

指揮者として活躍していたアンゲルブレック作曲のソナチネ。

生き生きとした素晴らしい演奏の録音で感激でした。

こんな素晴らしい演奏をされていた先生に

中学生の私は教わっていたのかと、愕然とする思いでもありました。

 

告別式では昭和36年33歳当時NHKラジオで放送されていた

「音楽のしおり」という全国放送の番組で3/26.6/24に放送された

プログラムから牧神の午後への前奏曲をピアノの伴奏での演奏でした。

 

葬儀での有志による演奏に私も加わっていましたが

先輩方が小松先生の演奏の録音が欲しいと口々に言われました。

 

葬儀から10日ほど過ぎて小松先生の奥様に

録音のコピーを頂けないでしょうかとお願いしたら

快諾してくださりましたので相談すべき方に相談して、

これからご希望される方々を募って形にしたいなと思っています。

 

 


仰げば尊し (追記あります)

2017年11月02日 | 小松先生と。

 

2017年11月1日のお昼頃

小松先生が九十歳で天寿を全うされました。

 

仰げば尊し わが師の恩
教の庭にも はや幾年
思えば いと疾し、この年月
今こそ 別れめ、いざさらば


2016/5/21の笑顔


札幌は今、穏やかな晴天で小松先生にぴったり。

今週末にお見舞いに伺う予定でした。

明るく楽しく素敵な素晴らしい方でした。

 

お通夜では感謝を込めて

フルートの合奏に加わってきます


通夜   11月3日18時

告別式  11月4日10時

会場   麻布斎場(北40西6)


勇気を持って

2017年10月16日 | 小松先生と。

 

このブログ,いろいろな方が見てらっしゃるんですね。

アクセス記録を見ると小松先生の記事を気にしていらっしゃる方、多いです。

9月も10月も姉弟子とお見舞いに行っています。

 

いつもこっそり甘いものを一口持参していましたが,

とても楽しみにされているのですが,

もう,ホントに気管に入ったら危ないのでついに手ぶらで行ってきました。

甘いもの冷たいものを所望しておられましたがごめんなさい。でした。

でも,ちゃんと食事を味わってとっておられるそうです。

 

前病院から現病院に転院した時に歩く訓練をさせてもらえるかと思ったけど

ゼンゼンさせてもらえなかった。それが一番残念だった。

そう,仰っていました。

 

年齢を重ねてみて,大人になっても心はそんなに変わらないのだなと

思っていますが,90歳になっても夢見る力があったらイイナと

思いながら老師と握手を交わしています。

 

来月も伺いますね。

 

 

 

 

 

 


日差しの暑かった午後に

2017年08月06日 | 小松先生と。

 

姉弟子と二人で

小松先生のお見舞いに行ってきました

7月は行けなかったので、一ヶ月ぶりです。

洋梨のゼリーとメロンのゼリーを持参しましたら

両方つるんと召し上がられ、美味しかったとにっこり。

うれしい。

 

 


小松先生は90歳

2017年04月02日 | 小松先生と。

今日は久しぶりにお見舞いに行ってきました。

私が忙しかったり私が体調が悪かったり

そして,面会時間が15時から16時までの一時間限定。

頑張らないと行けません。ハイ。

 

先生,もうホントに小さくなっていて・・・・

おいしいお菓子も差し入れ禁止。

食べさせてあげたい〜

今日は持ち帰ってきました。

 

耳が遠くなられて,今日は熱があるとかで

いつもよりは小さなお声でした。

でも先生が「来てくれてありがとう」と言ってくれました

看護士に面会は短めにと言われたので

すごすご帰ってきましたが、行くと喜んでくれるんです。

皆さん、ぜひ「5分だけ」お顔を出してほしいです