フルート吹きのほっと一息

楢崎容子です。ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。
ただいま9歳です♡

お暑うございます

2015年07月30日 | 恩師 増永弘昭先生

札幌でも暑い日々を迎えています

クーラーのない生活を頑張って続けているのですが

夜だけは勘弁して欲しい感じになってきました。

湿度、高いですー。北海道じゃないみたい。

亜熱帯気候なのか温帯なのか亜寒帯なのか?

この数日の札幌の夏は「東南アジア」ですー。

 

でも朝早くの散歩は軽井沢の夏を思い出すんです。

20代前半の2年間シュミッツ先生の夏期講習に参加していました。

合宿所は緑に囲まれた素晴らしい所で

うだるような猛暑の東京から向かった軽井沢は湿度は高かったですけど

本当に涼しく感じていました。。

 

講習会は増永先生がお膳立てしてムラマツフルートの協力で行われていて

それはそれは素晴らしい内容の日々が一週間毎日続けられました。

その時の数々の作品はその後の私の人生の宿題となり、

今も取り上げられていたクーラウの作品を練習しています

講習会の沢山の書き込みがあるので参考になるんですよ

 

録画されていた講習会はその後発売される予定でしたけど

数曲のみがムラマツの商品になったっきりお蔵入りしています

なんてもったいない。

翻訳するはずだった増永先生が亡くなってしまったから仕方ないのかな。

 


お花もお線香も

2015年06月17日 | 恩師 増永弘昭先生

 

久しぶりに関東に出向いてきました

 

室内楽の練習をしたり

趣味の小物の買い物に行ったり

友人と小旅行に行ったり

 

 

さあ、今日は秩父に行こう! と言う段階で  

二日酔いの人が約一名。じゃ、お大事にと放置。

 

久しぶりの仕事仲間に朝イチでメールして、

ナビを見ながら車で、いつものように恩師のお墓参りに。

自動車学校の裏って認識してたけど、お墓を探せど・・・ない。

どうも風景がちがう? と言う事で聞いてみたらあら。

ご近所の違うお寺にたどり着いておりました。

いつも2人で駅から歩いて行っていたからね。

 

というわけで

一方通行の細~い道を再びウロウロしてたどり着き

無事  お墓発見

お線香もお花も置く場所のないシンプルなデザインなので

手ぶらで身軽に行けます

 

お墓にあるブロンズのフルートを

丁寧に磨き上げてきました

 

 


ああでもない こうでもない と考える

2015年05月04日 | 恩師 増永弘昭先生

フルートを始めてウン十年。

ここまで続くのは好き嫌い?より、「難しいから」なんだな。

ようやく仕上がった?と思ったのもつかの間、

あっという間に次の課題が見つかる。いつも。

 

ハタチの頃、頑張って吹いていたあの曲。

今は優雅に聴こえる演奏になっただろうか?

瑞々しく聴こえていた演奏が元気のない演奏に変わっていないだろうか?

 

頑張って瑞々しい → 優雅で元気がない

 

こんな図式が成り立っては困るのだ。

ところがこれ、さじ加減がとても難しくて

両方の手のひらにのせても

感覚的に重さの違いがわかりにくいんだよね。

そんな訳でずっと練習は続く

 

 

シュミッツ先生は現役の演奏活動が短かった。

ベルリンの壁が出来て室内楽の仲間と東西に別れた時

・・・それは一つの理由ではなかったけれど・・・

演奏活動から身を退いたんだっけ。

 

だから晩年の演奏は残っていないけれど

残っている30代の録音はエネルギッシュで格調高い

 

増永先生はガンだったのだけれど・・・59歳の若さで

あっという間にいなくなってしまった。

演奏はシュミッツ先生を受け継いでいて生き様そのものが音楽だった。

 

私は15年の間、増永先生の弟子でいたけれど

極力教わった事を100%実現しようとしていたけれど

180センチの身長はないし、腕立て伏せだって一回しか出来ない。

演奏をいろいろ実現して行くにはどう補えばいいのかをいつも考えている。

きっと先生の亡くなった年を超えて続いて行くのだろうね。

何だか考えている事はずっと変わらないなぁ。わたし。


恩師の著書より

2013年07月21日 | 恩師 増永弘昭先生

 

お勉強のページを更新しています。

興味のある方,見てやってくださいませ。

http://blog.livedoor.jp/ensougenri/



 



今日は選挙の日ですね。

これから投票所へ行きますが誰に入れるか決まっていません

じっさいにお会いして人となりを観察してから投票したい所ですが,

カンに頼るしかありませんねー。



コメント (2)

勉強のページ

2013年01月05日 | 恩師 増永弘昭先生


復習、確認のため、勉強のページを別に作りました。

 

http://blog.livedoor.jp/ensougenri/

 

これから一年、言葉にして記してみようと思います。

興味があったらご覧になってください

ちなみにコメント欄は閉じてあります。