フルート吹きのほっと一息

ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。ただいま 9歳です

私のお気に入り 1

2006年10月29日 | 私のお気に入り
カードのポイントがあったので、
健康用品からバランスボールを選んでみた。
食事をする時はこれに座っている。
使い始めたのは九月の上旬。実はとってもイイ。
特別なことはしていないが腰回りのストレッチになる。
腰痛?や筋肉痛が緩和されている。
今じゃ普通の椅子に座ると硬くて嫌なんだな~
コメント (2)

恩師 増永弘昭 26

2006年10月28日 | 恩師 増永弘昭先生
時代背景はどうなっているんですか?
作曲家はその時代にどういう影響を受けて
その曲を書いたと思いますか?
「音楽の背景にどういう精神があるのか
解らなければ演奏できません。」

お師匠様の一言は私に膨大な勉強課題を与えます。
おかげさまで歴史における宗教と宗教音楽の役割やら、
西洋史やら、美術史やら、もちろん実用音楽史も。
ずいぶん勉強させられ・・・いや、させて頂きました。
(ヨーロッパ旅行の楽しさが倍増しました)

プログラムノートを書くたびに資料と首っ引きになるので、
調べものと練習は並行することになるのですが、
これぞ生きた勉強で、どう演奏するのか霧が晴れるように
理解できるのがおもしろい。

と、お師匠様に申し上げたら、
「ははは、楢崎、年を取ったんですよ」
と言われてしまいました。
コメント (7)

恩師 増永弘昭 25

2006年10月26日 | 恩師 増永弘昭先生
20代の頃はいろいろな曲がやってみたくって
片っ端から練習していた。
フルートの有名な曲でやったことの無いのなんてほとんど無い。
最近は手を付けるにも、曲を選ぶ。
目新しければ良いと言うものではない。

駄作で世に広まらないフルート作品は山のようにある。
そういう作品は演奏していてわかる。
説明がつかないところが多いのだ。
あいている五線譜を埋めただけだな・・・
音楽の骨格にも飾りにもなっていない・・・

埋もれた名作ももちろんあるだろうが、
有名になった曲はやはり光るものを持っているのだ。

逆もまたしかりで、聴いて面白く感じるが、
演奏してみて、内容のなさに気づく時もある。
その手の曲は自分の企画する演奏会では使わない。
ばかばかしくて練習時間が惜しくなる。
一般受けするのが悲しいところ。

お師匠様の名言がある。
「音楽にも必然性があるんです」
「全ての音には意味があるんです」
「なんとなく吹くところがあってはいけません」
おかげサマで演奏にうるさくなったが作品にも手厳しい私。

最近は作品の前で作曲家に敬意を持ち
楽譜に表されている音楽に
心から感動している自分  と向き合いたい。
と、切に願っている。

コメント (4)

みどころは?

2006年10月25日 | 日々つれづれに
久しぶりに一人旅の計画を立てようとしています。
行き先は11月の九州。3泊4日。
熊本在住の素敵な彼女に会うのが楽しみ
福岡往復の飛行機だけ確保してあるんだけど、
レンタカーで動くか、JRで動くか思案中・・・

うんちくの旅をしたいんだけど、日本史にうとい私としては、
どこかみどころかさっぱり解んない。
うーん。
コメント (4)

今日は主婦モード

2006年10月23日 | 日々つれづれに
昨日は新十津川で演奏。
赤ちゃんつれて来ていたヒトがいたので、
抱かせてもらった。
もう、ほっぺが作り立ての大福みたいにぽよぽよで
食べちゃいたいくらいかわいかったぁ~。
いいなぁ。ちび。

久しぶりに一日オフの今日は一気に家事をする。
主婦って家にいると雑用の山。
温泉旅行で一泊ってのが世間では贅沢みたいな感じだけど、
私は貧乏性だから温泉宿で暇を持て余すのが大嫌い。
くふふ。こんな日はお菓子をつくるんです。
今日はミントさんに教わった寒天ゼリー
コメント (2)

やっぱり冬ソナか・・・

2006年10月21日 | flute 2006
今日は東区のコンサートでした。
一部はクラシック、二部は地元の合唱団と唱歌、
三部はポピュラー。
クラシックはアイネクライネナハトムジークに、
アルルの女とか、精霊の踊り。
さんざんやった曲だから簡単というわけじゃなく
美しくに聞こえるように、隅々に気配りが大切よね。
ポピュラーはアニメの曲だったり、ドラマの主題歌だったり。
例によって冬ソナが一番受ける。
やっている私は眠くなるんだけど、視聴率高かったんろうだなぁ。
ヨン様、まだ人気あるのかなぁ・・・
さて、明日は新十津川で演奏だ。天気に恵まれるといいなぁ。
コメント (2)

好みは体感

2006年10月20日 | flute 2006
演奏会を聴きに行ってどうしようもなく困る時がある。
どんなに上手い演奏でも、
体に合わないと膝がムズムズしてくるのだ。
なぜムズムズするか全然わからない。
そういう時は途中で帰る。かならず最後までムズムズは続くのだ。
生気の無い演奏とお上品すぎる演奏だとぐっすり眠ってしまうし、
最初から最後までガンガンやられると、うんざりする。
大きな音でテンポが速いだけのフルートの演奏は大嫌いだし、
「こうであるべき」という基準は、我ながらかなりうるさい。
アマチュアの演奏は応援したい気分になるが、
プロに属する有名なヒトのカンにさわる演奏は我慢ならない。
しかし、まぁ、いいのだ。
こだわりがなければ演奏なんてする必要が無い。
さあ、こだわって練習しよう。
演奏に妥協は必要無い。
コメント (3)

小松先生 ありがとうございます

2006年10月19日 | flute 2006
フルートは中学一年から始めました。
小学生の時からやってみたいな~と思っていたところへ、
母がやったら?なーんて、言ってくれたので渡りに船。
「買ってくれるならやる。でも、我流は嫌だから
一流の先生につけてほしい。」
今、思えばなんて生意気なガキ

中学校の三年間、小松昭五先生に習いました。
優しい先生で、夢と希望を持たせてくださいました。
「君は上手くなれるよ」って言われたのを覚えています。

そんな先生が今年で80歳?まだまだ現役でお仕事されています。
今日は夜、門下生有志(60代がおおい・・・)でお祝いの会を。
健康に気をつけて長生きして素敵な笑顔でいてほしいです。
ホントに。
コメント (3)

釣りキチ二人

2006年10月18日 | flute 2006
コントラバスのアベさんは、御年満79歳で
ジーンズの似合う不良オジさんだ。(失礼!)
ちっとも「じーさん」くさくないので、
おしゃべりしていても50代くらいにしか感じない。
チェロのコジマさんは若い頃から髪は真っ白だけど、
アベさんよりは一回りは若い。
この二人、血液型の話なんてしてもノってくれる
気のイイ紳士。
で、二人して何が好きって釣りです。釣り。魚釣り。

私とピアノのチエちゃんは釣り好きの二人につれられて、
月末、知床に行ってきます。
ホテルでロビーコンサートですって。
え?ええ。わかってます。
しっかり釣ってもらいましょうっと。

どうも、全身筋肉痛で・・・

2006年10月18日 | 日々つれづれに
なんだっけ?
私は何をしたんだっけ・・・?

そうだ、知人が高尾山に登るって聞いたので、
私もあやかってアクアビクスに挑戦。
あー、こんなに効くとは思わなんだ。
二の腕が細くなるかも・・・
コメント (3)

音楽雑感

2006年10月16日 | flute 2006
バルトークの作品はどれも聞いていてわくわくする。
ルーマニアの民族の息吹が聞こえてくる。
歌があり、踊りがあり、祈りがある。
自然の厳しさも人の喜びも伝わってくる。
バルトーク自身が音楽なのだなと感じる。

ハンガリーに一度だけパックツァーで訪れた時に
ガイドさんが言っていた。
「ハンガリーの歴史は戦争の歴史です。」
そうかー、おとなり、トルコだもんな。
ちゃんちゃんばらばらやらざるを得ないよなー。
国境線はちょこちょこ変わるだろうし
皆で力を合わせて国を守るんだよな・・・
文化も守るんだな。
かくして、音楽には祈りがある。
コメント (2)

カッチーニ

2006年10月15日 | flute 2006
昨日トリオザパームは
札幌の南区のはずれでレストランコンサートをしていました。
軽いクラシックのプログラムのはずが、
なぜか、オペラアリアの構成になりました。
簡単そうでしょう?歌だもの。
ところがどっこい、
人間の歌に勝てる楽器なんて無いから
なかなかの力技となります。
(歌謡曲なんかだとどってことないんだけどね)
一番きつかったのがカッチー二のアベマリア。
譜面は簡単なのよ。しろい音符ばっかり。
しかしねー、血管が切れるんじゃないかと思う位
フレーズが長くてもう大変。
やれやれ終わりと思ったら、アンコールにリクエストが。
「アベマリアもう一度やって~・・・」
ありがとう。良い演奏だったのね。うれしい。
けど、つらいわ~。
自分にお疲れさまー
コメント (2)

今日は料理を頑張った・・つもり。

2006年10月09日 | 日々つれづれに
ビーフシチュー学習中   

市販されているデミグラソースを使うと
ぜったい後で胃の調子が悪くなる。
外食してもかなりの確率で出来合いの
デミグラソースの味がする。
あれはほんとに美味しくない。マジに不味い
でもビーフシチューが食べたいんだな。

というわけで、休日の今日はレシピを研究。
まず、本に書いてあることを熟読。
どこが肝心なのかちっともわからない。
なぜブーケガルニを束ねる必要があるのか?
あとで、漉すのに。理解不能だ。
省ける手間ははぶく。手順は変える。
全部用意してから調理するなんて絶対無駄。
使う順に用意しながら作る。 レシピは後日。
「食べに行くより旨かったな」の一言でごきげんでーす
コメント (3)

発表会をしました♪

2006年10月08日 | flute 2006
今回はこんなプログラム。
カミュ シャンソンとバディネリ
テレマン ソナタ へ短調
ハナミズキ&アマランタン&エンドレス ラブ
クーラウ 序奏とロンド
カプレ 夢と小さなワルツ
ピアソラ リベルタンゴ
ヘンデル ソナタ ロ短調

みんなでロングドレスを着てやりました。
初めてのドレスの人もいたので、わくわく!
楽しみは演奏だけじゃないわぁ。
ピアニストはこの順でこの曲数だったので
おつかれでした。ありがと~

打ち上げが楽しかったね。

スポーツクラブ好き♪

2006年10月07日 | 日々つれづれに
お家の取壊しと建て替えと二回の引っ越しって、
本当にほんとうにホントーに大変。
って、書けば二行で終わるけど、
あれこれアレコレあれこれアレコレ
バッカみたいに手間と時間がかかった。
ハウスメーカーとの細かい打ち合わせで
「仕事の合間」を全部つぶしてしまっていたので、
練習はできないし、スポーツクラブには行けないし、
使う楽譜はみつからないし、
慣れない台所だと余計な時間かかるし、もー!!

半年もまともに運動していない日を続けたら
血管に老廃物がたまっているよ。まったく。
春から止めていたスポーツクラブに昨日ようやく申し込み。
さー、運動だ。運動だ。練習♪だ。
みなさ~ん!スポーツと芸術と食欲の秋ですよー
明日はフルートの発表会。みんな気合い入れていきましょう!
コメント (2)