フルート吹きのほっと一息

楢崎容子です。ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。
ただいま10歳です

新しい?笛は 2

2018年04月22日 | flute 2017~2018


トムちゃんじゃなくて、私の楽しい近況はですね、

10ヶ月を要し、ようやく頭部管を入手  なんです。

 

 

昨年買ったサンキョウの笛が

最近コロコロと歌うようになりました。

今ひとつ鳴りきらなかったところもしっくりと決まります。

C足部管も不思議と音がハマるようになりました。

 

楽器全体のバランスというか、相性は大切ですね。

2本の本体 SH   サイズの合う3本の頭部管abcがあるので

Sa Sb Sc

Ha Hb Hc

このパターンを楽しめる訳です。

なんという贅沢なんでしょう。

古典派の響きはコッチでロマン派ならコッチ

バロックならコッチでテクニカルなのはこの組み合わせ。

 

幸せすぎる〜〜〜という4月です。

 

 

反射板取り替えグッズも作ってしまいました。

 


ナイフで削りました

 

 

サンキョウの反射板は色々あるのでお取り替えすると

音色が変わって飽きずに練習ができます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボクの季節だ

2018年04月21日 | ミニシュナ*トム君 10

 

ボクは今年も元気だよ


 

ぴょ〜〜〜ん

 

 

オカーサンが帰り道に喜んでる。

このお花、カタクリだよ〜って。

 

 

花が咲くまでに7年かかるんだって。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セシルとジョルジュ

2018年04月17日 | 作品あれこれ


1857−1944

 

社会は50年も100年も経つと随分変化する。

電車の無い時代から地下鉄のある時代へ。

電話の無い時代から携帯電話の時代へ。

物質的な変化は判りやすく人間への影響も大きい。

いつの時代も新しいものを探して人間は変化を望む。

でも内面はそう大きく変化しないかな?とも思うのだ。

 

セシルにはピアノを弾く母がいた。

小さな頃にパリに引越しをして自宅は音楽サロンになり

若き優秀な音楽家たちが出入りする環境になる。

ピアノの上手な小さなセシルは作曲もして披露し

ご近所だった20代のジョルジュに見出されるのだ。

音楽学校はまだ女子を迎え入れていない時代。

ピアノ、和声学音楽様式、作曲、ヴァイオリンの個人教授がつく。

18歳でピアニストとしてデビューして51歳でアメリカ公演もする。

国際的に活躍して350曲も作品を残すのだ。

1912年?フルートのためにコンチェルティーノを55歳?で作曲か出版か。

 

古き良き時代のロマン派の音楽は1900年を境に

近代へと露骨に転換するのだけれど

一人の作曲家が生み出す作品は

時代の波に乗って簡単に変化するようなものじゃない。

その人自身だと思う。

 

晩年のセシル・シャミナードが幸せであって欲しい。

コンチェルティーノは今、多くのフルート奏者に愛されている。

ジョルジュ・ビゼーにお礼を言わないとね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春は雪解け

2018年04月06日 | ミニシュナ*トム君 10

 

3月末の公園はまだ雪

 

 

そして

 

お散歩コースには福寿草! の4月がやってきました

 

 

春は桜ってのも素敵ですけど、

雪解けはもっともっと嬉しいものです。

足取りが軽やかになって

 

はい、ラヴィアンローズの準備も始まっています

 

 

今年はサウンドオブミュージック!!

ピアノの矢崎さんが編曲してくれました。

ああだこうだ・・とメンバーで修正を繰り返しほぼ完成です。

みなさま、どうぞお楽しみに!!

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3月はお疲れ様なのです

2018年03月24日 | レッスン室から

 

発表会が終わりました。

 

 

イベントの準備という作業は億劫ですが

今年も頑張りました。(エライエライ⇦自分褒め

運営上の反省点も少々あるものの

生徒さんの演奏がとても上手くいき気分は上々です。

頑張って努力してくれた皆さんと頼りになるピアニストに大感謝。

 

週末はトムちゃんのシャンプーとカット!!

 

 

 

まだ寒いトム地方。

背中とお腹はもふもふのママで手足お顔お尻のみカットでした。

もちろんオカーさんカットです。

床屋さんは楽しいのだ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痒くない!

2018年02月15日 | ミニシュナ*トム君 10

 

 

先月の10日に私のトム君は10歳になりました

多分、とても元気なんだと思います

 

 

子犬の時から脇腹をよく舐めていて

後ろ足で引っ掻いたりしていたのですが

この頃のご飯があっているらしく、とても楽な様子

 

風船大好きです

 

痒くない状態になるのに10年もかかったわけで

今までゴメンねとちょっと半べそのオカーさん

 

ご飯を待つ神妙なトム君

 

ミニシュナの10歳が私の何歳に相当するのか分からないけど

今年も雪が解けたらたくさん遊ぶつもり

 

 

お家で引っ張りっこもいいけど春が待ち遠しい

 

 

歯磨きをされる直前のトムちゃんです

あー、可愛い

歯茎の調子も悪くないみたいです 

 

あ?フルート?

ハイ、色々練習してます。

20年前に練習した曲など読み直しています

違う景色が見られて「素敵」を再発見です

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皆既月食

2018年02月01日 | 恩師 増永弘昭先生

 

茶色の月を見上げながら夜の散歩をしました

雲もほとんど無く素晴らしい月食ショー

自宅の庭でなんと

 

流れ星

 大きくはっきりと

 

我家地方の明るさで見たのは初めてです,

月明かりがかげっていたいたからでしょうか?

 

きれいだったわ〜

 

小学生の頃の月は歌の歌詞の通り丸いお月さまだったけど

宇宙があって地球や太陽や月があることを教えられて

実感ないままにこんな配列なのかと記憶して・・・

 

すっかり年齢を重ねた今は

月は球体に見えるし地球の近くにあるんだなぁと何となく実感がある。

宇宙の中で浮かんでいる地球の上にポツンと自分がいて

私たちの呼吸は宇宙の中にあるんだなぁと

届かない月に手を伸ばして

そう、宇宙空間に手を伸ばしてみたりしている。

 

皆既月食のおかげで背後の太陽の存在もはっきりとわかる。

宇宙の仕組みに気がついた先人はすごい想像力があるのだ。

 

単純に豊かな想像力なんて言うけれど

理解しうる範疇で考えていたら

自分のいる足元が大きな球体の一部だなんて

とてつもないことで、

月と太陽と地球の関係に気がつくなんて想像力が大きすぎる。

 

理解しうる範疇を越えなければいけないことは

そういえば・・・増永先生に教わっていた。

先生は天文学が好きだった

 

 

 

もう一度、話がしたいなぁ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しみにしていたはず 

2018年01月24日 | 日々つれづれに 2018〜2019

 

もうじきオリンピックが始まる。

年齢を重ねたら四年はあっという間になっちゃって

もう冬季大会なのね。

技や記録を究めたスポーツは

音楽と同じくらい美しい。

 

コンサートが四年に一回だけだったら

その準備期間は気力の維持を考えたら長いわね。

チームワークの必要な競技は息が合うようになるまでは

時間も人間関係もきっと大切で即席ではできないよね。

 

韓国のホッケーの選手たちは政治に利用されて

出場を逃す人もいるんだろうな。

気の毒だわと思うと何となくねぇ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯槽膿漏

2017年12月28日 | トムの健康記録

 

もうすぐ10歳になる最愛のトム君

オカーさんの悩みの種は,歯槽膿漏である。

前歯二本分が特によろしくない。

 

 

たんぽぽハブラシでマメに磨いているつもりであるが、

どうも間に合っていない。

歯がどんどん長くなっているように見えるが

歯茎が痩せているのだ。

 

 

8020という名前のヨーグルトを毎日食べている。

 

 

このヨーグルトが旨いのだ。

トムも喜んでいるが私もおいしい。

今日のは

大根の煮たものとドッグフードとヨーグルト

 

フードはこれ。

 

 

こたつ陣取る。座らせてよー。。

 

 

まあ,とりあえず元気。

皆様よいお年をおむかえくださいませ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵯峨野の秋 演奏です

2017年12月11日 | 嵯峨野の秋

 

どうもドキドキしちゃって

なかなか公開する勇気がなかったんですがー。

 

嵯峨野の秋

 

you tube に載せてありますので興味がございましたら

どうぞご試聴くださいませ。

 

 

 

 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加