フルート吹きのほっと一息

楢崎容子です。ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。
ただいま9歳です♡

オペラはまず言葉よね?

2016年11月27日 | ミニシュナ*トム君 8

 

エビの殻をむいたり背わたを取るのは時間がかかるので

トマのオペラ「ミニヨン」のCDを聴きながらタイ風春雨サラダなぞ作っていた。

ざわざわとした音はモノラル録音で、今どきの素晴らしい録音技術ではないけれど

歌手だけじゃなくて、オーケストラの息づかいまで聴こえてきそうだ。

ライブ録音なので観客の拍手が聴こえて面白い。拍手も表情があるもの。

復刻版CD二枚組。生き生きとして躍動感がぐんぐんと伝わってくる。

 

 

でも、そもそも外国語がわからない。何語かも聞き取れない。

オペラって自国語でないと難しい。ストーリーがわからないと楽しめないし、

オペラの外国語のアリアだけを生で聴いても『上手な歌だね』程度だわ。

序曲から全部が演劇のように楽しめて、面白ければいいのだけれど

日本人なんだよな私。ああ、残念。

 

 

トマはパリのコンセルバトワールの先生だった

このオペラ「ミニヨン」は1866年初演でその後大ヒットを飛ばした作品で

パリの街ゆく人達の流行歌くらいのレベルで有名だったのだわ。

で、私が聴いている録音はメトロポリタンオペラなので、アメリカの。

 

 

たっぷりのエビが入っている春雨を味見して

録音した年代を見たら1945年1月・・・・なんと。戦中ではないですかー。

「勝ってくるぞと勇ましく〜♪」と、歌っていた日本とは違って

オペラ座で恋物語のオペラをやっていたって言うのがまた。。。

フランスものだったから上演していたのかもしれないけれど。

 

 

ロマン派の作品の少ないフルート吹きとしては

こういったヒットしたオペラのメロディをテーマとした

ファンタジー作品は貴重なのだけれど

日本人なものでこのオペラも見たことないしさ。

ヒットした時代も知らないし、曲を聴いたことも無かったし。

 

 

クラシック音楽の中でもオペラの過去の遺産っていう扱いだもんね。

タファネルが書いたミニヨンファンタジーって素晴らしく面白いんだけど、

このオペラが流行っていた頃からあったんだけど

ヒット曲だしなぁ、当時のパリの観客は熱狂的に面白く聴けたんだろうなぁ。

と、まあ一般の人が全然知らないオペラをワクワクと2時間聴いた所で

日曜の午後の日も暮れてしまいました。 

 

 

 

生徒さんがミニヨンファンタジーをやりたいと楽譜を持って来たので

「難しいけどねー、やりたいなら譜読みしておいで〜」

と朝のレッスンで話していたのでした

  

写真は11/19のもの。最後の秋の日

 


紅葉は今日がベストかな

2016年10月29日 | ミニシュナ*トム君 8

 

あああ、寒かった。

 

 

人の多いこと!

 

 

今日は素晴らしい色合いだけど。

 

 

 

走れなくて、つまらないねぇ。

 





札幌は初雪

2016年10月21日 | ミニシュナ*トム君 8

 

今年は10/20にごっそりと初雪

東京の友人が「サンダルだよー。 今日は暑いよー」

なんて言ってましたが日本列島エラくちがうモンです。

とりあえずあれこれと、冬ごもりの準備をしないとなりません。

 

もっとトム君と遊んであげたいので

神様、雪の季節はしばらくあとにしてください。

春も秋ももっともっと楽しんでもらわなきゃ。

 

 

8才の今、毎日が可愛くて可愛くて。

いつか来るペットロス、大変だろうな。

 

 

 


トム君の9月

2016年09月25日 | ミニシュナ*トム君 8

 

こんにちは〜

ボクの地方では今日は秋晴れ!

 

 

 

 

ステキな土曜日だったよ

 

と、トム君が言っております。

オカーさんはくたくたでした


残暑お見舞い申し上げます

2016年08月12日 | ミニシュナ*トム君 8

 

列島各地、残暑が厳しいですね


 

トム地方は朝晩が涼しくなり北海道らしくなりました


あっという間にお盆がやって来て

ちょっと慌てている私です

(練習〜・・)

 

 

我家のスーパースター、ミニシュナトム君

 

 

子犬の時よりずっとずっと可愛くなり

 

 

毎日がとてもとても大切で

かけがえのない愛しい時間を大切にしたいと心から思います

 

 

ちょっぴりあげるよ