フルート吹きのほっと一息

楢崎容子です。ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。
ただいま9歳です♡

宮廷舞踏

2006年12月28日 | flute 2006
もう20年以上前なんだけど、
知り合いのピアノの先生が出る公演のチケットを手にした。
会場はお茶の水のYMCA。古風な作りのステキな建物。
古楽器を使った演奏と宮廷舞踏の公演だった。
実に面白かったし、ステキだった。
その先生、ハットリ先生という名前だったんだけど、
ピアノは専門じゃなくて、男性の舞踏家だった。

10年くらい前、札幌でも古楽のコンサートがあり、
その時も宮廷舞踏が見られた。
演奏はつまらなかったけど、舞踏は面白かった。
興味があるのだなぁ。
そんなわけで偶然見つけた
バロックダンスの講習会に行って来た。
メヌエットは12と3456の組み合わせで二小節単位とか、
演奏する上で絶対必要な知識を動きを通して得ることができる。
なかなか有意義なそして優雅な時間でございました。

わからない・・・

2006年12月27日 | 日々つれづれに
昨日の忘年会、おいしいパスタに出会った。
だいたい、美味しいものを見つけると
研究してしまう私なんだけど、
どうにもむずかしいなぁ。
何を使ってどうやって作っているんだろう?

とりあえず、パスタ作ってみた。
ホワイトソース400cc分作って、
エビの皮剥いて、たたいて、
殻は全部茹でてミキサーにかけてピューレにし、
コンソメ入れて煮詰めてからホワイトソースと混ぜて
ぽたぽたになるまで火にかけて
パスタにまぜて食べてみた。
まあ、それなりに手をかけた分美味しいんだけど、
ちがうのよ。ぜんぜん。わかんないな~~

写真はピンクが緑に変わってしまったシンビジューム
コメント (4)

忘年会

2006年12月26日 | 日々つれづれに
おお、もう26日。忘年会です。
トリオ ザ パーム のメンツで、
今年一年のお疲れ様の会。
ピアノのチエちゃんは07年リサイタル。
チェロのコジマさんは08年70歳でリサイタル。
みんなエネルギーを振り絞って頑張っているので
見習わなきゃいけません
演奏し続けるって結構気力がいるので、充電も大切。
さぁしばしダイエットは忘れて美味しいものを
食べて来ましょっと。楽しみだな~
コメント (2)

メリークリスマス

2006年12月25日 | 日々つれづれに
子供の頃、日曜学校に通ったことがある。
特にクリスチャンと言うわけではないが、
同級生が行っていたので、ついて行っていた。
聖書のことは物語を聞いている感じで
子供心に単純に面白かった。
おかげでクリスマスはステキなイベントだったし
音楽を勉強するのにキリスト教と言う基礎知識も得た。
10年くらい前には関東でカソリックの教会のミサに
ついて行ったこともあった。
こちらは厳かな雰囲気でパンを食べるんだな。

最近のクリスマスはタダの平日だけど、
なんとか無事に一年が過ごせてよかったな。
日々の平和に感謝。

追憶のシュトーレン

2006年12月23日 | 恩師 増永弘昭先生
初めてのヨーロッパ一人旅では
ドレスデンのクリスマスマーケットで
美味しいシュトーレンを買って来て
しばらく楽しんだ。
増永先生にお土産にシュトーレンを
頂いたこともあった。
シュトーレンはパン生地で作った
ドイツのクリスマスのお菓子。

先生の病床の傍らにいらしたのは
ドイツ人の菓子職人ゴッツェさん。 
あの時のシュトーレンはゴッツェさんのだったんだな。

札幌のビーネマヤはゴッツェさんのお弟子さんのお店。
シュトーレンを見ながらぼんやりと恩師を思い出している 
コメント (5)