フルート吹きのほっと一息

楢崎容子です。ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。
ただいま10歳です

<インドネシア>料理教室に行ってきました

2010年03月28日 | ヨウコのレシピ
チキンカラヒ

月一の料理教室、三回目である。
とにかく参加すれば美味しいものが
食べられます。

講師はエミーズキッチンの恵美さん。
世界中を旅した後ニューヨークで修行を・・・

今日のメニューは他にもたくさん。
いやぁ、すばらしい。


キュウリのライタ


サモサ


スパイスライス


ひよこ豆とジャガイモのカレー

安永 徹・市野あゆみ&Friends vol.1

2010年03月27日 | 日々つれづれに
演奏会に行ってきました。
3/23の北広島市芸術文化ホール

23,24,25と三日くらい・・・
あまりの素晴らしさに、
夢を見ているような感じでした。
昨日になってようやく現実の世界に帰ってきた感じです。

プログラムは
モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 k.478
ベートーベン 弦楽三重奏曲 ハ短調 作品9-3
シューマン ピアノ四重奏国 変ホ長調 作品47

バイオリン 安永 徹 さん
ヴィオラ  馬淵昌子 さん
チェロ   丸山泰雄 さん
ピアノ   市野あゆみさん


はぁぁ~ 言葉になりません。
来年も聴きに行こうと思います。

現代曲

2010年03月24日 | 恩師 増永弘昭先生
増永先生は現代曲に意欲を持って取り組んでおられました。
デスので、敬意をもって、教えて頂こうと思い、
2年ほどガッツリ現代曲に取り組んだ時期がありました。
今となってはレッスンを受けておいてよかったなとつくづく。

さて、先日の出版記念会でお会いした作曲家の岡坂慶紀さんが、
新作を送ってくださいました。

これは・・・。練習せねばなりませんなぁ。
ピアニストに頼むところから始まります・・・

タイトルは 嵯峨野の秋

出版記念会

2010年03月21日 | 恩師 増永弘昭先生
一泊二日。
東京に行ってきました。
お題は出版記念会。
増永先生の御本の出版に携わった方々、
古いご友人、ご学友、尚美短大時代の先生の仕事仲間、
気のおけない素敵な方々ばかりのアットホームな会。

先生の奥様のパーティメニューは
先生のお好きだったこだわりのものばかり。

美味しくて高級そうなワインが並び、
幸せな幸せなひとときでございました。

写真の紳士は学生の時音楽史を習った
西原稔先生。(チョーエラくなっている・・・)
コメント (2)

レッスン室より 16

2010年03月07日 | レッスン室から
どうしても、
フルートの歌口が下唇で塞がってしまう人がいる。
努力で補えない位の場合もあり得るのだ。

写真の絵は唇が厚い場合。
それ以外に
下唇の下がとても引っ込んでいる人もいる。

単にそれだけのことであるなら
図のように頭部管にコルクをつけてへこみを
補ってあげれば良い。

解決前にあきらめちゃう人が多いだろうなぁー
コメント (2)