フルート吹きのほっと一息

ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。ただいま 9歳です

サラダうどん

2009年07月31日 | ヨウコのレシピ
 サラダうどん 


今日のお昼ご飯は美味しかった。
乾麺のうどんを茹でます。その間に・・・
キュウリを一本スライス
ちくわを一本スライス
うどん用だし醤油をたらりと。
バルサミコ酢を小さじ程度。からしもお好みで。
うどんは水でよく洗って冷やし、上記キュウリ和え物に混ぜます。
最後にイカ天のはいったお好み焼き用の揚げ玉を混ぜます。
簡単簡単美味しいし。。。手の込んだお料理は暇な時にね。


 レシピとは言えない超手抜きのもう一品 

やまうのビビンバのモトに水切りをした木綿豆腐混ぜてたべると
おいしいです。ごま油をたらーり。ラー油でもいい。

ハイ。さっさとフルートの練習をしましょう!時間は節約。

トム君おはよう

2009年07月30日 | ミニシュナ*トム君 1



今月も残す所2日になってしまいました。ただいま七月です。
今年は冷夏ですね。農家は大変だろうなぁ
毎日薄手の長袖をはおって出かけています。
東京の厳しい夏はとっても嫌だけど、北海道は暑くなってほしいなぁ。

写真はパパさんが食事中の時のトム君。
ボクにもくれないかな~とウロウロ。
見上げられると何かあげたくなりますが、ぐっと我慢なのです。

お料理中はキャベツやキュウリ、
大根なんかをちょっとあげたりしているので
足下に張り付いて「オカーさ~ん」と言っています。
ええ、もちろん、日本語ですとも。

フルートはどうやって音がなるのか

2009年07月28日 | flute 2009
フルートはどうやって音がなるのか
風の音ばかりでいい音が出ない
大きい音が出ない
強い音が出ない
下の音が出ない

こんな話がよく聞かれます。

そもそも音という自然現象を人工的に作るわけで
自然現象そのものを考えてみたほうがよいと
思いながら基礎練習をしていたりするんですが、

風が吹いて窓が鳴る。
これが起こっているに他ならないんです。

息を吹くと空気中にカルマン渦が発生する
カルマン渦に含まれる周波数とフルートが合うときに
共鳴が発生する。
まあ、こんな感じ。

だから、アンブシュールがどうのこうのとか
唇の形がどうのとかあまり考えないほうがいい。

それより、良い音のする息を
呼吸のコントロールで作り出してあげることが大切

で、呼吸のコントロールをどう気をつけるかを
生徒さんたちに口うるさくレッスンしているのでした。
コメント (2)

大根サラダ

2009年07月26日 | ヨウコのレシピ
はぁ~あ。。。
今日の午後は忍耐・・・!!でありました。
さあ、ストレス発散して
トム君とワクワク生活を取り戻さなきゃっ

S君が「簡単レシピ載せてよ」と言っていたので
久しぶりに簡単レシピ。今日は低カロリーサラダです。
    

     大根サラダ  

スライサーとごまミルとオイルスプレーとお酢のスプレーをご用意ください
材料/大根、きゅうり、生ハム切り落とし、ごま、エキストラバージンオリーブオイル、バルサミコ酢

以上です。適量スライスし、混ぜ合わせ、すりごま、オイル3gくらい、酢シュっシュっシュっ位
ダイエット中の方は、ハムの脂身は捨てましょうね。
皆さんに好評です。お試しくださいませ



さて。ウェーバー**

2009年07月25日 | flute 2009
7/24である。まだ。

練習しているのは9月下旬のプログラム。。。
「秋は忙しいので時間がある7月のうちに早めに準備を・・・」と
言ったのは・・・・・私だ。確かに。ふ~~~っ

そんな訳で学生時代の試験みたいに
マジに練習に取り組んでいる(ふふふ。青春だ~!)
上手く行かないはずがないのだ。
一生懸命練習できるのは心身ともに健康な証拠で
とっても幸せな事でありマス
よく練習する相棒に感謝なのです

         ↑  めっちゃ、疲れております

初トリミング

2009年07月21日 | ミニシュナ*トム君 1
我家の王子様、トム君。いやー、機嫌が悪かった。
写真のお顔の通りである。

一度位プロのトリマーさんにカットしてもらおうと
ペットサロンに連れて行って、トリミングをしてもらった。

なかなか難しいものですね。
バリカン負けしてあちらこちら舐めまくっているこの頃です。
ごめんよ。今後はまたオカーさんカットだな。。。
コメント (2)

演奏仕様のおウチでした

2009年07月19日 | flute 2009
今日は演奏会を聴きに行ってきた。
個人のお家でやっていた演奏会である。
このお家、建築家個人の所有する住まいで、
なんと、コンサート仕様にしてある。
家具をぎゅ~っと寄せて椅子や座布団を並べるのである。

さて、どんなもんかと思っていたら
お家とピアノの大きさと管楽器の響きのバランスが良い。
ほおおおおぉぉぉぉぉぉ~なのでありました。

演奏していたのは20代の若手のフルートとクラリネット。
若さの勢いがあって爽やかな演奏でした。
いいねぇ・・・・

↓ 場所はね、このページです。

http://www.sinfonica.co.jp/
コメント (2)

譜読み

2009年07月18日 | flute 2009
ウェーバーのトリオの譜読みを始めました。
・・・さてさて。何回かやったことのある曲だし、え~難しい所は・・・
こんな気分で楽譜と向き合ってみて。。。

よく考えて楽譜を読めば、この譜面、かなり変。
絶対おかしい。

演奏しない人のためにちょっと解説すると
フルート&弦楽器&ピアノ の曲は
フルートだけの楽譜、弦楽器だけの楽譜、フルート弦楽器ピアノ全部が載っている楽譜
の三冊になっていて三人でそれぞれ違う譜面で演奏するのデス。
そんな訳で・・・

作曲家がこんなに沢山フルート譜にブレスの場所を書き込むはずはナシ。
強弱の記号の書き方もあまりにも細かい。演奏の癖を矯正するような書き方・・・?
どう見たって誰か個人のフルート譜をその演奏家の鉛筆の書き込みごと、
出版社に持ち込んだに違いない。
そーだそーだ。こりゃ信用しちゃいけないわ。。。

こんな時は(時間がある時に限るのですが)まず、総譜をチェック。次に
フルートパートの楽譜をコピーして怪しい印刷を全部ホワイトで消してしまいます。
で、よ~く吟味してどうやったら音楽になるか考えて楽譜を検証して行くのです。
そうすると書いてある意味がわかったり。納得いかない時は無視したりする訳です。

「楽譜に忠実に」と子供の頃から叩き込まれているので、
書いてある事はその通りにしようと思うし反応しちゃうけど、、
「なぜそう書いてあるのか」「この必然性はどこにあるのか」など、
音楽の形を作るために総体的に楽譜を読むってのが結構大事です。

で、ホワイト乾くまでブログる私。。。

トム君のおうた

2009年07月15日 | ミニシュナ*トム君 1
我家の王子様トム君はおうたが上手であーる
私が笛をさらっていると一緒に歌うんだな。
たまたま録音しながら練習したときに
運良くトム君が歌ってくれた

好きな高さの音があるのか、
耳障りが悪いときに「やめてよオカーさん」なのか、
実のところは分からないのだけれど、
楽しいので、我家では歓迎されているんです。

これはぜひCDに焼いておかねば・・・
そんなわけで苦手なパソコン操作の仕方を習い、
ようやくCDの作り方を覚えた私。

いままで決して自分で何とかしようとは思わなかったのでした。
これもすべてトム君のおかげ。君にはたくさん感謝しているんだヨ。
さてと。明日もよろしくね。
コメント (2)

お疲れさまは今日もプールです。

2009年07月13日 | flute 2009
あー。
プロコフィエフの本番が終わってしまいました。
手強かったけど、おもしろかったなぁ。。。。
第3楽章を思うように表現できたので一つレベルアップかな。
しかし。疲れました。
これをリサイタルのプログラムにいれる人って、
それだけでもすごいよねと、思った次第です。

お疲れさまはちょっと二日酔い

わざわざ遠くまで足を運んでくださったみなさま。
ありがとうございました。

さてさて。プールに行きましょうっと。
演奏疲れは泳ぐのが一番。

プロコをちょこっと本番で。

2009年07月08日 | flute 2009
昨年からブログでプロコプロコと書いておりました。
http://blog.goo.ne.jp/fl-yoko/e/c37b6049f68d2aacdc4a053ace112380
このあたり↑から気にしていたのです。

まあ、20代前半も頑張って練習していたのです
30代前半の時も相当頑張って吹いていました。
ほほほ。

あれからウン?年。(書けない年になってきた・・・)
4回めの演奏になります。
生徒さんの発表会のあとに40分くらいのミニコンサートを開きます。
入場無料です。興味のある方はそーっとご来場くださいね。

2009年7月12日(日) 16: 00 ころから
  「音楽の贈り物」 フルート&ピアノミニコンサート
  Fl 楢崎容子 Pf 矢崎有佳
     モーツァルト アヴェ ヴェルム コルプス  
     プーランク 愛の小径
     プロコフィエフ ソナタ
  北広島市芸術文化ホール (JRで。札幌駅から16分ほどです 駅前にあります)

なかなか完璧にとは行かないですが、
若かりし頃にクレヨンやペンキや絵の具で「塗りまくった」のを
一生懸命はがして、きれいに戻し、デッサンからやり直し。って感じでした。

よく恩師増永先生に
「構造を読みなさい。君は目先の事にとらわれすぎています」なんて言われていましたが、
あーこういうことだったのね。と・・・
赤のものが緑に見えていたんじゃないかと思うほどのとらえ方の違いを実感したのでした。
充実した季節が過ごせたのはプロコフィエフさん。あなたのおかげです。THANK YOU



コメント (2)

結構お勧めなのよ

2009年07月07日 | 私のお気に入り
ここのところコツコツと練習している私。

ジムに行って「筋トレしたり泳いだり」をしていて
笛の練習疲れがたまったりはしていないけれど
腕が張る。というか、寝起きに腕の筋肉が固まってる。

こういう違和感?のようなものって
指をものすごく使う音楽人種しか分かんないかもしれないなぁ
まぁ仕方ないか。力が入っているんだろうね。気をつけよう。

体のメンテナンスはとっても大事。
そんな訳でマグネループなるものを愛用している。
http://www.magneloop.com/product.html      
↑ これね。効きます。フルートヴァイオリン族には必需品かも。

音楽人種二名にプレゼントしたら好評です。お試しあれ~

オレガノ?タイム?

2009年07月05日 | ヨウコのレシピ
去年、一度だけお料理教室に行った。
途中でオレガノが配られた。

「オレガノですね~」と言ったら「タイムですよー」と答えが。
「え?ずっとこの香りはオレガノと認識していましたが・・・」
「間違いなくタイムですよー。(にっこり)」

・・・え?そうなの?
じゃ、S&B食品もリスボンの空港で買ったスパイスも
表記が間違っているのかな・・・?
庭にオガっているのはオレガノじゃなくてタイム?

そんな訳で一年近く疑問だったので
きょう、セージとオレガノの苗を一つづつ買ってきました。
基本の香りは庭に植えてあるのと同じですが、
見た目ちょっと違いますね。
葉っぱが大きかったり小さかったり、肉厚だったり。

ウチのはちょっと生育悪いかなぁ。
ハーブにも肥料をあげた方がいいかもしれません。
お料理教室のアドバイスは忘れて、
とりあえず、オレガノってことにしておきますね・・・

本当に気になっていたのでありました。。。
ほっと一息でございます。

コメント (4)

今年の後半が始まりました。

2009年07月01日 | 日々つれづれに
夏至が過ぎてしまいましたね。
夕方、暗くなるのが早くなってきました。
北海道の夏は素敵な季節で毎日が過ぎて行くのが惜しい。
庭の花達が美しさを競うように咲いています。

夢中で半年が過ぎてしまいましたが、
充実した上半期を過ごせたように思います。
体調がいいのが一番です。
トム君のおかげね。

さて、後半はプロコフィエフの本番から始まり、
トム君のしつけ教室の補修コースに少しだけ通います。トムもお勉強です。
秋のいくつかの演奏会の準備と基礎練習をしっかりして、
(いったい何曲あるんだろう?)
家族に任せきりだったお庭の手入れもしなければ。

それから、ちょっと趣味の時間も作りたいなぁ。。。。
走り込んだり、ジャムを作ったり。。。
ああ、やりたい事がたくさんありすぎて困ります~