フルート吹きのほっと一息

楢崎容子です。ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。
ただいま9歳です♡

白鳥の湖、演奏します。

2017年10月20日 | 室内楽

 

演奏会のお知らせです

ピアノの有佳さんが決めた美しいプログラムです

作品の並びはとても大切なので

とにかく「ハイ」と従います

 

 

このトリオ、始めてから10年以上経ちました。

「練習は曜日』

あとはヴィオラ真麗子さんの子供の保育園に合わせ

練習スケジュールを年間で決めてあります。

一ヶ月に一回のときもあれば二回のときもあり、

出来るときは集まって練習しようというスタンスです。

コツコツです

 

どうぞお越しくださいませ

 

 は 無料です  

 

オデットと王子の恋  ←北広テレビです


vol.7を終えて

2017年05月30日 | 室内楽

 

ラヴィアンローズvol.7が無事終了しました。

沢山のお客様に感謝でございます。

 

オペラ座の怪人って,こんなに受けるのね。

ビックリでした。

今回は照明にもこだわって雰囲気はとてもよかったかな。

 

肝機能の数値が悪かった私は

一滴もアルコールを飲まずに打ち上げに参加です。

おかげさまで翌日に宴会疲れもなく快調、快調

 

幸せです

 

 

 


ラヴィアンローズ vol.7

2017年04月23日 | 室内楽

 

ラヴィアンローズ 音楽の贈り物 vol.7

今年も開催します。

 

 

タイトルは「水面に揺れて」

湖のほとりが似合いそうなプログラムなんです。

 

で。ヴィドールの組曲。

フルートマニアじゃないお客様が初めて聴いても

きっとね,気に入ってもらえると思うんです。

私のフルートもよく鳴って本領発揮してくれているし、

きっとステキなコンサートになります〜。

 

 

 


室内楽あれこれ

2016年05月28日 | 室内楽

 

「ようやく月イチくらいは出かけられるようになりました」

幼児児童の2名を抱えたママヴィオリストが

トリオ風雅の再始動を申請して来た

 

 

それじゃ、やりますかね・・・ (どっこいしょ)

ピアニストが今までやった曲をリストアップしてくれて

リハビリを兼ねてその中から数曲次回までの宿題だ

まあ、宿題の指定をしたのは私だけど。

 

 

理想と言われればその通りだけれど

まず集まって音楽を楽しみ研鑽し深め

是非聴いて頂きたい作品に出来上がったら

コンサートの日程を考える

それから磨き上げる

 

そうあるべきだと思っています。

ですが・・・

 

 

 

「来年も楽しみにしています」と言われる

ありがたいシリーズ物のコンサートでは

プログラムどうしよう~~~なのであります。


 

今回、頭を振り絞って構成を考えて評判は上々だったけど、

これより良くする案は今の所ゼンゼンない

構成は「何をやりたいか」じゃなく

「何をするべきか」の選択なのだわ。

 

ううううむ。

 

 


VOL.6を終えて

2016年05月22日 | 室内楽

 

 

演奏会は無事終了

沢山の沢山のお客様、ご来場ありがとうございました

始まる前から会場のワクワク感が伝わってきて

いつもと違う感じでした

  

 

28年ぶりに吹くイマージュは、

伸びやかな演奏とまでは行かなかったのですが、

難しかったアナリーゼを乗り越え

ここはこう語り、こういうフレーズ感が要求されている、

と具体的にはっきり理解出来ていて嬉しかったのでした。

 

なかなか長年に渡って解らなかったのは

先入観とか固定観念から逃れられなかったからだなと改めて思いました

 

 

ドヴォルザークのロマンスはヴァイオリンの作品ですが、

今後はフルートのための作品ということにし、

しっかりレパートリーに入れて置こうと思っています。

いい曲ですから~~~  ふっふっふ

ただしブレスが長いので

5カ所くらい循環呼吸のお世話になりました。

 

 

この数年、具体的に循環呼吸を使って演奏することにしていますが、

恩師は「不自然なことをするな」と反対していたのです。

で、不採用にしていたのですが、

時代は変わった。受け入れて行かなければならない。

と、さすがの私もガラケーを未だ使いつつ思うわけです。

 

 

 

トムちゃん、お待たせしました。お疲れ様!

しっかり本腰入れて遊ぼう!!