フルート吹きのほっと一息

ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。ただいま 9歳です

宮廷舞踏

2006年12月28日 | flute 2006
もう20年以上前なんだけど、
知り合いのピアノの先生が出る公演のチケットを手にした。
会場はお茶の水のYMCA。古風な作りのステキな建物。
古楽器を使った演奏と宮廷舞踏の公演だった。
実に面白かったし、ステキだった。
その先生、ハットリ先生という名前だったんだけど、
ピアノは専門じゃなくて、男性の舞踏家だった。

10年くらい前、札幌でも古楽のコンサートがあり、
その時も宮廷舞踏が見られた。
演奏はつまらなかったけど、舞踏は面白かった。
興味があるのだなぁ。
そんなわけで偶然見つけた
バロックダンスの講習会に行って来た。
メヌエットは12と3456の組み合わせで二小節単位とか、
演奏する上で絶対必要な知識を動きを通して得ることができる。
なかなか有意義なそして優雅な時間でございました。

モーツァルトの協奏曲

2006年12月21日 | flute 2006

音大で、これを勉強せずに卒業する人がいるだろうか?
モーツァルトの協奏曲は学生時代の必須課題だ。
古典派の均整の取れた音楽に見え隠れする
バロック時代の名残と次のロマン派への香り。
モーツァルトは短い生涯だったけれど
莫大な量の作品を残している。
勉強中の幼少期から旅の終焉までのもの、
中期の作品、後期の作品を彼の生涯と照らし合わせて
読み込んで行くと音楽の背景にあるものがよく解る。
よく、増永先生が音楽の必然性という言い方をしていたが
なぜこう演奏しなければならないかという理解に繋がる。

D durを改めて練習している。
鮮やかな演奏もいいけれど、年を重ねた分もっとちがう
演奏が出来るようになりたいなと、
行間に伺えるモーツァルトとその時代の精神を読んでいる。

通じるなぁ

2006年12月17日 | flute 2006
フィギュアスケートを見ながらナルホドナー

「タイミングが合っていない。勢いで出来ている時もある」
これ、荒川静香さんの
ジャンプを飛びこそなった選手の演技の解説の一言。

フルートの演奏でも同じことがある。
二十歳位の頃、良く練習していたのだけれど
この手痛い失敗が何度かあった。
ややこしや~むずかしや~のパッセージは
何度も練習して無意識にできるまで訓練する・・・
何となくノリの良い時は勢いで出来るが
ふと本番で我に返ったとき分けが解らなくなる。

何がいけないかと言うと実は練習の仕方が悪いのでアール。
苦しい失敗のおかげでおおいに学んだので、
今は、自分のコントロールは覚えたけれど、
それを人に伝えるのは難しいもんだなと思っている。
経験が必要なのね。失敗も含めて。

最近本番でこけたHさん、めげずに頑張ってね~

養護学校

2006年12月08日 | flute 2006
今日は養護学校で演奏して来ました。
生徒一人に先生二人の割合。
車椅子には座れるけれど、結構重度なので、
サポートが必要な子供達。
生まれた時から不自由なからだで生きるのが精一杯。
歩けて、物がつかめて、食事が出来て、歌が歌えて
本が読めて、着替えが出来て・・・
当たり前に思っていることってたくさんあるけれど・・・
彼らは私達に感謝する心を教えてくれる。
どうもありがとう  
コメント (2)

幼稚園で演奏しました

2006年12月01日 | flute 2006
初めてのフルートの音
初めて見るフルートの演奏
憧れでいっっぱいだったなぁ。
私は小さい時から好きだったよなぁ。

北海道は岩内町のお隣にある
共和町の幼稚園に行って演奏して来ました。
チビの集団ってすごいパワーです
知っているメロディが聴こえてくると
すぐに一緒に歌い出します。
こころも体も健康に育って欲しいです。

それにしても、 園長先生が子供達に
「今日はみんなのために、おにいさん、おねえさんが』って・・・
わたしたち爆笑したい位ウケてしまいました。
そんなに気をつかわなくてもおじいさんとおばさんですよぉ
コメント (2)

イベール FLコンチェルト

2006年11月11日 | flute 2006
今日はイベールのフルート協奏曲を聴いて来た。
演奏はパユ様 
見事な一楽章、鮮やかな三楽章。
聴き所はやっぱり第二楽章でした。
ゆっくりのテンポなんだけど引きつけて
歌い上げる
すごいなー。
久~~しぶりに良い演奏を聴いて刺激になりました。

モーツァルトのKv.315もやったんだけど、
カデンツァで思いっきり遊んでいてびっくり。
印象に残る演奏でした。
サインを頂いてるんるん帰宅

やっぱり冬ソナか・・・

2006年10月21日 | flute 2006
今日は東区のコンサートでした。
一部はクラシック、二部は地元の合唱団と唱歌、
三部はポピュラー。
クラシックはアイネクライネナハトムジークに、
アルルの女とか、精霊の踊り。
さんざんやった曲だから簡単というわけじゃなく
美しくに聞こえるように、隅々に気配りが大切よね。
ポピュラーはアニメの曲だったり、ドラマの主題歌だったり。
例によって冬ソナが一番受ける。
やっている私は眠くなるんだけど、視聴率高かったんろうだなぁ。
ヨン様、まだ人気あるのかなぁ・・・
さて、明日は新十津川で演奏だ。天気に恵まれるといいなぁ。
コメント (2)

好みは体感

2006年10月20日 | flute 2006
演奏会を聴きに行ってどうしようもなく困る時がある。
どんなに上手い演奏でも、
体に合わないと膝がムズムズしてくるのだ。
なぜムズムズするか全然わからない。
そういう時は途中で帰る。かならず最後までムズムズは続くのだ。
生気の無い演奏とお上品すぎる演奏だとぐっすり眠ってしまうし、
最初から最後までガンガンやられると、うんざりする。
大きな音でテンポが速いだけのフルートの演奏は大嫌いだし、
「こうであるべき」という基準は、我ながらかなりうるさい。
アマチュアの演奏は応援したい気分になるが、
プロに属する有名なヒトのカンにさわる演奏は我慢ならない。
しかし、まぁ、いいのだ。
こだわりがなければ演奏なんてする必要が無い。
さあ、こだわって練習しよう。
演奏に妥協は必要無い。
コメント (3)

小松先生 ありがとうございます

2006年10月19日 | flute 2006
フルートは中学一年から始めました。
小学生の時からやってみたいな~と思っていたところへ、
母がやったら?なーんて、言ってくれたので渡りに船。
「買ってくれるならやる。でも、我流は嫌だから
一流の先生につけてほしい。」
今、思えばなんて生意気なガキ

中学校の三年間、小松昭五先生に習いました。
優しい先生で、夢と希望を持たせてくださいました。
「君は上手くなれるよ」って言われたのを覚えています。

そんな先生が今年で80歳?まだまだ現役でお仕事されています。
今日は夜、門下生有志(60代がおおい・・・)でお祝いの会を。
健康に気をつけて長生きして素敵な笑顔でいてほしいです。
ホントに。
コメント (3)

釣りキチ二人

2006年10月18日 | flute 2006
コントラバスのアベさんは、御年満79歳で
ジーンズの似合う不良オジさんだ。(失礼!)
ちっとも「じーさん」くさくないので、
おしゃべりしていても50代くらいにしか感じない。
チェロのコジマさんは若い頃から髪は真っ白だけど、
アベさんよりは一回りは若い。
この二人、血液型の話なんてしてもノってくれる
気のイイ紳士。
で、二人して何が好きって釣りです。釣り。魚釣り。

私とピアノのチエちゃんは釣り好きの二人につれられて、
月末、知床に行ってきます。
ホテルでロビーコンサートですって。
え?ええ。わかってます。
しっかり釣ってもらいましょうっと。

音楽雑感

2006年10月16日 | flute 2006
バルトークの作品はどれも聞いていてわくわくする。
ルーマニアの民族の息吹が聞こえてくる。
歌があり、踊りがあり、祈りがある。
自然の厳しさも人の喜びも伝わってくる。
バルトーク自身が音楽なのだなと感じる。

ハンガリーに一度だけパックツァーで訪れた時に
ガイドさんが言っていた。
「ハンガリーの歴史は戦争の歴史です。」
そうかー、おとなり、トルコだもんな。
ちゃんちゃんばらばらやらざるを得ないよなー。
国境線はちょこちょこ変わるだろうし
皆で力を合わせて国を守るんだよな・・・
文化も守るんだな。
かくして、音楽には祈りがある。
コメント (2)

カッチーニ

2006年10月15日 | flute 2006
昨日トリオザパームは
札幌の南区のはずれでレストランコンサートをしていました。
軽いクラシックのプログラムのはずが、
なぜか、オペラアリアの構成になりました。
簡単そうでしょう?歌だもの。
ところがどっこい、
人間の歌に勝てる楽器なんて無いから
なかなかの力技となります。
(歌謡曲なんかだとどってことないんだけどね)
一番きつかったのがカッチー二のアベマリア。
譜面は簡単なのよ。しろい音符ばっかり。
しかしねー、血管が切れるんじゃないかと思う位
フレーズが長くてもう大変。
やれやれ終わりと思ったら、アンコールにリクエストが。
「アベマリアもう一度やって~・・・」
ありがとう。良い演奏だったのね。うれしい。
けど、つらいわ~。
自分にお疲れさまー
コメント (2)

発表会をしました♪

2006年10月08日 | flute 2006
今回はこんなプログラム。
カミュ シャンソンとバディネリ
テレマン ソナタ へ短調
ハナミズキ&アマランタン&エンドレス ラブ
クーラウ 序奏とロンド
カプレ 夢と小さなワルツ
ピアソラ リベルタンゴ
ヘンデル ソナタ ロ短調

みんなでロングドレスを着てやりました。
初めてのドレスの人もいたので、わくわく!
楽しみは演奏だけじゃないわぁ。
ピアニストはこの順でこの曲数だったので
おつかれでした。ありがと~

打ち上げが楽しかったね。

難局、何曲?

2006年10月02日 | flute 2006
さてさて。
ウンディーヌが終わってほっと一息が
のんびりし過ぎで五息くらいになってしまいました。
復活しなきゃ!

ヘンデルを仕上げて、今月は後6回の本番。
スコアごと楽譜が届いている曲もあるので、ごっそり。
楽譜が山積みになっています。
ああ、幸せだ。とりあえず。

ぷりん作っている暇があったら、練習しましょうね!
↑ もちろん、自分に言ってます。

次はヘンデル!

2006年09月29日 | flute 2006
トリオザパームで一緒に活動しているチエちゃんは
バロックが好きなので、ヘンデルの伴奏をお願いしました。
演奏するのは10/8の生徒さんの発表会の日。
やらなくてもいいかーと、思うんだけど、一応ね。

ヘンデルの装飾は全部自分で考えないとならないので、


やり始めたらキリが無い。
いつも、ヘンデルやヴィヴァルディやテレマンを演奏する時は
本番のステージの裾でどうしようかな~って考えてます。
ステージではその時のノリでイキます。
コメント (4)