礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

柏木隆法氏の『千本組始末記』と取材協力者

2014-09-11 04:43:36 | コラムと名言

◎柏木隆法氏の『千本組始末記』と取材協力者

 昨日の続きである。映画界における往年の大スター・中野英治といっても、知らない方も多いかと思う。ウィキペディアの「中野英治」の項には、次のようにある。

中野 英治(なかの えいじ、1904年12月5日-1990年9月6日)は、日本の俳優である。本名は中野 榮三郎(なかの えいざぶろう)である。サイレント映画の時代に現代劇において、鈴木傳明〈デンメイ〉、高田稔と並ぶスターであった。

 このあとに、かなり長い説明が続く。ここでは引用しないが、それを読んでいただければ、中野英治が、かつては映画界の大スターであり、異色の映画人であったことを理解していただけることであろう。
 柏木隆法氏は、復刊された『千本組始末記』(『千本組始末記』刊行会、二〇一三)の「あとがき」の中で、次のように書かれている。

 取材は、有名俳優ともなると面会するだけでも困難が予想された。当初、期待しないまま、関係者に取材申し込みの手紙を出したところ、意外なことにほぼ全員から承諾の返事があった。最初に手紙を寄せて下さったのは市川右太衛門氏であった。続いて若山富三郎氏、三橋達也氏と続き、有名無名俳優から現役の侠界の人、右翼・左翼関係から笹井家の遺族など、三カ月の間、毎日のように取材させていただいた。「笹井さんのためなら……」といって自ら名乗り出る人も多かった。取材順に名前を記すと次の方々である。
 福谷仙寿、笹井慈朗、笹井豊子、笹井烈、鈴木晰也、久世勝二、近藤茂雄、三神忠、古河三樹松、絲屋寿雄、宮本三郎、マキノ雅弘、俊藤浩滋、増田淑夫、鈴木一子、石川百合子、高嶋次郎、伊藤朝子、片山英一、松本常保、田中春男、東竜子、船越勤、加藤正俊、荒金天倫、上森小鉄、田中伊三次、衣田義賢、村上二郎、青野美代、畠山清行、小生夢坊、中野英治、木村荘十二、森繁久彌
 右の方々は取材中に亡くなった方もあり、出版から二十年経たこんにちでは、大半が亡くなった。このほか、書面で応じて下さったのは、黒川弥太郎、北上弥太郎、小林重四郎、奥田久司、熊井啓の各氏であった。

 文中、「笹井さん」とあるのは、笹井末三郎のことである。『千本組始末記』は、基本的には、笹井末三郎という侠客の伝記なのである。なお、復刊された『千本組始末記』には、「アナキストやくざ 笹井末三郎の映画渡世」というサブタイトルが付いている。
 さて、上記引用で、多数の取材協力者の名前を挙げた柏木隆法氏は、その少しあとで、「右に挙げた協力者の中でも、特に何度も話を聞いたのは中野英治、近藤茂雄、三神忠、福谷仙寿の四氏であった」と書かれている。筆頭に、中野英治の名前があることに注意されたい。たしかに、『千本組始末記』には、中野英治の名前が何度も登場する。その証言が、紹介されている箇所も多い。
 要するに、中野英治は、単なる大スターではなく、映画界のオモテウラを知りつくした破格の映画人であり、柏木氏が『千本組始末記』の取材にあたっていた当時、映画界に関しては、最も信頼しうる取材協力者であったということであろう。
 柏木氏が中野英治とともに、岡田有希子の自殺に遭遇したのは、一九八六年四月八日のことであった。柏木氏は、『新潮45』の一九八七年六月号に、「映画史を書き変える侠客伝」という文章を発表されている。『千本組始末記』の原点となった文章であるという(未見)。とすると、一九八六年当時、柏木氏はすでに、中野英治ほか関係者への取材を開始しており、その日、中野英治に随行したのも、そうした取材を兼ねのことであったのではないかと推測される。

*このブログの人気記事 2014・9・11

石原莞爾がマーク・ゲインに語った日本の敗因

小野武夫博士、ハサウェイ女史と出会う

大スター・中野英治と若手歌手・岡田有希子

ルビつき活字を考案した大阪朝日の松田幾之助

憲兵はなぜ渡辺錠太郎教育総監を守らなかったのか

デング熱研究70年、堀田進博士の業績

映画『終身犯』とウィルソン大統領夫人イーディス・ウ...

拙著『日本人はいつから働きすぎになったのか』の紹介...

伝説のレスラー、ズビスコによる「史上最大級の騙し討...

狂言の発声法について(六代目野村万蔵「万蔵芸談」よ...

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大スター・中野英治と若手歌... | トップ | 金子頼久氏評『日本人はいつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コラムと名言」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。