礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

伝説のレスラー、ズビスコによる「史上最大級の騙し討ち」

2012-10-31 05:43:45 | 日記

◎伝説のレスラー、ズビスコによる「史上最大級の騙し討ち」

 スタニスラウス・ズビスコ(一八七八~一九六七)は、廿軒家(nijikkenya)さんのブログによれば、「プロレス史上最重要人物の一人」である。
 以下、この「伝説のレスラー」について、インターネットから得られた情報を整理しながら紹介させていただきたい。
 スタニスラウス・ズビスコ、本名スタニスラウ・シガニエヴィクツは、一八七八年にポーランドで生まれた。父はオーストリア政府の役人であったという。
 ポーランド出身の大レスラー、ララディスラウス・ウオルター・ピトラシンスキーを慕って、プロレス界にはいったとされている。一九〇六年、パリでおこなわれた世界選手権トーナメントで優勝。一九一〇年に渡米、NWA(全米レスリング同盟)の三代目ヘビー級チャンピオンであったフランク・ゴッチに挑戦して敗れる。ちなみに、NWAヘビー級チャンピオンであることは、事実上の世界チャンピオンであることを意味していた。
 第一次世界大戦後、財産を失って二度目の渡米。一九二一年六月二五日、NWA八代目ヘビー級チャンピオンであったエド・ルイスを破り、九代目のチャンピオンとなるが、翌年の一九二二年三月二二日、ルイスにチャンピオンを奪回される。
 一九二五年四月一五日、一一代チャンピオンのウェイン・マンを破って、二度目の王座につく(一二代)。しかし、同年五月三〇日、ジョー・ステッカーに敗れて王座を譲る。
 その後、世界を渡り歩く。一九二六年、インドのラホールで(今日ではパキスタンのラホール)、コブラツイストの元祖と言われる伝説のインド人レスラー、グレート・ガマと闘って敗れる。この試合は、炎天下、大地の上でおこなわれ、二〇万人が観戦したという。なお、この両者は、一九一三年に、ロンドンで闘い、引き分けたことがあるとされる。
 一九五〇年、映画『街の野獣』に、老レスラー役で出演。一九六七年、アメリカ・ミズーリ州の農場にて死去。
 廿軒家さんによれば、一九二五年四月一五日に、ウェイン・マンを破った試合は、「史上最大級の騙し討ち」として語り継がれているという。
 この当時のズビスコは、エド・ルイスらに「仲間入り」を説得されて、ルイスの引き立て役に回っていた。ウェイン・マンは、全くレスリング経験のない元フットボール選手だったが、ルイス(一〇代)は、あえてマン(一一代)に王座を譲り渡し、マンを「カリスマ性に溢れた新たなドル箱選手」にしようとしていたという。
 一九二五年四月一五日のマン対ズビスコ戦は、筋書きからすれば、ズビスコがマンに花を持たせることになっていたはずである。しかし、試合中、ズビスコはマンをメッタ打ちにしてフォール勝ちを収めた。「史上最大級の騙し討ち」と呼ばれる所以である。
 以下の一節は、廿軒家さんのブログからの引用である。

 ズビスコの騙し討ちはプロレス界に長期に及ぶ影響を与え、その後のプロモーターは潜在的な騙し討ちの危険性に上手く対処できる実力派レスラーに王座を握らせることを教訓とした。1930年代から1960年代にかけてプロモーターがルー・テーズを世界王者として重宝したのはこのためである。

 プロレスの世界には、つねに「騙し討ち」という危険性が潜在している。おそらく力道山は、そうしたプロレスの内情をよく知っていたはずである。だからこそ、木村政彦を「騙し討ち」で破ることもできたのである。一方、力道山に比べてプロレス経験が浅かった木村政彦は、そうした内情を十分に把握できていなかったのではあるまいか。そのことが、両者の明暗を分ける結果となったのではないだろうか。
 それにしても、「騙し討ち」で知られたズビスコが出演している『街の野獣』が日本で公開された年の暮に、力道山による木村政彦に対する「騙し討ち」があったとは! 

今日の名言 2012・10・31

◎いまさら弁解も何もしない、まさしく僕の負けだ

 力道山との試合の直後、木村政彦が語った言葉。1954年12月23日付の日刊スポーツに載っているという。『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』の著者・増田俊也さんは、同書の582ページで、「あれはただのプロレスのブック〔台本〕破りでしかない。騙し打ちであった」と述べた。そう述べた上で、増田さんはあえて、「木村政彦は、あの日、負けたのだ」と書いた。なぜか。「いまさら弁解も何もしない、まさしく僕の負けだ」という木村の言葉を重く受けとめたからである。

*Unknownさんのご指摘により、誤記を訂正しました(2015・6・15)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『街の野獣』を鑑賞する... | トップ | 1885年刊『和漢洋諺』に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。