礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

死刑執行人はムシウ・ド・パリと呼ばる

2018-10-16 05:30:52 | コラムと名言

◎死刑執行人はムシウ・ド・パリと呼ばる

『犯罪科学』第二巻第二号(一九三一年二月)から、浜尾四郎の「ギヨチーヌ綺談」という記事を紹介している。本日は、その三回目で、同記事の第三節の前半を紹介する。

  三、執行する人々
 ドクトル・ギヨチーヌは、人が首切りをせず、機械が首を切るべしといつて提議した事はさきに記した通りだけれ共【ども】、いかに機械が首切りをすると云つてもそれは自働的に動くわけでなく誰かボタンを押さねばならぬ。そこで結局、この人が直接死刑囚に手を下す事になるのだが、この職業は余りいゝものではなさゝうだ。
 我国には今以て検事や警官になるのをいやがる人々が居るやうだけれ共、フランスだつて首切役人といふ商売は余りはやつたものではないらしい。詳しい事は判らないが丁度我国の山田浅右衛門のやうに、代々伝【つたは】つて行く所謂一子相伝の職業らしく、而も上手下手【じやうずへた】がはつきりあるらしい。
 パリの警視総監アルフレツド・モーランが執行人銘々伝を書いてゐるからそのまゝここに紹介しやう。
『死刑執行人は一般にムシウ・ド・パリ〔Monsieur de Paris〕と呼ばる。此のニツクネームたるやフランスの首府にたゞ一人の執行人あるのみなるを意味す。現代に於いては然るも、過去にありては必ずしも然らず。各刑務所に一人づつの執行人をおきたるなり。
 Heindreich彼は一八七二年、七十才の高齢にして没したるが病に仆【たふ】るゝまで執行人の職にありき。彼は実に十六敵の少年時代にその父(やはり死刑執行人)の助手となり其後【そののち】この職をつぎて四十四年に及びぬ。余〔モーラン〕は個人的に彼とは相識【そうしき】の仲にはあらざりしも、わが幼時に彼がトロツプマン〔Jean-Baptiste Troppmann〕をギヨチーヌにかけたるを見たる事あり。余は今なほ彼〔Heindreich〕の性格の特異なるものありしを人にきかされしを想起する。彼は丈【せい】高く、落着きむしろ冷く見えたり。執行を終【をは】るや直に教会に行きて、死者の為に彌撤【みさ】を用意し、事終りて帰宅し直に入浴するを常としたり。
 Roch ハインドライヒの死するや直にその職をつぎたるはその助手たりしロシスなり。彼はかつて執行を終りし夕べ、人に問はれて平然と、Tout s'est passé a ravir.(ゆかいに運びぬ)と答へたりき。一八七九年に死しその助手に職を残せり。
 Deiblen 一八七九年ロシスのあとをつぎたる人。而して現在同名の執行人は実に彼が一子たり。彼がその職に就きし時は既に六十歳の老年に達し居たり。外貌極めておだやかにして教養あれ共【ども】内【うち】おかし難き根強さと強気【きやうき】を蔵す。彼がこの強気はその就職第一の執行の時あらはれたり。
 アヂヤンに於いて彼ははじめて執行人として手を下したりしが時の死刑囚はラブラードと呼ばるゝ血気盛【さか】りの男子なりき。ギヨチーヌに達するや、死物狂ひになりて狂ひまわり容易に板の上に身体【からだ】を横【よこた】へず、Deiblen これを見て憤激し、ラブラードの咽喉首【のどくび】をつかみ、床に叩きつける事、数回に及びぬ。【以下、次回】

 文章は、途中から、パリの警視総監アルフレツド・モーランの「執行人銘々伝」の引用となる。ここで、モーランは、トロップマンの処刑を目撃したと述べているが、この処刑が行われたのは、一八七〇年一月一九日(明治二年一二月一八日)のことであった。

*このブログの人気記事 2018・10・16(9位の平田篤胤は久しぶり)

コメント

首が飛んで糠を入れた籠の中に落ちる

2018-10-15 00:12:22 | コラムと名言

◎首が飛んで糠を入れた籠の中に落ちる

『犯罪科学』第二巻第二号(一九三一年二月)から、浜尾四郎の「ギヨチーヌ綺談」という記事を紹介している。本日は、その二回目で、同記事の第二節を紹介する。

  二、ギヨチーヌの用ひられる時
 フランスの法律によれば、死刑は公開の場所で行はれる事になつてゐる。勿論此の死刑公開といふ事に対しては賛否の議論が中々あるがともかく公開といふ事になつてゐる。たゞし真昼間【まひるま】やるわけではない。大体暁【あかつき】に行はれるのだ。
 死刑執行の日には、まづ裁判官、公議権の代表者たる検事総長或はその代理人、書記、それから教誨師、及び被告人の弁護人が檻房にはいる。
 Magisrate(邦語に適訳なし)が被告人に対していよいよ死の時が来た事をつげ、ざんげを云はしめ又彼の云ひ遺【のこ】したい事を聞いてやる。但しこの場合被告人に勇気をつけてやる事を忘れない。勇気とはつまり殺される勇気である。この最後の被告人の言説中にもし裁制を動かすに足る事実を認めた時は直【たゞち】に裁判官はその執行を見合せるのである。囚人が女であつた場合は妊娠の意識がありや否やを確め、もしさうらしい時は一時執行を見合せて医師に診察させる。
 次に約二十分間、囚人は教誨師とさし向ひになれる。無論ざんげをする為にである。
 それから被告人に最後の食事又はシガレツトが与へられる。被告人が最後に望むものは与へられるのが原則だけれども薬などは勿論与へられない。
 次に愈々執行人がはいつて来て、まづ被告人のシヤツを切る。之は頸部をはだかにする為、つゞいて綱をもつて手足を縛るが之はいふまでもなくいざといふ場合に被告人が死者狂ひになつてさわがぬ為である。但し足は歩ける程度にしておく。
 それから憲兵の一隊に囲まれて被告人はギヨチーヌの建てられて居る刑場に行くのである。
 無論或る一定のスぺースは兵隊に守られて法官その他の係り官以外の者はその中に入れられぬ。
 かくして用意とゝのへば被告人は板の上にねかされ首を刃【やいば】の下におかなければならない。執行人がボタンを押す。刃が落下する。首が飛んで糠【ぬか】を入れた前面の籠の中におちる。
 かくて正義は保たれたり。刑は終る、といふ次第なので、手つゞきはいたつて簡単、ドクトル・ギヨチーヌが議会で述べた通り、事は一瞬にして決してしまふのである。
 刑が執行されると直に白木【しらき】で出来た柩【ひつぎ】が運ばれ、素早く死体が収容される。仰向【あふむ】けにねかし、首はひろげた両脚の間におく。それから車に載せられて埋葬墓地に運ばれ、最後に牧師の祈りがあつてここに人生一代が完全に終【をはり】をつげることになる。
 此の祈りが埋葬の唯一の儀式であるが大げさには出来ない。若【も】し被告人の親戚が特に乞ふ場合には死体はそれらの人々に渡さるべし、但し儀式を用ひざる事を要す、といふ旨がフランス刑法第十四条にちやんと記されて居る。又もし親戚達がこの要求をしない時は通常、死体は解剖に附せられ学術上の資料に供される。

 文中、magisrateという言葉が出てくるが、これは英語で、フランス語ではmagisratという。「司法官」という意味らしい。
 また、「被告人」とあるところは、「囚人」ないし「死刑囚」とあるべきと思うが、原文のままにしてある。

*このブログの人気記事 2018・10・15(10位にかなり珍しいものが)

コメント

浜尾四郎「ギヨチーヌ綺談」(1931)

2018-10-14 06:51:08 | コラムと名言

◎浜尾四郎「ギヨチーヌ綺談」(1931)

 先日、『犯罪科学』のバックナンバーに、「ギロチン」に関する記事を見つけた。『犯罪科学』第二巻第二号(一九三一年二月)、浜尾四郎「ギヨチーヌ綺談」である。機械名の「ギヨチーヌguillotine」と個人名「ギヨタンGuillotin」を混同するなど、今日の水準からすれば、十分でないところも見受けられるが、当時としては、かなり詳細な紹介になっていると思われる。
 浜尾四郎(一八九六~一九三五)は、検事、弁護士、探偵作家で、子爵。貴族院議員も務めたが、四〇歳で急死したという。
「ギヨチーヌ綺談」は、全部で六節からなっているが、本日は、そのうちの第一節を紹介する。

 ギヨチーヌ綺談   浜 尾 四 郎

  一、ギヨチーヌの起源
 死刑といふ刑罰を廃止すべきか或は存続するか、といふ事はよく法律の間【あひだ】其他の識者間に論ぜられる問題であるが、兎【と】も角【かく】現在では多くの国家が此の刑罰を明かに認めて居るのである。然しながら、死刑執行の方法は国により必しも同じではない。
 我国では一般に知られて居るが如く絞首である。而【しか】して刑の執行は非公開で刑務所内で行はれる。一般人が死刑の場合絞首にされる事は刑法第十一条第一項に明かにされて居る所である。
 英国に於いても此の方法が採用されて居る。判決の言渡しの時にはつきりと裁判長が云つて居る。死刑の宣告の時、『汝【なんじ】はそれより刑場に趣き、咽喉部【いんこうぶ】を汝が死に至るまで縊【くゝ】られるべし』といふやうな言葉が必ず謳【うた】はれて居る。
 米国に於いては各州それぞれ方法があるらしいが、電気椅子に戴せる方法があるのは既に読者の知つて居【を】られる所だらう。米国の本などを読むと『椅子に行く』といふやうな言葉が出て来ることがあるが無論之は電気綺子にのせられる事を意味するのである。
 ところで仏国【ふつこく】であるが此の国では今でも首切りが行はれてゐる。有名なギヨチーヌ〔guillotine〕といふ恐ろしい首切機械にかけられるわけなのだ。
 どの方法を採用するにせよ、第一の目的は少くも現今では罪人の苦痛を少しでも減少させるために最良の方法としてえらばれて居るわけである。私はここにフランスに於ける死刑に就いて聊【いさゝ】か述べて見たいのである。
 一七九二年三月二十日発布された法令により、一般人の死刑はギヨチーヌで行はれる事に定【きま】つた。
 ギヨチーヌを発明した人は、ドクトル・ギヨチーヌであつて而も彼がその機会の最初の犠牲者である、とは一般に伝へられてゐる所だけれ共【ども】、実は之は誤りである。
 国民議会でドクトル・ギヨチーヌ〔Joseph Ignace Guillotin〕が、此の機械採用の提議をしたのは事実である。彼は、首切りのやうな事は人の手でやらず、機械に行はせるのが人道的であるといふ論旨からこの提議をした。
『諸君、この機械によつて、私は諸君の首を一瞬の間に飛ばせる事が出来るのである。而し諸君はその時、痛いとも痒いとも感じてゐるひまはないのである』
 此のユーモラスな発言に対して、全会員が思はす失笑した。而してギヨチーヌの名が歴史に不朽のものとなつたのであつた。
 ドクトル・ギヨチーヌがその当時の首切り法の代りに用ひやうとした首切機械は実は十五世紀頃【ごろ】からヨーロッパでは知られて居たのである。
 一五〇六年五月十三日にジエノアで死刑を執行されたデメトリ・ユスチニヤンといふ人間を美事【みごと】に死に至らしめた機械は丁度【ちやうど】ギヨチーヌのやうなものである事が記録されてゐるし、又一六〇〇年にベアトリス・ツエンチといふ人間の首をはねたのも同じやうなものであつた。スコツトランドでは『少女』と呼ばれる同じやうな道具があり、一六五一年と一六八五年にアーデル侯及びその息子の首を切つてゐる。
 ところでドクトル・ギヨチーヌの提議が採用され、ここに愈愈【いよいよ】この道具が用ひられる事になつたがその第一のプランを立てたのはラキアントといふ男で代つたのはトビヤス・シユミツツ〔Tobias Schmidt〕といふ男だつた。トビヤスは当時ピアノ製作者だつたといふから、彼は、芸術品を作るつもりでこの首切り機械を作つたかも知れない。
 此のギヨチーヌ刃が内側に向つてまづ頸部をとばす前に、それをしつかりと囲むやうに出来たのであつた。ところが、多少機械の知識をもつてゐたルイ十六世は、この代りに下向きにとがつた三角形の刃を用ひさせた。ルイ十六世のこのギヨチーヌ改良の命令は実に彼の最後の命令だつたといふのは、彼は一七九三年一月二十一日にまづ自身その改良機械にかけられなければならなかつたからである。皮肉にも、この時の切れ味はまさに彼の機械改良家としての頭の良さを証明したといふ事である。
 現在フランスで用ひられてゐるものは、之に更に改良を加へた形のもので一八七五年に採用されたのである。

*このブログの人気記事 2018・10・14

コメント

フランス映画『ロビンソン・クルーソー』を観る

2018-10-13 00:46:03 | コラムと名言

◎フランス映画『ロビンソン・クルーソー』を観る

 先日、DVDで、テイエリー・シャベール監督の映画『ロビンソン・クルーソー』(二〇〇三)を鑑賞した。フランス=ドイツの製作ということになっているが、全篇フランス語であり、実質的にはフランス映画と言ってよいだろう。
 これが、なかなか佳作であった。長篇というわけでも、大作というわけでもない。むしろ、かなり低予算で作った映画ではないかという気がした。
 この映画が優れているのは、何よりも脚本である。イギリス人デフォーの原作を踏まえながらも、これが大幅に改作されている。描写や説明が、アッサリしていて、くどくない。それでいて、ストーリーの展開に無理がない(脚本は、フレデリック・ヴィトゥ)。
 よく知られている通り、原作においては、ロビンソンは、奴隷貿易にたずさわる人物であり、「未開の土人」であるフライデーに対し、キリスト教信仰を説こうとする人物である。ところが、この映画では、主人公ロビンソンは、奴隷差別に反対し、かつ人種差別に反対する人物になっている。宗教色は、あまり見られないが、その一方で、人肉食を肯定するフライデーに対し、人肉食が許されないことであることを強く説く。
 ロビンソンの根底にあるのは、あくまでも「文明」、「理性」であって、「キリスト教」ではない。このあたり、いかにもフランス的だなあ、という印象を持った。

*このブログの人気記事 2018・10・13

コメント

巣鴨プリズン13号扉に書かれている文字

2018-10-12 01:58:20 | コラムと名言

◎巣鴨プリズン13号扉に書かれている文字

 昨日の東京新聞朝刊の一面トップの見出しは、「巣鴨プリズン象徴 現存/刑場入り口 13号扉」であった。
 リードは、次の通り。

 第二次大戦後、連合国軍総司令部(GHQ)が戦犯を収容し、東条英機元首相らA級戦犯七人の死刑が執行された巣鴨プリズン(東京都豊島区)の「13号扉」が法務省の施設で保管されていることが十日、分かった。刑場への入り口だったとされる13号扉は、巣鴨プリズンの象徴的な存在で、法務省は「貴重な歴史的史料。今後の保管や公開の在り方について、検討を進めたい」としている。

 記事には、カラー写真が付いている。真赤に錆びた鋼鉄の扉の表面に、かすかに「13」という数字が読みとれる。塩田道夫氏の『天皇と東条英機の苦悩』(三笠書房、一九八九)は、この鉄扉のことを、「13号A鉄扉」と呼んでいる。この写真を見る限りでは、「A」という文字はない。
 念のため、『大東亜戦争と国際裁判』のDVDを引っぱり出し、最後の部分を見てみた。もちろん、これは実写ではないが、扉には、白のペンキで明瞭に「13A」と書かれていた。
 もう一度、東京新聞の写真を見てみると、「13」という数字のすぐ上に、四角く塗られているところがあり、その中央に、「A」という文字があるようにも見える。東京新聞をお持ちの方は、確認をお願いしたい。
 再度、東京新聞記事を引用する。

 13号扉は鉄製で、縦約二百十センチ、横約百三十センチ。保存のため、後で取り付けたとみられる木枠で四辺が覆われている。当時、刑が執行される死刑囚は、刑場につながるこの扉から入り、執行後に別の扉から遺体が搬出されたとされる。
 関係者によると、13号扉は建物解体後、跡地を再開発した「新都市開発センター」(現サンシャインシティ)が法務省に寄付。一九八二年から昨年まで、東京都府中市にあった矯正研修所で保管されていた。

 これによれば、13号室には、もうひとつ「別の扉」があったという。東京新聞写真で、係員の左側に見える扉がそれであろう。この扉は、ウラ面を見せる形で、壁に立て掛けられている。その表面には、「13」という数字と、「B」という文字があると私は推測している。

*このブログの人気記事 2018・10・12

コメント