ZANMAI BLOG(新アドレス)

遊べや遊べ。
素晴らしいトラウトとの出逢いを綴ります。
タックルのお知らせもこちらからどうぞ。

ひとそれぞれ

2021年04月16日 | イベントのお知らせ
冒頭からなんですが、日本はなぜこんなに`出来ない国`に成り下がってしまったのでしょうかねえ。
世界同時進行のコロナ渦だったからこそ見えてしまった、このガッカリ感。

いや待てよ。成り下がったワケじゃ無くて、ずーっとそうだったんだ。
期待するだけ無駄だって万人の元に晒されたのは、この禍最大の収穫。

うちも確定申告を終えたばかりなのですが、税金を湯水のように使って、この国のリーダーと呼ばれている人たちは1年と3ヶ月もずーっと何をやって来たのかな。医療の人材不足も、遅々として進まないワクチン接種も、出来ない理由が山積みなんでしょうね。

大切なものはひとそれぞれ、ここ大事。日米首脳会談も大事でしょう、オリンピックも大事でしょう。OKです。



4月制作分は本流・湖用が中心ですが、合間をみては渓流用のブランク削りも進めています。

*延期になっていた甲府のグッドフェローズさんでの展示即売会ですが、6月27日で決定しています。
無事に開催出来ますように。体調管理をしっかりやって、準備はしっかり進めます。

小平

コメント

キックオフイベント

2021年04月14日 | 森と川と海を繋ぐサクラマス復活プロジェクト
先日は相模川水系・中津川の河川敷で開催された、EXPLORERSさんのキックオフイベントへと出向きました。

横浜の釣り具やであるEXPLORERSさんにはかねてから、我々のライフワークである「森と川と海を繋ぐ相模川サクラマス復活PJ」へ賛同をいただいてきました。当日はEXPLORERSさんが主催する「Kanagawa Trout Derby2021」を兼ねたキックオフイベントでした。





参加者全員が感染には充分に気をつけ、無事に終了。

閉会を見届けて対岸の漁協へと、幸い漁協組合長がいらしたので色々話をさせてもらってきました。
中津川のキャッチ&リリース区間設定は来年度スタートに向けて順調らしく、ここはひと安心。

ただどこからともなく、C&Rは期間限定になるとの噂を耳にしています。C&Rは通年で設定し、レギュレーションと周知徹底、アユ師などの皆さんから理解を得て初めて効果が出せるものだと思うので、もしその噂が本当なら声を大にして「漁期内いっぱいでお願いしまーす!!」

ヤマメも大事、アユも大事。両立させましょう。

キックオフイベントでは発起人として挨拶のあと、ゆるーく試投会をやらせてもらいました。
お気に入りモデルを見つけてくれた方もいたみたいですよ。新作やプロトも登場、プロトってなんだか隠しがちですが、もう長くテストしているものは試行錯誤を見てもらうのもアリでしょう。

EXPLORERSさんのKanagawa Trout Derby2021、県内なら川や湖を問わないそうです。お問い合わせやエントリーはお店までどうぞ。

photo by EXPLORERSさん
report by 小平
コメント

中禅寺湖、ブラウン&レインボーはシェフ君

2021年04月11日 | 湖レポート2021年
130&150ストレートなどロングミノーで楽しむ中禅寺湖ミノーイング、シェフ君今回はレインボーとブラウンをキャッチです。

本人は大きなレイクが出せずにかなり悔しかったみたい。

別のユーザーさんからは、ファット120にゴンと食ってきたけどバラした・・!なんて連絡もありましたし、皆さんそれぞれのミノーイングを楽しんでいるようです。



朝ヒットしたレインボー54cm





午後から気を取り直して投げ倒したそうです、ブラウン40cm。

また次回!

ミノー:130&150ストレート アワビヒメマス
photo by シェフ君
コメント

中禅寺湖ミノーイング、中野さんです

2021年04月09日 | 湖レポート2021年
栃木の中野さんから中禅寺湖ミノーイングレポートが届きました。

小さなアタリをしっかり取って、シーズン初レイクおめでとうございます!いろは坂を上る週末が始まりましたね。



「小平さん、Takedaさんとご一緒した初戦から、全く反応がないまま3回戦に突入。

今日は夜から風が当たっているポイントを選択。
薄暗いうちに、ストレート150のただ巻きで根がかりを思わせるような当たりがあるものの乗せきれず。

それ以降反応がないまま明るくなり、またダメかという感じになり、どんな巻き、カラー、サイズで食ってくるか検討も付かないような状況に陥りました。

そんな中、ストレート115横アイの鏡面ゴールドと言う、サイズもカラーも丁度良いものを選びランガンしたところ何とかヒットしました。

ヒットの感覚を思い出してきたので、今年の難しい中禅寺湖でもう少し試行錯誤してみたいです。」

中禅寺湖ミノーイングタックル
ロッド:レヴェルトラウト8.2MTL
リール&ライン:ステラC3000HG+ナイロン16lb
ミノー:115ストレート ヨコアイ 鏡面アルミゴールド チャートバック

photo&report by 中野さん
コメント

中禅寺湖ミノーイング、シェフ君です

2021年04月06日 | 湖レポート2021年
中禅寺湖ミノーイングを楽しんだのは、ロングミノー大好きなシェフ君。

130ストレート、150ストレートそれぞれでしっかりレイクトラウトをキャッチ。やりますねえ。

「4/4 中禅寺湖
朝一、明るくなる前に150ストレートにレイク55cm、その後水面が鏡になってしまったので早めに休憩。

午後から少し風が吹いてきたのでひたすらにキャスト、130ストレートでレイク50cm。
カラーはどちらともヒメマスアワビでした!」





130&150ストレートはサンビーム高崎店さん、EXPLORERSさんにお届けしたばかり。
ロングミノーで1本釣りたいぞ、という男気溢れるアングラーはお早めに両店にお問い合わせください。

ミノー:130ストレート、150ストレート アワビヒメマス
photo&report by シェフ君


コメント

ミノー納品しました

2021年04月05日 | 納品のお知らせ
2~3月制作分のフルハンドメイドミノーをお届けしました。
通販についてはお店に直接お問い合わせください。

*北海道札幌市 コルソ札幌 マイロッホさん

昨年コルソ札幌へ移転したマイロッホさん。
渓流用40mm~50mmをお届けしました。各モデル・各色取り揃えました。


*神奈川県横浜市 EXPLORERSさん

少数本ですが新作のビートアップ85・スリム85を。
前回の納品でご好評をいただいた新しいワカサギカラーを、ファット70&85、ビートアップなどで。
ほか解禁した中禅寺湖などで実績がある、投げて楽しい150ストレートや150スリムもお届けしました。

*群馬県高崎市 サンビーム高崎店さん

先日の店頭イベントとは別に、渓流用~150mmロングミノーまで様々お届けしています。
通販も大歓迎だそうです。



新作ビートアップ85。





ビートアップといえば、Gijie最新号を読んでいておや?!と目がとまる記事が。
静岡の木下進二郎さんがレポートした、「ロングミノーでの狩野川の本流アマゴ」です。

ジャクソンさんのテスターを務めている木下さんですが、ビートアップを使いこれまでも狩野川でサツキマスや本流アマゴをキャッチしています。

木下さんらしい印象的な写真に、わかりやすい文章。ぜひ目を通してください。

コメント

サクラ狙いでのアメマス、朝賀さんです

2021年04月04日 | 渓流レポート2021
愛知の朝賀さん、山形の単独河川にて狙うはサクラマス。

ファット85type1をひったくったのは、



「サクラ狙い中、つくづく自分はイワナ野郎なのだと再認識させられる一匹でした。
本命ではありませんが、狙いのスポットからのリアクションだったので嬉しいのには変わりありません♬
これはもうアメマスですね。」

あははは。各紙面でもお馴染みの朝賀さん、ご存じのとおりもともとが源流マン。
ミノーを通して長年のイワナ臭が染み出てるんでしょうか。

遠路出掛けて本命が厳しいときのゲスト、これはこれで嬉しいもの。
旅先からの便り有り難うございました。


ミノー:ファット85type1 グリーンゴールド
photo&report by 朝賀さん

コメント

中禅寺湖ミノーイング

2021年04月03日 | 湖レポート2021年
中禅寺湖も解禁しましたね。
前日夕方になってTakedaさんからお誘いがあり、急遽解禁してから二日目の昨日、日帰りで出掛けて来ました。







Takedaさんしっかりレイクトラウトをキャッチ。
ボートの釣りが多いTakedaさん、岸釣りで釣った初めてのレイクとのこと。メモリアルワンになりましたね。

芦ノ湖から好調を維持しているTakedaさん、ミノーはファット85type1。絶大な信頼を寄せていただく鏡面アルミ仕上げでした。

私も2匹掛けたんですが、どちらもバラシ。特に2匹目はビートアップ115に下から突き上げてきてバシッとヒット、もらったーっと思ったら目の前でなんとエラ洗い。ビートアップが飛ばされてしまいました。

下から突き上げるような魚は、レイクであってもエラ洗いするんですね。フックの選択といい、勉強になりました。

Takedaさんの中禅寺湖ミノーイングタックル
ロッド:レヴェルトラウト8.2MTL
ミノー:ファット85type1鏡面アルミ ブルーバック

photo&report by 小平
コメント

ヤマメに会いたいぞ

2021年04月01日 | 渓流レポート2021
例年通りバタバタだった3月、本流を除くと丹沢には一度も出掛けられませんでした。

昨日も気が付けば14時、行かないとヤマメに触らないまま3月が終わってしまう。ロッドを掴んで家を飛び出ましたよ。



ヤマメしかいない沢を急ぎ足で歩いた。大きいのは期待薄だけど綺麗なヤマメが見たくて、ヤマメが自然繁殖している沢を選んだワケです。



ソリスト50MD2フラットサイドの持ち味、少し強めのフラッシングにヤマメたちは好反応。ひとしきりコレで釣ったあと、



テストしているソリスト35DDを取り出した。ある意味で50MD2フラットサイドとは真逆の35DDだから、フラッシングに好反応なこういう時こそ得られることが多いもの。

40DDの遺伝子をしっかり受け継ぐ35DDです。

ようやくの丹沢解禁は7~8匹のヤマメに遊んでもらって終了。

昨年、肉離れを起こしたふくらはぎ、ここにきての違和感が気がかり。昨日は何事も無くひと安心と言いたいところですが、これまで以上に身体のケアをしないとね。

タックル
ロッド:レヴェルトラウト5.0MT
リール&ライン:ツインパワーC2000SHGにナイロン5lb
ミノー:ソリスト50MD2フラットサイド、プロト

photo&report by 小平
コメント

MINIさん木曽川水系で再びのレインボー

2021年03月30日 | 渓流レポート2021
愛知のMINIさん、休暇中に再び木曽川水系へと出掛けたそうです。

前回キャッチしたのと同系統のレインボーですね。
劇シブだったとのことで、釣れて何よりでした。50ストレートをしっかり通した結果ですね。







「 3/25㈭、休暇4日目。
月曜日から中2日で再び長野県木曽川へ。朝の気温1℃。3日前より寒いものの川の水量、色はいい感じ。
朝6時から釣り始めるも、木曽川本流、支流の西野川を移動しながらポイントを探るもノーチェイス、ノーバイト。

魚の姿さえ見えない中、こういう時はガラッと大きく場所を変えた方がいいと考え、再度、木曽川本流と小さな支流が合流する水深のあるポイントへ移動。1投目、ルアーの後ろに茶色の大きな影が2つ見えた!

2投目、リトリーブし始めた次の瞬間、ゴン!という衝撃と同時にラインが走る。水中で首を振り抵抗する魚をいなしてランディング!
この前よりやや型は小さいが38cmのレインボー。釣り開始から7時間!
その後は、小さな沢でイワナを追加。
結局、1日で僅か3バイト、2キャッチという激シブの1日でしたが、色々勉強になりました。」

(ヒットルアー)
①レインボー:50ストレート
②イワナ:Solist40DDフラットサイド
①②とも昨年のナチュラリストリバーサイドのイベントで購入。





photo&report by MINIさん


コメント