My kitchen

美味しいメニューや、日々の出来事

北京の旅  5日目

2011-01-11 22:02:02 | 北京旅行  (2011正月)
朝5時半、ホテル出発です。

もちろん、外は真っ暗です。

6時過ぎ空港到着、朱さんに搭乗手続き手伝ってもらって。
ここで、お世話になった朱さんとはツァイチェン。





まだ搭乗まで、2時間あるので、空港内ブラブラ~。
最後の元を使い果たして。

いよいよ、北京ともお別れ~



大連までの軽食、なんか変わったアツアツのバーガー。

 


こちらは北京から大連までパパさんが、隣りの方からいただいたウィーンのソーセージ。



その女性、ウィーンから成田系由で福岡まで帰る予定だったのに、チケットが取れてなかったのだそう。
大手旅行会社でもこういうこと、あるのね。

当然パニック、なんとか、ウィーンから北京行きのチケットを取って、北京→大連→福岡に帰国になったそう。

英語の先生なんですって、さすが、こういうトラブル、わたしにはぜったい無理ですね。



大連トランジットして、今度は座席がガラガラです。

大連→広島の機内食です。



長かった旅行も終わりました。

またいつもの生活にもどりましょう。






にほんブログ村 料理ブログへ


















コメント

北京の旅 4日目

2011-01-11 20:57:13 | 北京旅行  (2011正月)
廬溝橋へ出かけました。
かつて、西方からの旅人は、この橋を渡って北京へ。

 

周口店です。
北京原人が発見されたところ。



展示館内です。

50万年前の化石人骨。びっくり。

 

実際住んでいた遺跡。



そして、昼食はジャージャー麺など。

各自、麺にかけて、混ぜ混ぜ~。

  


午後からは、ちょっと寄り道スーパーへ。

朱さん、北京で一番大きなスーパーだよって言ってたけど…

真っ先に調理器具売り場へ。

れんげや、火鍋用おたま、餃子包みの型、ラー油などお買い上げ~

娘は友達用お菓子などなど。

 

今回は世界遺産巡りの旅なので、あきらめてたので、よかった。
このあと、お決まりのシルク店にも。

いよいよ北京最後のお夕飯

バンズにひき肉炒めを包んで。
おねえさんの見本をまねっこして。

  



またまたホテルで、マッサージ。
朱さん、「男性の方が気持ちいいよ。力あるからネっ。ワタシほとんど男性頼むよ~」

じゃっ昨日も教えてよ~ということで、今夜は男性リクエスト。
ほんとに、フェイスから全身、フット昨日の女性より、グッドでした。

明日はいよいよ帰国です。










にほんブログ村 料理ブログへ






























コメント

北京の旅 3日目

2011-01-10 18:08:13 | 北京旅行  (2011正月)
昨日添乗員の朱さんが「明日は今日よりもっと寒いですよ」
と言ってたけど、確かに寒いです。

ホテルを出てから、バスで天壇公園へ。

祈念殿



ここも世界遺産です。
明、清の皇帝が五穀豊穣を祈った場所。

今は1万人の市民が朝集って、太極拳、トランプ、マージャンなど楽しんで
ます。

女性もたくさん来ています。
朝の忙しい時間なので不思議。

朱さんに聞くと、中国のお母さん、朝ごはんは作らないんですって。
なーるほど、納得。

みんな、露店のパンや飲み物で済ませちゃうんだそう。

 



そのあと、書の達人のみごとな筆さばきの見学。

ラストエンペラー溥儀の末裔、愛新覚羅先生。


 

昼食は火鍋です。
ようは、しゃぶしゃぶです。 ひとりひとり、自分のなべに
好きな具材を投入です。

肉だんごにも八角の香りが~。

 

午後から天安門へ。


天安門バックにちょうどモデルさんの撮影が。





故宮博物館(紫禁城)へ。








古き町並みの胡同(フートン)へ。

フートンとは、路地、横町という意味。

昔ながらの伝統的民家がいまも健在です。







本場マカオで食べたエッグタルト、ここにも。
焼きたてをたべました。



麻花(マーホア)、ねじって揚げたかりんとう。

 


お夕飯は、四川料理のレストラン。

 



坦々麺。


今夜は、このあとホテルの部屋で全身マッサージを受けました。

どこへ旅行しても、マッサージ、エステは欠かせません。

ネットでも調べていってたのですが、ちょっと心配で
朱さんに手配をお願いしました。

お値段もほとんどかわらなかったし。
1時間半で3000円。とってもリーズナブル。

とくにフット、足つぼは最高でした~。

マッサージのおねえさん、日本語はほとんど通じず…「痛くない~?」ぐらい聞いてきます。

そうそう北京って、ホテルでさえ、英語も通じないんです。
これにはほんとにびっくりでした。
ルームナンバーでさえ、筆談でしたからね。

足元も軽くなって、明日もたくさん歩けそうです。





にほんブログ村 料理ブログへ













コメント

北京の旅2日目

2011-01-09 12:53:37 | 北京旅行  (2011正月)
北京、やっぱり寒いです。
風の冷たさもぜんぜん違います~。でも雪じゃなくて、よかった。

今日の午前中は、世界遺産 「い和園」へ。

ここは西太后が再建した、皇室庭園。





明代13人の皇帝が眠る、世界遺産 「明の十三陵」。

皇帝の棺が地下宮殿に、安置されています。



昼食は飲茶です。



 

 

 

お腹いっぱいになったところで、午後からはついに、万里の長城へ。
いちばん、楽しみにしていたところ。

実は、この旅は、ここへ行くためのリベンジ旅行なのです。

五年前、行くつもりで、仕度をして空港へ。
ところが、黄砂のため、上海から飛行機が飛んで来ず…
(当時は上海でトランジットでした)。


6時間広島空港でまちぼうけ、結局このツアーはキャンセルに。

その後は浮気して?ベトナムやタイ、香港など他のところへでかけてしまい、
今日に至りました。

さあ、綿入れのくつで登りますよ。

東西全長6000km、すご~い。

父も母もがんばりました。

 




お夕食は、全衆徳こう鴨店で、ジャ~ん、北京ダック。


薄い皮にそいだダックと白髪ねぎ、てんめんジャンを塗って
くるくる巻いて。
 






オプションで、雑技鑑賞へ。

 

はらはらドキドキ、すごい迫力です。





にほんブログ村 料理ブログへ





コメント

朝食メニュー

2011-01-08 16:01:28 | 北京旅行  (2011正月)
同じホテルでの4連泊…。

北京オリンピックにあわせて建てられたという、
まだ新しい5つ星ホテルです。

毎朝、メニューはほとんど同じでした。

初日は珍しくって、あれもこれもといろいろお味見。
だんだん、どれをチョイスしたらいいのか、わかってきました。

おかゆは3種類。

白いおかゆ、あずきがゆ、やさいのおかゆ。

 



おかゆのお供たち…
ザーサイ。キムチ。葉唐辛子などトッピング。




包子も、花巻風、小豆入り、青菜入りなど。



蒸したコーンは味がなかったです。


フレンチトーストも土鍋の中に。

 






 

 

空芯菜の緑がとっても鮮やかです。



このほか、サラダバーやシリアルコーナー、パン各種、フルーツ
いろいろ、しっかりといただきました。(笑)








にほんブログ村 料理ブログへ








 









コメント

北京の旅 1日目

2011-01-08 14:48:23 | 北京旅行  (2011正月)
お正月は、北京へ出かけてきました。
パパさん、娘、私の両親の5人旅です。

最低気温-10℃とのこと、どんだけ寒いのか…、綿入れのくつ5足分小型のスーツケースに
入れて行きました(笑)

いつも北京に仕事に行っていたシニア教室のMおじさまに
いろいろアドバイスを受けていたのです。

くつとリップクリームも忘れずにとのことで。

万全の体制の中、広島空港から出発、席もかなり空いています。

   


大連空港で一旦機内から降りて、トランジットです。

やはり寒さが違います。
空港内なのに、吐く息が白いです。足元もがくがく。

ここで入国審査です。

約30分ぐらいしかなく、乗り継ぎだけでかなり、忙しいです。




大連空港        空港内

またまたさきほどと同じ座席に、座りなおします。

ここからは大連~北京の国内便として利用する中国人も多く、
満席状態に。



1時間あまりで、北京到着。時差1時間です。

北京空港内
          


ここからバスに乗って、夕食へ向かいます。

今夜は広東料理です。

とってもライトな飲み口のビール。30元(420円)
持ってきた店員さんに支払います。

 


 

そのあとはホテルまでパスにゆられて。
今夜はホテルでぐっすりです。

明日は万里の長城へ。





にほんブログ村 料理ブログへ











コメント

北京より帰国

2011-01-06 21:09:20 | 北京旅行  (2011正月)
先ほど、北京より無事帰国しました。

ところが、帰りの飛行機で娘が発熱…
空港検疫セキュリティーのサーモグラフティに反応で呼び止められて、室内に。

熱を測るとなんと39・4℃、びっくりです。
検疫の係員の方にも、そんなにあるのに、元気ですねと。

北京は寒いのでいっぱい着込んだまま飛行機へ、機内では汗ばむぐらい。私たち
みんな暑いねと言っていたぐらいで全くわかりませんでした。

本人も少し寒気がすると言ってた程度、まあ帰ったら内科へすぐに行ってみようねと話して
いたのです。

マスクとイエローカードをいただいて帰りました。

その後、病院で検査の結果、A型のインフルエンザと判明。

先生も「広島ではA型はほとんどでてないのだけどね、でもよかったねぇ。
よかったと言っちゃあなんだけど、へんな病気でなかったからね」と。

とまあ、帰国後ばたばたでした。

また旅行記はゆっくり残していこうと思います。









にほんブログ村 料理ブログへ




コメント