やまかづの気ままにマンゴー

航空旅行>機内食>マンゴー>ロングステイ>ファイナンシャルプラン

2013年6月 ピーチ航空機内食(関西-台北-関西)

2013年06月29日 | ③ 機内食MM ピーチアビエーション

ピーチ航空の機内食のメニュー変更は、ほぼど半年ごと不定期に行われています。しかし、ピーチの担当者としては、半年ごと不定期といったルールで変更しているんじゃなくて、「そろそろ変更しようかな~」とか、「やっと在庫がなくなってきたな~」なんて感覚でメニュー変更しているんじゃないでしょうか?

そんなわけで、昨年12月の中旬から継続されていたメニューは、5月中旬に一部変更されました。このパターンでいくと、次の変更は11月から12月ということになりますから、ちょっとずつ試していくことにします。

MM28 台北-関西

Dscn0591_2

↑ クリームペンネパスタ:解凍、加熱に20分ぐらいかかると言われたのに、オーダー後、ほどなく出てきました。きっと既に解凍してしまっていたんでしょう。メニューには「濃厚なクリームソースとパスタの黄金比」とありますが、そんな黄金比ってあるんですか? 

Dscn0586
↑ ヘルシー海老アボガドサンド:ヘルシーかどうかはわかりませんけど、たっぷりの海老、そしてアボガドなどの野菜もたくさん挟まれていました。 

「ただいまよりピーチショップ開店です!」で始まる機内販売。特に割引販売のアナウンスはしていませんでしたけど、今回も最終便割引ということで、メインディッシュ、サンドイッチ類は30%割引でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【カンロ ペアフルーツのど飴 マンゴー&レモン】

2013年06月27日 | ④-5 マンゴー属キャンディ・グミ・ガム種

夏風邪ひいた方に朗報です!?夏用のど飴がカンロから発売されました。「ペアフルーツ とろける甘さマンゴー きりっと爽やかレモン」です。

一粒で2度おいしいというわけではなく、マンゴー味とレモン味を交互に味わうことができるという、ただそれだけの話です。

しかし、マンゴー味はのど飴に似合わず、しっかりしたマンゴー感がありました。

004
↑ 左から開けるとマンゴー味のど飴、右から開けるとレモン味のど飴?

いえいえ、違うんです。Dscn4655
↑ 左から開けても右から開けてもマンゴー味から始まって、次はレモン味。交互に入っていますので、最後はマンゴー味で終わります。それが「交互に味わうフルーツ」という意味らしいです。

やまかづ的にはマンゴーばっかり食べたいので、これは余計なお世話です。

003_2
↑ 濃縮果汁が使われていますが、マンゴー、レモンのほかにリンゴも・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミナー告知【ニュージーランドロングステイ&機内食セミナー Vol.9】

2013年06月25日 | ⑧ セミナー・講演・メディア

ロングステイセミナーの一環として、海外ステイ&機内食セミナーを開催します。

ロハスなニュージーランドで How to stay 」として、親子留学、お稽古留学、国際交流などから、ニュージーランドの魅力を探ります。

また、知って得する機内食のうんちく話もお楽しみに。

講師は、ニュージーランドのエキスパートである渡邊靖子氏と、機内食のお話担当の私、やまかづです。

今回は、平日の午後からの開催となりますので、土日に時間がない方もご参加いただけます。

日時:2013年7月26日(金)14:00-16:30

場所:クレオ大阪中央(地下鉄谷町線四天王寺前夕陽丘駅)

参加費:無料(ただし、事前に予約が必要です)

申し込み先:連絡先は下記チラシを参照ください

14:00~14:05 開会ごあいさつ

14:05~15:05 知って得する機内食のうんちく話

15:05~15:10 休憩

15:10~16:10 ロハスなニュージーランド生活

16:10~16:30 質疑応答

Pdf
↑ 左クリックで拡大します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年6月 日帰り弾丸?北海道・支笏湖サイクリング! 

2013年06月23日 | ① 旅行記 国内

ジェットスター・ジャパンのキャンペーンで、関西-札幌片道990円というチケットを手に入れました。

梅雨 のうっとうしいこの時期、何の予定がなくても、北海道の地で時間を過ごすだけで価値がありそうです。

しかし、せっかく行くんだからということで、いつもと違う楽しみ方を選択!そう、千歳近郊にある支笏湖(しこつこ)をサイクリング してみることにしました

001
↑ まずは、関空から出発。ターミナルの南端にへばりつくように設置されているチェックインカウンターへ。自動チェックイン機の配列は、世界共通のようです。

005
↑ 奇跡が起きました。行きの座席は、1列目のC(通路側)、帰りの座席は、1列目のB(真ん中)。キャンペーン料金で、なおかつ追加料金も払ってませんが、足元広々で、いいんですか?いいんです!

010
↑ 本日お世話になる機材です。成田空港から10分遅れで到着。

017_2
↑ 千歳市観光協会でママチャリをレンタル。立体駐車場に雑に置いてありますので、鍵を渡された自転車を自分で探し出し、借りていきます。

019_2
↑ 取り急ぎ、昼食をセブンイレブンで調達。コンビニでは、ご当地もの、地域限定ものをチェック。道産秋しゃけのおにぎり、札幌テレビの日高吾朗ショーとのコラボ「皆のシュー」、北海道Kiosk北海道ニセコ山系の水を使った緑茶

021
↑ 千歳市内から数キロ走ったところから、支笏湖までのサイクリングロードが始まります。いきなり、「熊出没注意」の立て看板。平日で人気もないので、出てくるかも・・・。

027_2
↑ サイクリングロードと一般道が一部並行しているところがあります。自動車が全然通らない時間がかなりありましたので、記念撮影。

048
↑ 2時間かけて、ようやく支笏湖入口に到着。既に脚はガクガクです。
040
↑ 支笏湖畔まで下りてきましたが、あいにくの曇り空なのに白鳥さんはうれしそう。

032
↑ 支笏湖からの帰路にもこんなものが・・・。自転車のペダルをこぐ脚に力が入ります。

056
↑ 帰路は1時間半かかって、千歳市内まで戻りました。疲れていたせいか、思った以上に時間がかかりました。小腹がすいたので、またまた北海道限定ものを調達。伊藤園北海道限定「北海道とうきび茶」ロバパンの「北海道ミルク」、十勝産小豆使用の小倉&マーガリン」。ご当地ものとはいえ、どこかで見たことがあるような・・・。

058
↑ 帰便の座席。最前列の1Bでしたが、隣があいていたので1Aの窓側に移動。前方ドアとのパテーションがないので、さらに足元広々!

ジェットスターさん、格安運賃なのに、お世話になりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年6月 ジェットスター・ジャパン機内食(札幌-関西)

2013年06月21日 | ③ 機内食JQ/3K/GK ジェットスター

昨年11月にこの路線に乗って、機内食をいただきました。今回利用するに当たり、事前に機内食メニューをチェックしてみると、前回から変わってなかったので、このたびはオーダーするのをやめました。

しかし、札幌からの帰便で、どうしても小腹がすいたので、前回おいしかったスモークサーモンとクリームチーズの田舎風サンドを頼んでしまいました。

セオリーから言うと、前回とは違うものを頼むべきなんですけど、機内アナウンスによると、あれもこれも売り切れということで、選べる状態じゃなくなっていました。この飛行機には、成田からの始発便で機内食を積んできますけど、途中で補充しないので、売り切りで終了となるんです。

けど、ひょっとしたら、売れ行きの悪いものは、最初から用意してないかもしれません。

GK216 札幌-関西

070
↑ 前回もオーダーしたチャバタサンドイッチ(サーモン&クリームチーズ)ですが、パン生地がぱさぱさして、味のない乾パンを食べてるみたいでした。

本日の早朝、成田を出発するときに積み込んだサンドイッチだと思われますので、少なくとも機内で12時間たっています。けど、容器のふたがちゃんと閉まってなかったりとか、保存状態が悪かったような気がします。

062
↑ そろそろメニューの入れ替えが必要かと思われますが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【オリエンタルベーカリー マンゴーメロンパン】

2013年06月19日 | ④-4 マンゴー属クッキー・パン・ケーキ種

オリエンタルベーカリーから「マンゴーメロンパン」が発売されました。

マンゴーなのか、メロンなのか、ややこしいところですが、パッケージの説明によると、「マンゴー味のメロンパンに濃厚なマンゴークリームを閉じ込めました」となっています。納得できるような、できないような・・・。

ちなみに、オリエンタルベーカリーって、関西圏ではちょっと有名な業務用パンを製造している会社で、ホテルやレストラン、機内食工場に納品していますが、一部小売用もつくっているようです。

関西近辺でホテルに泊まったり、関空出発のフライトに乗ったりした際には、知らず知らずのうちに、この会社のパンを食べているかもしれません。

011
↑ 「季節限定」イラストのマンゴーちゃんは、キユーピーのたらこちゃんにそっくりです。

018
↑ 2つに割ると、濃厚なマンゴークリームが・・・。もう少し量がほしいところです。

013
↑ マンゴーフラワーペーストのほかにマンゴー果汁も入っています。

おもしろいことに一括表示には、製造責任者か製造担当者かわかりませんが、「私が心を込めてつくりました!」的な顔写真と名前が入っています。

食べる側からすると、おじさんの顔写真までは要らないと思うんですけど、つくる側からするとモチベーション上がるんでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミナー告知【SGセレブ大阪 リタイアメントプランの基礎知識】

2013年06月17日 | ⑧ セミナー・講演・メディア

ファイナンシャルプランナーズ協会大阪支部所属SGセレブ大阪さん主催で、やまかづのセミナーが開催されます。

今回は、FPの継続単位を取得することを目的とするため、セミナー内容は、よりファイナンシャルプランナーの業務に沿った内容になるよう調整しています。そのセミナー名は、リタイアメントプランの基礎知識~機内食から考える宗教・食文化・生活習慣病~です。

世界中を飛び回る飛行機には、多国籍、多文化、他民族の人が乗っており、提供される機内食には、いろいろな秘密が隠されています。そんな食文化の「るつぼ」機内食を知ることで、海外リタイアメントプラン提案のヒントになればいいなと思います。

開催の詳細は次のとおりです。

日 時: 2013年7月17日(水) 19:00-20:30 

場 所: 大阪市立総合生涯学習センター 第6研修室

        大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル 5階

参加費: 500円

申込方法:FP以外の一般の方も聴講可能ですので、参加をご希望される方は当ブログからお申し込みください。

Pdf
↑ 左クリックすると拡大します。

なお、今回のセミナーは、昨年8月に行われましたセミナー(ダイジェスト版)で「もう少し詳しく聞きたい」というお声を頂戴しましたので、今回改めてSGセレブさんに企画していただきました。

前回のセミナーに参加された方も、さらに具体的なお話をさせていただきますので、今回のセミナーで新たな発見をしていただけるはずです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【森永 超マンゴーチョコレート】

2013年06月15日 | ④-3 マンゴー属チョコレート種

森永製菓から、「超マンゴーチョコレート」が期間限定で発売されました。

「超」は、「超薄い」のか「超マンゴー」なのか、よくわかりませんが、とにかく厚さ2mmのチョコレート片にマンゴーがたっぷり詰まっているようです。パッケージにも「マンゴー70%使用(生換算)」と書かれています。

しかしながら、マンゴー感に重点を置いていますので、チョコレート感は「超控えめ」です。

001
↑ チョコレートを前面に打ち出していないパッケージなので、チョコ?クッキー?

008
↑ かなり薄い個袋が整列しています。

011
↑ 中からは、厚さ(薄さ?)2mmのマンゴー臭あふれるチョコレートが・・・。薄過ぎて、つまんでいると溶け出しそうです。

005
↑ チョコレート感は控えめで、分類的には「準チョコレート」です。しかし、マンゴーパウダーの含有量は控えめではなさそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【グリコ トロピカルマンゴーチョコ】

2013年06月13日 | ④-3 マンゴー属チョコレート種

グリコから「トロピカルマンゴーチョコ」が発売されました。

個包装を開けるとオレンジ色のマンゴー感あふれるクッキーチョコレートがお目見えです。やまかづの口の中は既に濃厚なマンゴーを迎える準備ができておりまして、さっそく一口ほおばりました。

まずは、ちょっとビターなカカオ風味。そして一瞬マンゴー風味。あとは、さくさくクッキー生地の味が続きました。チョコレートのオンジ色は、トロピカルマンゴーの芳醇さを演出していたんですけど、せっかくのその風味は、ジェット機のように過ぎ去ってしまいました。

う~ん・・・。パッケージのトロピカルマンゴー感からは、ほど遠い味わいでした。残念・・・。

016
↑ マンゴーが1つ、マンゴーが2つ、マンゴーが・・・。トロピカルです~!!

018_2
↑ チョコレートのオレンジ色がマンゴー感を醸し出します。

017
↑ 食後のマンゴー感のなさにがっかりして、裏面の一括表示を確認すると、どうも少量のマンゴーパウダーだけが使われているようで・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【三幸製菓 雪の宿 南国マンゴー味】

2013年06月11日 | ④-7 マンゴー属その他食品種

1個でもニコニコ三幸のあられ・おせんべい のキャッチフレーズでおなじみ、三幸製菓の人気シリーズ「雪の宿」から「南国マンゴー味」が発売されました。

ソフトで口どけのいい塩味のおせんべいにマンゴー味の黄色い蜜が吹きかけられています。個袋を開けると、ほんのりとマンゴーの甘い香りが漂ってきます。また、口に含むと、おせんべいの塩味がマンゴーの甘味を引き立てます。いや、マンゴーの甘味がおせんべいの塩味を際立たせます。

「雪の宿」って、甘くてしょっぱい組み合わせがセールスポイントですけど、こんな組み合わせもありかなと納得してしまいました。

ちなみに、「冷やしてもおいしい」となっていましたので、試しに冷やして食べてみましたが、マンゴー蜜の甘さがさらに感じられて、雪の宿でトロピカルです。

002
↑ 雪国 meets 南国!こんな出会いは、日本ならでは?。

013
↑ 表面にたっぷりとマンゴー味の蜜が吹きかけられています。

008
↑ マンゴー味の正体は、マンゴーパウダーのみです。おせんべいの塩味がマンゴー味を応援しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー【神戸屋 マンゴーデニッシュ】

2013年06月09日 | ④-4 マンゴー属クッキー・パン・ケーキ種

ことしの神戸屋は、マンゴーパンに力を入れているようです。

フレッシュベーカリー神戸屋で毎年定番になっている「とろけるマンゴー」を始め、この「マンゴーデニッシュ」。そして、先日は、期間限定で「アルフォンソマンゴーフランス」が発売されました。

この「マンゴーデニッシュ」、日配商品としては、ちょっと高めの値段設定ですが、そのクオリティーはなかなかのものです。タイ産のチョーカナン種のダイスカット、インド産アルフォンソマンゴー種のクリーム使用ということですから、両者ともマンゴーらしい芳醇な香りを醸し出しています。

しかし、実はこの商品、フレンシュベーカリー神戸屋から販売されている「とろけるマンゴー」をデニッシュに成形したものです。使われているマンゴーの量に多少の差はあるかもしれませんが、そういうことであれば、価格の安いこちらの方がお得です。

Dscn4703
↑ マンゴーのイラストも文字も書かれていない、シンプルなパッケージに高級感が漂います。しかし、「マンゴーデニッシュ発売中!」という店のポップがなければ、「サツマイモデニッシュ」と間違われそうです。

Dscn4715
↑ 断面です。ごろっとダイスマンゴーの下には、たっぷりとマンゴークリームが・・・。

Dscn4712
↑ アップでお楽しみください!

Dscn4705
↑ 原材料の筆頭にマンゴーシロップ漬けです。浅く漬けてあるので少しだけマンゴーの風味が残っています。

 フレッシュベーカリー神戸屋の「とろけるマンゴー」の記事(2012年)はこちらです。ちなみに、ことしも同じものが発売されています。

http://blog.goo.ne.jp/yamakadu-mango/d/20120525

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【ヤマザキ ランチパック ダブルマンゴー】

2013年06月07日 | ④-4 マンゴー属クッキー・パン・ケーキ種

山崎製パンのヒット商品、ランチパックシリーズから「ダブルマンゴークリーム」が新発売となりました。

宮崎県産のマンゴーピューレをクリームとホイップで楽しむことができる、非常に贅沢なランチパックです。今までも、マンゴークリーム系のランチパックは何度か発売されましたけど、ダブルというのは初めてかもしれません。

024
↑ 何だか、わくわくするパッケージです。

026

↑ マンゴーフラワーペースト、マンゴークリームの含有率が高いのがわかります。

036
↑ 断面です。上層にはマンゴークリーム、下層にはマンゴーホイップが、端から端までたっぷりと入っています。黄金色がまぶしい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【神戸屋 アルフォンソマンゴーフランス】

2013年06月05日 | ④-4 マンゴー属クッキー・パン・ケーキ種

神戸屋のフランスシリーズから「アルフォンソマンゴーフランス」が季節限定で発売されました。

アルフォンソマンゴーのジャムとクリームのダブルの風味を楽しむことができます。廉価な菓子パンとしては、結構いい仕上がりかもしれません。

010
↑ 「季節限定」。日本人は、この言葉に弱いです。

030
↑ マンゴーの2重構造です。上がジャム、下がクリーム。

033
↑ 開けるとこんな感じ。タイ焼きで言うと尻尾までしっかり餡が入っているイメージです。

011
↑ マンゴージャムとマンゴースプレッドがしっかり入っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のマンゴー!【たらみ マンゴーゼリー黄桃・ナタデココ入り】

2013年06月03日 | ④-2 マンゴー属ゼリー・プリン・ヨーグルト種

たらみの「くだもの屋さんシリーズ」から、「マンゴーゼリー 黄桃・ナテデココ入り」が発売されました。たらみからは、いろいろなシリーズものゼリーが発売されていますが、「くだもの屋さんシリーズ」というだけあって、果物タップリをうたっています。

しかし、使われている果実は、黄桃とナタデココのみで、マンゴー果実は一切入っていません。これでは、「マンゴーゼリー」の看板に偽りありです。

009
↑ パッケージは、「黄桃ゼリー ナタデココ・マンゴーピューレ入り」に変更しないといけません。

Dscn4513
↑ マンゴーピューレは、果糖ぶどう糖液糖より少ない含有量。これで「マンゴーゼリー」はないでしょ、たらみさん!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加