やまかづの気ままにマンゴー

航空旅行>機内食>マンゴー>ロングステイ>ファイナンシャルプラン

【LINEトラベル.jp】バンクーバー観光で知っておきたい!お手軽名物グルメはコレ

2019年09月15日 | ① 旅行記 アメリカ・カナダ

「LINEトラベル」に掲載されました。

日本からの直行便もあるバンクーバーは国際都市でもあることから、世界各国からグルメが集まり、街なかにはボーダーレスなレストランがたくさんあります。
しかし、街歩きをしていると、時にはレストランで食べるほどではないけれど、気軽に立ち寄って、小腹を満たしたいと思うことがあるでしょう。ここでは、そんなときにぜひお勧めしたい、バンクーバー名物のお手軽グルメをご紹介します。

続きはこちらから ↓

https://www.travel.co.jp/guide/article/39286/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

【LINEトラベル.jp】そのマンゴーかき氷、ハンパないって~!台北の新進店まとめ

2019年09月14日 | ① 旅行記 中国・香港・マカオ・台湾・モンゴル

「LINEトラベルjp」に掲載されました。

夏だ!台北だ!マンゴーかき氷だ!ということで、台湾南部でとれた完熟マンゴーが台北に集結し、待ちに待ったマンゴーかき氷のシーズンが始まっています。
かつては、粗削りの氷が主流のマンゴーかき氷でしたが、今ではふわふわ氷(花雪冰)にとってかわられ、台北では新進気鋭のお店が多数オープンしています。
ここでは、そんな中からハンパないマンゴーかき氷のお店を厳選、地域ごとにまとめてみました。

続きはこちらから↓

https://www.travel.co.jp/guide/article/34054/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

【LINEトラベル.jp】スーパーで手に入れよう!バンクーバーのバラマキ土産まとめ

2019年09月13日 | ① 旅行記 アメリカ・カナダ

「Lineトラベルjp」に掲載されました。

カナダ第2の都市、バンクーバーのダウンタウンにはたくさんのスーパーマーケットやドラッグストアがあり、買い物には困りません。中には、土産物にしても喜ばれそうなものもたくさんあり、かえって迷ってしまうほどです。
しかし、バラマキ土産となると、これがなかなか頭を悩ませるところで、小分けできそうな適当なものが見つかりません。
そんなあなたのために、ここではお勧めのバラマキ土産をご紹介します。

続きはこちらから ↓

https://www.travel.co.jp/guide/article/39283/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

【LINEトラベルjp】バンクーバーでドライブ!「シー トゥー スカイ ハイウェイ」

2019年09月12日 | ① 旅行記 アメリカ・カナダ

「LINEトラベルjp」に掲載されました。

バンクーバーからウィスラーに延びる国道99号線は「シー トゥー スカイ ハイウェイ」と呼ばれています。
道路を北上していくと、左手に広がっていた青い海の景色が、いつしか緑が美しい山の景色に変化していくため、ドライブを楽しむには人気のコースとなっています。
そんな「シー トゥー スカイ ハイウェイ」のドライブを思う存分楽しむため、ここでは幾つかのお勧め立ち寄りポイントをご紹介します。

続きはこちらから ↓

https://www.travel.co.jp/guide/article/39159/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

【LINEトラベルjp】甘党必見!香港スイーツスポット「電気道」界隈お勧め7店

2019年09月11日 | ① 旅行記 中国・香港・マカオ・台湾・モンゴル

「LINEトラベル.jp」に掲載されました。

香港に行ったなら、本場の中華料理を堪能!おなかがいっぱいになったはずなのに、それでも、やっぱり食べたくなるのがスイーツですね。
そんなあなたにお勧めしたいのが、MTR「天后」駅近くの電気道界隈に広がるスイーツスポットです。通りの名前からは想像がつきませんが、このあたりはグルメ街となっており、スイーツ専門店も数多く集まっているんです。
ここでは、そんな中からお勧めの7店をご紹介します。

続きはこちらから ↓

https://www.travel.co.jp/guide/article/36477/

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

【LINEトラベルjp】スカイトレイン駅から直結!老舗「アジアホテル バンコク」

2019年09月09日 | ① 旅行記 東南アジア

「LINEトラベル.jp」に掲載されました。

国際観光都市バンコクには、1泊数百円の安宿から数十万円も当たり前の5ツ星ホテルまで、さまざまな宿泊施設があります。
そんな中から、スカイトレインのラチャテウィー駅と直結し、サイアムスクエアなどのショッピングエリアも徒歩圏内にある「アジアホテル バンコク」をご紹介します。
便利この上ない立地でありながら、料金は極めてリーズナブルな大型老舗ホテル、次回のバンコク滞在にいかがでしょうか?

続きはこちらから ↓

https://www.travel.co.jp/guide/article/37531/ 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

2019年9月 シンガポール航空機内食(シンガポールー関西)

2019年09月08日 | ③ 機内食SQ シンガポール航空

シンガポールからの帰便も、もちろんシンガポール航空です。

そして、機内食も、もちろん事前に1食、スペシャルミール(アジアンベジタリアンミール)を頼んでみました。

SQ622 シンガポール-関西  

↑ 昼食 チョイス1(インターナショナル)

メイン:鶏むね肉きのこソース添え
サイド:バーベキューチキンのサラダ、ミルクパン、バター、クリーマー、ミネラルウォーター
 
↑ 昼食 チョイス2(和食)
メイン:ハヤシライス
サイド:前菜の盛り合わせ、茶そば、そばつゆ、クリーマー、ミネラルウォーター 
 

↑ 夕食 スペシャルミール(アジアンベジタリアン/AVML)

メイン:野菜コルマ、ビリヤニ
サイド:スパイスビーンのサラダ、グラムジャム(かなり甘い)、野菜ピクルス(かなり辛い)、ヨーグルト(タイ明治製)、穀物ロール、パパダム、チャパティ、バター、クリーマー
とにかく、いろいろなアイテムがトレイに置かれてサービスされました。それにしても、パン系の種類が多い。
 
↑ 食後のデザートは、シンガポール製のココナッツキャラメル味のアイスクリーム。
 
 
 
コメント

2019年8月 シンガポール航空機内食(関西ーシンガポール)

2019年09月07日 | ③ 機内食SQ シンガポール航空

久しぶりにシンガポール航空に乗ってみました。関空を夕方出発し、深夜にシンガポールに到着するフライトでした。

3人旅だったので、機内食は基本的には2択となります。なので、もう1食はスペシャルミール(フルーツプレートミール)を頼んでみました。

SQ621 関西-シンガポール  

↑ 搭乗してすぐにリフレッシュメントサービスが始まりました。

豆とクラッカーのスナックパックですが、ピーナッツは入ってませんでした。

↑ 夕食 チョイス1(インターナショナル)

メイン:鶏もも肉マッシュルームソース添え
サイド:ハムと野菜のパスタサラダ、ミルクパン、バター、クリーマー、ミネラルウォーター

↑ 夕食 チョイス2(和食)

メイン:和風ビーフカレー
サイド:前菜の盛り合わせ、冷やしうどん、麺つゆ、クリーマー、ミネラルウォーター

↑ 夕食 スペシャルミール(フルーツプレート/FPML)

メイン:カットフルーツ盛り(キウィ、リンゴ、グレープフルーツ)
サラダ:フルーツボウル、白桃ゼリー、ドライレーズン、穀物ロール、バター、クリーマー

↑ 食後のデザートは、ノーマルミールもフルーツプレートミールも共通で、ハーゲンダッツ(バニラ)でした。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント

2019年7月 エバー航空機内食(台北<桃園>ー関西)

2019年07月17日 | ③ 機内食BR エバー航空

往路でビジネスクラスにアップグレードしてもらいましたので、復路でもひょっとして?と淡い期待をしていました。

しかし、残念ながらアップグレードはエコノミークラス内のみ(シートピッチが広い座席)でした。

ですから、機内食自体はフツーのエコノミークラスと同じです。

また、短距離路線なので、ホットミールのチョイスはありませんでした。

BR130 台北(桃園)-関西  

↑ ホットミールにチョイスがないので、みんなそろってフライドフィッシュカレーでした。

アペタイザー:蒸し鶏とミックスベジ  カットフルーツ:リンゴ、オレンジ(南国らしくない)

その他、反対側の座席の人にはロールパンがサービスされていましたが、こちら側の座席の人にはロールパンがサービスされませんでした。

きっと、クルーのサービス忘れでしょう。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

2019年7月 エバー航空機内食(関西ー台北<桃園>)

2019年07月17日 | ③ 機内食BR エバー航空

毎年、この夏の時期にはエバー航空を使って台北に行ってます。

本日のフライトは、エコノミークラスがオーバーブッキングしていたようで、ビジネスクラスにアップグレードしてもらいました。

とってもラッキーでした。

BR129 関西ー台北(桃園)  

↑ まずは座席に座るとウェルカムジュース。

オレンジジュースを頼みましたが、オレンジ色ではなく赤色。ブラッドオレンジのジュースでした。

↑ 食事の最初は、アペタイザーとロールパンのサービスから始まります。

パン:ガーリックブレッド、フレンチロール、よもぎロールからのチョイス

アペタイザー:ローストビーフ、イカ、野菜

↑ メインコースは3種類からチョイスできますが、ビーフは売り切れていました。

メイン1)シーフードパスタ:白身魚、エビ、野菜、パスタ

↑ そしてもう一つのメイン。

メイン2)サーモン、ポテト、パプリカなどの野菜

↑ そして、食事の締めのデザート

マンゴームースケーキ、カットフルーツ

2時間程度のフライトなので、食べている間に到着してしまいました。

 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント

2019年6月 香港航空機内食(関西ー香港ー関西)

2019年06月09日 | ③ 機内食 HX香港航空

気がつけば、どんどんとフライト数をふやしている香港航空ですが、私も今回で2回目の利用となりました。

関空からは、早朝7時に出発する便に乗ってみました。

HX617 関西ー香港  

↑ 朝食 チョイス1 スクランブルエッグ&チキン&ポテト

チキンは胸肉で淡白ですが、朝食にはちょうどいいかな。

サイドアイテムは、ブルーベリーヨーグルト、ソフトロール、バター、カップウォーター

↑ 朝食 チョイス2 豚丼

豚丼は、もう少し「つゆだく(煮汁たくさん)」がいいですね。ご飯が余ります。

サイドアイテムは、チョイス1と同じ。

HX618 香港関西 

帰り便は香港を11時30分に出発しますので、機内食の設定は昼食ということになります。

↑ ランチ チョイス1 パスタ&チキン&ベジ(ブロッコリー・パンプキン)

サイドアイテムは、そうめん、めんつゆ、豆腐花、ソフトロール、バター、カップウォーター

ランチのもう一つのチョイスは焼肉でしたが、こちらも朝食の豚丼同様、肉の量に対してご飯の量が多いようで、周りを見渡すと結構ご飯を残している人が多かったです。


あと、朝食でも昼食でも共通しているのは、トレイセットにウエットタオルが置かれていないこと。

これは香港航空のスタイルのようですが、日本人としてはやはり欲しいところです。

そして、食事のサービス時には冷たい飲み物しかありませんでした。コーヒーは後からやってくると言われましたが、一向にやってくる気配なし。

免税販売が終わったら、いつの間にかクルーの姿が見えなくなりました。

 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

2019年5月 中国東方航空機内食(上海ー関西)

2019年05月14日 | ③ 機内食MU 中国東方航空

中国東方航空の上海(浦東)~関空への機内食です。

何十年も前に食べた中国東方航空の機内食からすると味は格段に上がっていましたが、盛り込みというか、色合いのセンスはどうなんでしょうか~。これは紅白機内食です。

ちなにみ、短距離路線のためか、チョイスはありません。

MU225 上海(浦東)関西  

↑ 昼食 小エビのクリームパスタ

ダイスカットのスイカ、ココナッツケーキ(スポンジ生地なし)、アップルジュース、

海苔巻おかき、ピーナッツ(なぜか、スナックが2種類)

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社



 

コメント

2019年5月 中国東方航空機内食(バンクーバーー上海)

2019年05月14日 | ③ 機内食MU 中国東方航空

中国東方航空、バンクーバーから上海への機内食です。

さすが中華系移民の多い都市バンクーバー、中華風機内食が充実しています。

MU598 バンクーバーー上海(浦東)  

↑ 夕食 チョイス1 シーフードライス(いわゆる海鮮中華丼)

マカロニサラダ(普通、ハムはのせません、敷きます!)、カットフルーツ、キットカット、ソルトロール、バター、

ピーナッツ

↑ 夕食 チョイス2 チキンヌードル(中華あん)

トレイのサイドアイテムは、チョイス1と共通。

深夜2時30分の出発とは思えないほど立派な中華風のディナーでした。

↑ 朝食 チョイス1 ミートソーススパゲティ

ダイスカットフルーツ、フルーツジュース、バターロール、ストロベリージャム

もう一つのチョイスはオムレツだったようですが、既になくなっていました。周りを見渡しても、オムレツの人はいませんでした。

一体、どの時点でオムレツがなくなってしまったのか。食べられないと余計に気になります。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

 

コメント

2019年4月 中国東方航空機内食(上海ーバンクーバー)

2019年05月14日 | ③ 機内食MU 中国東方航空

さあ、上海からバンクーバーに向かっての中国東方航空の長距離フライトです。

2食サービスなので、上海の機内食会社の力量が試されます。

しかし、深夜11時30発のフライト、どんなアレンジになっているのか。

MU597 上海(浦東)ーバンクーバー  

↑ 夕食 チョイス1 牛肉炒め入り焼きそば

シュリンプカクテルのアペタイザー、ダイスカットのスイカ、ビスケット、バター、カップウォーター、

リフレッシュ用のピーナッツ

↑ 夕食 チョイス2 鶏肉ご飯、野菜、腸詰ソーセージ

トレイアイテムはチョイス1と共通。

トレイにはバターが置かれているのに、なかなかパンがサービスされません。その後、かなりおくれて温められたバターロールがサービスされました。なので、写真には入っていません。

チョイス1も2も中華風の味つけなので、それなりにおいしかったです。

しかし、深夜の出発でいきなりのこのボリューム。軽食っぽいものが出てくるのかと思っていましたが、まさか本気のディナーサービスでした。

↑ 朝食 チョイス1 スクランブルエッグ、ポークウインナー、なぜかチェリートマトが2個

抹茶生地のロールケーキ、ダイスカットのスイカ、ヨーグルト、ツイストロール、ハチミツ

↑ 朝食 チョイス2 豚肉炒めと焼きそば、野菜つき

その他、トレイセットのアイテムはチョイス1と共通。

やっぱりパンのサービスが遅いので、写真撮りに間に合わず。

なぜか、夕食にも出たダイスカットのスイカが朝食にも出てきました。

ツイストロールはそれだけで甘いのに、さらにポーションカップのハチミツがのってました。

ちなみに朝食がサービスされた2時間後には19時のバンクーバーに到着しました。

機内食の設定がおかしいような気がします。

普通、長距離フライトの2食目は、現地時間に合わせることが多いようですが・・・。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

2019年4月 中国東方航空機内食(関西ー上海)

2019年05月14日 | ③ 機内食MU 中国東方航空

多分、20年以上ぶりぐらいに中国東方航空に乗ってみました。

以前、搭乗した際は、機内食に関しても機内サービスに関しても、とっても残念な思いをしたんですが、今どきの東方航空の機内食事情、どうなっているでしょうか?

まずは、関空発の機内食です。これに関しては、関空でつくった機内食のはずなので、ある程度のクオリティは満たしていると思われますから全然心配はしていません。

MU748 関西ー上海(浦東)  

↑ 昼食 チョイス1 鶏肉の甘酢炒め

がんもどき、だし巻き玉子などの和風前菜、カットフルーツ、袋入りのロールパン

そして、リフレッシュ用のピーナッツも食事サービス時に一緒に配られました。

↑ ランチ チョイス2 海鮮焼きそば

その他、トレイセットのアイテムはチョイス1と共通。

3時間のフライトのボリュームとしてはちょうどいいですね。

日本発のエコノミークラスの機内食なので、前菜が和食というのは老若男女に幅広く受け入れられます。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント