やまかづの気ままにマンゴー

航空旅行>機内食>マンゴー>ロングステイ>ファイナンシャルプラン

2018年5月 中国国際航空機内食(成都-関西)

2018年05月15日 | ③ 機内食CA 中国国際航空

成都からの帰り便、関空への直行便に搭乗しました。

この機内食は、昨年同月、同区間(成都ー関空)とは違っていました。

メインディッシュは中華風なので、それなりにおいしくいただきました。

しかし、問題はサイドディッシュのコールドアペタイザー。サウザンドアイランドドレッシングのパックが添えられているので、おそらく洋風を意識したんでしょうが、何だかよくわからないものでした。

CA461 成都ー関西  

↑ ランチ1 メインディッシュ:鶏肉

↑ ランチ2 豚肉

サイドディッシュ:豚肉と野菜のダイスカットアペタイザー、チョコレートムースケーキ、ミルクロール、バター、ザーサイ、サウザンドアイランドドレッシング

 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社

 

コメント

2018年5月 中国国際航空機内食(北京ー成都)

2018年05月13日 | ③ 機内食CA 中国国際航空

中国国際航空、北京で乗り継ぎ後、成都へ向かいました。

国内線なのに3時間のフライトなので、国際線顔負けの機内食です。

メインディッシュはいずれも中華風でなかなかの味付けでしたが、サイドアイテムがどうかしてるぜ~。 

CA4198 北京ー成都  

↑ 昼食1 メインディッシュ:豚肉

↑ 昼食2 メインディッシュ:鶏肉

サイドアイテムは共通で、ダイスカットのキュウリ、ザーサイパック、飲むヨーグルト、ソフトロール、バター。

キュウリは味がない・・・。ザーサイと一緒に食べればよかったかな。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

2018年5月 中国国際航空機内食(関西-北京)

2018年05月12日 | ③ 機内食CA 中国国際航空

昨年の5月、成都に行く際に搭乗した中国国際航空。

ことしは、北京経由で行くことになり、1年ぶりの搭乗となりました。

楽しみにしていた機内食は・・・。

昨年と全く同じ!

同じ5月に搭乗したとはいえ、今回は路線が違うし、出発時間も違うので、別のメニューかと思っていました。

CA162 関西ー北京  

↑ 昼食1 メインディッシュ:うなぎ

↑ 昼食2 メインディッシュ:鶏の甘辛煮(中華風)

大阪発なのにもみじ饅頭!さらに、カットフルーツもあり、デザート系のサイドディッシュが2つ。

このアレンジも当然、昨年と同じ。

まあ、いいけど。

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社
コメント

2017年5月 中国国際航空機内食(関西ー成都ー関西)

2017年05月15日 | ③ 機内食CA 中国国際航空

久しぶりに中国系の航空会社に乗りました。

中国国際航空(エアチャイナ)となると、もう何十年ぶりだろうか?

スターアライアンスにも加盟を果たし、サービスは全体的に改善されているはずですが、機内食にまで行き届いてるのかな?

気になったのは、食器のデザインが数十年前から変わっていないこと。

CA462 関西ー成都  

↑ 夕食1

鶏の甘酢あん、アペタイザー、カットフルーツ、もみじ饅頭

 

↑ 夕食2

うなぎ、アペタイザー、カットフルーツ、もみじ饅頭

往路の関空発ですが、なぜか「もみじ饅頭」、それもカットフルーツがあるので、デザート系がトレイセットに2種類!!

CA461 成都関西  

↑ 昼食1

鶏フライのあんかけ、アペタイザー、カットフルーツ、セサミロール、ザーサイパック

↑ 昼食1 

魚フライのあんかけ、アペタイザー、カットフルーツ、セサミロール、ザーサイパック

さすが四川省の成都発、辛い四川風ザーサイは欠かせないようで・・・。


日本初は日本の機内食会社、成都発はヨーロッパ系(LSG)の機内食会社ということで、クオリティは保たれていました。

無理に洋食メニューにしていないところがいいです。

中華料理系ならハズレはないはずです。

 

空飛ぶビーフ はばたくチキン 

海外旅行と機内食

やまかづ 
文芸社



コメント