トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

ランドローバー(自転車)のBOX修理。

2018年08月15日 11時02分28秒 | 工作

8月15日(水) 晴れのち曇り。

今日の修理品  ランドローバーのBOX


炎天下で使っているので、樹脂製のBOXは壊れやすい。

このBOxは去年2月に新しくしたばかりだ。1年半しか持たないな。

ランドローバー(自転車)のBOXを復活させよう。その1



まず蝶番(ちょうつがい)で直そうとしたが、ビスをつける位置のところが山谷があるので無理。



パワーテープを両面から貼った。



さていつまでもつか・・・


ちなみにパワーテープとはこれだ。


アサヒペンのパワーテープ。MADE IN USA

特徴は、

ポリエステルのメッシュが入っているので強い。


2年前もふたが取れた時にこれで直したっけ。

アイデアも思い浮かばないうちに、スライドレールを買ってしまった。




以前タイヤに穴が開いてパンクし、これを貼って帰ってきたことがあった。

「プッシュー!」 あ、とうとうその時が来たか。パンク・タイヤ交換

 

通チャリ1号のパンク修理。


ということで、パンク修理キットの一員として、パワーテープを小分けしたものを常備している。

コメント

Panasonic LUMIX DMC-S2のごみ取りとレンズ収納動作の改善?

2018年08月09日 13時40分17秒 | 工作

8月9日(木) 曇り 台風は過ぎたが晴れてこない。⇒ 1時過ぎ晴れてきた。

今日はパナソニックデジカメの、気になっていたごみ取りをしよう。
それとレンズ収納ができなくて、途中で止まってしまうことがあり、そのたびに指でレンズを押し込んでいた。
それが直ればいいな。

前回レンズのごみ取りをしたのは、今年の1月だ。

デジカメレンズのごみ取り、3度目。Panasonic LUMIX DMC-S2

まだ8ヵ月もたっていない。
こんなに頻繁(ひんぱん)にゴミ掃除をしなければならないなんて、困ったものだな。


油まみれの手で使ったりして、酷使しているPanasonic LUMIX DMC-S2。



特に下の方のごみが写りこむので気になる。
右の方には線くずのようなものも。



さっそく分解。
前回の記事を見ながら作業を進める。

デジカメレンズのごみ取り、3度目。Panasonic LUMIX DMC-S2





あれ、シャーシーの外し方がわからない。
困った時は以前お世話になったサイトへ。

ジャンクなLUMIX DMC-S2 その二




レンズ部分を外そう。ビス止めは無い。
フレキケーブルを外し、前面から押せば外れる。



CCDを外そう。



ビス3本を外す。左下のワッシャーを取り出しておく。



これが下の方にある目立つゴミ。
糸くずもある。



別の角度から。



レンズの方も掃除して・・・



ねじは6
本だが、2本は短い。
外した位置に該当する位置に置いておく。




横にもあったと外したが、これは外さなくてよかった。失敗。
このねじで止めていたプリント基板の引き回しに悩んだ。



プリント基板でつながっているので、別個にはできない。



ギヤの部分にグリスを塗りたいが、柔らかいグリスが無いので、CRC5-56をつける。



あ、ウォームギヤが取れてしまった。戻せるか?


何とか戻し、ビス止めした。
「あっ、ワッシャーが・・・」
隙間から中へ入ってしまった。
逆さにしても出てこない。
もう一度ねじを外して分解。

これを取り出してまた組み付ける。



取り出したワッシャーを左下の定位置に置き、CCDを取り付ける。



フレキケーブルを差し込み、レンズユニットを納める。



あ、またこのビスがどっちだかわからなくなった。
右はシャーシーとスイッチ基板の板金を共締めするので、長いはずなのだが、この写真の通り止めても止まったので、今回は写真の通りで行く。


全部組み立て、試写をする。






ズーム全域にわたってごみは現れてこないようだ。
晴れた明るい空だと、もっと分かりやすいのだが。


午後、晴れてきたので撮ってみた。








ゴミは写っていない。
また半年くらいは掃除しなくて済むだろう。
レンズの収納も、今のところは引っかかって止まることは無い。

コメント

レゴでどこまで再現できるか。

2018年08月05日 08時34分28秒 | 工作

8月4日(土) 晴れ

Capちゃんと一緒にレゴで遊びながら、おもちゃの車にどこまで似せられるかやってみた。




右の救急車をまねてみる。
なかなか都合のいいレゴブロックが無いので、なるべく雰囲気が似るようにする。





ダンプトラック。
同じ色のブロックが無く、黄色・白・アイボリーになってしまった。

コメント (2)

修理3点と思ったが・・・ポットはもう寿命か。

2018年07月28日 11時23分40秒 | 工作

7月28日(土) 雨、台風近づく。

今日の修理品  ママチャリの前輪泥除け


ハトメが錆びて、泥除けの穴が大きくなり、外れてしまった。(ま~ちゃのママチャリ)
ドリルでハトメを取らないとビス止めできないので、持ち帰り。
タイヤに泥除けが当たるので、結線バンドで応急処置。



持ち帰ってハトメを取り外した。
後日ま~ちゃの家で泥除けを取り付ける。

-----------------------------------------------------------------------

今日の修理品  湯沸かしポット


ま~ちゃの家の湯沸かしポットが、押してもお湯が出なくなった。
トンサン家に持ち帰って調べることに。



原因は内ぶたパッキンの劣化。
ネットで調べてみると、象印の部品通販が一番安かった。
送料・税込で約1000円。

電気ポット 内ぶたパッキン  625559(色柄00)





しかしこのポットは7年くらい使っている。




エアーポットというのも、電動ポットに比べるとちょっと不便。
ということで電動ポットを買うことに。

------------------------------------------------------------------

今日の修理品  ママチャリの子供乗せシート

足の部分のスポンジパッドから雨水が入って、足が濡れるとのこと。


破れて穴が開いたところから雨水が入るので、ビニールシートを張った。



これももうそろそろ寿命か。

コメント

エアコン室外機。えっ、じゃあ取り外さなきゃ。

2018年07月24日 14時54分48秒 | 工作

7月24日(火) 曇りから晴れへ

今日見たFacebookから。




何のことだろうとリンク先を見てみると・・・




「エアコン室外機の水冷システム」エアコンを効かせるライフハック

室外機を冷やすと、エアコンの効きが良くなり、消費電力も減るそうだ。

えっ、「冷やす!」・・・我が家は、


室外機の上にバスマットを張り付けている。
これはトタン板に雨が当たるよりも、音が小さくなると思ってしていること。



バスマットの下に手を差し込んでみると、だいぶ熱い。
こりゃまずい。はがさなきゃ。



とりあえずはがしたが、この後どうしよう?



バスマットを貼ったのは、隣の物置の屋根をトタンで作ったので、雨が当たる音が大きかった。
それが余ったので、ついでにエアコンの天板にも貼り付けておこうと。
今後はどうしようかな。
うちの場合、冷却まで考えなくてもいいと思うのだが、雨音が気になるようなら、何か考えないといけないな。



ミョウガがずいぶん伸びて、メリダもランドローバー(自転車)も出しにくくなったな。

コメント

手袋の修理。

2018年07月23日 00時56分13秒 | 工作

7月22日(日) 晴れ

おとといひまわりを見に行ったときに、

座間 栗原のひまわりを見に行った。

手袋をはめようとしたら破れてしまった。


いや、2ヵ月ほど前に修理したところの糸が切れてしまった。

カメラスタンドの改良と、手袋の修理。

どうやら使った黄色い糸が、弱かったらしい。


親指は新たに穴が開いてしまった。
洗濯する前はこんなに大きく開いてなかったが・・・
もう皮が薄くなっていて、すぐに穴が開く状態だったようだ。



合成皮革の表面の素材がはがれ始めているのでもう寿命なのだが。

いつ買った手袋なのだろう?

ブログを見ると2016年4月から使い始めたと書いてあった。

なぜ橋をかけるのだろう?

購入したのは2016年1月3日で、「コーナンで買った作業用手袋378円。」と書いてあった。

あれ、こんなところに水車が・・・


なんと安い。直して使うこともないのだが・・・

今日の修理品  サイクリング用作業手袋
まぁ、もう一度直して次に破れたら捨てよう。


ということでもう少し丈夫な黒の木綿糸で縫った。



親指は皮を当てよう。



やや大きめに切った。



完成。



右手の手袋も少し切れている。



うーん、うまく縫えなかったなぁ・・・

コメント

ランドローバー(自転車)のウインカーは直らなかった。

2018年07月12日 10時23分24秒 | 工作

7月12日(木) 雨のち曇り

昨日・今日とランドローバー(自転車)のウインカー動作不良の修理。



ウインカーの不動作は、充電不足とブザーが濡れて壊れたのだろうと判断して修理を始めたのだが・・・




あれ、3本ともちゃんと充電されているな。




テスターで電圧を測る。




ウインカーを切っているときは3Vあったが、




ウインカーのスイッチを入れると2V以下に下がってしまう。

う~んなぜだろう?
充電されているように見えても、動作させようとすると電圧が下がるのは、完全には充電されていないからか?



外部からも電源を供給してみる。



動作前3.4V。



動作中3.2V。


バッテリーは充電して、ブザーは交換しよう。
新しいブザーに付け替えてテスト。




でもこの穴はどうしよう。





穴をふさぐのに候補の詰め物を持ってきた。




内側にこれを貼り・・・




外側の凹みにゴムを詰めたのだが・・・


ブザーが出っ張って、ふたができなくなってしまった。
詰め物のゴムを取り、穴は外側からふさぐことにした。


さあ、充電池を完全充電してみよう。


一晩充電してみる。




ブザーだと思ったら、これらはスピーカーだった。
電池をつないだだけでは鳴らない。


さて翌日(今日)、充電もきっちりできた。
テストしよう。


直らないのはどうしてだろう?


ウインカーが点いても暗い。



電圧は2Vに下がる。

う~む、外部電源を足した時はブザーもなり、ウインカーも点いた。
しかし内臓充電池だけにするとブザーはならず、ウインカーは点灯しっぱなし、そして暗い。

何が原因か。
クリスマス用点滅基板を使ったが、もともとパワー不足だったか?

このウインカーは狭いところに押し込んでいるので、過去にもいろいろ不具合が起きた。

なんだ、断線していただけか。じゃ、早く直せば良かった。

 

点滅回路が壊れた原因がわからない。

 

ウインカーライトをちょっと改造。 点滅回路はなぜ壊れたか?

 

「点滅回路」が手に入ったので、ウインカー製作の続きをやる。


 

コメント

換気扇の掃除とフィルター取り付け。

2018年07月10日 23時52分32秒 | 工作

7月10日(火) 晴れ

換気扇のスイッチの戻りが悪くなった。
油でねばついているせいだ。
本体ごと外して、洗剤をスプレーし、ぼろきれで汚れをふき取る。
油は換気扇のシャッターの裏にべっとりと付いていて、ナイフでこそぎ取るとまるでカステラの底についている紙のように分厚くはがれてきた。
なかなか大変な作業で、2時間以上かかった。
もちろん手も油汚れでべっとり、したがって清掃中の写真は無い。

ここまで外して洗うのは大変なので、きっと100円ショップにフィルターを売っているだろうからと、買ってきた。


フィルター108円、面ファスナー(マジックテープ)108円。セリアにて。

フィルターは今の時代、レンジフードのフィルターがほとんど。
かろうじて昔ながらの換気扇用のフィルターが1種類だけあった。



これで汚れたらフィルターを買い替えるだけで済む。


フィルターの入っていたポリ袋を捨てようとしたら、何かがポロリと落ちた。
あ、両面テープが付いていたんだ。面ファスナーを買う必要が無かった。 (≧ω≦;)


手話サークルへ行くのに、冷たく冷やした紅茶をペットボトルに入れて・・・
ところがレジ袋に入れても、レジ袋の外側に結露してしまう。
これではショルダーバッグに入れられない。
急きょ、2mm厚の薄いクッションシートでカバーを作った。



こんなもの100円ショップで売っているよなー。
今度行ったら探してみよう。

コメント

チャイルドシートのロッキングクリップを作った。

2018年07月07日 16時00分41秒 | 工作

7月7日(土) 曇り

おかあの運転でビバモールへ。
10kgのお米を買う時は、やはり車になってしまう。
トンサンは買いたいものがあるので、ビバホームへ。


買ってきたのは、チャイルドシートの「ロッキングクリップ」に加工して使おうと思う「2倍筋かいリベロ2バ」という金具。税込135円。

ロッキングクリップ」というのはここに使われている。






これが無いと、チャイルドシートは安定しない。
車のシートベルトは急激に引くとロックするが、じんわりとだと伸びる。
ロッキングクリップ」をつけることにより、伸びなくなる。



このチャイルドシートにはジモティで譲り受けた時にはついていた。

ロッキングクリップ」があったのだが、チャイルドシートをま~ちゃ家のと交換し、戻してもらった時に無くなったようだ。


ということで木の板で作ったのだが・・・

じきに破損してしまった。


ま~ちゃ家のチャイルドシートには、本体側にしっかりとしたベルト固定の装置がついている。

新しいものほど安全になっている。


さてでは加工に入ろう。











この、金のこで切る作業が大変だった。
牢屋(ろうや)に入っている囚人(しゅうじん)は、金のこの音をたてないように、少しずつ時間をかけて切るんだろうなぁ。
味噌汁の塩分で、少しずつ錆びさせて・・・なんていうのもどこかで聞いたなぁ・・・
などと考えながら、単純作業をこなした。


やっと全部切り終わった。あとはやすり掛けだ。



完成。いや、塗装しようかな。







完成。

コメント

もしかして全部不良品?! PWM速度コントローラー。

2018年07月04日 14時33分57秒 | 工作

7月4日(水) 曇り

昨夜家に帰ると、PWM速度コントローラーが届いていた。
何度も何度も苦労させられている商品だ。

中華発送「EasyWordMall」との取引その後。



これを使ってこういうものを作る予定だった。


これで4個目だ。

テストをする。


あれ、電源スイッチを入れる前から入力した19Vが出力されている!!



スイッチを入れるとLEDが点灯するが、ボリュームを回しても電圧は変化しない。
不良品だ。


う~ん、今までのことを振り返ってみよう。


1~4が買った順番。


(1) 正常に動作すると判断して、ボリュームを基板から取り外す改造をした。
   改造に失敗。電源スイッチOFFでLED点灯、フル出力。
(2) 電源スイッチONでLED点灯、フル出力。
(3) 電源スイッチONでLED点灯、ボリュームを回しても出力0。
(4) 今回届いたもの。電源スイッチONでLED点灯、フル出力。

最初の時をもう一度振り返ってみる。

アクセル・ブレーキおもちゃに扇風機追加の試み。


ん? 動画をよく見ると・・・



USB電圧電流計の表示が、電圧から電流に切り替わってしまうのでよくわからないが、また電圧が低くなると表示が消えてしまうので電圧の変化が読み取れないのだが・・・
もしかして電圧が変化していない?

とすると改造に失敗したのは、スイッチを入れなくてもLEDが点くことだけど、電圧が最初からフル出力だったのは最初からか?

商品評価ではこのように書いたのだが・・・



これは書き直さねばならないな。

他の人の評価を見ると、みんな普通に使えているようだが、いや一人の人はこのように書いていた。


ということは、トンサンは19V入力しているのでみんな壊れた?
この製品は35Vまで入力できるのに。



これを使わないと不便だが、可変電圧電源はとりあえずこのようにした。


電圧の調整はマイナスドライバーを使って行う。



電圧を低くしていくと、電圧計の表示は3.80で止まり、(実際の電圧は2.7V)もっと下げると表示が消える。


うーん、評価を変更するか。

コメント

食堂の引き戸のガタガタ・キュルキュル音を軽減させた。

2018年06月28日 17時28分30秒 | 工作

6月28日(木) 曇り一時晴れ


今年の冬、食堂の引き戸が開け閉めの時にキュルキュルうるさい音がする。
引き戸を外して見てみようとしたが、引っかかってはずれない。
ネットで見ると、鴨居が下がってきているので、ジャッキを使って上げてやれば外れると書いてあった。
でも今引き戸を外すと寒いので、暖かくなるまで待とうということにした。

それから半年・・・
もう今は暖かいどころか暑い。引き戸は開けっぱなしだったので、音のことはすっかり忘れていた。
そうだまだエアコンは使っていないけど、エアコンを使うようになったら引き戸を閉める。
キュルキュル音を改善しておかなきゃ。


引き戸を外すために、木の棒を適当な長さで切って、ジャッキで持ち上げる。



えっ、木の棒が曲がってしまい持ちあがらない。
こんな細い棒じゃダメなんだ。
おかあが、物干しざおを持ってきた。
でも普通の物干しざおじゃなくて、長さが変わるタイプのものだから、ジャッキで上げるとどんどん縮んでいく。


う~ん、長くて太い木の棒を買ってこなきゃね。
車で行かないと・・・それにそれから引き戸を外して、戸車を見て、また戸車を買いにいかないと・・・
何度も行ったり来たり面倒だなぁ。


おかあがヒョイと引き戸を持ち上げた。
『あれ、外れたよ。』
えっ、冬に外れなかったのはなんだったんだ?

冬のほうが乾燥するから、外れやすいはずなんだが・・・

まぁ、とにかく作業にかかろう。


一部敷居すべりが無くなっていて、両面テープのねばねばで黒くなっている。
実は以前、敷居すべりを貼った時に、敷居が凸凹でうまく張り付かなかった。
そのため敷居すべりの粘着テープだけではなく、強力な両面テープを間に入れて貼っていた。
そのねばねばは、のみを使ってはがさないと・・・
これがなかなか大変な作業だった。
両面テープなんか、間に入れるものではない。 (>ω<)



両面テープの厚さが加わり、敷居すべりはよれよれになっている。
開け閉めしないほうは大丈夫だ。



両方の引き戸とも、戸車の回転に問題はない。
左が廊下側で、開け閉めしないほう。
右が食堂側で、開け閉めするほう。
種類が違うので、それぞれ交換時期が違うのだろう。



敷居に当たって、下のほうがはがれてきている。
接着剤を塗っておこう。



敷居すべりをはがしていくと、強力な両面テープで、敷居が千切れて引っ付いてくる。
うーん、また凸凹になってしまった。
のみで削るが、なかなかうまく平らにならない。



ケーヨーデイツーで40番の超粗(あら)い布やすり(税別111円)と、それを止めるクリップ(税別152円)、張替え用の敷居すべり21mm×3.8m(税別429円)を買ってきた。


作業しやすい大きさの布やすりを固定する木片を加工し、クリップで止める。



敷居の溝はきれいになった。
ここに敷居すべりを貼る。



あれ、幅が広かった。ひとつ下のサイズでよかった。



が、溝のほうも広かったので、きれいに貼れた。



開け閉めしても、キュルキュル言わなくなった。

コメント

ミニ蛍光灯をLEDに改造したライトだが、暗いのでまた改造。

2018年06月27日 17時06分51秒 | 工作

6月27日(水) 曇り




このライトにはこんな改造の歴史がある。
2016年04月04日 
蛍光灯が寿命だ、いっそのことLEDに改造しよう。

2016年06月28日 熱暴走? 2件。対策できたかな・・・

ということでLED 1灯で暗いので、改造しよう。



9SMD&1LED BOXライト 108円を買った時から、改造しようと思っていたんだが・・・


現行品の電圧を測る。2.83V
電圧も随分低いな。もっとあげよう。
9SMD&1LED BOXライトは4.5V仕様なので、その付近まで上げよう。


あ、ここにチップ抵抗が入っている(1R0=1Ω)だ。



2.83Vのままでは少し暗い。



9SMD&1LED BOXライトのケースを加工してミニ蛍光灯のケースに入れた。
この白色のカバーは使いたい。


蛍光灯のカバーをはめたら、ちょうどぴったりとはまった。


3つあるダイオードを、1つにすると電圧は4.3V。
ちょうど良さそうなので、ここも改造。



うん、このくらいの明かりがいい。



完成。明るくなって、影が強くならず良さそうだ。

コメント

使わなくなったケイタイや、パソコン関係の用品を分別廃棄しよう。

2018年06月27日 16時27分20秒 | 工作

6月27日(水) 曇り

『いつかは使うかも・・・』と、とって置いたものだがもう使わない。
分解して、分別廃棄しよう。



子供たちのケイタイの充電用ホルダー。
3つとも一度も使われず、ポリ袋に入ったまま。

ACアダプターはDC5Vが出るので、何かに使えそう。そのままとって置く。



部品はコネクター・接点・マイクロスイッチの付いた基板と、ケースのシンプルな構成。



種類は違っても、構造はほぼ一緒。



次にマウス。真ん中の白いUSBのマウスが一番新しい。



大きくて重いマウス。



部品もいっぱい使われている。



ボールの中を見たら、鋼球の周りにスポンジがおおわれた構造だった。



次のマウス。こちらはなつかしいADBポートだ。



3つ目はUSBのマウス。
新しいほど構造がシンプルになってくる。



4つ目は、ペン型マウス。ADBポート。
構造は普通のマウスと一緒だ。



フォトトランジスタがスリットを通した光をとらえ、計算して位置を検出する。



ボールの中には鋼球は入っていなかった。



次はイメージパッドとスタイラスペン。
マウスの調子が悪い時、これを使っていた。マック時代。



まずはタブレット(ボード)
から解体。
今は作っていないセイコーインスツルメンツのイメージパッド。




構造は簡単。



スマホなどの静電容量式と違って、電磁誘導式。



基板の裏と表に細かいパターンが走っている。


裏を見ると、

金属板に覆われていた。



今度はスタイラスペンを分解する。
ペンスタンドはケースになっていた、金属の替え芯が入っていた。



樹脂の芯がさしてある。



スタイラスペンを押すと、タブレットとの距離が縮むので、電磁誘導が強くなり筆圧感知ができるのだろうか。

ワコムの「ペンタブ」は、細かなノウハウの塊だった──過去30年の開発史を振り返る

 

第8回 なぜ画面に直接触って操作できるのか?――「タッチパネル」の基礎知識

 

ペンタブ初心者講座~購入前の前提知識(機能、使い方、環境など)


最後にゲーム機のコントローラーのプリント基板だけあったが、利用することもないのでこのまま捨てよう。




以上 断捨離(だんしゃり)でした。 (*^ω^*)ポリポリ

コメント

パソコンの動画をテレビで見る。

2018年06月25日 22時45分27秒 | 工作

6月25日(月) 晴れ

今日は忙しい日だった。
内科で診察してもらって血圧の薬をもらい、次に歯医者へ。
ボランティアの交流会の打ち合わせで福祉センターへ。

ま~ちゃがCapちゃんの写真と動画を、トンサンのパソコンに入れてってくれたので、おかあにも見せるためにテレビで見ることを考える。

テレビの入力端子を見ると、パソコンと同じ形のものが・・・
『うむむ、これはもしかして以前買ったケーブルが・・・』

D-sub15というケーブルがあった。
つないでみると・・・


おお、まさにこれだ。でも音が出ない。
テレビの取説を読むと、音声はミニジャックから入れるらしい。



モノラルの長いケーブルがあったので、パソコンにつながるように両端をミニプラグにした。

音も出た。

でもパソコンの音声出力は、ステレオのイヤホンをつなぐところしかない。
ちょっと音が小さい。つなぐところはここしかないのだろうか?
またモノラルのプラグを使ったが、正解はステレオのプラグを使うべきなのか?

ちょっと後で調べてみよう。

コメント

COB調光ライトの改造(電流制限抵抗追加)

2018年06月16日 14時13分16秒 | 工作

6月16日(土) 曇り

昨日の考察では「流す電流を100mAにするには、1/2W 45Ωの抵抗を入れればいい」と判断した。

COB調光ライトの特性を調べてみた。

で、在庫の抵抗を探して入れてみる。


45Ωに近いのは56Ωだったので、これを入れる。



電池ボックスとボリュームの間に挿入。



あれ、思ったよりも暗いな。



ボリューム最大で24mAしか流れていない。



22Ωを入れてみよう。



まだ暗いな。



最大で65mAだ。



11Ωを入れてみよう。



このくらい光ればいいか。

しかし、どうして計算通りにならなかったのかな?

COBのLEDの抵抗値を測ってみよう。


測定で(テスター内部の電池で)点灯する。



LEDの内部抵抗が約500Ωある。


なかなか単純計算しても、その通りにはならない。
各抵抗値の、それぞれの目盛位置における電流値を測定した。



上の表の0Ωは買ってきたままの状態。
最大で450mA流れていたものが、11Ωの抵抗を直列に入れたことで、110mAになった。
明るさも大体いいだろう。

コメント