トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

「菜の花ウォッチングラリー」行ってきました。

2018年02月12日 19時50分42秒 | スタンプラリー

2月12日(月) 晴れ 風強し

昨日ネットで調べたら、今日がスタンプラリーの最終日だった。
ということで、今年も「菜の花ウォッチングスタンプラリー」に行ってきた。

行きは小田厚の側道、帰りは国道1号・129号。

走行距離 56.48km  出発9:30  帰宅14:40

去年よりは2km少ない。

「菜の花ウォッチングラリー」は1ヶ所増えたところが、とても大変だった。 (>ω<) 1/2

それに、去年は「せせらぎ公園」に行く道が、アップダウンで大変だったので、県道71号で行くことにした。
今年の巡回ルート
まず「ガラスのうさぎ像」でスタンプシートを手に入れる ⇒ 「川匂(かわわ)神社」 ⇒ 「ふたみ記念館」 ⇒ 「吾妻山公園」 ⇒ 「せせらぎ公園」 ⇒ 観光協会事務所で記念品をもらう。



小田厚の側道を走る。新東名の工事と雪の消えない大山。



最初のフォト休憩。







残念ながら富士山は雲に隠れて。



小田厚の側道があるのは「平塚」料金所まで。
今日は県道62号を南に走る。
金目川の向こうにある平塚市立金旭中に向かって、人と自転車だけの橋を越えていこう。


その橋の上から小田厚の橋を見る。



県道63号に出て、公所(ぐぞ)の坂を上る前に、チェーンをインナーギヤに変えておこう。







ハンドディレイラー (>ω<)プッ!



国道1号線に出た。「国府新宿」この道から出てきた。



第1スポット到着 11:00「ガラスのうさぎ像」自宅から1時間半。


コーンスープがあった。ドリンク休憩しよう。




つぎは「川匂神社」ここの「川匂神社入口」の信号から入っていく。
国道1号はローディー(ロードバイクに乗る人)が多かった。



「川匂神社」到着。



スタンプラリー用のスタンプはここにあった。
回っている人も多い。順番待ち。



今まで何度来てもタイミングが悪く見られなかったつるし雛(びな)が、やっと見ることができた。


これを見るためか、川匂神社に来る人が多かった。



3つ目
は「ふたみ記念館」。



さあ駅まで戻って、駅前のコンビニに自転車を止めてパンと飲み物を買い、吾妻山(あずまやま)へ登ってお昼にしよう。


歳とともに、だんだんこの階段(約300段)がきつくなってきた。



階段を登りきったところで、お昼にした。



木々の間から海が光る。

管理棟でスタンプを押し、山頂へ。


山頂到着。あれ、このベンチ空いていて、富士山を撮ろうとタイマー撮影していたのに・・・


でも富士山は雲に隠れてほとんど見えなかったな。



今日は人が多いなぁ。みんながみんなスタンプラリーをしているわけではないだろうが・・・







去年の方がいい写真が撮れたな。



今日は子供が大勢来ている。みんな小さな子供を連れて、ここまで登ってくるのは大変だな。






さて降りて、5つ目へ向かおう。


「徳富蘇峰(とくとみそほう)記念館」到着。



見事な梅の木。

さて最後は一番遠い「せせらぎ公園」だ。


入口の看板の字が見えにくい。



ここに、短いが大変な坂がある。



おや、意外だが去年と同じような時刻だ。



ここでスタンプラリーの人を見たのは初めて。
いままで、遠いからここまではこないのかと思っていた。
みんな歩いてきているらしい。



さてまた駅前に戻り、観光協会で記念品をもらって帰ろう。



国道1号をひたすら走り、「花水川橋」。



八幡宮のところから旧国道129号を走る。


14:40帰宅。
今日は風が強くて走りにくかった。
特に行きは西風(向かい風)、スピードは出ない。
帰りの国道1号は追い風で、時速30km位で走れた。
帰りは二宮駅から家まで、1時間20分だった。



3時までに観光協会に持っていかなければならないが、歩いて回った時には、当日回りきるのかな?



最終日だからか、記念品はクリアファイル2枚と絵ハガキ3枚だけだった。
水やボールペンはなかった。

コメント

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」最後の愛川町 2/2

2018年02月08日 00時00分01秒 | スタンプラリー

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」最後の愛川町 1/2の続き


さて全部スタンプを押し終えたトンサンは、お昼を食べる前に「達成記念品」がまだあるかもしれない「あいかわ公園パークセンター」に行くことにした。



今年もここを上ることができたという証拠写真。
上の道は国道412号。



MapFanでは「石小屋ダム」、グーグルマップでは「宮ヶ瀬副ダム」。
愛川町観光マップでは「石小屋ダム(副ダム)」。


「県立あいかわ公園」に入る。




「石小屋堰堤(えんてい)」の石碑(せきひ)。



「パークセンター」さて、達成記念品はまだあるだろうか?
風が強いのでランドローバー(自転車)が倒れないかちょっと心配。

残念、もう無いそうだ。観光協会の方にも無いらしい。
じゃあスタンプシートの提出はしないで、厚木のアミューで聞いてみるか。


あ、「おしるこ」がある。ちょっと休憩していこう。



「おしるこ」は小豆(あずき)の粒が、一粒残らず出せないのが残念。



あ、やっぱり倒れていた。風のあたらない下まで担いでおろしておけばよかったな。


さてお昼は、来る時にいいにおいがしたあのパン屋さんで。


「半原パン」だましのしまださんのブログに良く出てくるパン屋だ。
裏で販売しているというので裏へ回る。



3つ買った。ここにテーブルとイスがあるが、日陰で寒くて食べる気にならない。
どこかいいところを探そう。



この先行き止まりと書いてある「愛川橋」。
橋を渡ったところが、風がよけられて日差しがあり、良さそうだ。



通る人も車もない日だまり。



手袋の上に座って、日差しを受ければ雪が残っていても結構暖かい。



あ、プラグが外れている。
これじゃあ充電できない。




どうも先日オートライトを上に向けたときに、抜けてしまったようだ。



あれ、向こう側に何か表示がある。








「半原パン」は初めて食べた。
味はとてもおいしいが、小さいことと値段が大手パン屋のものより高い。
1個80円の割引のパン2個と、130円のメロンパン。
小食のトンサンでも、3つ食べてちょうどいい。


さておなかも膨れたし、帰るとするか。


「平山大橋」から「平山橋」を撮影。



中津川右岸の土手道を走ってきたら・・・この先は舗装されていない。



回り道をしたらここに出てきた。
来たときは右から来て、右折して橋を越えたんだっけ。



ここにこんな標識が。



まっすぐ先を見ると、あれは「水道みち」?



ズームして見ると、やはりそうだった。



ここから8%の下り坂だ。
帰りはあっという間。



「ミーツ」に寄っていこう。スマホ用のワイドレンズを買ってみた。
デジカメ用には、レンズが小さ過ぎた。


アミューの「あつまる」に寄る。
『ちょうど良かったですね、復活したんですよ。』
やっぱり「達成記念品」は一度無くなったらしい。
「先着1000名様」となっていたが、早くなくなってしまったので増産したのかな?


「どちらか」ということでトンサンは・・・



ベルをもらった。


「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」・・・去年までは2日間で回っていたが、ちょっと無理だったので今年は4回に分けた。
来年は回れるだろうか・・・

コメント

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」最後の愛川町 1/2

2018年02月07日 18時20分03秒 | スタンプラリー

2月7日(水) 晴れ

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」清川村 の続きで最後は愛川町だ。

走行距離 42.5km   出発 9:55  帰宅 14:30

今日は一番遠くの愛川町を回ってこよう。


中津川沿いに登っていこう。でも土手道じゃなくて、三田の田んぼの中の道を行こう。
大山の雪がなかなか解けないなぁ。



今日は上に上がらずに・・・



座架依(ざかい)橋から続くこの道は、どこまで伸ばすのだろうか。







プレートがあった。
2001年、もうそんな前に完成していたのか、ついこの間のように感じていたが。



才戸(さいど)橋の先のまっすぐな道を走る。









土手には雪が凍って残っており、歩道の上も凍っていて危ない。



「中津大橋」



ハ菅山(はすげやま)のところはまっすぐに行くのだが、結構な登り坂がある。
中津川を越えて、左岸の土手道を行ってみよう。



家からここまで11kmだ。



左岸の土手道を行ってみよう。
だいぶ昔に走ったが、行けたかなぁ?



あれダメだった。通りがかりの人に聞いたが、道が無いから自転車も行けないとのこと。
上に上がって回り道する方法を聞いたが、いい道はなさそうだ。
渡ってきたハ菅橋を戻り、右岸の道を行く方がいいというので、戻る。


坂がきつい。チェーンをインナーギヤに掛け替える。



日陰にはこんなに雪が残っており、道路の上も一か所凍っていて滑った。



日のあたる方に歩道が出てきた。ここを走ろう。



「田代」の交差点。以前食事した台湾料理店だ。



馬渡橋(まわたりばし)の工事は一向に進まない。
県の事業計画では平成29年度供用目標なので、今年3月にはできていないといけないのだが。



歩道側は先に完成しているようだ。




トンネルをくぐると、そこは雪国だった・・・じゃない雪で歩道は通れなかった。




やっと繊維会館に着いた。ここまで約21kmだ。
最後のスタンプを押した。
さてどうしようか? お昼を食べようか。
6日前に『達成記念品が残り少ないよ。』と書いてあったけど、まだ残っているかもしれないから「あいかわ公園パークセンター」まで行ってスタンプシートを提出してこようか?


写真が多いので
「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」最後の愛川町 2/2に続く。

コメント

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」清川村

2018年02月05日 14時48分52秒 | スタンプラリー

2月5日(月) 晴れ時々曇り

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」秦野市の続き。

腰が痛いので、 走ってこよう。
スタンプラリーの続きで、清川村へ行こう。

走行距離 28.53km  出発10:00  帰宅12:20

距離は大したことないんだ。
清川村往復の距離と、江ノ島までの距離は大体同じだ。
しかしこちらは登るからなあ。
その代わり帰りは速かった。
道の駅「清川」からヤマダ電機まで30分くらいで来た。



大山の雪は一向に解けないなあ・・・



小鮎川沿いに上っていこう。



小鮎川横の田んぼ道。







まだギヤチェンジせずに、アウター(大きいギヤ)で大丈夫だ。



振り返るとここは、新しくできた分岐の道。上荻野のみはる野の方に向かう道か。



ダンプが頻繁(ひんぱん)に通るが、歩道にはところどころ雪があって走れない。



「尾崎」の交差点まで来た。



「中根自治会館」 ここから先は上りがきつい。



ギヤをインナーにする。



清川村役場に着いた。



道の駅「清川」 「清流の館」
自宅からここまで、14.5km。1時間10分。


気温はだいぶ寒いが、上りだったのでこんな服装がちょうどいい。
長袖保温下着・長袖トレーナー・チョッキの3枚。


外にも中にもスタンプラリーののぼりも案内看板もない。
が「道の駅 清川」のスタンプと同じところに、こじんまりと置いてあった。
ここはスタンプラリーには、あまり協力的ではないようだ。


村役場へ行く。トンサンが以前リーフに充電したスタンド。
充電スタンドの前に雪を積み上げたら、充電できないな。
充電する車は無いのか。

「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」電気自動車編


さあ帰ろう。


小鮎川は河川の改修工事か。近くで重機が動いていても、シラサギやゴイサギは平気な顔をしていた。


清川村役場で観光マップをもらったのだが・・・



ペラペラの紙になって。下は以前もらった厚紙のマップ。



裏側は何も書いてなかった。予算が厳しいのだろうか・・・


さてあと一か所、一番遠い愛川町だな。いつ行こうか。
コメント

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」秦野市

2018年01月29日 21時47分56秒 | スタンプラリー

1月29日(月) 晴れ

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」とりあえず2市。

の続きで、今日は秦野市へ行く。
走行距離 40.62km   出発 13:20  帰宅 16:32
行きは小田厚の側道を走ろう。


最初の休憩地。写真撮影の休憩なので「フォト休」と名づけるか。



今日は富士山が見えない。



今日はこんなかっこう。長ズボンでは走りにくい。



平塚インターで小田厚を離れ、金目川沿いに。県道62に出たところで大山を見る。



県道を離れ金目川左岸の土手道へ。



歩道橋のあるところから、県道と離れる。



と思ったらすぐにまた県道と合流。



ここにも歩道橋がある。やけに歩道橋の多い道だな。
車いすの人や、階段を登れないようなお年寄りはどうするのだろう?
自転車で向こうに渡るのも困るぞ。
こういう車優先の道は、早く無くして信号をつけてもらいたいものだ。
で、ここからやはりまた土手道は無くなって、県道62号と合流。



あ、土手道とはどんどん離れていく。
住宅街を抜けると、正面に土手道があった。
あそこに上るのは・・・



金目川土手道。土手の上を車が走っていた。



あ、土手に上がる道を見つけた。



こちらの土手は未舗装。車は対岸の土手を走っていたのだった。







また土手道が無くなって、県道と合流だ。



しばらく車道を走ったが、結構車が多い。
散歩道のようなのがあったので、こちらを走ろう。



そこもあっという間に無くなり普通の歩道に。


東名高速をくぐって・・・

まだ秦野駅に出ないかなぁ・・・



あ、ここは以前間違えてきたところだ。


この先は国道246号へ出る道だ。






曽屋神社。

去年も間違えてここまで来てしまったんだった。

「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」1日目。

通りかかった人に秦野駅への道を教えてもらう。
『四つ角の信号を右へ。』
戻る。


「本町四ッ角」


川を越え、右手だと思っているので右へ行くと、どんどん上り川からは離れていく。
おかしいなともう一度川を越えたところに交番があったので、道を聞く。
警官の服装をしていない人が座っていたが、ていねいに秦野駅を教えてくれた。


駅はすぐそこだからちょっと休んでいこう。
交番横の秦野市役所でトイレを借りようとしたが、手前にコンビニがあったので。


パン一つとコーヒーで休憩。パンを食べた時は「パン休」と名付けるか。



ここまで23km。時刻は15:20。家を出て2時間。平均時速11.5kmだな。


駅前で環境を整備している人に、自転車を止める場所と観光案内所の場所を教えてもらう。
「ちょっとなら、ここへ留めていっていいよ。」
去年は自転車でエレベーターに乗って、観光案内所まで行ったのだったっけ。



緑の看板が観光案内所。



ふりかえると・・・
そういえば厚木市の広報1月1日号に、市長と小田急社長の対談が載っていたな。

さあ、帰りは国道246号で帰って、距離と時間を計ってみるか。


そうかぁ、来る時県道62号を室川橋を越えて、室川沿いの細い道を来るか、この交差点で左へ曲がって不二家のところから川沿いに来れば間違いないんだな。



新善波トンネルまではなだらかな登り。
歩道をゆっくり来るが、トンネル手前で車道に放り出される。
(歩道の自転車通行可が無くなる)

車の集団が通り終わってから走りだす。
トンネルが短いので、トンネル内で車に追いつかれることはなかった。


下りは楽だ。でも40km/hに抑えよう。

大学病院前の交差点に来た。

あれ、やっぱり誰か転んだんじゃないか。
オレンジコーンに張り紙して、夜は光るらしい。

トンサンが転んだ方だけ、ガードレール(パイプ)が設置されていたが・・・

何かないと動かない行政だな。
今度来た時は、ガードレールが設置されているかもしれない。



16:32帰宅。 スタンプ押したところが15:32だったのでちょうど1時間。
帰りの距離は16.4kmだ。
とすると平均時速は16.4km。
善波峠からの下りでスピードが出たからな。
でもそれでも、こんな速度だ。 (*^ω^*)ポリポリ



あれ、ズームライトがずいぶん下を向いている。



取付方法が良くない。キャリアに結束バンドで止めただけなので木の丸棒が回転してしまう。
とりあえずは針金で補強したが、力を加えると回る。
根本的な対策が必要かな。

コメント

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」とりあえず2市。

2018年01月22日 00時00分01秒 | スタンプラリー

1月21日(日) 晴れ

今年はどうしようかと思いながら、回ってみようと・・・

今年も今日から始まったのだが・・・「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」


お昼を食べてから「秦野まで行って来るよ。」
おかあ「えっ、帰ってくるのは暗くなっちゃうんじゃない?」
トンサン「そうだなぁ、6時頃になるかも。」
おかあ「別の日にした方が・・・」
トンサン「うん、善波峠は越えたくないからな・・・」
今日は伊勢原の三之宮比々多神社までとするか。


まずは夢未市(ゆめみいち)でスタンプシートを手に入れて、厚木市のスタンプ(あゆコロちゃん)を押す。

すたんぷ・まっぷをBOXに入れようとしたら・・・
あれずいぶん前が持ち上がっているな。
帰ったら直そう。


三之宮比々多神社を遠く感じ、去年と同じ伊勢原大神宮でいいやと・・・


というわけで伊勢原大神宮で伊勢原市のスタンプ(クルリン)を押して帰宅。



BOXの角度を直した。

今日の走行距離 16.81km

コメント

「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」1日目。

2017年01月19日 00時00分01秒 | スタンプラリー

1月18日(水) 晴れ

「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」が始まった。期間は3月10日までだ。

まず厚木・伊勢原・秦野を回ってこよう。 11:10出発。

走行距離 42.99km 


最初は「夢未市(ゆめみいち)」  あれ、そこに植わっているのは大根かな?


次は伊勢原・・・「伊勢原大神宮」はどこだったかな?
市役所によって地図をもらっていこう。


伊勢原の観光マップをもらう。クルリンの前で。



あ、出口にもいた。銅像だ。



去年もあった自転車乗入禁止の三角ポール。



「伊勢原大神宮」


次は鶴巻温泉駅のそば「弘法(こうぼう)の里湯」へ。



スタンプはあの受付カウンターの横にある。
スタンプを押そうとしたら、「お客様は奥から来られたのですか?」
トンサン「いや、今入って来たんですけど。」
受付の人「申し訳ありません。スタンプは入館料をいただいた人が押せます。」
トンサン「えっ、どこにそんなことが書いてあるの?」
受付の人「ここに書いてあります。」と説明文を指さす。
おお小さく書いてあった。トンサンは説明文は読んでなかった。
地図とスタンプシートを見てもそのようなことは書いてない。
トンサン「入館料っていくら?」
受付の人「秦野の人は600円、それ以外の人は800円になります。」
こんなところでお風呂入ったら湯冷めしちゃうし、入らないのに800円も払えない。
ということで、次に近い秦野駅の観光案内所を目指す。

去年は押しても何も言われなかったのになぁ。

「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」1日目。




足湯があるんだ。これは無料で入れる。


さて、また国道246号まで戻るのも嫌なので、踏切を越えて東海大学の方へ回っていくことに。
ところがこれが大変な上り坂だった。



県道613号 東海大学入口の交差点。
そう言えば星峰さんと来た時も大変だったなぁ。
国道246号の方が楽だった。



道に迷う。



まっすぐ進むと街中を抜けてここへ。曽屋神社



来た道を振り返る。


少し進むと看板が出てきた。国道246号と交わるらしい。
ここは登ってきている。
秦野駅は川のそばだからもっと下のはず。
一番混んでいるところまで戻り、南へ向かう。



ほうら駅に出た。このコンビニでパンと飲み物を買う。


「すたんぷ★まっぷ」を見ると、秦野駅よりも少し西側に★印がある。
その辺を探してみるが見つからない。



また駅に戻る。



家へ帰って、この水が飲めるか調べてみた。

秦野湧水巡り② 秦野駅前噴泉

飲めるらしい。ペットボトルの水が無くなったら、ここでくもう。

さて、工事中の駅前へ自転車を押して行き、観光案内所らしいところで聞いてみた。
するとそこもスタンプラリーをやっているが、これは別のところという。
行き方を聞いた。
エレベーターに乗って、線路を越えて向こう側に出るとのこと。


2階で降りたが、そんなところはない。
もう一度エレベーターに乗って3階へ行く。

コンコースを自転車を押して歩くのは、ちょっと違和感があるが目的地は見つかった。

今説明文を読んだら、「秦野駅観光案内所」は「秦野駅改札横」と書いてあった。

南口のエレベーターで地上へ降りるが、こちらの乗り口は2階と書いてあった。
つまり北口から乗った場合は3階へ。
南口から乗ったら2階へということになる。


南口エレベーターを降りたところ。



ここにロードバイク乗りの人がいて、『写しますよ。』と言ってくれたので、シャッターを押してもらった。


さて食事できそうなところを探しながら帰ろう。

東名高速側道を走ろう。



だが思ったよりも、アップダウンがきつく大変だ。



ここのところは無理をせず、押し歩きした。



振り返ったところ。

しばらく東名横を走ったが、「鶴巻温泉駅入口」という信号のところでそちらに向かい、駅前に出た。

国道246号で帰らず、田んぼの中の平らな道を行こう。
鶴巻温泉病院横を抜け、小田急のガードをくぐって・・・


あれ、どっちへ行ったらいい? 右の方が広い道だが、車は左の方が多く走っている。左へ行く。



ちっちゃな橋に看板がついていた。後でこの場所を調べる時に使えるかも。



この特徴ある家も写しておこう。


グーグルストリートビューをみると、「鶴巻ガーデンシティ ひかりの街」というところを通って来たんだ。



鈴川の「あづまはし」を渡る。



小田厚が見えた。この側道で帰ろう。


ここから結構遠かった。15:10帰宅。

コメント (2)

「菜の花ウォッチングラリー」は1ヶ所増えたところが、とても大変だった。 (>ω<) 2/2

2017年01月13日 00時00分01秒 | スタンプラリー

「菜の花ウォッチングラリー」は1ヶ所増えたところが、とても大変だった。 (>ω<) 1/2の続き

さて、富士山の写真も撮ったし、お昼も食べたし・・・後はのんびり行こう。






今年は菜の花を入れて富士山を写しやすいように、菜の花が張り出している。



う~ん、レンズのゴミがなければなぁ。(-ω-)



張り出して植えてある菜の花の南側のベンチは、太陽の光を正面から受けてとても温かそうだ。



のどかでいい風景だなぁ。



浅間(せんげん)神社の裏にも水仙がいっぱい。



浅間神社は、意外と小さな祠(ほこら)だった。



海がとてもきれいなブルー。



上ってきた「役場口」へ降りる。

「ふたみ記念館」を目指す。


向こうは丹沢連峰だろうか。雪が積もってきれいだ。



「ふたみ記念館」到着。中から管理人が出てきて、話をしながらスタンプを押す。
厚木から自転車で来たと言うと驚くが、自転車乗りはあまりスタンプラリーはやらないのだろうか。
『あれっ、今年は6ヶ所!』
今初めて1ヶ所増えていたことに気づく。
川匂(かわわ)神社で終わりと思っていたのに。 (≧ω≦;)
管理人の人は「全部回らなくても記念品はもらえますよ。」と言ってくれたが、全部回ってこないと。

まずは川匂神社に行ってから考えよう。


川匂(かわわ)神社到着。



今年はスタンプ台が、本殿の前に置いてあった。
お賽銭(さいせん)をあげて、無事を祈る。 


さて、追加された「せせらぎ公園」だが、北の方だ。
イベント・マップを見ると、川匂神社の右側の道をまっすぐに北へ向かえば良さそうだ。 


ところが、『上れないよ~、こんな道』。 たぶん勾配(こうばい)が10%くらいあるのでは。 
無理をしてもしょうがない、押し歩き。とりあえず見えているところまで。



見えていたのはここまで。右手に入るところがあるが、ここは去年星峰さんと、ふたみ記念館から歩いてきた道だ。

星峰さんと「菜の花ウォッチングスタンプラリー」

ここからまた見えているところまで押し歩き。


どうやらここが、一番上かな。丹沢の山々がよく見える。



左を覗くと、小田原の町並み(中村原とかいう集落かな)が見える。



こんな道を上ってきた。

降りて終わりかと思ったら・・・


こんな住宅地を上ってきた。



小田厚の上を通る。


住宅地をまっすぐ北へ向かうが、やがて行けなくて道は右に曲がる。
もう川の方へ降りた方がいい。と行くが、下には降りられなくてまた上る。



回り道をしたが、川のところまで降りてきた。



この大きな道の信号を見ると・・・



おっ、このすぐ近くだ。



看板があった。駐車場は無いとのことなので、車で来た時は、さっきの信号のところにあったコンビニに止めて行くしかないだろう。
「菜の花ウォッチングラリー」を歩いて回るのはなかなか大変だろうな。


あった。最後のスタンプ。
ここを管理している人だろうか、ネコ(1輪車)を押しながらでてきた。
「自転車で来たの?」と珍しそうに言う。
みんなはどうやってくるんだろうか?

トンサン「川匂神社の裏を回って来たんだけど、坂が急で走れなくて押し歩きしてきたんですよ。」
管理人「トンネルを抜けて?」
トンサン「トンネルは無かったなぁ。」
と言いながらイベント・マップを見てみる。
トンサン「あ、川匂神社の裏から峠公園のわきを通ってきたけど、釜野橋の信号まで戻って、釜野トンネルを抜けてくれば楽だったんだ。」


管理人「帰りは楽だよ。」
確かに楽だった。あっという間に二宮駅まで来た。



観光協会で記念品をもらう。 菜の花開花状況が「8分咲き」となっている。満開のように見えたが。


さて、国道1号で帰ろう。


花水川を越えた。これからどうしようか。渋田川の土手道を行くか?
でも砂利道だからな。
まっすぐ平塚まで国道1号を行く。

平塚市役所へ寄って、観光マップをもらっていこう。


「湘南ひらつか観光マップ」と「平塚さんぽ」という冊子をもらった。
風が強く、自転車が倒れているので、トンサンは倒れている自転車のわきに、あらかじめ倒しておく。



記念品はハンドタオル・水の缶・絵はがき3枚・クリアファイル1枚。



二宮町役場と平塚市役所でもらった観光マップ。

コメント

「菜の花ウォッチングラリー」は1ヶ所増えたところが、とても大変だった。 (>ω<) 1/2

2017年01月12日 20時20分02秒 | スタンプラリー

1月12日(木) 晴れ

今年も吾妻山(あづまやま)の「菜の花ウォッチングラリー」をやってきた。

走行距離 58.64km  出発 9:08  帰宅 15:00 

先日の「藤沢七福神めぐり」と同じぐらいの距離と時間だったな。
イベント・マップ


国道271号 玉川の橋から。 大山に雪が残っている。富士山もくっきり。



小田厚。富士山撮影ポイント。



ズームアップ



次の撮影ポイントは「平塚」の看板がある手前。



3つ目の撮影ポイントは「平塚出口」看板のところ。


小田厚側道から離れる。
今までは北へ向かい吾妻橋を越えて、県道63号に入ったが、今日は南へ向かい、すぐにある飯島の新号のところの橋(車・バイクは通れない)で金目川を越える。


金目川サイクリングロード。車やバイクが走らないのはいいが、路面が荒れていて、ハンドルに振動が来る。



水がよどんだところで かもがのんびり浮いている。


道が荒れているので、下の車道に降りたが、また土手道に出てしまった。


公所(ぐぞ)の坂を上るのが嫌なのでこちらに来たが、山が連なっているので、上るのが嫌ならあの山の終わったところの左を通るしかない。
結局国道1号を走ることになるのだ。


ママチャリおばさんの後をついて走る。目の前は新幹線のガード。

住宅地の中をどこまでもまっすぐ走ってきたのだが、結局高麗山(こまやま)を回り込むことに・・・


いつものコンビニだ。
こんなことなら素直に金目川サイクリングロードを走ってくれば良かった。 (>ω<)


で、結局花水川(金目川)の土手に出る。

国道1号に出て、旧東海道らしいところを走って見る。


あ、ここは東海道線より北だ。あの地下道を潜って向こう側へ出よう。



その前にちょっと振り返る。ここが旧道らしい。ここを来た。

この矢印は何かな?


あー、15日に駅伝があるんだ。



国道1号に出た。富士山がきれいに見える。



あれ、良く休憩していたコンビニが、お葬式場になっていた。



スタンプラリーの始まりとした「ガラスのうさぎ像」 家からここまで1時間45分。
二宮駅前でスタンプシートを手に入れる。


つぎは徳富蘇峰(とくとみそほう)記念館に向かう。


徳富蘇峰(とくとみそほう)記念館



見事な梅の木だ。

二宮駅北口のミニストップでパンを買ってから、吾妻山へ登ろう。
自転車は二宮町役場の自転車置き場に止めさせてもらう。
ついでに二宮町の観光マップをもらっていこう。



吾妻山は白い水仙がいたるところで咲いている。



あれ、ハレーションが起きて白くかすんでしまったのかな。



浅間(せんげん)神社は帰りに寄ろう。







『あっ、スタンプシートを自転車のBOXに入れたままだ。』
新しいスタンプシートをもらって押す。



おお、富士山がきれいに見える。レンズのゴミが空の景色を台無しにしているが (>ω<)。



海が光ってきれいだ。ここへ来るといつも「エイトマン」の歌を思い出す。
『 ♪ ひかる~海、ひかる大空、ひ~かる大地~』



平日の木曜日だが、たくさんの人が訪れている。



Windows Live フォト ギャラリーで合成した写真。



カメラのパノラマ機能を使って写した写真。



11時半、ちょっと早いけどここでお昼にする。
江ノ島でトンビに取られてしまったコロッケパンを食べる。
ここなら後ろからねらわれないぞ。 (*≧ω≦*)


写真が多いので、
「菜の花ウォッチングラリー」は1ヶ所増えたところが、とても大変だった。 (>ω<) 2/2に続く。


コメント

「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」2日目の続き。

2016年02月21日 00時00分01秒 | スタンプラリー

2月19日(金) 晴れ

さていよいよエレベーターに乗る。
トンサンは以前メリダでエレベーターに乗ったことがある。
エレベーターに乗るには手前に階段があり、自転車を持ちあげなければならない。
メリダは重かった。やっとのことで持ち上げた。
2010年6月4日 中津川をさかのぼる



ランドローバーは軽いとはいえ、18kgある。
持ち上げるのは楽ではない。
トンサンは1年前と比べて体力が無くなったのを感じた。
このくらいの重さが限度かな。



エレベーターは結構大きくて、中で自転車の向きを変えた。


エレベーターを降りたところも押し歩き。
ちょうどお昼だ、ダムのレストランで食事していこう。
トンサンは今 左右両方の歯茎(はぐき)を傷(いた)めていて、固いものがかめない。
左右両方の奥歯がグラグラなのだ。
だから噛(か)み砕くことができず、ほとんど流動食になる。
カレーライスなら飲み込める。



「水とエネルギー館」のレストラン。
牧場のジオラマ模型が置いてあった。ペーパースタンドも馬だ。
このレストランは馬の好きな人がやっているのかな。


チーズカレー 800円。辛さもちょうど良く、チーズを溶かして食べて、おいしかった。



「ダムカード」・・・そういえばダムカードを集めているという人もいたなぁ。



満々と水をたたえた宮ヶ瀬湖。
 

ずーっと走っていないので寒くなった。これから下がっていく一方だし。
脱いでいたジャージーを着る。


チェーンも大きいギヤに変えておこう。せっかく小さいギヤに変えたのに、一度も生かせなかった。
ところがこれが早まった。
まだ結構な上りがあった。1速まで落としてやっと上った。

 
「玉すだれの滝」トンネル。 ダム管理事務所の人だろうか、トンネルの中へ走っていき、また引き返してきた。
気さくにあいさつをしてくれる。「こんにちは。」 昼休みのランニングかな。


『あっ、猿だ。結構大きいな。』 猿にあったら目を合わせるなと言われているが、猿の方がトンサンの方を見ないようにしていた。 
猿はゆっくりとトンサンの横を通り過ぎて行った。

 
「鳥居原ふれあいの館(いえ)」には寄らずに通過。


あ、金曜日なのに結構来ているな。今日は天気がいいから。



最後のスタンプ場所に到着。日蔭にはまだ雪が残っていた。



なんかひっそりとしているなぁ。「水の郷観光案内所」



え、「担当者不在」か、去年もいなくて、呼び鈴を押したよな。
今年は呼び鈴も置いてないぞ。見渡してもスタンプも置いていないし・・・
観光案内所の役目をしていないじゃん。どうなっているんだ。

まあいいや、帰る途中でもスタンプは押せるし・・・
と、スタンプマップをとりだすと、『え、今年はここじゃあ無くて「やまなみセンター」どこだそれ?』
少し戻るがわからないので、「ビジターセンター」に入る。
そこで聞くと「目の前の白いアンテナがある建物の1階」とのこと。
「やまなみセンター」は下がったところにあったので、見つからなかった。



「やまなみセンター」はこの下にある。ちょこんと見えるエレベーターで1階へ降りる。



スタンプは全部押し、スタンプシートを提出し、達成記念品をもらってきた。
「やまなみセンター」の屋上から、吊橋と日本一大きいクリスマスツリーの木が見える。 

さて後は帰るだけだ。「清流の館(やかた)」から「道の駅」に変わった施設に寄っていこう。


「道の駅 清川」という名前らしい。「清流の館」も無くなったわけではなく、併記(へいき)していた。 



今まで無かった地図や看板が設置された。
トイレを借りて、中へ入る。
1階は変わらず。

 
2階に手作り民芸品を展示販売するスペースができていた。 
休憩所は変わらずあった。



坂を下る途中マスクが外れてしまい、ここに止まって掛け直す。
けっして「こっそり堂」をのぞいたんじゃないよ。
いやちょっとのぞいても良かったか。  (*^ω^*)ポリポリ



2時45分。結構早い時刻に帰宅できた。


「達成記念品」はソーラーライト。

 


裏にスタンプラリーのキャラクター達の絵が印刷されていた。



「宮ヶ瀬ダム」と「石小屋ダム」、それに愛川町キャラクター「あいちゃん」のカードをもらってきた。
「石小屋ダム」は古いと思っていたが、「宮ヶ瀬ダム」と一緒に完成したことをカードで知った。



やっぱりランドローバーのBBは交換しよう。ザリザリ音が出ている。
また、出発時にウインカー電源の電圧が0だったので、スイッチを消し忘れてしまったかなと思い、走行充電したが、電圧計を見ると6Vを越えている。
充電池が異常だ。
ライトの位置も替えたいし・・・まだまだランドローバーは完成しないなぁ。 
 


コメント (2)

「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」2日目。

2016年02月20日 00時00分01秒 | スタンプラリー

2月19日(金) 晴れ

ずいぶん日にちが開いてしまったが、
「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」2日目を回って、終了させた。
 1日目はこちら。
「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」1日目。

今日は残りの「愛川町」「清川村」を回った。
走行距離 48.33km   9:30出発  14:45帰宅



国道412号をまっすぐ北上する。ヤマダ電機のところ。



今日は17℃くらいになると言われているが、10時ごろはまだ12℃。



国道412号は土を積んだダンプカーがいっぱい走っていた。どこかで大きな工事があるのか。
道が狭いので、気が気ではない。ドライバーは自転車はもっと気になるだろう。
ここの道は北へ行くときのメイン道路になるから、もっと広げて自転車レーンを作ってほしいな。



「浅間(せんげん)神社」 で1回目の休憩。
ずーと上りだったから暑くなった。1枚脱ごう。

Sの字に下ったところで国道412号を離れ、中津川を越えて愛川町に入ろう。


 「平山橋」 銃弾のあとを探しながら歩いたが、見つからなかった。
以前来た時は見つけて写真に撮ったのだが。


今日はストレッチタイツに半ズボン。上はヒートテック長袖シャツに半そでスポーツウェア、それにチョッキ。
長袖ジャージーは「浅間神社」で脱いだ。


「かながわの橋100選」



ここに言われが書いてある。







平山橋を渡って中津川沿いに走ろうと思ったのだが、土手道は通せんぼ。
去年は通れたのだが・・・


これからの季節、河原でデイキャンプやバーベキューをやると、自転車が走ると危ないのだろう。



回り道をしてここに出た。犬と女の子の像のところだ。



さらに進むと、あれ石段になってしまった。



石段を上ると通行止めの柵が。そうか、さっきのところからこの間が通行止めになっているんだ。
じゃあ、ここを越えていこう。



あそこに見えるのが国道412号。どんどん上っている。
この辺はまだ楽だが、国道が愛川大橋を越えると、傾斜がきつくなる。 
今日はダムのエレベーターで上ろう。
正面の三角屋根の横の道を入っていくと、「塩川滝」だ。



あれ、出られない。じゃあここまで、自転車通行禁止だったのか。
後輪・前輪と交互に持ち上げて抜けた。



あれ、新しい「馬渡(まわたり)橋」を見たかったのに、まだ工事中だ。いったいいつまでかかるんだ。
 


やっとスタンプが押せる。「愛川町繊維(せんい)会館」 最近はカッコよく「レインボープラザ」と呼ぶそうだ。

さて、「日向(ひなた)橋」を渡り、すぐ左に曲がって土手横の道を走り、ダムに行こう。

途中「この先通行止め」の看板があるが、自転車は走れる。
ただし、かなりきつい坂。


国道412号の下をくぐってくると、この道案内がある。ここはハイキングコースだ。



通ってきた道を振り返る。狭くてきつい坂を上ってきた。



ここで、フロントギヤを小さいギヤにしよう。手動ディレイラーで、チェーンを移動する。



あれ、すぐに自転車に乗ってはいけない道になってしまった。
そういえば以前もここから押し歩きしたなぁ。


せっかく小さいギヤに掛け直したのに、この坂が乗って走れないのは残念だ。



石小屋の碑だったかな。
この先を下ると・・・


「石小屋ダム」



石小屋ダムを見張る場所かと思ったが、「愛川町郷土資料館」とつながっていて、観光用のものらしい。



「あいかわ公園」「自転車乗り入れ禁止」と書いてある。
だったら、ここまでは乗ってきていいことにしてほしいな。
この先もダムの上に上がっても、ずーっと押し歩き。


公園に行かずに、ダムへ向かう。
看板の一番下に「エレベーターのりば」まで書いてある。
いや、重要な案内かも。


ダムが見えた。



「新石小屋橋」を渡って、ダムから放流された川を越える。



「宮ヶ瀬ダム」 やっぱりかなり高さがある。

さあ、エレベーターに乗って、あそこに見える左側の「角(つの)」でダムの上に出よう。

写真が多いので、後半へ続く。

「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」2日目の続き。


コメント

「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」1日目。

2016年02月03日 00時00分01秒 | スタンプラリー

2月2日(火) 晴れ

厚木市のサイトを見ても、ネットで検索しても、今年の「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」は見つからない。
今年は無いのだと思っていた。
ところが昨日見た厚木市広報2月1日版にはスタンプラリーの案内が載っていた。
2月1日から3月16日の間となっている。
なんだ、今年もやるんだ。
じゃあ行ってこよう。まずは夢未市(ゆめみいち)でスタンプシートをもらって・・・



あ、写真を撮るのを忘れた。
え、遠くて夢未市がわからない。



ズーム。


二つ目は伊勢原大神宮へ行こう。



伊勢原大神宮」



去年は無かったのだが、「自転車乗入禁止」の表示が。
と言うことでここに止めて行こう。



スタンプを押すときに気がつく。『あれ、厚木市のが押してない。」』(左下が厚木市)
そういえばこのスタンプシートは「提出用」と「保存用」の両方に押すのだった。
押し忘れが夢未市で良かった。帰りに寄っていこう。(結局、忘れて寄らなかったが)



いや~暑い。今日は下着にヒートテックタイプのものを着てこなかったので、寒いかなと思って1枚余計に着てきた。



ここで脱いでいこう。



脱いだ服は風呂敷に包んでハンドルにつるす。
あれ、電圧が低い。
ウインカーが動作しない。
走行充電しよう。



オートライトのところに充電用スイッチがある。これを後ろに倒してと・・・


電圧計は4V位をさしているのに、カチカチ言わなくなってしまった。あれ、壊してしまったかな。

(≧ω≦;)A アセアセ・・・

また壊してしまったか・・・(TωT) 

ウインカー・・・ケースにふたをして完成させよう。げっ、もしかして・・・



3つ目は秦野の「弘法(こうぼう)の里湯(さとゆ)」 へ。


あのおじいさんが立っているところにスタンプ台がある。
靴を脱いで上がって押してくる。
小心者のトンサンは係の人に「いらっしゃいませ」と言われると、何か買っていかないと・・・という気持ちになる。
ランドローバーのBOXに入るのはこの「きんかん」129円くらいだ。


さて今日はこれで終わり、帰ろう。


来るときは国道246号で来たが、帰りは違う道で帰ろう。
住宅街を抜けて、田んぼの中の道へ。



川に沿って走っていたら・・・あれ、行き止まりだ。



上流側にも橋は見えないし・・・おや、ヤギがいる。



大根川と言う川か。

2枚前の写真の水門を渡って向こう側へ出て、左岸を進む。



するとまた同じように行き止まり。
なんだここは川が何本も合流してくる。


右岸に渡りたいけど橋が見えないなあ・・・あ、あそこが湘南平だ。テレビ塔が見える。



左から合流してきた川(善波川)の右岸を進む。
橋のあるところまで結構走った。
草は刈り取られているが、道ではない。土手の上を走っていく。



鈴川にたどり着いた。ここは来たことがある。
もう一つ下流の橋を越えて、住宅地の中を進む。


小田厚の側道を走るのは嫌だから、北側の旧道を走っていこう。
ここは走った記憶がある道だなぁ・・・と思ったらやっぱり。


明王山 浄心寺だ。



2月のお言葉。


そうだ、途中寄り道してミカンを買っていこう。
また坂を上って「わくわく広場」へ。
もうミカンも萎(しな)びている。
いよいよ最後だな。


2時40分頃帰宅。
あ、夢未市へ寄ってスタンプを押してくるのを忘れた。



今日は厚木市・伊勢原市・秦野市の3か所を回ってきた。走行距離は31.35km。
残るは愛川町と清川村。
遠いし、上り下りも多い。
いつ行こうか・・・


「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」2日目へ。



コメント

星峰さんと「菜の花ウォッチングスタンプラリー」

2016年01月10日 14時24分19秒 | スタンプラリー

1月9日(土) 晴れ

1月4日に菜の花が満開だという情報を得たので、「かご付自転車仲間」の星峰さんを誘って、二宮の「菜の花ウォッチングスタンプラリー」に行ってきた。

走行距離  途中サイコンをつけ忘れたが、約60kmくらいか。 出発 9:00  帰宅 15:40頃

ルートは小田厚の側道は路肩が無いので走りにくい、渋田川沿いに下るかというコースにした。
ところが走りだして間もない田んぼ道で、カーブを曲がってトンサンがブレーキをかけたら、星峰さんが追突してきて、道路に転がりひざを打ってしまった。
『あ、急ブレーキだったかな、申し訳ないことをした。ごめん、大丈夫?』
幸いクルマはこなかったので良かったが、星峰さんは膝小僧(ひざこぞう)をすりむいてしまった。
ストレッチタイツを履いているので、バンドエイドは持っているのだが、貼れない。
星峰さんは『大丈夫、大丈夫。』と言ったので、何も処置せずに走り続けたが、痛くて力が入らなかったのではないかな。

前にも同じようなことがあった。ま~ちゃとツーリングした時。
ま~ちゃは『ブレーキ掛けても止まらなかった。』と言ったが、Vブレーキに比べると軽快車のキャリパーブレーキは利きが弱いので、車間距離をとらないと止められないことがある。
星峰さんは『車間距離をとるから。』と言った。
話がしたい時は車間距離を縮めないと声が届かないが、追突の恐れが出てくる。
違う車種でのツーリングの難しいところだ。



さて、渋田川沿いの道。富士山は・・・・見えているが、だいぶ薄い。
トンサン・・・戦闘機ランドローバー    星峰さん・・・ママチャリスペシャル



富士山撮影場所に来たが、やはり富士山はくっきりとは見えない。



あ、こんなところに「かもめ」が。(レンズが上に向き過ぎていた)



一斉に飛び立ったので写したが、望遠を拡大しすぎてこんなにぼけた。
昼間の屋外は液晶パネルが見えないので、勘(かん)で写すからうまく撮れない。
(≧ω≦;)



国道1号に出ると富士山が正面に見えるのだが、やはりうっすらだ。


『あ、なんだこいつ、幅寄せして来たぞ。』
国道1号は渋滞しているので、車は早く走れない。前へ出て顔を見る。
おじいさんだ。トンサンよりも年上か。
何の理由で嫌がらせをしてくるのだ?
あ、前の信号が赤になった。よしっ、あそこで捕(つか)まえて睨(にら)みつけてやろう。
と思ったら、赤信号無視して走って行ってしまった。
「あ、信号無視だ」と追いかける。
渋滞しているのですぐに捕まえられる。


この黒い車がそう。もともと車道左よりで走っている。
幅寄せして来たのは、トンサンの自転車を意識していたのではなく、左寄りに走る癖(くせ)だったのかもしれない。
実はこういうドライバーが一番怖い。
意識して幅寄せしてくるやつは怖くない。
恐いのはこちらを認識していないドライバーだ。
高齢者に多い現象だ。
高齢者ドライバーの車を見たら離れよう。


二宮駅南口に着いた。
スタンプラリーはここからスタートだ。


二宮駅南口でスタンプの台紙を手に入れる。



「ガラスのうさぎ」像。



ウィキペディア「ガラスのうさぎ

星峰さんに5か所回るルートを説明したら、『お弁当を持ってきたので、吾妻山公園でゆっくり食べたい。』とのこと。
ということでルートは、「ガラスのうさぎ像」⇒「徳富蘇峰(そほう
)記念館」⇒「ふたみ記念館」⇒「川匂(かわわ)神社」⇒「吾妻山(あずまやま)公園」。
 


「徳富蘇峰(そほう)記念館」



水仙の花が歓迎してくれていた。



「ふたみ記念館」 去年まで無料で拝観できたが、今年は200円とのこと。
町長が変わって有料になったらしい。トイレは無料で借りられた。
ミカンとお茶も無料で頂く。

「川匂(かわわ)神社」への道を、峠越えで行ったらどうかと聞いてみた。
すると、『自転車ではやめた方が、それよりも自転車をここに置いておいて、歩いて行ったら。道を教えますよ。』
と細い道の入り口まで案内してくれた。



それがこの道。けもの道? 歩く人がいないんじゃないかと思う道。



枯れ葉が滑る。雨が降った翌日は歩けないそうだ。



お、広い道に出た。覚えておかないと戻ってこられない。 (*^ω^*)ポリポリ



そうかぁ、ここに出るのか。まっすぐ行くと入口の門柱(もんちゅう)があるが、右に曲がって途中から入る。



「川匂(かわわ)神社」



「天気の良い日は富士山が見える」という張り紙。



今日も見えていた。写真では見えるかな?  真ん中に白いものが。


「ふたみ記念館」に戻り、「吾妻山公園」に上る「中里口」を聞いていたので、そちらへ向かう。
トンサンはここから上ったことはない。
「釜野橋」信号まで戻って、釜野トンネルをくぐり、新幹線手前を右へ曲がる。
あ、道を間違えた。



この橋を渡ったら近道で戻れるはずだが・・・無理だよね、こんな狭い橋。


最初に星峰さんが押し歩きで渡った。
トンサンは乗って渡ったが、バランスがとれるほど幅が無く、手すりに手をつきながらやっと越えた。 
(≧ω≦;)A アセアセ・・・

「中里口」ルートは途中まで自転車で走ったが・・・


こんなドーナツ路じゃ、押し歩きしかないよね。


途中で車両進入禁止になり、自転車もここまで。
つづら折りの坂道を歩いて上る。
左ひざの後ろ側が痛い。が、「梅沢口」の階段道よりはましだ。
星峰さんは歩くのは得意。元気だ。


頂上へ上がる前に管理棟でスタンプを押そう。


「マユミ」の花が咲いていた。見るのは初めてだ。



右の屋根が管理棟。左の屋根はトイレ。



頂上から南を見ると、相模湾がまぶしかった。 大きな犬だな。



西を見ると、富士山は雲隠れしていた。残念。



ほんとだ。菜の花が満開だ。



みんな弁当を広げている。
星峰さん「下へ降りよう。」



ここで星峰さんが作って来てくれたお弁当を広げる。



満開の菜の花、暖かい日差しを受けながらのお昼ごはん。
ほんとうにおいしかった。ごちそうさま。


全部回ってスタンプを集めたので、ここで記念品をもらう。
お土産品をのぞいて・・・さあ帰ろう。

国道1号を花水(はなみず)川まで走ってきた。
星峰さんは花水(はなみず)川ではなく、はなみ川と言ったっけ? はみず川と言ったっけ?
でもウィキペディアによると花水(はなみず)川だよ。
1月11日追記
トンサンの勘違いだった。詳しくはコメント欄を見て。 (*^ω^*)ポリポリ


「平成の一里塚」



高麗山(こまやま)をバックに。
高麗山・・・トンサンが子供の頃は「こうらいさん」と呼ばれていた。
今でもそう呼んでいたのだが・・・ウィキペディア高麗山


さて花水川を上っていこう。

こちらが渋田川。



こちらが「鈴川」


この分岐点で鈴川の左岸を上ってみた。


初めて走る道かな? 細いが舗装はされていて走りやすい道。


星峰さんと別れ、3時40分ごろ帰宅。


スタンプラリー記念品でもらったもの。エコバッグ、絵はがき3枚、金太郎飴(あめ)2個。
「山菜もろみ」みそ(205円)は観光協会で買ったもの。
なかなかおいしかった。


星峰さん、お疲れ様でした。そしてお弁当ごちそうさまでした。

コメント (8)

その他のスタンプラリー目次

2015年01月31日 22時56分32秒 | スタンプラリー


「菜の花ウォッチングラリー」行ってきました。   2018年02月12日


「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」最後の愛川町 1/2  2018年02月07日

 

「ぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」とりあえず2市。   2018年01月22日



「菜の花ウォッチングラリー」は1ヶ所増えたところが、とても大変だった。 (>ω<) 1/2  2017年01月12日



星峰さんと「菜の花ウォッチングスタンプラリー」   2016年01月10日



吾妻山(あづまやま)菜の花ウォッチングスタンプラリー あ、カメラ忘れた!・・・と思ったら・・・  2015年1月26日

「ぐるぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」1日目。      2015年1月29日 

「ぐるぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」2日目。   2015年1月31日



「テーマ別サイクリング目次」に戻る。




コメント

「ぐるぐるっと丹沢・大山 × 宮ヶ瀬スタンプラリー」2日目。

2015年01月31日 22時50分27秒 | スタンプラリー

1月31日(土) 晴れ

星峰さんとスタンプラリーの続きに行く。
残るは伊勢原市と秦野市。

走行距離 50.25km  出発9:10   帰宅16:15

まず「伊勢原大神宮」へ行こう。
なるべく国道246号を走らず、善波峠も越えない道で行こう。
トンサンは道を良く知らないので、星峰さんの案内&先導で。

走りだしは国道129号の下をくぐり、恩曽(おんぞ)川を越え、小田急の踏切を西側へ越える。
東名高速の下をくぐる国道246号の歩道に出て、玉川を越えたところで国道246号を離れ、また小田急の踏切を東側へ越えた。
小田厚に出て、北側側道の歩道を走り、向上高校の当たりで小田厚側道の歩道を離れ、小田急線をくぐる直前で「塚田」の信号で県道22号の歩道へ。
小田急をくぐり、県道22号を離れ、小田急沿いの道を西南に進むと渋田川の土手道に出る。

文章で書いても分からないのでルートラボで軌跡(きせき)をたどると。


こんな感じ。




渋田川土手道に出た。




渋田川を進むと太田道灌(おおたどうかん)のお墓が。




まわりはしっかり作られていたが、墓石は小さかった。




向こうに見えるのは大山と、東海大学病院。


後はどう走ったか覚えていないが、小田急を越えて国道246号手前の「伊勢原大神宮」へ。


スタンプポイント「伊勢原大神宮」
社(やしろ)が二つあるのは、トンサンは初めて見た。
内宮(ないくう)・外宮(げくう)の二社殿形式とか。



これはシンボルマークだそうだ。
説明はこちらに・・・







外宮(げくう)…豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)をまつっている。




内宮(ないくう)…天照皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)をまつっている。

国道246号の歩道を走る星峰さんの後を追いかける。
「板戸」と「工業団地入口」の信号の間あたりで、前から来る人をよけたりしているうちに、星峰さんを見失う。
三角形の道をぐるっと回ったりしているうちに、2週目で星峰さんが戻ってくるのが見えた。
「工業団地入口」の信号から曲がり、その先は良く覚えていないが、公園の端に。
公園内は自転車禁止と言うことで押して歩く。




ここから東海大学の塔が見える。あそこまで登っていく。
東海大学横を通過。



秦野駅前の川に出たかと思ったが、違うようだ。ここは「室川(むろかわ)橋」。川は「室川」。
秦野駅前の川は「金目(かなめ)川」だと思っていたのだが、勘違い。
今地図を見たら「水無(みずなし)川」だった。
この橋の上流で「水無川」と「室川」が合流し、下流で「金目川」と交わり、「金目川」になる。


イトーヨーカドーに自転車を止めて、駅前の「秦野駅前名産センター」まで歩く。



途中寄り道。「弘法の清水 (こうぼうのしみず)」
秦野市観光協会の説明を見ると、
「弘法の清水」の伝説

ある夏の日のこと、一人の旅の僧が水を恵んでもらおうと、ある農家を訪れましたが、その家には水がありませんでした。
「ちょっと待って下さい。」と外に出た娘はなかなか帰ってきません。水を求めて遠くまで行ったのでした。
僧は大変感謝し、持っていた杖を地面につくと、そこから水が湧き出てきました。後になって、旅の僧が、弘法大師とわかり、この井戸を弘法の清水と呼ぶようになりました。

なんだ、弘法大師は自分で水を出せるのなら、娘さんに頼まずに「杖を地面につけばよかったのに・・・」と思うのはトンサンだけ?
娘さんはそれを見て言いました。「そんなことができるのなら、自分で水を出してよネ!! (*`ε´*)プンプン!!」
弘法大師は「ごめん、ごめん、これをあげるから許してね。」と筆を渡しました。
これが有名な『弘法も筆のあやまり』・・・チャンチャン。 (トンサンのでたらめ創作ことわざ辞典でした。)



秦野駅前、「名産センター」は左側の建物の1階にありました。
旗(はた)が出ていないので、2階に上ったり降りたり、探してしまった。
最後のスタンプを押し、台紙を提出してくる。

ここで食事にしよう。あれ? 自転車の鍵が無い!!
食べる前にイトーヨーカドーまで戻る。
あ、やっぱり鍵の掛け忘れ。
星峰さんを巻き込んで、行ったり来たり。
星峰さんすみませんでした。


食事した後は、帰るのみ。
星峰さんのリクエストで「JA湘南あさつゆ広場」へ寄ることに。



金目川の土手道を走る。富士山が見える。




南側は雲で隠れている。




右に大山、左に富士山。向こうに雪がかぶっているのは丹沢か。



「金目川サイクリングコース」って言うのがあるんだよ、知ってる?
とトンサンが「吾妻(あづま)橋」を渡って先導する。







ところが何を勘違いしたのか、どんどん下って・・・新幹線もくぐって・・・
トンサン「おかしいなぁ、あさつゆ広場はとっくに通り過ぎたような気が・・・」
星峰さん「もう少し行くと東雲(しののめ)橋があるんじゃない?」


というわけでトンサンまたうっかりミス。
『そうだよなぁ。確かあさつゆ広場は、平塚インターのすぐ南。』とぶつぶつ言いながら、吾妻橋まで戻る。



やっと着いた。ジェラート250円を食べる。と、また頭がキンキン! うう~やっぱり冬はジェラートの季節じゃないよ。


近くの「花菜(かな)ガーデン」へ寄ってみる。
いつも入園料が結構高いなと思って入ったことはない。
今日も入らず帰ってきたら、ホームページを見たら65歳以上は310円だった。
ふたりともシニア割引がきく年齢になった。(>ω<)プッ!


写真に撮るときれいに見えないが、太陽の光を反射してキラキラと輝いていた。




スタンプラリー終了の証(あかし)。


星峰さんお疲れ様でした。
正直言うと、歩道を走るのは疲れる。
段差と人をよけるのと・・・

でもまたサイクリングしようネ。
 

コメント (2)