八ヶ岳田舎暮し 移住のススメ MORISH COUNTRY 原村

八ヶ岳での田舎暮らし支援。田舎暮らし30年の実績で移住相談、冬も快適な別荘デザイン&建築サポート!人生一度きりですよ!

10月30日(日)のつぶやき

2011年10月31日 02時25分41秒 | Weblog
00:14 from gooBlog production
机という名の集落 http://t.co/5eyFkq59
14:32 from gooBlog production
夏の思い出! http://t.co/1fZXZw5v
by tomotaizen on Twitter
コメント

夏の思い出!

2011年10月30日 14時26分31秒 | 八ヶ岳の景色
この晩秋になると思い出すのが、
あの少年の頃の夢の世界のような「夏」のひとときなんです。
信州・八ヶ岳中央高原での夏は、どこか懐かしく、
少年時代の日々のような印象があるんですよ。
まあ、きっと、映画などで、そうした信州の夏のシーンを色々見ているからだろうと思います。
でも、その映画の夏が、八ヶ岳には現実に目の前にあるんですよね。
メイン道路から、ちょっと横道にそれて、車を止めて、森の中に入ってみれば、
きっと心の中の、懐かしい風景に出会えますよ!

ああ、またあの夏が来るのを指折り数えながら冬を迎えようと思います。

来年こそは、こうした「夏」を八ヶ岳で満喫したいと思っている方は、今から準備を!
今、まだ売りに出ている格安の土地だけをまず手に入れることをお勧めします。
当面家が建てられなくても、その土地に物置小屋を建て、電気と水道を引き、
キャンプスペースの為のテラスを作るだけでも、宿に泊まるのとは違った充実感が得られます。
300坪前後で100万円~300万円で、まだ何件か転売の土地があります。
車を買う感覚で、八ヶ岳の土地が買えます。

やったるで!という方は、この冬前にゲットですよ!
思い立ったが吉日で連絡くださいね!
taizen58@yahoo.co.jp  (トモさん)









コメント

机という名の集落

2011年10月30日 00時08分25秒 | 八ヶ岳の景色
富士見町の国道20号線沿いに「机」という名の集落があるのですが、
ここは時間が止まっているような感じなのです。
titleの写真は、机へ向かう途中の道。

下りていくと、この様な景色が!


















コメント (2)

10月28日(金)のつぶやき

2011年10月29日 02時29分37秒 | Weblog
00:23 from gooBlog production
秋の朝 http://t.co/Doolczbm
by tomotaizen on Twitter
コメント

秋の朝

2011年10月28日 00時15分05秒 | 八ヶ岳の景色
昨日の10月26日の朝の景色です。
朝夕は冷え込み、日中は暖かい日々です。
まだ、紅葉は間に合いますよ!
週末、土地を見学がてら来ませんか!
taizen58@yahoo.co.jp

海抜によって紅葉度が違います。


甲斐駒ヶ岳も綺麗ですね。


お気に入りのいけも紅葉していました。そして湖面から湯気が立ちこめていました。




まだ、色々あるのですが。また明日Upします!

コメント

10月26日(水)のつぶやき

2011年10月27日 02時38分44秒 | Weblog
09:43 from gooBlog production
10月26日 #goo_tomodesmo http://t.co/GWcPp18T
by tomotaizen on Twitter
コメント

10月26日

2011年10月26日 09時39分03秒 | 八ヶ岳 田舎暮らし
おはようございます!
今朝はこの秋初めて氷点下になりました。
マイナス2度かな。
でも、家の中は快適です。
朝、薪ストーブを付けました。
ゆらゆらと揺れる炎を見ているだけで、心は癒され温かくなります。

森の木漏れ日を浴びながら、ちょっと遅めの朝食を取りました。
庭の森は紅葉も終わりになってきましたが、まだきれいです。
今から犬の散歩に行きます。
今日のいろんな写真は夜にアップしますので、また見てくださいね。

では!
コメント (2)

10月24日(月)のつぶやき

2011年10月25日 02時29分15秒 | Weblog
10:19 from Tweet Button
消費者が不信感を持つほど高額な日本版ジョブズ伝記本3990円 / 北米では940~1370円(ロケットニュース24) - エキサイトニュース http://t.co/KsDHyKw9

この記事を読んで、予約をキャンセルしました。確かに高すぎる。ブックオフで買うことにします。
11:19 from gooBlog production
旧軽井沢のラスカルというロックバー! #goo_tomodesmo http://t.co/uxSxojmy
by tomotaizen on Twitter
コメント

旧軽井沢のラスカルというロックバー!

2011年10月24日 11時03分09秒 | カフェ&レストラン
僕が軽井沢に行きだしたのは20歳の時からだ。
入社した会社HONEYが軽井沢ベルコモンズにharappa Aというオシャレな駄菓子屋を出店していて
夏になると、新人研修よろしくそのタスクにかり出された。
僕としては、仕事しなくて避暑地で販売の補助をすればいいので喜んで行った。

その時から、旧軽井沢の裏手に気になるバーがあった。
名前はラスカル
当時は貧乏だったので、先輩に一度だけ連れて行って貰ったと記憶している。
お店の奥にDJ ブースがあり、ターンテーブルが2台と奥の棚にはロック中心のレコードが4000枚ある!
当時は、大人の雰囲気だなあとあこがれを抱いた。

今年の7月、知人の別荘に招かれた際に、懐かしく思い訪ねてみた。
2年前にも仕事で旧軽井沢に行ったときに行ったのだが、マスターは覚えていてくれた。
このお店は30年以上変わっていないのだ!とても貴重なお店だ!
ずっと続いて欲しいと思った。
こんなお店が八ヶ岳にもあったら、きっと足蹴に通うだろうなあ。
なければ作るかな。(笑

店内はこんな感じである。



奥にはガラス張りのDJブースがある。


ああ!良い感じでしょ!


知人とその知人の方(軽井沢不動産の重鎮)と、まったりした男の時間が流れるのでした。


八ヶ岳から軽井沢までは、白樺湖を抜けて望月、佐久へ下り山岳道で100キロ、2時間かかる。
ちょいとしたツーリング感覚で行ける。
今度、ラスカルに入り浸るだけのために一泊で行ってみようかな!
コメント

10月23日(日)のつぶやき

2011年10月24日 02時24分12秒 | Weblog
21:57 from gooBlog production
10月23日行楽の秋! #goo_tomodesmo http://t.co/4RsAH3aa
23:12 from gooBlog production
木を切った #goo_tomodesmo http://t.co/0wLwPPpi
by tomotaizen on Twitter
コメント

木を切った

2011年10月23日 22時33分21秒 | 八ヶ岳 田舎暮らし
近所の家がクレーン車を呼んで木を切っていたので、ついでに我が家も切ってくれと頼んだ。
なぜなら、クレーンを呼んで木を切ってもらうには、クレーンを呼ぶだけで4~7万かかるのだ。
ついでで頼めれば、その分が浮くわけだ。
我が家には切りたい木が30本以上ある。全て針葉樹の唐松と赤松だ。
この針葉樹、家を建てたときには10メートルくらいしか無い小さな木だったのだが、
四半世紀過ぎた今は、25メートルほどの大きな木になってしまった。
台風などで倒れてきたら、家に甚大な被害が及ぶし、日当たりも悪くなったし、
うっそうとしていて見てくれも悪い。
家に隣接した木はクレーンでつり上げてしか切れないのだ。
で、そうした木々を10本切ってもらった。
写真の様に通りから見ると随分と見晴らしが良くなり明るくなったし、Spaceも出来た!
薪小屋かポッティングシェッドでも作るかなあ!
広い敷地があると、生活の夢がドンドン広がっていきますよ!
貴方もそんな暮らしをしてみませんか?
リタイアしてからでは、はっきり言って遅すぎます。
できる限り若いウチから移住して、大自然との生活に順応することが楽しい田舎暮らしの秘訣なのです。

「移住してみたいけど仕事があるから無理だ」という言葉を良く耳にします。
それはもっともな事です。現状維持で八ヶ岳に住める方はよほど裕福な方でしょう。
住む場所を変えるわけですから、一般の方の場合、今までの仕事や生活も変える事が必要です。
現状を変えることによって、新しい憧れの八ヶ岳ライフが可能になるのです。
今、日本を含め西側諸国は大変な時代になってきました。
ピンチであるわけですが、チャンスでもあるわけです。
不安を抱えながら今の仕事を続けるより、心機一転移住して新しい生活と仕事を始めて見る。
転職と移住をセットに考えれば簡単な事です。
もしくは起業しても良いでしょう。
これからは食糧難の時代と言われますので、八ヶ岳に移住して農業や酪農の仕事に就くことも
将来への希望に繋がるともいます。
今は、INTERNETの時代です。場所はどこであっても企業できるのです。
何でも狭くて高い都心に暮らすより、広くて安い田舎に暮らした方が楽しいし楽ですよ!
人生のチャンネルを楽しい方へひねれば、明日からでも実行できます。
人生一度きりです、ホント!
コメント

10月23日行楽の秋!

2011年10月23日 21時32分29秒 | 八ヶ岳 田舎暮らし
10月23日。行楽の秋と呼ぶにふさわしい穏やかな日だった。
22~23日まで八ヶ岳中央農業実践大学校の牧場にて「まるごと収穫祭」が開催されていた。
清里のカンティフェアみたいな華やかさは無いが、原村らしいローカルな感じが和むかな。
会場では色んなバザーや飲食のテントが出ていました。
我がHeartVillageも体験コーナーでFeltBallの体験をやっていました。
芝生の広場には気球体験があり、大人気です!
ホルンの演奏もありました。


22日は僕が体験コーナーを担当、23日は妻にバトンタッチ。
帰りに八ヶ岳自然文化園に寄ってみました。
ここは、我が家の別荘から2キロの距離にあるとてもステキな公園だ。
八ヶ岳一帯で一番ステキな公園だけど、まだ知名度が少ないので空いていてのんびりしているのがいいのです。

パターゴルフを家族で楽しむ人、落ち葉を拾うおばあちゃん。


ドッグランコーナーで犬と戯れる人、親子でレンタサイクルを楽しむ人。
落ち葉の絨毯も綺麗だし、トロッコ鉄道のレールも落ち葉と合っています。


グラススキーをする人、絵を描く人、湖畔で和む人など、それぞれに秋の一時を楽しんでいました。


自然文化園の前にはペンションビレッジがあります。外国のような雰囲気ですがとてもいい感じです。
ペンションの為に僕がデザインした、OpenGardenの看板も秋の景色にマッチしていました。


原村は人口7892人の小さな村ですが、中央高原と呼ばれるエリアはとても豊かな環境です。
この一帯を散歩するだけで、とても豊かな気持ちに満ち足りるのです。
こんな、オシャレで和める環境で、第2の人生を過ごしてみませんか!
MORISHが田舎暮らしのお手伝いをさせていただきます。
そして、それは若いうちに移住した方が、人生更に楽しくなるのです。

taizen58@yahoo.co.jp
コメント

10月21日(金)のつぶやき

2011年10月22日 02時29分36秒 | Weblog
23:13 from gooBlog production
sunset #goo_tomodesmo http://t.co/HxtvcB0U
by tomotaizen on Twitter
コメント

sunset

2011年10月21日 23時08分10秒 | 八ヶ岳の景色
夕日が沈んだ後の西の空、段々と夜の闇に覆われていくそのわずかな時間が秋の時期は綺麗です。
特に説明はいらないでしょう。この3枚の写真で感じて下さい。
八ヶ岳での生活、晴れた日没にはこうした景色が一面に広がります。
広大な山と空の空間には音も無く、じわじわと夜が支配していくのです。

コメント

10月20日(木)のつぶやき

2011年10月21日 02時31分43秒 | Weblog
22:17 from gooBlog production
自宅から半径50mの紅葉 #goo_tomodesmo http://t.co/43leA1UO
23:51 from gooBlog production
晴れた日には、ちょっとだけTouring! #goo_tomodesmo http://t.co/kygntVXF
by tomotaizen on Twitter
コメント