八ヶ岳田舎暮し 移住のススメ MORISH COUNTRY 原村

八ヶ岳での田舎暮らし支援。田舎暮らし30年の実績で移住相談、冬も快適な別荘デザイン&建築サポート!人生一度きりですよ!

質問です!

2010年06月27日 12時40分01秒 | Weblog
原村や富士見で見かける外車率でトップと思われるのがPEUGEOTなんです。
仕事柄、外車などには興味があるのですが、やたらとPEUGEOTが目に付くんですよ!
東京だと圧倒的にドイツの外車がおおいのですが、なぜかこんな雪の降る高原地帯にPEUGEOT???
FFだから冬は滑りやすいと思うのですが~???
八ヶ岳山麓在住のPEUGEOT Ownerがいらっしゃったら是非コメントを頂きたい!

※写真は原村社会体育館にて!
コメント

朝霧

2010年06月27日 12時36分39秒 | Weblog
梅雨の朝、濃厚な霧が森を漂う。
ミスト!なんと心地よい空気だろう!
八ヶ岳山麓の梅雨はジメジメジトジトとは無縁の、
生命を息吹かせる恵みの雨です。
コメント (2)

井戸尻古墳

2010年06月27日 12時30分20秒 | Weblog
信濃境には、僕の行きつけの整体マッサージがある。
あの、宮崎駿さんも行きつけらしい。
その信濃境には、井戸尻古墳がある。
縄文時代に集落があったなだらかな丘は、とても心地よい場所です。
今からの時期は蓮が見頃です。
ここに来ると、縄文人がここに集落を構えたのも分かる気がします。
わき水がこんこんと湧き出でて、鮎が泳ぐせせらぎ。
質素だけれど、余計なこともなく幸せな暮らしだったんだろうなあと
しばし想いを寄せる一時です。
コメント

今日の夕焼け

2010年06月24日 00時16分19秒 | Weblog
蓼科バラクライングリッシュガーデンでのFlowerShowイベント出店の最終日だった。
撤収を終えて、軽トラックで店まで荷物を運ぶ。
蓼科から富士見までを結ぶエコーラインという観光道路は、景色が良い道だ。
そして蓼科当たりから木曽山脈に沈む夕焼けは、毎日見ても本当に綺麗だ!
今日も19時過ぎだというのに、言葉もいらないほどの素晴らしい夕焼けだった!
コメント

我が家の参道

2010年06月23日 23時55分44秒 | Weblog
我が家がある別荘地へ上がる道。
言わば、参道みたいな道。
新緑の季節、道を覆い尽くさんばかりに木々が生い茂る。
この道を毎日通るわけですが、通る度に心地よい空気に包まれる。
こうした空間に毎日浸れるだけでも、移住した甲斐があります。
なぜなら、人生は思っているより短く、
その一生の中でも、身心共に充実出来る期間はたぶん40歳~70歳台でしょう。
この間の年月に、自分の理想の暮らし方を出来るかは、自分自身が決めることなのです。
仕事や子供の学校など、現状維持しながらでは無理ですから、
理想を得るには、リスクも負わなければならないのです。
定年し、現状のリスクが無くなって理想の生活を求める事が一般的ですが、
それでは、身心共に充実した時間は25年も消費してしまっているのです。

仕事の関係で強制的に転勤になった経験をお持ちの方も多いと思います。
いきなり見知らぬ街に引っ越しても、しばらくすれば住めば都です。
そんな気持ちで、自分自身に移住辞令を出せばいいのです。
しばらくすれば、住めば都になります。しかも理想の場所で!

今、「RAILWAY」という映画が上映されています。
40代の働き盛りに、自分から退職し、子供の頃からの夢だった
電車の運転手になるというお話。
都会から田舎へ移住する事にもちょっぴり似ていると思います。
こちらは「GREENWAY」ですかね!

いや~、今日も良い天気だなあ!
コメント

家の近所を散策2

2010年06月21日 01時33分26秒 | Weblog
西岳へと向かう林道をぐんぐん上る。
程なく大きな交差点に着く。
どちらに行くか、分からないので携帯電話のGPS機能で自分の位置を調べる。
凄い!ピンポイントでその交差点を示している。
こんな山奥でも電波が通じる!これは便利だ!
左に行くと西岳の登山道へ続く事が分かった。
また、登る。
標識があった。まっすぐ登ると西岳へ向かう。
まだ、バイクで登れそうだけど今日はここまでにした。
脇に行くと「信玄の隠れ岩」とある。
行ってみたら、何とも大きな巨石が並んでいる。
奥にはほこらがあり、まあ人が寝泊まりできそうだった。
他の観光地だったらこれだけでスポットになると思うけど、
八ヶ岳は、こんなスポットも人知れずひっそりとあるので、
当時のままに残っているようだ。

いや~、今日1時間ほど回っただけでいろんな場所を見つけたし、
改めて凄い山奥に住んでいるんだなあと実感した。
別荘地の周りは、インフラが整備されているので、普段は山奥と感じることはない。
でも、ひとたびその横の森に入ってみれば、本当に大自然だ。
自分がこうして、その山奥でBlogを書いていることさえ不思議に思える。

こんな秘境が、我が家から直線距離で2キロも離れていないなんて本当にビックリ!
いや~、また今度散策してみよう!
コメント

家の近所を散策1

2010年06月21日 01時21分29秒 | Weblog
今年こそは八ヶ岳の山頂へ登りたい。
でも、事故でヒザを悪くしているので、バイクで可能な限り
林道を上り、そこから山頂を目指したい。
そう思うと、いてもたってもいられない。
とりあえず、下見に行こうとバイクで向かう。
実は、別荘地の横を阿弥陀岳へ通じる登山道が通っている。
以前ジムニーで林道が無くなるまで登ったことがある。
その先もバイクでなら行けそうだった。
しかし、その道が途中でバリケードが設置されていて
そこからは徒歩でしか行けないようになっている。
このルートを行くならば、ここでバイクを置くことになる。
なので、違うルートを散策。
程なく、阿弥陀水というわき水スポットがある。
ここで、喉を潤す。
登山道の下を立場川が流れている。そちらへ降りる道があった。
降りてみると、渓谷が見える。
淵まで降りてみると、なんとも見事な渓谷だ!
奥入瀬渓流にも匹敵する景色!
こんな渓谷がいえの直ぐ近くにあるとは驚きだ。
この後、西岳へと向かう林道を上った。
続く!
コメント

初夏の交差点

2010年06月17日 21時40分02秒 | Weblog
ある昼下がり、蓼科へ向かった。
なんでもない、農道の交差点の空気に、確実に「夏」を感じた!
梅雨が終われば、高原の短い夏がやってくる!
夏と呼べる日は2週間ほど。
お盆を過ぎると、秋の気配がどことなく感じられる。

なんだか、ウキウキしてきたなあ。
コメント

HeartVillageは10月まで蓼科バラクライングリッシュガーデンにて出店しております。

2010年06月17日 21時34分22秒 | Weblog
HeartVillageは10月まで蓼科バラクライングリッシュガーデンにて出店しております。
Shopは、ファクトリー業務はやっていたりします。
その時は、もちろんお店も開いていますが、不定期です。
10月までは蓼科バラクライングリッシュガーデンへお越しください。
ArtistVillageというテントBoothで営業しています。

最近、山葡萄の籠手提げの取り扱いも始めました。
PJCの婦人服もちょっぴり販売しております。
お問い合わせは、左のメニューのHeartVillageのhpへアクセスしてコンタクトしてください。
コメント

蓼科バラクライングリッシュガーデン20th FlowerShow

2010年06月17日 21時29分54秒 | Weblog
蓼科バラクライングリッシュガーデン20th FlowerShowの開催です。
23日まで、新緑と花々が綺麗なイングリッシュガーデンで、素敵なShopが沢山集合です。
その中に僕らのHeartVillageも出店しています。
お近くにお越しの節は、是非お立ち寄りください。
コメント

帰り道

2010年06月17日 21時25分58秒 | Weblog
今、蓼科バラクライングリッシュガーデンにHeartVillageは出店しているので、
僕も時間が都合が付くときは手伝いに出かける。
そんな夕方の帰り道、夕日が八ヶ岳に当たって綺麗です。
黄金の夕日の中を帰路に付く。
ああ、一日仕事したなあという充実感が湧きます。
コメント

陰影

2010年06月13日 15時22分52秒 | Weblog
新緑の季節の八ヶ岳!
梅雨の時期に入り、緑が活き活きする時期でもあります。
八ヶ岳山麓の梅雨の時期は、都会のようにジメジメしていませんし、
上の方では晴天だったりします。
森の中をraincoatを着て歩けば、これはこれで素敵な体験を出来ますよ!

そして晴れ間が出たら写真の様な緑の陰影に出会えます!
コメント (6)

帰路 Night Way

2010年06月12日 10時06分47秒 | Weblog
週末の夜、いつものように新宿から出る高速バスに乗る。
かれこれ11年こうして毎週バスに乗っている。
この時間帯は観光客はまずいない。
僕と同じ通勤客が殆どだ。
移住した頃は、バスはいつもガラガラで好きな席に一人で座れた。
最近は早めに予約しておかないと乗れなくなった。
それも夜の時間帯は、同じ出発時刻の便に3台出る。
それほど週末通勤客が増えたと言うことだ。

社内は、本を読む人、パソコンをやる人、ひたすら寝る人の3種類に大別される。
僕は、iPodを聴きながらもっぱら寝る人だ。
でも、今回は単行本を読んでいる。
市川拓司の恋愛写真という小説をブックオフで買ってみた。
1300円の本が100円で買える。良い時代だ!
この作家は、「いま、逢いに行きます」を書いた作家なので読んでみることにした。
「いま、逢いに行きます」は僕の今住んでいるエリアを中心に撮影されたので好感を抱いていたし、
「恋愛小説」は玉木宏・宮崎あおい主演の「ただ、君を愛している」で映画化もされている。
270ページのこの本は、八ヶ岳を往復する間に読める量だ。
静かな夜のバスは、読書に適している。
本の世界観へ限りなく入っていける。

八ヶ岳へ向かう夜の高速バスは、銀河鉄道に似ている。
満席なのに誰も話さないので静かだ。
八王子までの高速は、夜の都心を抜けていくので夜景が流れるように過ぎていく。
まるで亜空間にワープしていくように。
八王子を過ぎると闇が訪れる。
時折眼下に中央本線の駅が見える。
闇の中にポツンと浮かび上がる駅の明かりは、まさに銀河鉄道のステーションだ。
中央道は山間を走っているので、まるで空飛ぶ銀河鉄道から眺めているようだ。

峠を登り切り、笹子トンネルに入ると下りになる。
笹子トンネルを抜けると街の灯がキラキラ光る甲府盆地が一面に広がる。
まるで銀河を見ているような感じだ。
初めてこの景色を見たときは息をのんだ!
そして、淡々と、ひたすら淡々とバスは走る。
程なく双葉サービスエリアで10分間の休憩になる。
ああ、下界に戻ってきたのだと思う。

そして富士見のバス亭に降り立つと、今の季節はカエルと虫の合唱が出迎えてくれる。
駐車場まで暗い道を歩く。月が出ていない夜は歩いている自分の足さえ見えない。
なんとまあ潔い闇だ!

無料駐車場に置いてある軽トラックに乗って家路に向かう。
この場所が海抜1000mだから、さらに500m上がる。
新宿から2時間30分かけて1000m上がってきたのを、今度は10分で500m上がる。
軽トラはエンジン全開で走る。道は一部に街灯があるだけで、あとは真っ暗だ。
headlightが灯すところだけ景色が広がる。
やはりこの景色もワープしているような感じだ。
窓を全開にして肘を乗せて走る。

「ああ、こうしてここに生活しているんだなあ」と実感が湧いてくる。
帰路に就くNight Way!
都会から田舎暮らしへワープする様な感じが心地よい。
コメント

エレキギター

2010年06月11日 12時11分40秒 | Weblog
大学に進学した長男は、東京の家から通っている。
まあ、彼は元々その家で生まれ育ったから実家に戻ったようなモノだ。
そして、キャンパスライフを謳歌している。

ロックバンドに入ったのだ!
サイドギターをやっている。
目下、学園祭に出演するため日夜練習している。
なんと、今までは弾いたことも無かったのに!

バンドのリーダーとお茶の水に行って
フェンダーのストラトキャスターを買ってきた。
ブルーメタリックのイイ感じのギター!

僕も、学生時代バンドやりたかったけど
極貧生活だったのでギターを買うなど、高嶺の花だった。
息子を見ていると私も今からやってみようかなと思ったりしている。

そして、我が家には使っていないエレキがもう一台あるのだ。
コメント

東京にいます。

2010年06月10日 13時10分40秒 | Weblog
今週はお仕事でずっと東京です。
今の東京は、湿度もまだ少なくて過ごしやすいですね。

僕の東京の家(元はこちらが本宅)は大田区にあります。
なので大井埠頭や羽田に近いのです。
バイクで10分も走れば海に着きます。

城南島海岸公園というのがあるのですが、
そこに人工ではありますが、結構広い砂浜があります。
掃除も行き届いていて、ゴミ一つありません。
もしくは、訪れる方々のマナーが良いのでしょうね。
真上をジェット旅客機が轟音を立てて着陸したりするのですが
それはそれで、東京の海の風物詩と思えば良いわけです。

東京の家が、以外に海に近かったことに
ちょっと嬉しくなりました。

コメント