八ヶ岳田舎暮し 移住のススメ MORISH COUNTRY 原村

八ヶ岳での田舎暮らし支援。田舎暮らし30年の実績で移住相談、冬も快適な別荘デザイン&建築サポート!人生一度きりですよ!

追悼 安川誠さん

2010年08月30日 20時52分52秒 | Weblog
原村で木のオカリナ・樹音(ジュネ)を創作し、自ら奏者として活動されてきた安川誠さんが8月26日に天に召されました。
お別れ会が、八ヶ岳自然文化園大ホールで行われました。
folk singerでもあった安川さんの仲間があつまり、お別れ会は、安川さんを天国へ送る演奏会になりました。
親族でコンサートマスターである甥御さんが、ヴァイオリンでクラシックの名曲を奏でました。
なんとも綺麗な音色に心が洗われる気になりました。
その後も、安川さんのかつてのバンド仲間が、歌を捧げました。
でも、なんと言っても心に響いたのは、安川さんの次女のカンナちゃんの、お父さん直伝のジュネの演奏でした。
凛として、心を込めて奏でるカンナちゃんの音色は、きっと天国へ届いたと思います。
お父さんの誠さんは、若干56歳で天に召されたけれど、その全てをカンナちゃんが受け継いでいることがはっきり分かりました。
お別れ会には、彼を偲んで300人以上の方が参列しました。
地域の様々なチャリティーやイベントに積極的に参加してきた彼の功績だと思います。

誠さんとは、僕が1999年に八ヶ岳に移住した時からの付き合いです。
長女同士が同級生だったので、最初は父兄会繋がりでしたが、そのうち移住組で集まる仲間に安川さんもいました。
彼がミュージシャンというのは聞いていたのですが、初めて演奏を聴いたのは、移住組仲間で畑をやっていて、
その収穫祭をやったときでした。彼は短パンにサンダルというラフな格好でマンドリンを小脇に抱えてきました。
そして、焚き火を囲んで宴が始まると、弾き語りを始めてくれました。
なんともホノボノして森にぴったりの雰囲気でした。
その後ジュネという小さな笛をオリジナルで作り、自ら演奏していることをしりました。
地元のイベントには必ず彼が演奏していました。
ジュネの澄んだ音色は、高原の風のように爽やかで、聞く人々を癒してくれました。

安川誠さんは40歳の時に八ヶ岳・原村に訪れ一度で気に入り、直ぐに脱サラして移住したそうです。
それから9年後に突然病魔が襲ってきたのです。
その後の7年間の闘病生活は大変であるはずなのに、病魔をはね除けるように音楽活動に死力を尽くされました。
最後は家族に看取られながら、安らかに永久の眠りにつかれました。

僕が最後に安川さんに会ったのは、去年の今頃でした。
蓼科バラクライングリッシュガーデンにて、娘のカンナさんとプチコンサートを開かれました。
とても微笑ましい親子だなあと、羨ましく思いました。

心からご冥福をお祈り致します。
コメント (4)

読者の皆様への御礼!

2010年08月30日 10時05分24秒 | Weblog
このBlogをご覧になっていらっしゃる皆様、ありがとうございます。
昨日のランキングが「順位: 5,757位 / 1,458,792ブログ中」になりました。
うれしいです。励みになります。
これからも、皆様がアクセスして読んでくださるように
心地よい写真をアップしていきたいと思います。

そして私の夢である、「心地よい田舎暮らし倶楽部」の実現に向けて
進んでいきたいと思います。

また、お友達や知り合いの方にもお知らせ頂いたり、リンクを張って頂くとうれしいです。
リンクを張って頂いた方は、お知らせください。
こちらにもリンクを張らせて頂きたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。
コメント (4)

天使のハシゴ

2010年08月29日 16時46分34秒 | Weblog
夏の時期にはこうした「天使のハシゴ」と言われる
雲の合間から太陽の日が差す光景が見られるが、
この天使のハシゴは珍しいです。
一カ所だけ集中的に光が降り注いでいます。
なので、新たに名付けました!
「天使の雨」

お後がよろしいようで!
コメント

夏の流行りモノ

2010年08月29日 16時37分50秒 | Weblog
最近、八ヶ岳周辺の森の木陰には写真の様な花が群生しています。
ルドベキアといって、外来の園芸種が野生化した花。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%99%E3%82%AD%E3%82%A2
http://www.yasashi.info/ru_00001.htm

一時はセイタカアワダチソウというのが、繁殖して問題になりましたが、
ルドベキアは、高原にマッチしているようにも見えます。
外来種で生態系が乱れるという意見もありますが、
まあ、これも誰かが故意的に植えたわけではないので、
言わば自然界の流行とでも思って、楽しく観賞したいと思います。
コメント

夏のある日

2010年08月29日 11時17分17秒 | Weblog
夏、八ヶ岳に移住すると夏は貴重な時期です。
爽やかな高原ライフを満喫するのも大事ですが、
冬の準備も、この時期に済ませておかなければなりません。

一番重要なのは薪運びです。
そんな一日をちょっと紹介。

早朝、息子の部活があるので、すずらんの里駅まで送っていく。
帰り道、ペンションビレッジの広場で朝市が開催されている。
8月は毎日開催で、9月は日曜祭日のみ。
朝食用に、ここで採れたての野菜を買う。安くて新鮮、無農薬!
出店者には、友達も何人かいる。
ママキッチンの星野さんところで、あんパンを買う。
金ちゃんのところで、八味唐辛子を買う。
香芯の川上さんところで、朝の珈琲を頂く。
ひとしきり雑談をして我が家へ。
こんな日の朝食の担当は僕である。
新鮮サラダと、焼きたてパン、ソーセージとズッキーニを塩こしょうで炒める。
挽き立ての珈琲を入れて、朝食の始まり。
夏は、毎朝がこんな感じである。


さて諏訪の方へ薪を取りに行く。
軽トラに積める料は限られているので一日二往復する。
諏訪大社の近くを通る。その前に足湯があるので、ここで休憩するのが楽しみだ。


さてさて、二度目の薪運びは夕方になる。
薪を積み、八ヶ岳山麓の我が家へ向かう農道は一直線。
入道雲が夏らしい。
そういえば、東京から来た甥っ子が入道雲の大きさに驚いていた。


こんな感じで、週末の一日は終わりを告げるのです。
コメント

八ヶ岳に戻っています。

2010年08月27日 13時14分34秒 | Weblog
25日に八ヶ岳に戻りました。
涼しいです。夜は15℃です。
でも、日中は例年より暑いですね。
諏訪の街(標高800m)でも、日中は30℃を超える日が続いています。
でも、東京と違うところは、湿気のの少なさと、空気の清々しさでしょう。
諏訪も日向は東京より日差しが強いです。
でも、日陰に入るとひんやりしています。

原村は、パワースポットとしても霊能者の方々に評価が高いようです。
息子の友人のお母さんは、癌で余命数ヶ月と言われて、原村に移住し
元気になり、普通の生活を10年生きられました。

酷暑の東京から、原村に帰ってくると、その事を肌で感じることが出来ます。
体中からパワーが湧いてくる気がします。
きっと、自然治癒能力が活性化するんでしょうね。

さて、いくつか心地よい写真を撮りましたので、土曜日にはアップしたいと思います。
では!
コメント (1)

今夜は東京ステイ

2010年08月25日 01時04分40秒 | Weblog
今日明日は東京ステイです。
いや~残暑厳しいですね。
とにかく蒸し暑い~~~。

八ヶ岳の天然クーラーの気候になれてしまった体には、この蒸し暑さは応えます。
人間がこんなに暑いのだから、東京で外に変われている犬は、かなり厳しいのではないでしょうか。
犬たちは汗腺が無いし、毛皮は脱げないからかわいそうです。
八ヶ岳の我が家の犬たちは、日中は森の木に繋いでいます。
とても心地よさそうです。スースー言って寝ています。

今晩も東京の家ではクーラーを付けながら寝ます。
でも、体には悪いんだけどねえ。仕方がないですね。
皆さんも熱中症にはお気をつけください。
コメント

山のグラデーション

2010年08月23日 22時53分10秒 | Weblog
山々が重なりあって淡いグラデーションになって綺麗なので写真を撮りました。
この山は霧ヶ峰です。
この奥に八島湿原という湿地帯があり、
神々の時代には、一年に一度日本中の神々が集まり、ここで会合を開いたという言い伝えがあります。
紅葉の季節にはとても綺麗です!是非行ってみてください。
コメント

入道雲

2010年08月22日 10時04分50秒 | Weblog
夕暮れ時にエコーラインという道を通ると、晴れていれば素敵な夕暮れに出会うことがあります。
ベストポイントを見つけたら、安全な邪魔にならない場所に車を止めて、
日没まで暮れなずむ一時を観賞してください。
一日のフィナーレのドラマチックな景色を独り占めできますよ!

この日も、ひときわせり上がった入道雲が、とても印象的でした。


コメント

シェイクスピア劇 真夏の夜の夢 バラクラ蓼科

2010年08月20日 22時53分57秒 | Weblog
蓼科バラクライングリッシュガーデンにて、毎年講演されるガーデン歌劇「シェイクスピア劇 真夏の夜の夢」を見てきました。
イングリッシュガーデンの傍らにテント小屋がありそこで開催されます。
フリードリンクと、入場料も付いています。
親子6人と二人の役者で行われる、とてもアットホームな心温まる歌劇です。
音楽も自分たちで演奏する、全て自前のアナログな演出が、テント小屋とマッチして
とてもやさしい気持ちになりました。


途中休憩時間があり、その間はガーデンを散歩したり、ドリンクを飲んだり、いい感じです。
開演は16時から、18時で終演し、その後はディナーもあります。




今週22日の日曜まであるので、興味がある方は是非、今年の夏の想い出に!
http://www.barakura.co.jp/event/2010/02/post-1.html
コメント

やっぱり快適!八ヶ岳!

2010年08月17日 23時12分41秒 | Weblog
いや~~~、帰って来ました、2週間ぶりに八ヶ岳へ!
富士見の高速バス停を降りたら、しっかり残暑でしたが、やはり空気が気持ちよい。
カラッとしていて、炎天下を歩いていても汗ばまない。
日差しは強く、気温も30℃以上あったけど、爽やかです!
ちなみにこのバス停の海抜は1000mちょっとです。

そして軽トラに乗って我が家へ!
我が家は海抜1500m、やっぱりグンと涼しい!
今は夜の11時ですが、外の温度は16度です。
ひんやり心地よい感じです。

東京で寝るときはエアコンを付けっぱなしじゃないと寝れませんでしたので、
心地よい目覚めではありませんでした。
今晩は、森の天然クーラーでぐっすり眠れそうです。

東京は、エアコンの効いた室内は快適ですが、
外に出て歩くと熱中症になりそうな蒸し暑さ。
そして通勤時間帯に電車に乗ると、汗をかいた他人同士がくっついて不快感100%。
電車のエアコンも満員だとあまり効かないし、最悪ですね。
会社に着いた頃には、衣服は汗でぐっしょり。
東京の会社勤めの方々は、本当に大変だと思いました。

八ヶ岳で仕事をしている人は、通勤は車です。
そして道も幹線道路を通らなければ渋滞は殆どしない。ストレスは無いですね。
東京と田舎では、日々のストレスが相当違うなあと実感。
これが、何十年も続くわけですから、病気にもなるのは無理もないと思います。
やっぱり40歳過ぎたら田舎暮らしがいいのではと思います。



さて、今日は帰ってから久々に奥さんと買い物に出かけました。
リゾナーレ小淵沢と言うところへ!
夏のイベントをやっていて、楽しかったですよ。
犬連れの初老のカップルは、生ビールを楽しそうに飲んでいました。


こんな場所にもいつでも行けるのも田舎暮らしならではですね。
このリゾナーレ小淵沢でお気に入りの店があります。
BOOK&CAFEというお茶の飲めるブックストアです。
本のSelectがリゾートぽくていいんですよ!
コメント

明日、八ヶ岳へ!

2010年08月16日 22時58分00秒 | Weblog
8月3日からずっと東京で過ごしました。
酷暑です。
汗がこれでもかと言うぐらいに流れます。
水分を取ってもそのまま皮膚から漏れているのではないかと言うくらいです。

で、やっと八ヶ岳に明日戻れます。
夏の一番暑い時期を東京で過ごしてしまいました。
八ヶ岳に帰ったら、きっとススキが出ていると思います。
赤とんぼも飛んでいるでしょう。
初秋ですよ!
では、帰ったら、久々の写真をアップしますね!
コメント

太田神社

2010年08月13日 15時17分46秒 | Weblog
池上の我が家の3階のベランダから、太田神社の鎮守の森が見える。
よくよく見ると、小高い丘になっている。
その横には池上本門寺のある広大な丘陵地もある。
今は、家が密集しているので丘の稜線が見えないけど、
江戸時代の頃は、さぞかし風情のある景色だったのではと思う。

我が家のあるエリアは今では中央という地名だが、昔は市之倉という地名だった。
このあたりは、10月に御会式というこのエリアを上げての本門寺のお祭りがある。
その時は、この地区の人は「市之倉」と名前の入ったはっぴを着る。

本門寺界隈を歩いてみると、老舗があったり寺町の風情が息づいている。
この夏は、訳あって東京ステイになったが、それはそれで楽しむことの出来る夏になった。
今日は盆入りなので、迎え火を焚いてみようと思う。
ご先祖の宗派は日蓮宗なので、本門寺にもお参りに行ってみようと思う。

ジメジメして暑いけど、夏を感じるには良いかもしれない。
コメント

久々の東京での夏休み

2010年08月11日 00時18分29秒 | Weblog
多分、移住してから初めて夏休みを東京で過ごす。
八ヶ岳の夏は清々しく、朝夕は長袖がいる。

が、しかし、そんな快適な所に住んでいるのに、よりによってこんな暑い時期に東京ステイです。
まあ、汗がガンガン出ますから健康にはいいですね。
でも、東京も今日の雨で夜は随分涼しくなりました。
秋を感じる雲です。


妻に電話したら、八ヶ岳はもう秋の感じだそうです。
今回は東京に2週間いるので、八ヶ岳に帰った頃は、本当に秋になっているでしょうね。
ああ、このまま夏が終わってしまいます。
日帰りで海にでも行ってきますかね。

皆さんは、夏休みはどうしますか?
コメント

妻の新作!

2010年08月08日 00時50分53秒 | Weblog
ウチの奥さんは、原村でHeartVillageという手作りクラフトのショップをやっている。
最初は、teddy bearが中心だったけど、今はフェルトに夢中です。

http://web.me.com/tomoedakojiro/Heart_Village/Welcome.html

結構注文も受けたりして、人気フェルト作家だったりします。
そして今は、蓼科バラクライングリッシュガーデンのイベントへ長期出展中です。
そんな妻の新作の一つがこのフェルトバッグです。
フェルトで作ったバッグに、毛糸で刺繍していきます。
1ヶ月くらいかかっていました。
興味のある方は、是非バラクラへお越しくださいね!

ハートヴィレッジの建物は、基本工事以外は僕の手作りです。
コツコツ模型を作るように仕上げています。


エコーライン沿に看板があります。


店内はこんな感じです。


奥の小さなアトリエ。僕が窓枠から全て手作りです。
ああ。僕もこんなアトリエ欲しいなあ。
コメント