「テレビ」と「平和」と「憲法」のblog

元ワイドショープロデューサー仲築間 卓蔵(なかつくま・たくぞう)のブログ

歴史は繰り返さない!そんな歴史のはじまりの「目撃者」でありたい

2022-04-12 07:52:51 | Weblog
ウクライナ問題はいま、あたらしい歴史を刻もうとしています。
{その1}ウクライナの「我慢」
     ウクライナ侵略から2が月が経とうとしています。
     ウクライナのゼレンスキー大統領はロシアの蛮行に「ジェネサイド(集団虐殺)だ」と訴えています。
     かんにん袋の緒が切れて、ウクライナがロシア領に砲弾を撃ち込んだとしたら・・・「第2次世界大戦」になる可能性大です。
     ウクライナは踏みとどまっています。ウクライナのこの「態度」は、歴史に深く刻み込まれるでしょう。新しい歴史のはじまりを予感させる「態度」だと思わせられ
     ます。
     その「態度」を支持し、支援する必要をあらためて強く決意させられています。
{その2}国連総会の「役割」発揮
     ロシアがウクライナ東部に侵攻した2月24日、国連総会は直ちに「ロシア非難決議」を141ヶ国の賛成で可決しました。
     つづく3月2日。国連総会緊急特別会合は、ロシアの侵略を「国連憲章違反」と断定しました。
     そして3月7日(日本時間8日未明)。再招集された特別会合は、国連人権理事会(ロシアが理事国)の理事国資格停止決議を採択(賛成93、反対24)しました
     た。
     3度もの国連決議がなされたのは初めてではないでしょうか。この国連の臨機応変の決議は、あたらしい「国連の姿」として記憶されることになると思いますが、いか    
     がでしょうか。

日本は・・・・・
     自民党を中心に「自衛のための軍拡が必要」「軍事には軍事」などと平和に逆行逆行する議論がはじまってますよ。アベ元首相にいたってはウクライナ危機に乗じて  
     米国の核兵器を配備する「核共有」まで言いだしています。高市政調会長も「議論を封じ込めるべきではない」と呼応。維新の会なども同調する有様です。許せます?
     昨年の総選挙の時のNHK調査。憲法「改正」を優先課題とすべきは、たったの3%でした。ここに、民意と自民・維新らの改憲勢力との大きな矛盾があります。
     あらためて確認しましょう。そもそも憲法は政府の権力を規制するものです。戦争を国際紛争解決の手段として使わないというのが日本の憲法ですよ。「自衛」という
     なら、日本の平和憲法を世界に広める努力をすることこそ本当の「自衛」行為ではないでしょうか。
     「改憲」の中身は
     〇 第九条に自衛隊を明記する といいます。
       アメリカの戦争に参加することのための「改憲」ですよ。
     〇 緊急事態条項を創設すると言います。
       国家緊急権を規定する憲法上の条項で、憲法が一時的に停止され、政府に独裁権が与えられる。基本的人権を制限することができる。というものです。
     〇 参議院の合区解消。
       一人区を温存しようという、まさに党利党略ですね。
     〇 教育の充実 といいます。
       教育の無償化をいうなら、まずは財政支援ですよ。

 いま、国連憲章に基づいて平和秩序を回復するというあたり前のことがすすみはじめています。私たちは、世界が大きく変わろうとしている瞬間に立ち会っています。
 メディアも、平和を願う多くの市民の皆さんと一緒に、「歴史は繰り返さない!」 そんな「歴史のはじまり」の「目撃者」になろうではありませんか。

テレビ朝日「民教協スペシャル」に拍手!

2022-02-08 10:41:44 | Weblog
Facebookに書いたものの転載です。
2月5日(土)10時30分 年に一度の民教協スペシャルはテレビ朝日制作の『ハマのドン 最後の闘いー博打は許さない―』。
横浜港ハーバーリゾート協会会長・藤木幸夫氏(91歳)の「カジノに反対する横浜の怒りを 一顧だにしないスガ首相の”ハードパワー”とたたかう姿」を描いたなんとも清々しい作品だ。
新人の山中竹春候補は並みいる政治経験者を相手に、18万票の差で横浜市長に当選した。
藤木氏のラストシーンの言葉がいい。「みんなで力を合わせると できちゃうんだよ」。
力のこもったこの作品。プロデューサーは?興味があった。エンディングロールに名前が出た。「プロデューサー・松原文枝」と。
松原氏はテレ朝の看板番組といっていい『報道ステーション』のプロデューサーだった。
たしかスガ内閣のご機嫌を損ねたか?飛ばされたと聞いていたが、どっこい生きていた。
この番組、ハマのドンの生きざまとともに松原氏のテレビマン いやテレビウーマンぶりを見せてもらった。ありがとう。
もう一度言いましょう「すばらしい!」。
追伸 この作品を選んだ民教協にも 拍手を!

歌いましょう War is over レノン忌に

2021-12-04 11:43:00 | Weblog
太平洋戦争開戦80年。12月8日がやってきた。
 はじまりは日本軍による真珠湾攻撃だった。「日本海軍が宣戦布告の前に手違いで攻撃してしまった」と聞いていたが、そうではなかった。
 毎日新聞の栗原俊雄記者(栗原さんは「空襲被害者全国連絡会」の補償を求める運動を積極的に報道してくれている記者の一人でもある)が、山田 朗・明治大学教授にインタビュー(12月3日付け「論点」)した一部を紹介したい。
▼宣戦布告が遅れたのは「もうこれ以上交渉しない」という通告で、国際法上の宣戦布告と明確に読み取れるわけではない。国際法に反することを承知で、最初から開戦後に宣戦布告することになっていたのだ。実際、対イギリス戦では何の通告もなく、陸軍が英領のマレー半島に上陸した。(略)
▼真珠湾攻撃もマレー作戦も、南方資源地帯をなるべく早く押さえるためだった。そうしなければ日本は戦争を継続できなかったからだ。つまり戦争を継続するため、戦争のための戦争だった。ここで確認すべきは、12月8日以降、一気にアジアの人々を戦争に巻き込んでしまったことだ。その迷惑のかけ方が、今日あまりにも知られていない。これは日本人の、太平洋戦争以前の戦争に対する歴史認識にも共通している。(略)
▼日露戦争以来の成功事例を継承しようとして、時代の条件が変わっていることに気がつかなかった。
 また、行き詰まりを直視できなかった。日中戦争がうまくいかないとドイツと同盟する。劣勢でも戦争を続け、被害が拡大した。
 日本の、この都合の悪いことを直視できない姿勢は戦後にもつながっている。高度経済成長の成功体験に縛られて、「成熟」ではなくいまだに「成長」を信じている政治家がいる。当時の軍部や政治家を笑うことはできない。開戦80年は、歴史から知恵を得るいい機会だ。

▼12月8日は、ビートルズのジョン・レノンが亡くなった日でもある。
 何年前だったか、東京新聞の「平和の俳句」欄に載った2句をメモしていた。
 レノン忌と開戦の日の重なれり
 歌いましょう War is over レノン忌に


父の出征

2021-08-14 15:24:41 | Weblog
8月の思い(5)▼父の出征



<仲築閒 卓蔵>

 みなさん子どもの頃の写真を紹介している。そんな時代があったのですね。
この写真はぼくが小学校に入学した頃だとおもいます。
支那事変(1937年7月7日の盧溝橋事件を発端とする日中戦争を支那事変と呼んでいました)がはじまって間もなく、父親の一回目の招集のときのものです。後列左は母の父親で坂ノ市町の町長をしていましたね。故郷は、いまでこそ大分市ですが、当時は大分県北海部郡坂ノ市町。
 朝鮮出身のO君も同級生。朝鮮出身というだけでいじめにあっていましたね。見るに見かねて「やめろよ」といったら、みんなやめましたね。ぼくが腕っぷしが強かったわけではありません。「町長の孫」という立場が効いたのです。
 小学校の校門を入ると左側に(天皇皇后の写真が納められた)奉安殿。登校時に頭を下げて通らないと怒られましたよ。「戦地のお父さんに申し訳ないと思はないのか!」が接頭語です。
 父は無事に帰りましたが、こんどは1941年に始まったアジア太平洋戦争で二度目の招集。勤務先は長崎の五島列島。
1945年8月。幸い無事に帰ってきました。
 帰る途中に被爆したばかりの長崎を通ったのです。「崩れ残った壁に、梯子と人の影が黒く映っているのを見た」そうです。そこで作業をしていたのですね。
この写真。前列右がぼく。ぼく以外はみんな鬼籍。残っている奇跡。この「奇跡」は大事です。言いたいことを言い続けましょうよ。
 作家の辺見庸さんが言っていました。「言葉を奪われているのはどちらか、戦時下の記者なのか、今なのか。今、報道規制はある。それは内なる(自ら検閲する)規制だ」と。この言葉、忘れていません。
page_top
2021/08/09


8月の思い(6)▼「武運長久」と言っていた時代
46-s-1.jpg

<仲築閒 卓蔵>javascript:void(0)

これは父が最初の「出征」のとき、家族や親せきが寄せ書きしたものです。
当時は概ね「武運長久」だったと思います。出征した人が「いつまでも無事でいるように」という祈りの日の丸です。
「祈御奮闘」という文字もありますが、母の従弟は「御健康ヲ祈ル」と書き、母は「凱旋の日をお待ちしています」と素直に気持ちを書いています。その頃はまだ「無事で帰国を」を何の抵抗もなく言ったり書いたりしていたのですね。
それが1941年(昭和16年)にはじまったアジア太平洋戦争からガラッと変わりました。「武運長久」から「滅私奉公」です。「身を捨ててお国のために尽くす」ことが兵士の本文となったのです。
 ●どこかで読んだ「自由と平和のための京大有志の会」の「声明書」
  戦争は、防衛を名目に始まる。
  戦争は、兵器産業に富をもたらす。
  戦争は、すぐに制御が効かなくなる。
  戦争は、始めるよりも終える方が難しい。
  戦争は、兵士だけでなく、老人や子供にも災いをもたらす。
  戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。
  精神は、操作の対象物ではない。
  生命は、誰かの持ち駒ではない。
  海は、基地に押しつぶされてはならない。
  空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

  血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。
  学問は、戦争の武器ではない。
  学問は、商売の道具ではない。
  学問は、権力の下僕ではない。
  生きる場所と考える自由を守り、創るために、私たちはまず思い上がった権力にくさびを打ち込まなくてはならない。

8月という月

2021-08-05 10:34:14 | Weblog
【続・8月】

 8月という月。6日 広島、9日 長崎。そして15日 終戦。
大分中学の2年生だったかな。大分川の川原でスコップ持って勤労奉仕をやらされていた。1学年上は学徒動員で地元の海軍工廠で旋盤工をやらされていた。
昼頃だったか、近くの農家の庭に集められた。ラジオ放送を聞かされた。天皇の声が流れた。「忍び難きを忍び・・・」という言葉はいまも耳に残っている。     
ぼくは「忍び難きを忍んで、戦争をつづける」と思った、が違っていた。「日本は負けた」らしい。その後、多くの同級生は「あのとき、これで平和になったと感じた」語っていたが、ぼくはそうは思わなかった。「日本は負けない」と信じ込まされていた。軍国少年だった。空襲で逃げ惑った経験がなかったからか。
「これで平和になったと感じた」という同級生を「偉いなあ」と思ったりした、彼らは、その後どう生きてきたのだろうか。同窓会で忌憚なく「平和」を「政治」を語り合えたのはたった一人。その彼も、いまや鬼籍の人。「戦前と戦後を生きて いま戦前」という川柳をつぶやきながら、ことしも8月を迎えた。いまこそ「平和の尊さ」を語らなければならないとつくづく思っている。


 8月という月、もう一つ忘れられない8月がある。1985年8月12日、日本航空123便(ボーイング747)が群馬県上野村の山中に墜落した。いまだ原因は明らかになっていない。
 その機に乗っていた一人が坂本九さんだ。1941年生まれだから存命だと79歳になる。こんな写真をひけらかすのに若干の抵抗があったが、思い切って見てもらおう。九さん全盛時代の写真だ。『九ちゃん』という番組(日本テレビ)のパーティーの一コマ。ぼく(中央)は当時広報担当だった。左が九ちゃん、右は(後に『ゲバゲバ90分』を手掛けることになる伝説のプロデューサー)井原高忠。
みんな(当然だが)若かった。二人とも、もういない。『上を向いて歩こう』は不朽の名曲になっている。あんなことこんなことがかけ巡る8月。「合掌」の月。そして、思いを新たにする月である。(仲築間 卓蔵)

酷暑五輪 いますぐ中止

2021-08-05 10:18:11 | Weblog
憲法とメディア2021年8月1日

いまからでも遅くはありません
酷暑五輪 いますぐ中止を!
   ――――――――――――――――――――――――――
今回も「怒りの話題」三題
【その1】
愛読紙の一つ「日刊ゲンダイ」7月31日付けの大見出しと小見出し
〇かき消される専門家の警鐘
 あの尾身会長でさえ、「最大の危機」と答弁しているが、首相は「心配ない」と言い、国会からもトンずらし、大メディアもコロナは片隅扱い。
 すべてに五輪が優先し、メダル至上主義に拍車がかかる五輪ファシズムの先に何があるのか。
〇感染爆発よりも メダル報道が席巻のオドロキ。
  国内の新型コロナウイルス感染者は31日、1万2341人が新たに確認された。1日当たりの感染者が1万人を超えたのは3日連続で、4日続けて過去最多を更新した。死者は9人。重症者数は667人で、前日から41人増えました。東京都では4058人の感染が確認され、1日当たりの新規感染者は初めて4000人を超えました。
  厚労省関係者も語っています。「感染の広がりと症状の深刻さは、数字以上です。ワクチン接種によって“重症者は少ない”という報道がありますが、まったく違います。都の重症者は773人と過去最多の567人(1月27日)をはるかに上回っている。しかも、ここには重症者を少なく見せるカラクリがあります。厚労省は5月、コロナ診療の手引きを改定し、鼻から管で大量の酸素を送り込み、人工呼吸器並みの対応ができる“ネーザルハイフロー療法”を中等患者向けとして明記した。第3波では重症者として扱われた患者が、現在、中等症として扱われている。実質的な重症者は相当数いるはずです。重症化すると苦しいのはもちろん、後遺症も出やすい。感染者が増えると、重症者も増える。専門家が警鐘を鳴らすのは当然です」。
  金子勝・立正大学名誉教授は「日本人選手のメダルラッシュとなり、これだけメディアが煽れば“やっぱり五輪やってよかった”という国民が増えるでしょう。まさに、それが菅首相の狙いでもあります。五輪が終了したら、菅首相と小池知事、さらに大手メディアは、“五輪は成功した”と大々的に喧伝してくるはずです。本当は“この五輪に大義はあったのか”“どうして次々に不祥事が起きたのか”“あの開会式でよかったのか”と、問題点を分析すべきですが、政府と大手メディアは“無事に終わってよかった”という空気をつくっていくはずです。でも、それは民主主義を否定するのも同然です。東京五輪は、開会の直前まで国民の4割、都民の5割が”反対“していたのに、開催が強行された。五輪終了後は、コロナ禍の東京で五輪をやるべきだったのか、責任は誰にあるのか、きちんと議論すべきです」と語っています。
      思い出したことばがある
      「ジャーナリズムとは(権力者が)報じられたくないことを報じる
      ことだ。それ以外のものは広報に過ぎない」(イギリスの作家であ
      りジャーナリストのジョージ・オーウェル)
【その2】「桜を見る会」前夜祭 不起訴は不当
  安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前夜祭で地元有権者の飲食代を一   
 部負担した公選法違反(寄付の禁止)などの事件で、安倍氏が不起訴となって
 いたことについて、東京第1検察審査会が「不起訴不当」と議決したことが3
 0日、分かりました。議決は15日付。安倍氏についての捜査が再び始まるこ
 とになります。議決書は「首相だったものが、秘書がやったことだと言って関
 知しないという姿勢は国民感情として納得できない。きちんと説明責任を果
 たすべきだ」と付言しています。
  東京新聞・社説「(略)“桜を見る会”問題の核心は、本来なら招かれないは
 ずの支援者たちを特別に招いた“権力の私物化”にある。その当事者である安倍
 氏自身は、不正の存在を本当に知らなかったのだろうか。
  “政治家はもとより総理大臣であった者が、秘書がやったことだと言って関
 知しないという姿勢は国民感情として納得できない““議決書にある一文は、多
 くの国民が突きつける怒りでもある“」と。
  しんぶん赤旗によれば、検察に審査を申し立てた市民団体が30日記者会
 見、世話人の弁護士らは「議決は申し立てを正確に受け止め、最大限の判断を
 した」と評価したとしています。泉澤章弁護士は「議決をきちんと受け止める
 のであれば安倍氏は議員辞職しかない。間もなく総選挙があるが、有権者とし
 てもしっかり受け止めたい」と語っています。
  そうです。目線の先は 総選挙です。
【その3】財務相の決裁文書改ざん事件
     検察の動向に注目!
  忘れてはならないもう一つの大事件が「財務相の決裁文書の改ざん」です
  す。
   国がようやく開示した「赤木ファイル」は518頁。財務省本省の理財局
  と出先機関の近畿財務局の職員の間でやりとりされたおよそ40通のメー
  ルや改ざんする部分に印をつけた元の決裁文書などが時系列で整理されているといいます。
   赤木さんが『備忘録』と書かれた最初のページ。
  『現場の問題意識として、決裁済の文書の修正は行なうべきでないと本省に
  強く抗議した。
   本省理財局が全責任を負うとの説明があったが納得できない。
   佐川宣寿理財局長からの指示の詳細が説明されず不明確なまま、その都
  度、本省からメールが投げ込まれてくるのが実態だ。
   本件の備忘として修正作業の過程を記録しておく』
   注目し続けましょう!
  ▼Facebookにこんなことが紹介されていました
改ざん文書を官僚が国会に提出した場合の最高刑
アメリカ  終身刑
イギリス  死刑
ロシア   強制労働30年
中国    銃殺
北朝鮮   公開処刑
韓国    大統領を訴追
安倍様の日本は・・昇進 「やっぱり美しい国だわ(怒)」。 (TN)


結構毛だらけ 猫灰だらけ

2021-08-05 10:07:15 | Weblog

憲法とメディア2021正月号

        結構毛だらけ 猫灰だらけ
        安倍のまわりはウソだらけ
謹賀 闘牛年。「この国をまともな国にする年」の幕が上がった。
〇 ―――――――答弁訂正に関する発言の申出について――――――――
私が、本会議及び委員会において、内閣総理大臣として行った答弁について、事実と異なる部分があることが判明いたしましたので、答弁を訂正する発言を行わせて頂きたいと存じます。お取り計らいのほど、よろしくお願い申し上げます。――――――――――――――――――――――――――――――――
これは12月24日 安倍晋三元首相が衆議院議長に宛てた文書だ。
答弁の訂正とは・・・国会で118回も「桜を見る会」前夜祭について虚偽答弁を重ねてきたことについてだ。
〇 118回の中身は
1、 夕食会の収入と支出に関する政治団体などの関与について。「事務所は
  関与していない」と答弁70回。
2、 夕食会を開いたホテルの明細書などの発行について。「明細書はない」
  と答弁20回。
3、 政治団体による不足分の補填について。「差額は補填していない」と答
  弁・衆参両院で28回(衆院調査局調べ)。
〇 訂正発言をしたいのなら本会議や予算委員会の場でやればいいのだが、結果は25日の衆参両議院運営委員会。
  「社長が公の場で嘘を100回以上も重ねた揚げ句、“社員にダマされた“という言い訳は通用するのか。その上、社員だけは詰め腹を切らせ、社長は”初心に帰って全力を尽くす“なんて言い分は通らない」(立憲民主党・辻村清美衆院議員)
  「多額の補填は“不適切な支出”と指摘されるのはまずいと考え、隠蔽のために不記載にしたのではないか」(日本共産党・宮本徹衆院議員)。これに対して安倍は「(秘書と)接触し、話を聞くことができない」と答弁を拒否。
  さらに「補填分の原資は“私のいわば預金から下した」「事務所に手持ち資金として預けていたもの」だと。
〇 これに対して安倍の地元からも厳しい声。「預けてた個人の通帳?から毎年何百万円も引き落とされて気が付かない?」「裏切られた」「議員辞職だ」(朝日新聞デジタル)
〇 記者会見を見ていた人は・・・「私は秘書から言われるままを国会でお話ししました。と神妙な顔でうなだれて唇を噛みしめて“痛恨儀礼”。すべてを秘書にかぶせるのだな」
「責任はもとよりこの秘書を信じた私にございます」「私の監督不行き届きでございます」「責任を痛感しております」と言って深々と頭を下げる。両手を前で組んで誠実さと謙虚さを演出。ときどき無念さを精一杯漂わせて唇を噛みしめる。そこここに「いささかも」とか「もとより」とか時代がかった大仰な言葉遣い。
 かくも重大な事件を安倍本人は不起訴。すべて秘書におっかぶせ。「今後とも一議員としての責務を全うし責任を果たしてまいる所存です」「国民の皆様には誤解を招いて申し訳ございませんでした」
 これで幕引きというのか!ゴメンですむなら警察も検察も裁判所も刑務所もいらんわい。


〇 知人のFさんから「寅さん」の啖呵売(たんかばい)の決め台詞が届いた。
「結構毛だらけ 猫灰だらけ 安倍のまわりはウソだらけ」。
  文章とは無関係だが、この写真は番組宣伝マン時代に渥美清さんと一緒に撮った写真だ。二人とも若かった。
〇 数ある嘘の中でも最も卑怯な嘘は、他人に罪をなすりつけるためにつく嘘だと私は思います。コロナ禍で苦しむ世界の中で、嘘をつかないというルールがいかに大切なことか。わたしたちは今 思い知らされています。(12月26日 TBS「報道特集」で金平茂紀さん)
〇 自民党議員の三大伝統芸
1、 悪事がバレたらすべて秘書のせいにして自分は知らぬ存ぜぬ。
2、 悪事がバレたら仮病で緊急入院
3、 悪事がバレたら「虚偽答弁」と「ごはん論法(パンを食べたにもかかわらず、ご飯は食べていないと論点をずらして逃げるという論法)」と「お答えは差し控える」で国会閉会まで逃げ切り、あとはホトボリが覚めるのを待つ。(きっこのブログから)
〇 茂木外相の政治団体。使途不明の支出が1億2000万円以上。全体の9
 7%占める。(東京新聞ウエブ)
  声あり「おい茂木よ、まさか“私の秘書が”なんて言い訳は通用しないぞ」。
〇 自民党の二階幹事長、自分を含む菅首相らとの大人数会食に批判が出て
 いることについて。「会食を目的にやっていない。意見交換を考えてやって
 いる」。会食でなく意見交換だと。
● 外出を控えていたらメモ書きが増えました。何の脈絡もなく書いてしまいましたが、「この国をこのままにしておくわけにはいかない」思いは募るばかりです。今年こそ!です。

一夜明けて見た光景は   六本木まで見える一面の焼け野が原

2021-01-19 16:50:36 | Weblog
--------全国空襲被害者連絡協議会のホームページに寄せたものの転載です--------

 戦後76年経とうとしている今年になって、やっと空襲被害者救済法案が国会に上程されるかどうかの正念場を迎えています。これは東京大空襲を体験したぼくの奥さんの「思い」を代筆したものです。

                      話した人 仲築間 みき
                      代筆   仲築間 卓蔵

 あの頃(1945年)、昭和でいえば20年の3月、銀座7丁目の叔父夫婦の家に住んでいました。当時女学生でしたが、勉強なんかそっちのけで王子の軍需工場に動員させられていました。連日、空襲警報のサイレンを聞きながらの仕事は鉄砲の弾づくり、私の担当は検査係。なにせ女学生がつくるのですからそのほとんどが不良品。それでもつくらされていましたから不思議ですね。
 3月11日の朝。「ぼくんち焼けちゃったよ」と深川に住んでいいた弟が母親と一緒に素足のままの格好でころがりこんできました。後で分かったことですが、3月10日の、いわゆる「東京大空襲」です。どこの橋を渡ってきたのか、よくぞたどり着いたものです。これも不思議です。そのときの死者10万人、負傷者100万人といわれています。
 「東京大空襲」といえば3月10日が知られていますが、私にとっての東京空襲は5月24日から25日にかけてのいわゆる「山の手大空襲」です。その頃は強制疎開で銀座7丁目から、なぜか赤坂の芸者さんの置屋に移っていました。
 近所の置屋の物干し台に女ものの「白い腰巻」が干してあったのがなぜか印象にあるのです。「白いものを干していると空襲を免れる」というおまじないだというのです。白いものといえば「降参」の白旗ですよ。そのおまじないも通じませんでした。けたたましい空襲警報音。叔父に「今日こそは覚悟しろよ」といわれて慌てて地下鉄の赤坂見附駅に向かいました。
 避難場所は地下鉄の駅といわれていましたが、私たちが着いた時にはすでに満員。途方にくれていると「あっちに行こう!」という男性の声。つられて駆け出しました。近くに焼夷弾が落ちました。遅れていたら直撃だったかもしれません。
 やっと着いたところは坂を上ったところにある永田町小学校。男の人たちが延焼を防ぐためか校舎に水をかけていました。まんじりともせずそこで一夜を明かしました。
 目が覚めて見た光景は、六本木まで見える一面の焼け野が原。これが私の東京大空襲です。
 その後、母の実家の新潟の三条に避難しましたが、やがて広島・長崎に新型爆弾(原爆)。お年寄りに聞いた話ですが「こんどは新潟に落とす」というビラが降ってきたそうです。あのまま戦争を止めることができていなかったら・・と思うとぞっとします。「戦争反対!」・・の言葉よりもっといい言葉はありませんかねえ。
総務省の2019年人口推計によれば、戦後(1945年以降)生まれは総人口の84.5%だといいます。戦争体験者がゼロになる時代はすぐそこにまできています。私は1930年生まれですが、耳が遠くなってきた程度でまだ元気です。
 空襲被害者を救済する法案が国会に上程されるかどうかの正念場をむかえていると聞いています。空襲被害者のみなさんのご苦労はいかばかりか・・。法案成立を心から念じています。           

「移動自粛解除」であれば 海水浴場開放も! そして 海水浴場に夏が来る!

2020-06-22 13:49:00 | Weblog
鎌倉の環境を愛する会に投稿したものの転載です。

海水浴場は「異例の夏」
新型コロナ禍の先行きはいまだに見えない。
行動の「自粛」とやらで神奈川県下の海水浴場は「2020年開設せず」となっている。
 県内の海水浴場は全部で25か所。
 横浜の金沢区海の公園海水浴場からはじまって三浦海岸、大浦、新井浜、和田、横堀の海水浴場。横須賀は猿島、長浜海水浴場。葉山は長者ヶ埼、一色、森戸海水浴場。逗子海水浴場。大磯海水浴場。サザンビーチちがさき。藤沢は辻堂、片瀬西浜、片瀬東浜の海水浴場。平塚は湘南ベルマーレひらつかビーチバレー。小田原は御幸の浜、江之浦海水浴場。湯河原海水浴場。真鶴は岩海水浴場。
 そして鎌倉は腰越、由比ガ浜、材木座海水浴場。
 神奈川県のホームページは「残念ながら開設せず」「異例の夏の海となりそうです」と残念がっている。

都道府をまたぐ「移動自粛解除」となったが
 そこで「移動自粛解除になったが、海水浴場開設しない方針方針は変えないのですか」と神奈川県に訊いてみた。
 返事は、「変えない」である。自粛解除後の判断は「各市の判断となっているが、各市とも“開設せず”に変更はないといっている」そうだ。同時に「変更があったとしても、間に合わない」という判断である。
 昨年の県下の海水浴場利用者は320万人。

鎌倉は?・・
「開設せず」を考え直せないか
 そこで鎌倉市役所に訊いてみた。
 返事は県と同じだ。ちなみに昨年の鎌倉の海水浴客は35万5千人だった。
 「移動自粛」は解除となった。間もなく梅雨も明ける。
 海の家業者のみなさんはどんな意見をもっているのか、このことも市に訊いてみたら、「今からとりかかっても採算がとれないといっている」そうだ。
 海の家なんて 無くてもいいのではないか?
 思いっきり海水浴を楽しみたい!人のために、鎌倉独自の対策を立てることはでなきないものか。
◆ 利用者は、いまはやりのソーシャルなんとかでのびのび間隔をあける。
◆ 市は、ライフガードといううのですかね、監視員を置いて安全対策をする。
◆ 食べ物、飲み物はもちろん各自持参で。

 そんなことで 鎌倉に夏がきたーーッ。ということになりませんかねえ。
                           

アメリカは変りはじめたか?

2020-06-09 12:52:27 | Weblog
 6月7日投開票の沖縄県議選。
 玉城デニー知事の与党が引き続き過半数を占めた。沖縄のみなさんごくろうさまでございました。ばんざーい。
 次は、7月7日投開票(予定)の東京都知事選。
 やったふりの「小池都政転換」を目指して弁護士の宇都宮健児さんが市民と野党の共同候補として立ち上がりました。
 ぼくは都民ではないが、都知事選は他人事ではありません。
 
 目をアメリカに転じましょう。
 白人警官による黒人男性殺害事件。映像を見ました。周りにいた警官に止める気配はありません。「差別」を改めて目にしましたね。
 警官隊らにデモ隊排除を命じたのはトランプ大統領でした。

 マティス(前)国防長官は「米国民を分断しようとしている」と警告しました。
 エスパー(現)国防長官はワシントンに派遣した約700人の兵士に帰還命令を出したそうです。
 首都ワシントンDCのバウザー市長は、抗議デモのスローガンにちなんで、ホワイトハウス前通りを「ブラック・ライブズ・マスター(黒人の命は大切)広場」にかいめいしたそうです。
 アメリカは変化し始めたのでしょうか。
 日本もてをこ手を拱いているわけにはいきませんねえ。
 「アベ政治NO!」のうねりを、いまこそ、ですね。