ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

後味の悪いラスト

2014-05-27 18:40:36 | Weblog
標記の件、作品を挙げていくというものがあった。
私なら何を推薦するだろう。ドニー・ダーコか??
否、「遠すぎた橋」だろう。

「原因は別にある
 上が勝手に号令をかけると―
 部下が死ぬのさ」

なにそのゼンショーワタミ、怖。
コメント

選挙脳

2014-05-23 22:38:46 | Weblog
今日出勤途中に選挙の街宣を見かけた。
憲法9条ガー。とか。
まあ、そこまではいい。
ただ、原子力ガー。のところで、
「広島長崎に落ちた原爆は“1発で一瞬のうちに”30万人を殺した」
とか言ってた。
広島出身だからいえるが、それはなんでも盛り過ぎである。
そのほかにも、
「忘れちゃならない東京大空襲」とか。
そもそも原爆と原発はちがうものだし、
憲法守ろう自衛隊は違憲、というのは、話のすり替えでナンセンスだと思うわけ。
戦争は悲惨だから守ろう!なら話は分かるのに、
戦争は悲惨だから防衛力はなくそう!では、積極的に「東京大空襲を擁護しているようにしか聞こえない」。
そもそもが間違っている。
そういえば知人にいたなあ、仕事でミスったからこれからパソコンは使用しません宣言した人が。
それと同じぐらいナンセンス。
コメント

Webページ「死にたい、消えたい、人生に疲れた方への治療的カウンセリング」の個人的改訂

2014-05-22 17:34:44 | Weblog
昨今何もうまくいかず、死にたいとやっぱり思う自分がいるわけである。

そういうわけで、いろいろとネットを閲覧しておったのだが、こんなページを見つけた。

「死にたい、消えたい、人生に疲れた方への治療的カウンセリング」
http://cocoro-sora.net/COUNSELING/suicide.html

基本的には、言わんとしていることに賛同する。
否、究極的に問題は解決しているのである。だが、方法論と実践論が異なり、「死にたい、消えたい」と思う者たちは、それが出来ないのである。

で、主に改訂部分なのだが、

>つまり、“死にたい”という自己催眠を、毎日かけているようなものなのです。

というところについて、補足を入れたいわけである。
自己催眠もさることながら、上記webページで紹介されているように、我々は生きる辛さが死ぬ辛さよりも上回っている状況なのである。これからの何十年間の将来について想像するに、それはそれは生きる辛さの量×時間と、死ぬ辛さの量×時間は、天秤的に明らかに死ぬ方が軽いのである。つまり、我々は将来についても完璧主義を求めるあまり、悲観し、その将来の苦難を「測定」して、合理的に「楽になる方法」に傾倒しているだけなのである。

もう一点改訂事項がある。
すなわち、我々、特に私の場合は「発達障害」で顕著と思われるが、日常生活という生活のハードルが高く、それ故に出てくる障害に対し、一般人からは「どこにそんな不満が」、という顰蹙を買い、なおさら孤立しやすいのである。
コメント