ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

福祉テロ

2015-11-18 19:50:42 | Weblog
以前の日記で、「眼瞼痙攣」であると述べたな。

あまり知られていない病なので、概要を述べよう。

繰り返しになるが、瞼が瞑ったままになってしまい、事実上の失明に至る病である。
原因は不明。故に治療法もない。

対症療法として、ボトックス(美容整形で聞くやつであり、ボツリヌス菌の毒素である)を瞼に注射することで、一時的に症状は軽減される(治るとは言っていないところがミソである)。

このような病であるが、あまりに無名なため、医療費等の福祉や障害者手帳の認定などはなされていない。

結果、患者はフォースを使って生活するか、高額なボトックス注射を生きている限り受け続けなければならないかの二択を迫られる。
また事実上目が見えないのだから、仕事にも大きな支障をきたす。

眼の機能自体は正常であり、瞼やむしろ脳の病気と捉えたほうが適切だと考えられる。

では精神科や神経内科の出番かといえば、ここが現代医学の限界であり「原因不明」「治療不可能」なところである。
現代医学の敗北である。

最初から盲目の人と違って、見える状態から失明に落とし込むあたりに意地の悪さを、
杓子定規過ぎて目が「事実上」見えなくなるのに何の補助も提供されないあたりに行政の怠慢さを感じさせる一幕がある。

まあ、こういったことは精神を病んでいると往々にして観察できるので、「微笑ましい日常」であろう。


ボトックス注射は、下手をすれば20万円以上/年かかるので(これでもなんと健康保険適応後の値段である!)、患者には大きな負担となる。

このボトックス注射に健康保険が適応されたのも21世紀以降であるので、行政に限らず日本の社会の腰は重い。

しかし障害者でもなければ、何の規制もないので、法律上車を運転することは可能である。

というわけで、眼瞳痙攣を発症した状態で「合法的に」車を運転して大事故を起こし、

「眼が見えませんでした!」

で押し通せば
、少なくとも騒ぎにはなって事後的に対策なり福祉なりが動く、というアプローチをすることも出来る。
てんかんの時の様に。

もちろん、運転して事故を起こした場合、「眼が見えないとわかっていて運転した」のであるから、裁判は有罪であろうが、直接行動としてはできることはできるのである。

それを社会では「テロ」といい、患者では「人柱」という。

そうしなければ動かない日本の行政は案外外山恒一が言うとおり「ぶち壊す」以外にないのかもしれないが、
とはいえ自棄になって「テロ」をしたところで協調に重きを置く日本社会の中での風当たりなども考えると、
やはり黙って耐えるのがベターな選択といえる。

さて、目が見えないので(手で瞼を無理やり開ければ見えるので余計に)いろいろと不便である。

精神、視覚ときて、これに聴覚までやられたら、「ヘレン・ケラー」ネタを掲げて吉本喜劇の門をたたこう。
不謹慎とかいう輩は、その時点において当人が差別的感情を抱いていることを思い知らせるようなジョークを考えるのもいいだろう。

「w」を指さして「ヒャッハー!水だ!」とか言ってみたいものだ。
大丈夫、精神も障害者なのでな。

そんな儒教的日本の世の中であるが、直近ネット上で「内定を取りやすい教育」というようなニュアンスの記事を見かけた。
一昔前にはやった「いい大学に合格させるための教育」の焼き直し版であるな。
きっと次は、「仕事で使える人間に育てる方法」が流行るに違いない。

こういった点や、以前述べた鬼畜牟田口の作戦を追認・促進させた官僚主義的な側面を存分に引きずる日本社会は、なかなか歪である。

歪さを根治する方法は、きっと眼瞼痙攣と同じく、無いのだろう。
ボトックス対症療法のように歴史は繰り返しで軌道修正を定期的にかけていくのが、「正しい」人類史の発展の仕方なのかもしれない。

もちろん、この状況を治す・治さない、その手段についての方法が政治家先生の居眠り会議であれば、なんだかイスラム国の強硬テロ手段の方が立派に見えるから不思議である。

しかし(イスラム国人は)地獄行く。

古いネタを披露して、本日の日記の終わりとしたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 力のインフレ化を借りた異文... | トップ | 連結アスペ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (吸い和尚)
2015-11-30 21:00:47
おいたわしや…!いつの間にそんなことに。自分も以前原因不明の頬の痙攣が三カ月ぐらい断続的に続いていたのですが、調べたらやはり治療法無しという始末。放って置いたら次第に直ったのでストレスか何かが原因だったのかも。
なんとか症状緩和すると良いのですが…。
Unknown (偉大なるロード・マーシャル様)
2015-12-10 19:18:16
吸い和尚様

精神薬を服用していると、発症率が上がるというデータはあるみたいですね。但し、治療法はないので、「服薬を中止したら治る」とはならないみたいです。
ボトックス注射を受けております。お値段ウン万円/2~3月。
高額医療にも、難病にも、「眼は正常」なので障害者でもなく、断裂の谷間に落ちた状態です。

福祉という制度は、元来、「○○だから△△」という「範囲指定制」ではなくて、「スペクトラムな制度」の方がいい気がしてなりません。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事