ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

前回の続き(その2)

2005-02-28 13:38:11 | Weblog
第2は、中国はそもそも少子化にならないというものである。確かに一人っ子政策はあるものの、その政策がはたして本当に効果的にに機能しているかは疑問である。つまり、法の網をかいくぐり産まれてきた多数の子供が結果的に将来の新たな労働力となるのである。
以上、二つのパターンを述べてきたが、いずの場合も我々は将来、中国の非常識さを目の当たりにすることが出来るのである。前者の場合は国家の、後者の場合は国民の非常識さである。
将来が楽しみである。
コメント

前回の続き(その1)

2005-02-28 13:23:40 | Weblog
中国における高齢化社会について考える上で、我々は必然的に二つの予測を導き出す事が出来る。
まず第一は、一人っ子政策によって我々の想像どおり少子高齢化が進んだ場合である。この場合、中国の国力は苦しい状況に追い込まれるだろう。これにより中国が暴走することも考えられるが、人口増加に対する先の政策から、最も可能性が高いのは問題の根本的解決、つまり負担となる高齢者の削減に着手するというものである。具体的には、65歳以上の老人の処刑などである。
あの国ならやりかねん。

コメント

中国における高齢化社会の考察

2005-02-28 13:07:21 | Weblog
今L.M.は世界玉葱撲滅協会の活動の一環として日本における1番の玉葱生産地、北海道を視察するため新幹線にて移動中である。まあ、これについてはまた次の機会に触れるとして、とりあえず暇なので、中国における高齢化社会の考察を書くことにする。
中国はその急激な人口増加から一人っ子政策を実施してきた経緯がある。その当然の帰結として将来恐るべき高齢化社会が待っていることは容易に想像出来る。しかし今回問題にしているのは中国である。あの、4000年の歴史が醸しだした、香しい中国である。
続く
コメント

ホリエえもん

2005-02-26 23:58:48 | Weblog
「たったいへんだ~!!ホリえも~ん!しっ新株予約券が発行されちゃうよ~!
せっかくとった日テレの株の価値が無くなっちゃうよ!!」
「なっなんだって~!」
「どっどっどうしよう!!!このままじゃフジテレビをのっとるどころじゃないよ~!!」
「フフフフフ、大丈夫 貴文君。司法制度~!!」
というわけでホリえもんが一喜一憂したりフジテレビが産経グループで日テレの毒薬が時間外取り引きで民主党がライブドアで自民党がフジテレビで会長の表札がローマ字で意外と良くてと、
いい感じにこんがらがっていたのに、ついに司法の場に争いが移ってしまった。
つまらぬ。
今回の件はL.M.としては別にどうなってもいいのではあるが、何というかホリえもんのほうがネタ性に富んでいるので上記の会話を作ってみた。
まあ、今回のホリえもんの行動は、今までに日本にない時間外取り引きを持ち込んだということで、ある意味画期的で、こういうことに疎い、イメージ的にぬるま湯の日本企業に対していい薬になったのではないかと思う次第であるが、企業的、企業倫理的にはともかく、せっかく日本では新しいスタイルを持ち込んでくれたのに、いざ今度はこちらが同様に新しい手段で対抗されたときだけ司法制度に泣き付くというのは、やはり所詮ホリえもんも日本人というか、中途半端というか、今までにないスタイルで旧体質を壊すというイメージがあるのだから、正々堂々と戦えよというか、とにかくロード・マーシャルとしては嫌いである。
まあ、別にどうでもいいな。
どうせなら、ホリえもんはテレビ朝日を買い取れば良かったのではないか?そうすれば一部の人間からは神扱いされたであろうに。ネタ的にも、事件的にも、そっちのほうが数段面白かったであろう似。
いずれにせよ、リーマン・ブラザーズは勝ち組みである。
コメント

犯罪

2005-02-25 17:53:26 | Weblog
犯罪者の巣窟三種の神器
「新聞拡張員」「土木建設作業員」「塗装工」
そしてそれらを統括する犯罪者の至宝、「無職」
ニートももちろん無職!
なに?職業差別?そういうことはちゃんと職業別犯罪者率を調べて言え。何も調べずにいちいち噛み付くほうが負い目があるというか、何か構ってもらおう都合の自分にいい事だけ言って他の意見は無視と非難するしか能が無い暇人「市民団体」というか、逆に「意識」することでよりタチのわるい「無意識」の差別をしているではないか。
コメント

帰省

2005-02-23 14:47:58 | Weblog
さて、これから実家に帰省するわけであるが、有り難いことにこのブログは携帯からの更新が可能である。従って場所を選ばず更新が出来る、大変便利な代物である。
まあ、比類なくダメな事は、携帯から更新する場合、メールにて更新するわけであるが、L.M.の携帯がDoCoMoであるために、約250字しか書けないことであるな。

コメント

試験

2005-02-22 23:13:39 | Weblog
テストである。
コメント

勧誘

2005-02-18 20:59:41 | 日常
宗教勧誘にあった。渡されてきたパンフレットの中は、なにやら神が約束された楽園がどうのこうのという内容であったが、特に印象的なのは描かれていた絵である。



ああ~、なんだか楽しそうだねぇ~。みんな笑顔で満ち足りてるようだ。よく見るとライオンと女の子が触れ合っているではないか。



「実際にあなたは、神の天の政府が地の悪を一掃してこの新しい世を支配することを祈り求めているのです」
「憎しみは偏見は存在しなくなり、ついには地上に住む人すべてが真の友人になります。」
「神の王国はやがて動物同士の間に、また動物と人間との間に、エデンの園にあったような平和な関係を回復するでしょう」
「たてがみのある若いライオン、肥え太った動物もみな一緒にいて、ほんの小さな少年がそれらを導くものとなる」
・・・・ああ~、見事に頭の中がイイ感じに脳みそヨーグルト化しているなぁ~。
いや、ここで「ライオンって肉食動物じゃなかったっけ?」
というやぼな質問はするつもりはない。たとえそれがどんなものであろうとも、宗教、思想の自由は存在している。しかし・・・・



ただ信号待ちで隣にいたというだけの、それ以外何の接点も無い人の自転車のかごの中に、強引にパンフレットを押し込むのはいかがなものか。おまえら自身が憎しみや偏見を増やしているのではなかろうか・・・。考える内容は自由であるが、それを人に押し付けるのは犯罪である。
ともあれL.M.はオウミ心理教の敬謙な信者である。
コメント

疲れた

2005-02-18 02:52:09 | 日常
なんというか、丸2日間ほとんど眠らない状態で、風邪を引いて、胃腸の調子がいろいろとアレな状態で、知人の比類なくダメな初心者運転の車に乗って、嵐の海の中釣りに繰り出していくと、やっぱり効いてくるな。
コメント

小さいとはいいものである

2005-02-16 03:09:04 | ネタ
「満足している」と供述 小林容疑者、追起訴へ

諸君、ロード・マーシャルは小さい子が好きだ。
諸君、ロード・マーシャルは小さい子が好きだ。
諸君、ロード・マーシャルは小さい子が大好きだ。
その姿はとても小さく、幼く、かわいく、常に我々を挑発し、苦悩させ続ける。このような小さい子を前にして誰が欲求を抑えられようか、私は小さい子が大好きである。
なに?気持ち悪いだと?ならば見せてやろう、小さな子がいかに素晴らしかを。








どうだ!なんとかわいい仔達であろうか。やはり仔はいいものであるなぁ。
はぁ?人間の子供?なんでそんな見苦しくてうざったい奴らを好きにならないといけないんだ?あんなバカづらどものどこがいいのだ?そもそもロード・マーシャルは甘えたい派なのに、なぜガキなんかに興味を持つ必要があるのか?まったく、ロリコンとかいう奴らは理解不能である。
コメント