ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

スター・ウォーズEP8

2017-12-31 14:44:32 | Weblog
観てみた。
色々と言いたいがあえて一言。

緩急の付け方が雑。

まあ、あまり良くはないな。
内容も…。
コメント

いずも型×F35B型、に関する当ブログの見解

2017-12-29 04:48:08 | Weblog
標記の件、検討しているとかなんとか言っているが、当ブログの見解は以下の通りである。

「対日貿易にうるさいトランプ政権にポンコツを押し売りされそうになっているので、
 どうせなら使えもしないし、北朝鮮のハッタリ並みながらも抑止力をアピールしてみる日本政府」

問題点は搭載機がB型の一言に尽きる。
いずもはその性質上、垂直離陸できるF35のB型しか搭載できない。
大改装を経てスキージャンプ勾配をつけても同様である。

垂直離陸できる航空機というものは素敵なことのように思えるかもしれないが、実は「欠陥」と言われているほどの出来栄えである。

何故なら、翼なしで飛行機を飛ばす=垂直飛行するためには膨大な量の燃料を必要とする。
かつ、垂直上昇機構は離着陸以外は完全なデッドウェイトになるため、機動性もそがれる。

現在実用化されている垂直離着陸機ハリアーⅡも、わずか90秒の垂直飛行能力の代償に、このご時世マッハ1超え出来ず、航続距離は短く、機動性も兵器搭載量も悪く、湾岸戦争ではF18の7倍の撃墜率となった。

話をF35のB型に戻すと、こちらも航続距離で3割程度、兵器搭載量で2割程度、荷重制限もA型(普通型)が9Gなのに対して、B型は7Gであり、機動性や航続距離、兵器搭載量での悪い妥協が伺える。

また垂直離着陸機は複雑な構造を持つことから、整備性が悪いし、操縦性も悪い。

故障や難しい操縦で事故が起こる→原因究明まで飛行禁止→練習時間激減→事故再び→飛行禁止、以下無限ループ

という「スペックに見えない」デメリットもある。
事故率はオスプレイが素足で逃げ出すレベルだ(オスプレイ自体実は結構データ的には安全なのだが)。

また空母としてF35だけを搭載すれば良いというわけにはいかない。
艦隊の対潜能力や救難、その他の為にはヘリも積まなければならず、機動性も兵器搭載量も航続距離も使い勝手も悪いF35B型はいずも型に10機搭載できれば御の字であろう。
もちろん、その為に新八八艦隊計画のヘリ搭載量を妥協しなければならない。

そもそも、F35のB型はアメリカ海兵隊向けの仕様である。
日本の自衛隊とアメリカの海兵隊は、防衛計画の大綱における「離島防衛」に関して少しばかり共通点はあるものの、戦争目的は異なる。
航空自衛隊がA型を配備しつつある現在、2隻のヘリ空母に無理やりF35の、それもB型を搭載するメリット・意味は全く分からない。

どうしてもやりたいというのならば、防衛計画の大綱に示唆された新型強襲揚陸艦の設計段階でF35B型を搭載するよう考えたほうがはるかに合理的である。
もちろん、それとて搭載しただけで大きな意味はないであろう。

以上のことから考えるに、最初の見解が導かれるわけである。
北朝鮮なみのハッタリなので、日本の戦略的外交も同レベルであると言えるが、お里が同じというか、所詮はその程度という事かもしれない。
コメント

それは罪?

2017-12-27 06:02:30 | Weblog
近場のパチンコ・パチスロ屋がギルティクラウンなるアニメに関連したものを導入したとかなんとか。

別にパチンコ・パチスロに興味はないし、ギルティクラウンというアニメにも興味はないのであるが、以前そういえば何も知らずに「ギルティクラウン」に関する日記を書いたことを思い起こし、記す。


当ブログ所感

「友達を武器に戦う」→「それなんて督戦隊」


鋼の男(スターリン)的所感

「友達?同士、それは如何なる敵なのかね?」



罪は人間の関係性によって作られる。
「ギルティ」なる言葉を持つものについての「総括」として以下のアネクドートを当ブログは提唱したい。

囚人1「お前さんは何の罪で刑務所にぶち込まれたんだい?」
囚人2「1950年にベリヤを批判したからさ。そういうお前さんは?」
囚人1「1953年にベリヤを擁護したからさ。そこのお前さんは?」
囚人3「私はベリヤだ」


アドラー曰く「全ての悩みは人間関係にある」そうだが、これが真実だとすれば、
極端な解として、スターリンの「死が全てを解決する。人間が存在しなければ、問題も存在しないのだ」もまた真実でろう。
コメント

続Xデー

2017-12-26 04:14:24 | Weblog
Xデーが過ぎ、二つの事案が確定した。
まあ、個人的なことなので良かろう。

さて、本日もスマトラの地震と津波の日なので、自粛はすべきである。
浮かれる暇があったら自粛しろ。

そういえばすでにスター・ウォーズのEP8が公開されているが、
その前作(というか脚本穴埋め)「ローグ・ワン」において、クレニック長官生存ルートがあったことは驚きである(最終的にベイダーに処刑されるそうだが)。
しかしこのクレニック長官、前々から言っている通り、悲劇の中間管理職と言われている割にはやり方が外道である。
成果を自分のものと主張する上昇志向はいいが、それではゲイレン・アーソはもとより、ジオノーシアンも浮かばれない。
コメント

前日

2017-12-24 05:19:12 | Weblog
前回の日記は突っ込みどころを2点、用意していた。

第一の点。
「ボッチマス」ではなく、「クリぼっち」のほうが一般的な点。
これはまあいい。

第二の点。
「震災から8年」としているが、これは誤りだ。
特に何の抵抗も感じなかった者は、東日本大震災への追悼と自粛となにより「記憶」が足りないと言えるので、今からでも遅くないので被災者を勘案して、喪に服するべきである。
あるいは、韓国のように日本大使を呼びつけて目の前で原爆を題した酒盛りをするぐらい日本嫌いだったり、当ブログぐらいどうでもいいという感覚なら別によかろう。

そのようなわけで、明日はキリスト教とか以前に当ブログとしても重要な日であり、本日はXデー前日として、ニイタカヤマノボレ1225を発信する次第である。
・・・壮大な敗北フラグであるな。

そういえば本日は総統(中華民国・第5代)の忌日でもあるな。


イエス・キリスト、イエス・浄化。
(あらゆる勢力の)民族の浄化は原罪の償いである。
コメント

クリスマスvs自粛

2017-12-22 05:54:44 | Weblog
大統領
「どうもよくわからんのだがね、アレクセイ。クリスマスを祝えばSNSを炎上させると首相は強迫しているのかね?」

大使
「違います、自粛同調圧力は自動的に発動するようにできている!」

大統領
「しかし震災から8年も経てば」

大使
「時間で忘れようとすれば、ただちにタブーになるように出来ている!」

タージトソン
「大ボラですよ、大統領!それは奴ら得意のこけおどしです!現実をご覧ください!クリスマスへの単なる僻みだ!」

大統領
「自粛ばかりじゃ自分たちの息もつまるでしょう。なんでそんなバカげたものを」

大使
「反対もあったが、これが一番自然な流れだと判ったのだ
 大戦謝罪はいつ終わる?
 国内ではやれ福島だ、気仙沼だと騒いでるし、自粛同調圧力はなんとSNSで冷や水を浴びせるだけでいい
 だがそれよりも何よりも、アメリカも同様の雰囲気が醸し出されていると聞いた、自粛格差は困る」

大統領
「デマにもほどがある。私はそんなものは承認していない」

大使
「トランプ氏の迎える9月11日が楽しみですな」

大統領
「真偽のほどは?ヒトレンジラブ博士、どうなんだ?」

ヒトレンジラブ
「しばしお待ちを、大統領
 毎日自粛局長官として、私に与えられた権限に基づき、
 昨年ですが私は、確かに同様のムードの検討を東京電力に依頼しました
 しかしその報告書を見た私の結論は、計画打ち切り
 自粛ムードは、世の中に好影響を与えるとは思えなかった。その理由は、今や誰の目にも明らかといえるでしょう」

大統領
「しかし、そのムードの開発はできるのかね?」

ヒトレンジラブ
「大統領、社会構造的には最も未開な文明でこそ可能なレベルです
 自粛しようというムードは、作れる」

大統領
「しかし、自粛が自発的で皆が従うとはどういうことなんだね?」

ヒトレンジラブ
「大統領、それこそまさに、このムードの必須条件
 浮かれた連中に、事実を横流ししてこちら側の意図を強制させる
 こうすれば、祝えない
 自粛ムードは蔓延までのプロセスを社会的かつ自発的に任せることで、人格的な要素を廃除しているわけです
 単純にして正確、だからこそ、真に恐ろしい、経済を停滞させるレベルだ」

大統領
「完全自粛と言っても、どうやって」

ヒトレンジラブ
「現代のネットワークは過去と比べ物にならないレベルに来ている
 悲劇の有った日々を検索し―」

タージトソン
「ヒトレンジラブか、妙な名前だな。
 第一日本人だろ」


将軍2
「アメリカに(原爆で)気化された時に名前を変えたんだ。
 もとはボッチマスらしい」

タージトソン
「ああ、通りで日本人くさいと思った」

ヒトレンジラブ
「しかし、真面目な追悼の雰囲気を作ってこそ、自粛ムードは機能するのだ
 ネタにしては双方から批判が来てしまう!何故こんな日記を書いた!」

大使
「クリスマスのネタがなかったから書いた
 首相はせっかちでね」


~中略~

航法機関士
「ああ、震災から8年も経つと喉元過ぎると熱さ忘れるというか、クリスマス自粛は難しいです」

コング少佐
「どんな状況だって知るか?とにかく東日本大震災でクリスマスムードを自粛させるんだ!」

航法機関士
「させたくても、世間が忘れているので、むしろそのまま平穏に過ごしては」

コング少佐
「バカ言え、せっかくの“爆弾”を捨てられるか!どこか近くに出来事は?」

航法機関士
「近くに阪神淡路大震災があります。日付は1月17日。運がよければバレンタインも自粛できるかも」

コング少佐
「よし、阪神淡路大震災だ。いそいで自粛資料を集めろ」
コメント

セカイノオワリのRPG

2017-12-20 20:08:38 | Weblog
今更感がすごいが、曲「RPG」のPVを見る機会があった。

「なんという、インスタントミュージック」というのが所感であるがそのほかの雑感を。

メンバーの胸に、「ギセイ」だとか「Peace」だとか「Justice」を皮肉ったような感じで映すシーンがあったが、ここについて。

「ギセイ」を可愛く表現するのは賛同する。
日本は犠牲が美徳の狂った国家であり、特別攻撃隊が賛美される理解しがたい価値観を持っている(特別攻撃隊が犠牲かという議論はまた別だが)。

しかし、「Peace」を血塗られた表現にするのは、皮肉にもテーマにもならない。
この国は、「軍隊を持たず永遠に平和を唱える」(表面上は)不可思議な国家であるが、
人類史を紐解けば、平和とは戦争と戦争の間の準備期間に過ぎないことは容易に判る。
そもそもが、最も争いを隠す便利な道具、多くの人が賛同しやすい妥協の産物である。
従ってこれを血塗られた表現にしても、何の新規性もテーマ性もない。

「Justice」についても同様だ。
ミサイルの形をした「正義」が降り注ぐが、そもそも異なるイデオロギーを持つ者同士で、片方が片方にイデオロギーを強制する場合、
言葉・圧力・戦い、形態を問わずそこには力が生じる。
逆に言えば力の伴わない正義も成り立たないのである。
そもそも正義など人の数だけある、的なこともありきたりに言われている中で、
正義の行使に武力を伴うことを表現したところで何の新規性もテーマ性もない。

そんな雑感も得た。

まあ、歌詞の深さがどの程度かは人それぞれだが、まあいいんじゃないだろうか。


以下、ソヴィエト・ロシア的歌詞解釈

空は青く澄み渡り 海を目指して歩く(ソヴィエト・ロシア伝統の南下政策)
怖いものなんてない 僕らはもう1人じゃない(共産主義の名の下の平等)

大切な何かが 壊れたあの夜に(赤い十月革命)
僕は星を探して 1人で歩いていた(赤星)

ペルセウス座流星群 君も見てただろうか
僕は元気でやってるよ 君は今どこにいるの(ベルリンの壁分断による家族の悲劇)

「方法」という悪魔に 取り憑かれないで(資本主義への警鐘)
「目的」という 大事なものを思い出して(原初理想社会)

空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖いものなんてない 僕らはもう1人じゃない(フィンランド化)

空は青く澄み渡り 海を目指して歩くハ
怖くても大丈夫 僕らはもう1人じゃない(チトー主義)

大切な何かが 壊れたあの夜に(レーニン死去)
僕は君を探して 1人で歩いていた(チトー主義)

あの日から僕らは 1人で海を目指す(スターリンの一国社会主義)
約束のあの場所で 必ずまた会おうと(シベリアとか)

「世間」という悪魔に 惑わされないで(ソヴィエト・ロシアでは世間があなたを見る!)
「自分」だけが 決めた答えを思い出して(口に出さないところがミソ)

空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖いものなんてない 僕らはもう1人じゃない(プラハの春)

空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖くても大丈夫 僕らはもう1人じゃない(督戦隊という味方)

煌めきのような 人生の中で君に出会えて
僕は本当に良かった(スターリン様ありがとうございます。スターリン様が死んだら神様有難うございます)

街を抜け海に出たら 次はどこを目指そうか(拡張主義)
僕らはまた出かけよう 愛しいこの世界を(勢力拡大)

空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖いものなんてない 僕らはもう1人じゃない(新たな冷戦)

空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖くても大丈夫 僕らはもう1人じゃない(プーチンのロシア)
コメント

スター・ウォーズ追記

2017-12-18 05:19:50 | Weblog
そういえばウーキーペディアにてスローン大提督の記事が「正史」にも載っていた。

彼こそは、
スーパー級スター・デストロイヤー、
デス・スター、
デス・スターⅡ、
スター・キラー基地、
等の強大な兵器を使わずして帝国を復興一歩手前まで持っていった、
スター・ウォーズ史上最高の戦略家かkもしれぬ。

ネタバレが万が一でもあると怖いので正史の記事について詳しく読まなかったが、
もしEP8で出てくるのなら、ちょっとうれしい。
ただそうなるとハックス将軍との立場が微妙になりそうである。
コメント

スター・ウォーズ

2017-12-17 08:32:46 | Weblog
そういえば公開されたな。
今月末に見る予定なのでネタバレは禁止である。

カイロ・レンの成長に期待。
および、ハックス将軍の冷酷さ発動に期待。
コメント

日印同盟

2017-12-15 04:46:14 | Weblog
中国に対抗しようとしたら、自然と思い浮かぶ構図である。
抑止力はインド様にお任せで。

ただ、パキスタンとインドが戦争になったら、結構日本が困るので案外いい手ともいえない。

基本的に他国に国防を依存するのは愚手なので、緊縮財政・少子化のなか、技術の発達によって徘徊型兵器の発展が期待される。

あるいは、現在の日本の国防等考えるに値しないという見方も可能である。
コメント