ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

すべての頂点に君臨するものとしての心得及び目指す人格像

2006-10-26 01:31:54 | 電波
当然のことであるが、偉大なるロード・マーシャル様は全生命のトップであり、これらを率いていく使命がある。

と、このような電波事を言っていたら、

「じゃあ、帝王学を学べ」

と、言われた。

だが、ちょっと待ってほしい。

何もわざわざ、全てを統べるトップである人間が、帝王学を学ぶ必要はないのではないか。
話は逸れるが、以前ゲーム、Hearts of IronⅡで、米帝を目指したプレイをしたと日記に書いたが、実はアメリカ合衆国は一時期、“帝国”だった時期があったのである。

その米帝初代皇帝の名は「ジョシュア・A・ノートン1世」である。

http://www.geocities.co.jp/Playtown-King/2816/flash/norton.html

偉大なるロード・マーシャル様は、このような皇帝を目指すべきである。


他力本願。

偉大なるロード・マーシャル様が信仰する(させられた)、広島某中学国語教師発、オウム真理教空中浮遊限定対抗的新興宗教、“オウミ”真理教の唯一にして絶対の教えである。

教えが簡単なのはいいことである。
拡大解釈ができるのはもっといいことである。




ノートン1世の話の続き―

 ―彼は誰からも奪わず、誰も殺さず、誰も追放しなかった。

余談になるが、彼と同じ称号を持つもので、彼の業績に匹敵する偉業を成し遂げようとしている人物が今現在存在している。
私が思うに、平成天皇はこの意味で、彼と同じ偉業を成し遂げようとしているのではないか。
コメント (2)

緑色の液体

2006-10-25 01:02:45 | 不幸
前回の日記を最後に更新があまりにも途絶え続けていると、偉大なるロード・マーシャル様はあのまま憤死したのではないか。と知人が疑いだしておった。
確かにあのまま憤死しそうな勢いであったが、幸いにもボニファティウス8世ほどの人徳は持っておらぬようで、生きながらえておる。
まあ、あまりにも実験が失敗続きだったので、実験の失敗が20回を超えると、祝!20回突破記念を開催し、禁断の酒━芸術に深く関わりつつも、多くの中毒者や犯罪を産み出した裏の一面も持つ━アブサンでも買って飲もうかと半ばヤケクソになった矢先に、19回目の失敗をしたところで失敗が止まり、なんとも消化しきれぬ感情が残ったり、まあそれでも無理やり強行してアブサンを買おうとした矢先に突然雨が降ってきたり、さらにそれでも強行して購入して帰る途中に、なぜか酒瓶の蓋が外れて大切なアブサンが野外へ駄々漏れになってしまったりするという、たいそうspecialなspecializeされた不幸があるあたり、明らかに何者かの悪意があるとしか考えられない。

神【かみ】:
 超越者、もしくは、この世界を創造したもの。  とはいえ、神頼みで何とかなったことはなく、彼らは実在しないか、耳が遠いか、ひどく意地悪かのいずれかであろう。

          東方千年帝国協会NG党公式用語辞典より引用

全くその通りだと思う。
特に3番目。

家に帰ると、雨の中を移動したせいでどうも風邪を引いたようである。というわけで緑色の薬酒を飲んで寝ることとする。
コメント

保証制度はないのだろうか。

2006-10-11 22:52:41 | 電波
今日も核実験である。核は恐ろしい。放射能によるがんや白血病・・・だが、ちょっとそれどころではない。

卒業実験がいったん中止に追い込まれたのだ。毎日深夜までやっているにもかかわらず。


ふざけるな!!!!!!


どれだけ努力していいことをしても、結果がでないときは決して出ない。なかなかに厳しいものである。

だから今日も今日とて電波を流す。




どうでもいいが、私の手には毎日、発がん性物質のエチジウムブロマイドが付着する。
北の核よりもよっぽど脅威であり、危険である。

こういうものに対して我々には何一つ保証されないのであろうか。北の核のことをギャアギャアいう前に、身近なところで毎日深夜まで働く我々の安全対策をどうにかしてほしい。

「おまえは、ドクターもとらずに将来“海外で”“研究者として”やっていけるのか」
                                by我らが教授

誰ですか。他人の人生を勝手に決めつけてる野郎は。
コメント (1)

北朝鮮が核実験!

2006-10-10 10:59:46 | 社会
ヒャッホイ!

残るはテポドンの改良だ!
(と核兵器の小型化)


ハワイまで届け!













対話が出来るといいね


将軍様が今日もゆく―
コメント

あははははははは(追記後)

2006-10-08 21:04:46 | Weblog
「生まれたときの人間の頭は白紙である」



全くそのとおりである。
これほどまでに、われわれ人間の思考が、あらかじめプログラムされた上に成り立っていることを指し示す言葉はあるかね?

この地球上に数多ある物質の中で、数多ある形状の中で、我々は唯一、「白い」、「紙」の上にしか自我を描けないのである。


なるほど確かに人間の意識は無数の通りがある。しかしそれを描く大本の土台があらかじめプログラムされて用意されているという罠。

したがって、我々は、自身でも意識できないほどのレベルでその思考の大部分を遺伝子によって制約され、方向付けられていると主張する。


追記

日記を書くほどのことでもないが、とりあえず主張したいことだってある-

というわけで帝国軍カッコイイ。

http://www.youtube.com/watch?v=LMZi1Vehlkk&mode=related&search=

帝国軍といっても、銀河帝国だがな。(なおかつクローン大戦時共和制を含む)

というわけで、帝国カッコイイ

http://www.youtube.com/watch?v=Q1LFWONlP_k&mode=related&search=

ナチスって、こんなにも銀河帝国のマーチと合うんだな。

ナチスのかっこよさにはこのようなイメージが強い。

思うにヒトラーはちょいワルオヤジの先駆けではないか。
コメント (1)

弔報

2006-10-03 10:04:13 | 弔報
父方の祖父が亡くなった。
ゆえにここ数日福岡にはいない。
関係者は了承のこと。
コメント

幸せって何だっけ?

2006-10-02 23:43:26 | 電波


安部新総裁誕生である。

さて、本日の日記の導入として、2つの言葉をここに書くことにする。


「死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ。」

「そうだ人生はすばらしい。 何より大切なのは勇気だ、想像力だ。」

                両方ともにチャップリンより

彼が映画グラディエーターのコモドゥスを見たら激怒するに20ペソ。


で、本日の日記である。

金がない!
まあかくも効率よく支出だけがかさんでいくものである。まさに官能的なまでのすばらしい勢いである。
チャップリンも言っておったではないか。

「人生に必要なものは、勇気と想像力とほんの少しのお金だ」

すなわち

勇気(x)×想像力(y)×(お金(z)/10)=人生(F)、であり

x,yにいかなる値を代入しようとも、z=0である限り人生の楽しさはないのである。

何よりも大事なのは勇気と想像力であるが、それらの総合産物の最終的な値を決定付けるファクターとしてお金という指標が存在するのである。

さらに言えば、この公式によりz=マイナス値であると、xとyの両値がプラスに大きければ大きいほど大変な困難が人生に待っているという、まことに人生の世知辛さ、不条理さ、そしてそれに対する処世術を示した公式でもある。


従って、お金のない現状は、当然ながらこの公式的にあまり人生がすばらしいものではない状況である。
おかしい。
Hearts of Iron Ⅱにおいてはあれほど収支を黒字にする術に長けているというのに。
まあ、Hearts of IronⅡにおいては、こと戦争をする上で“資金”というのはあまり重要なものではないのではあるがな。むしろ資金の無償提供よりも石油や物資の無償提供のほうがはるかにうれしいわけである。
そこらへんが現実世界における、湾岸戦争時の日本の資金提供に対する態度&アフガン侵攻時における海上補給に対する態度に微妙に通じるものがあって面白い。

というわけで、幸せって何だっけ?
棒番組でも細木和子がいろいろと説明しているようであるが、個人的にあの中でもっとも幸せなのは細木和子であると思う。チャップリン公式に当てはめても矛盾しない。
しかしまあ、物質的幸せの絶頂にいながら、自身の幸せはおろか、もはや幸せというものそのものすらも知覚することができなくなったとは、なんと嘆かわしいことであろうか。こんなにも日本人のモラルは低下したのであろうか。

幸せとは何か。
それは、自身の現状に対する満足から発生する、「生きている」ことへの喜びであり、この「生きていること」から、さらにはその生を支えてくれるものたちへの感謝の気持ちを持つことができるという状態である。

すなわち、以下のような状態である。



あれ?幸せって何だっけ?
コメント

影と塵&力と名誉&権力と固執&愛情と憎しみ

2006-10-01 23:46:57 | 電波
彼は側近に- 裏切られた
肉親に
彼らは暗闇でささやき 夜中に家を抜け出し-
陰謀の網を張りめぐらした
ロード・マーシャルは それを感じた
こざかしい動きを
ある晩 その一人を呼び-
彼女に-
こう言った
“何をコソコソたくらんでいる 洗いざらい話せ 最愛の者の命を奪うぞ
その血で手を洗うのを見せよう”
ロード・マーシャルの深い悲しみ
彼が これほど傷ついたことはなかった
それから先の話を?


追伸
ピラミッド建設の理由には、さまざまな説があるが、個人的に絶対あれは未来への投資であると思う。
すなわち観光資源である。
コメント