ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

囚人のジレンマ、かなぁ

2015-02-27 19:24:12 | Weblog
川崎イスラム国の件。
コメント

再発予防と今西主義者

2015-02-25 22:10:22 | Weblog
こういう心の病は、案外アルコール依存症と同じで、「いかに再発の芽を摘むか」が重要になっていくものであり、今後予後良好に見えても、常に油断してはならないと感じた昨今。

それはそうと、この前の日本経済新聞の生物進化のコラムで、デカデカと今西進化論主義者の主張うのみを垂れ流しにしているのはどうよ??

今西進化論はいかにも日本人受けしやすいが、遺伝子と進化との関連性が明確になった現在、その「革新的」な発想はもはや「保守的」である。また、「赤の女王仮説」により、遺伝子主体の進化でも変異の伝播速度は十分に立証できる。そもそも、遺伝子との関連性においてウイルス進化説を採用する昨今の風潮は害悪。
コメント

芋虫(キャタピラー)

2015-02-25 16:49:44 | Weblog
ニコニコ動画において、標記の漫画が一部無料で読められるようなので、
さっと「見て」みた。

感想

別にあれだからな。
原始から形が変わっていないからって、それが優れているわけではないからな。
というか、虫は数で勝負だからな。

そこらへん、きちんとしてほしい。

そのうち暗殺者「シーラカンス」とか出るんだろうか。
コメント

もったいないは、使わない

2015-02-23 18:48:20 | Weblog
空対空ミサイル、実は1発6,000万円程度するのである。

ここで「高い!!」と思った奴は、
脳内に左翼が生息しているので、気を付けたい。

実際問題、戦闘機は何十億~何百億円もするので、コストパフォーマンス的に安いものである。

あの、A-10ですら、約15億円で、戦車をやりたい放題なのである。

さらに、敵の人命(経験)を奪うことが出来るのなら、
はるかに安いものなのである。

まあ、人命をクソの価値もないと思う共産党の前では無力かもしれないがな。

ソ連を表す四字熟語

これはひどい(スターリン批判的に)。

左翼といえば、日本共産党はISに踊らされて与党批判していた「生粋の」暴走政党であるが、
その議員がバリバリの笑顔で「ストップ!暴走政治!」とかポスター貼ってるのは、
左翼としてどうなのよ?日本共産党?

私とて理由なく共産党は嫌いにならない。その、身内に危害があってな・・・・。
コメント

ソ連共産党のテロ対策

2015-02-21 18:33:06 | Weblog
前回の日記、なぜ最後共産党が出たか、疑問に思う人もいただろうが、
なんせ、「そういうやつらに屈しろ」と公然としゃべっているのが共産党なのだから仕方ない。

標記の件であるが、
ソ連またはロシアでテロが起きたり誘拐事件が発生した場合、

特殊部隊が潜入し、テロ首謀者の家族を拉致、
その後細切れにして遺体の一部を、別の親族の写真とセットで送り返す、


というソヴィエト以来の伝統(噂)があるのだ。

この話自体は古くから存在しており、今回のISによる邦人誘拐事件によって少し脚光を浴びたといえよう。

しかし、共産党とはいえそんなことするのか?

と思われようが、三つの理由から案外妥当かと思われる。
すなわち、第一に、なにせ共産党である。カチンの森事件やウクライナ飢餓を計画的に遂行し数億の人々を殺してきた共産党なら、
第二に、歴史的事実として、クールラント独立義勇軍に対して行ったソ連の対策を考えるに、上記の対策はあまりハードルは高くないのかもしれない、
第三に、なにせ元KGBのプーチンのロシアなのだ、

これくらいして当然かもしれない。

そこのところどうなの、日本共産党?

「テロに対しては同程度のテロを」
を地でいっているところにあこがれる。

そういえば、

「自己をあらゆる武器で守ろうとしない制度は、事実上自己を放棄している」
とはヒトラーの迷える言葉であるが、

「かつて我々は自らの手で独立を果たし、自由な未来を守ると誓った。自分たちの国を自らの手で守ることの出来ない国の主張など、他国は認めはしない。我々は自分たちの手で未来を守らなければならないのだ」
とくると、一方的にソヴィエトの侵略を受けて、これを押し返し独立を堅持したフィンランドの救国の英雄マンネルヘイムの名言になるから面白い。

民主党や日本共産党などの野党には、
「勇気と銃剣だけでは戦えない」(マンネルヘイム)
をぜひとも突きつけてみたいものだ。
あ、共産党はそれ以上だったか。ゲバルトー!!

最後に、そういえば昔「国民の生活が第一」とか抜かしておった民主党がどうやら違法駐車しているようなので、さらして終わる。
https://pbs.twimg.com/media/B996yjMCMAApXql.jpg:large


追記

次回HoI2マルチプレイドイツの練習をやるとして、注意したい点。
1.英仏のより早期の攻略
2.陸上兵力と航空兵力のさらなる拡充と人的資源の維持
3.AI敵国の無限航続距離によるスパム上陸をマルチプレイにおける不測の事態と捉えなおしての国内予備兵力の温存
コメント

ANZACと白豪主義と理想共産党

2015-02-19 21:17:52 | Weblog
外交と軍事はスペクトラムを形成するものである。
従って、外交的勝利を手にするためには、ある程度の軍事活動は不可欠であり、それがない今の日本は外交的に大きなハンデを持っていることになる。

例えば標記の件であれば、第一次世界大戦でガリポリでオーストラリアが展開した軍事作戦を基にオーストラリアは戦後イギリスを恫喝、国際連盟の人種平等主義の否決という外交的勝利を得ることが出来たのである。

そもそも戦争こそは、軍隊を用いて他国を制圧するという「外交手腕の一つ」でしかないと考えると、案外世の中、いかに国家や国家群が様々な制度を駆使しても、戦争はなくならないと思う。

同様に、「戦争はなくならない」の反論として「昔は奴隷制度だってなくならないと思われていたじゃないか」という反論はナンセンスであるし、何よりも例えば現在のイスラム国等が占領下の人々の臓器を摘出して売りさばき外貨を獲得している等の話を聞くに、むしろひどくなっているんじゃないかとツッコミを入れたくなるのだが、そのへんどうなの?共産党?
コメント

頭が・・・・

2015-02-19 17:30:22 | Weblog
仲間由紀恵
「ガメラ3?リング0?うっ頭が・・・・」

栗山千明
「死国?うっ頭が・・・・」

偉大なるロード・マーシャル様
「偉大なるロード・マーシャル様?うっ頭が・・・・」
コメント

日本侵略戦争の始まりである

2015-02-18 18:42:12 | Weblog
やるじゃん、ブレない、共産党。

日本共産党の志位和夫委員長「侵略戦争肯定の意思表示を意味するもの、首相や閣僚の靖国参拝は行わないことを日本政治のルールとして確立する」
http://alfalfalfa.com/archives/7807458.html
コメント

不器用と付き合うには

2015-02-17 17:59:06 | Weblog
アニメ「有頂天家族」のOPには、少佐視点のHELLSING OVAの映像が案外似合うのではないかと思う昨今。
ズパッ(挨拶)

いや、HELLSING×未来日記OPもあるのだから、歌詞の意味も含めて案外良いのではないかと微妙センサーが微妙に反応しておるのだ。

有頂天家族OP曲

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24923062



HELLSING×未来日記OP

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22628964



さて、標記の件であるが、別に「不器用な奴と付き合うには」でもなく、「人生に不器用な自分と付き合うには」とかではなく、純粋に、自身の手先の不器用さとどう付き合おうか、というところである。

私は生物学が大好きだが、その一方で昨今それらへの興味を失っていた。
会社も面倒くさいと考え、行けなかった。
その「めんどくさい原因」は何か、そのきっかけになったことは何かと考えると、大学の研究室配属であり、そしてそれは、実験という手先の器用さが要求される状況において、手先の不器用な私は「苦手」を感じていたことが根本たる原因であった。

センスはある、発想はある、しかしそれを検証する方法、手段において、非常に不器用なのだ。

これはなにも主観的な問題ではなく、心理テスト等で二重に演算された結果でもある。
特に、「共応性(頭で思ったことを手先で表現すること)」と「事務処理能力」が私は苦手である。これに加えて発達障害からくる他者の判らなさ等が私を苦しめているのである。
というか、言語性IQの高さに比して動作性IQが低いという差異こそが、発達障害である、というわけだそうだ。

ではどうすればいいかといえば、答えはまだわからない。
とりあえず、私の「不安」への対処法と同じく、付き合っていくしかないと腹をくくるしかないのだろう。
コメント

Minstrel Boy

2015-02-16 17:19:52 | Weblog
以前にも紹介したかもしれないが、
これまで「当ブログの歌」といえば、

Learn to be lonely

であった。
これは、ファントムのその後を深く考えるに、非常に有益な歌であったが、
表面的には歌詞があまりにも救いがない。

これではいかんということで、標記の歌をふと思いついたので、変更してみようかと思った次第である。

ブラックホークダウンのEDにも使われている、有名な歌である。

日本語歌詞は以下の通り。


詩人は戦争に行ってしまった
彼はきっと死んでしまうだろう
父親の剣を腰に差し、ハープを背負って

「歌の国よ!」
戦士たる詩人が言った
「世の中の全てが汝(なんじ)を裏切ろうとも
その1本の剣が汝を守り
その忠実なハープが汝を讃えるだろう」

詩人は捕らわれた
しかし敵兵の鎖をもってしても
彼の気高き魂は屈しなかった
彼が愛したハープは二度とその音を発することはなかった
なぜなら彼が弦をすべて引き裂いてしまったから

そして言った
「どんな鎖も汝をけがすことはできない
愛と勇気に満ち溢れた汝の魂を
汝の歌は純粋で自由な心に
屈従の下で響き渡ることなし」

(以下追加分)

我々は願う 詩人が帰ってくるのを
もし彼が帰ってくると聞いたら
我々みんなとても喜ぶだろう
詩人はいつかきっと帰ってくる
肉体は引き裂かれようとも
その精神は変わらず

安らかにハープを奏でんことを願わん
天が望まれる穏やかな世界の中で
人間のすべての残酷さは止まねばならない
そして全ての争いも終わらねばならない



これ反戦の意味も込めた歌じゃねえか。

それはそうと、今日地元の民主党議員事務所の前で、ラベルをはがされたが中にしっかりと宣伝道具を詰め込んだ選挙カーが、
永延と実質違法駐車状態になっていた件について。
コメント