いっぽいっぽまたいっぽ

今年度39歳。9年前に地元の役所に就職した田舎者が、巨大組織で働きながら、日々思うことを綴る日記です。

気は病から

2011-09-27 23:43:06 | 日記
昨日は60点

今日は65点

一応がんばっているつもりだけれど、

トラブル続きで昨日は仕事にならず、

連休明けの重だるさが加わり、モチベーションが異常に低下してしまいました。


今日は、さすがに昨日ほどのデキではありませんが、

それでもまだ本調子とは言えず、赤点付近にとどまってしまいました。


どうも、昨日の朝から鼻かぜのようです。

ここのところの気候の変化で、うっかり体調を崩してしまったようです。


病は気からと言いますが、

気は病からでもあると、私は思っています。

なぜなら、体調が悪いと、よい思考にはならないと、

何かの本で読んだことがあるからです。

実際、風邪引いている時に、楽しいイメージなんて湧きませんよね。


こんな時は、早く寝る。

余計なことは考えず、とりあえず寝る!

それに限る!
コメント

今日は60点!!

2011-09-20 23:06:56 | 日記
赤点ギリギリセーフと言った感じでしょうか。

こんな仕事ぶりでは、みなさんから冷たい視線を浴びせられそうですが・・・。

今日も、突発的な仕事が重なり、思うように仕事が進まず、

余裕を持って働けなかった自分に、反省せねばなりません。


台風で雨が降り続いています。

いつまでもダラダラしてんなよと、誰かに喝を入れられているのかもしれません。
コメント

休日出勤という名の投資

2011-09-19 22:29:23 | 日記
今回の3連休は、とてもダラダラと過ごしてしまった。

3日も休みがあるのなら、どれか1日出勤すれば、

溜まっていく仕事をかなり片付けられるんじゃないか・・・?

そう思いながら・・・半年が過ぎた。


休日出勤が決して褒められることだとは思わない。

いくら時間外手当の申請をしていないからと言っても、

パソコンを使えば電気も消費するし、

トイレに行けば水道も使う。

そこに税金が使われるのは言うまでもない。


平日だけでは到底仕事は片付かないし、

時間外手当もいちいち真面目に申請してたら、

給料より多くなって、上司に怒られることは必至。


要領よく仕事をしようとしても、現実的に無理。


今日、どうしても明日に間に合わせないといけない仕事があり、

夕方出勤。

すると同じように、わたしのすぐ後に同じ係のY君がやってきた。

Y君も、残業+休日出勤の常連である。

仕事のやり方がまずいのか、仕事が多いのか、その辺はよくわからない。

民間経験のあるY君。やれやれと、ため息混じりに言った。

「早く帰ろうっと。これじゃ仕事を金で買っているようなもんだ。」

マイカーで来ており、職場の割高なパーキングに止めてきたとのこと。

2時間で500円はするらしい。

すでに2時間経過。

「夕飯代は確実に行ってるね(笑)」

とわたしが言うと、「ああ~っ!!」と悔しそうに喘ぐ節約家のY君。


彼が帰ってふと思った。

いつかこれが、自分の将来に生かせていれば、

もとは取れるんじゃないか、と。
コメント

ダンスとは・・・2

2011-09-18 21:36:58 | 日記
3連休の中日。

だらだらしてはいけないと、ふいにウォーキングに出かけた際、

大学時代のダンスの顧問の姿を見かけた。

普段から時々見かけるが、

いつ見ても表情はどこか険しく見える。

何を考えているのか、つい気になってしまう。


そういえば、前にも書いたが、

わたしが4回生の時、大開で受賞を逃した。

毎年受賞してきた大学であるにもかかわらず、なぜ受賞しなかったか、

当時はよくわからなかった。

いや、わかっていたが、受け止めたくなかったのかもしれない。


先生はどうだったのだろう?受賞すると思っていたのか?

もしくは受賞は難しいと感じていたのではなかったのだろうか?

もしそうならば、なぜそれを言ってくれなかったのか?

先生の見込みが甘かったのか?

いや、受賞は難しいと思いながらも、

わたしたちの作品を、最後まで活かそうとしてくれたのではないか?


創作ダンスは難しい。

受賞できるようなダンスを勉強したかった、

と今さら振り返ったところで、多分わたしは覚えないだろう。

きっとわたしには向いていなかったのだ。

コメント

今日は・・・

2011-09-14 00:00:51 | 日記
82点!!!

昨日より2点アップ

何故でしょう・・・

普段なかなか踏めない一歩を、

今日は踏み出せた・・・ちょっとだけですが、

それが出来た気がするからです

詳細については、気が向けば今後触れます

明日は休み!

思い切り羽伸ばすぞー
コメント

今日は・・・

2011-09-12 22:24:12 | 日記
80点!!!

今日は何とか頑張った!!


コメント

今日も70点・・・

2011-09-08 23:14:26 | 日記
って、どんだけ70点好きやねん!!

と突っ込まれそうですが、本当にそう。

一生懸命働けたような、そうでないようなモヤモヤした感じ。


今日は突然、ある事情で生活費が足りなくなったという女性の保護受給者の相談を、

朝一で受け、

保護費を再支給できるか上司に相談し、

議論に議論を重ね、

何とか再支給する方向(当然、翌月分から差し引きます)になったわけですが、

再支給の処理の方法が、

上司に指示されたとおりに行ったにも関わらず、

思い切り覆され、

半日かけて急いで処理した仕事がむなしく感じる始末。


突発的な仕事だらけの職場。

再支給してもらえなければ死んでしまうという、最後の切り札を簡単に出す保護受給者。

方針が統一されていない課の体制への不満。

振り回されて、責任取ってもらえない部下としての苛立ち。


この1件だけで、ほかの仕事がどんどん遅れていきます。


やりきれないの一言に尽きます。

でもこれがこの職場の、この生活保護の業務の「普通」なんですよね・・・(苦笑
コメント

70点

2011-09-07 23:28:00 | 日記
今日も昨日と同じ。

出来過ぎたこともなく、出来なさ過ぎたわけでもなし。

しかし、とにかく毎日があわただしく過ぎていく。


先日の逮捕で、先週末はその人の資料作りに追われた。

拘留期間中である今も連日、警察からの連絡がなされている。


昨日は別の人が自転車で転倒するも、

搬送先の病院で身元を明かさなかったため、

警察が間に入る始末。

ここんところ、警察ネタ多いなと思う。


今日は、また別の人が、

病院に通院していると言っていたにもかかわらず、

実は数ヶ月前から行っていないことが発覚。

その人の場合は、病院に行っていないなら、

働いてもらわなければならない・・・


いい加減にしてくれ~と思う時もあるが、

なんだか少しずつ慣れたような気もする・・・


怖いもんです。





コメント

今日の点数

2011-09-06 23:01:47 | 日記
70点。赤点は何とかクリア。


それなりに一生懸命やったが、

午後のある件から意欲が一気に低下。

サービス残業では、雑務の整理ができてよかった。

明日は70点目指そう。


思えば、先週、今週はひどかった・・・

思うように仕事が進まず、毎朝つらかった。

いつか立て直せると思いながらも、

なかなかそんな様子もなく、ただただ毎日が消化不良のまま進んできた。


今日はちょっと立て直せた。

だから思い切ってブログ更新!

いつも長いので、簡単な感じで、なるべく毎日書き留めたいと思う。

低迷期もあれば、回復期もあるのだと、

小刻みに自分を振り返ることで、

波のある人生を、乗り越えていきたいと思う。
コメント

彼女のトランペットと台風

2011-09-04 09:39:52 | 日記
彼女が職場の会合で出し物をするらしく、

同じ係のメンバーとバンドをすることになったとのこと。

メンバーで話し合いをした結果、TOKIOの「空船」をすることに。


彼女はトランペットを担当。


「空船」にはトランペットのパートは、わずかしかありません。

それでも、2週間後に控えた本番のため、

メンバーと毎日1~2時間練習していたようです。

久しぶりのマウスピースに苦戦し、

「押し付けすぎて口内炎ができた~!!」と

痛い痛いといつも言っていました。


さて、実は昨日がその会合の日であり、

出し物の本番の日であったわけですが、

その会合が催される場所は九州。

おとといからやってきた台風の影響で、

出席中止となったそうです(^^;)


彼女は、長旅が面倒なので中止になってよかった、と言っていましたが、

せっかく練習したのにもったいないですよね。

いつか、何かの機会に披露できたらいいんですけど・・・

なんだか、親でもないのに、親のような気持ちになってしまいますね(^^)

コメント

生活保護者Aさん逮捕により浮かび上がる内部の課題

2011-09-01 22:19:59 | 日記
いつも長いので、手短に話します。

今日、私が担当している生活保護受給者のAさん(仮名)が

職員への暴行により逮捕されました。


逮捕場所は、庁内の別の部所。


Aさんは昔から、毎月のように特定の部所にて

公共事業などの不備を、毎回毎回同じ内容で指摘していたそうです。

すぐに「市長を呼べ」と強要してしまい、

退去命令も何度か発令されている、

クレーマーとして有名な人でした。


今日も、いつものクレームにとある課へ向かったAさんですが、

どうやら、今日はかなり様子が違ったようで、

部局長の部屋に向かって、制止を振り切って向かおうとしたらしいです。

(わたしは別の保護受給者の対応に追われ、現場には行けませんでした。)

その際、制止に入っていたうちの係員のB君が、

Aさんのエルボーを喰らい、メガネが壊されました。

また、パッドの部分で目の近くに小さな切り傷を負いました。


公務執行妨害です。

すぐに駆けつけた警察に連行されました。


さて、経緯はこれくらいにして、

生活保護受給者とは言え、市民の1人に変わりないわけですから、

市政に対し、クレームを言ってはいけない決まりは当然ありません。

まあ、Aさんのクレームは、なんと10年ほどから続いているようで、

特殊といえば特殊な人物です。でも彼の主張に対しての規制はできません。

で、こういった場合、

生活保護受給者という理由で、

ケースワーカーが現場に呼ばれるそうで、それが慣例のようです。



今回、現場にうちの係から4人出向き、

1人が負傷。3人が警察署にて事情聴取を、半日かけて受けることとなりました。


クレーム先の部所の職員は、誰も負傷するどころか、警察署に行ってさえいません。


・・・あれ?

何かおかしくない?


実は以前に、今回と同じようなパターンで、

わたしは、ある部所に来ていたAさんの元に、

担当部所から呼ばれ、駆けつけたところ、

Aさんに、「あななたたちが何で来たの?」と質問されました。

「生活保護の担当だからです」としか言えませんでしたが、

もちろん正確な答えにはなっていません。

逆に、わたしたちが駆けつけることで、

Aさんが生活保護受給者と周囲にバレてしまうなら、

プライバシーの尊重が守られていないことになります。

行政が重視する、個人情報の保護とはなりません。


別に、うちが関わらないと言っているわけではありません。

関係性はある以上、駆けつけるのも意味はあると思います。

しかし、今回に限っては、

4人が通常業務をさえぎられ、1人負傷もしており、

しかもわたしがいない変わりに駆けつけた

うちの係の人たちばかりですから、

責任を感じずにはいられません。


生活保護受給者のクレーム対応は、生活保護の担当課に丸投げという、

内部の慣習・・・

考え直さねばならない課題だと痛感しています。

コメント