いっぽいっぽまたいっぽ

今年度39歳。9年前に地元の役所に就職した田舎者が、巨大組織で働きながら、日々思うことを綴る日記です。

2018.2.26 上司の送別会事件

2018-02-26 22:09:07 | 日記
あくまで個人的な事件。
上司は全く関係ないこと。

前の部署でお世話になった上司の送別会が、
土曜日にこの街で開かれた。

ただしこれは、前の部署で一緒に仕事をした
他の自治体の職員らにより開かれたもの。

その人たちと上司の付き合いは長く、
私が呼ばれなかったのは妥当とも思え、
特に不満は感じていなかった。

というより、一部、私が苦手なタイプの人が
いるため、誘われていたとしても、
私が行っていたかどうかはわからない。

事件は送別会最中の時間帯に起きた。
オリンピックを観ていたら、電話が鳴った。

知らない番号。
数コールで切れるかと様子を見ていると、
1分近く鳴り続ける。

おそらく送別会に来た苦手なタイプの誰かが、
面白半分で私に掛けてきたのだと悟った。

話すのも嫌だったので出なかったが、
それから何度もかかってきた。

さすがにもう酔っぱらっているだろうから、
出ても仕方ないと判断し、
最後まで出なかった。

最後は夜中の12時。
非常識極まりないと怒りすら覚えた。

さて、苦手なタイプからアクションが起こされてしまった。
果たして私はどうリアクションすべきなのか・・・

おそらく向こうも、私が快く思っていないことは気づいているはず。
電話に出ないという無言の拒絶はしたものの、
アクションは起こされたわけで、
それをスルーし続けるのかどうなのか。

再開した時にどう接するのか、
どういう言葉で相手と話すのか、など、
いろいろ考えてしまった。

妻にも、なぜ私が彼らを嫌いなのかを聞いてもらった。

そんなこんなで悶々としたまま迎えた今日、
送別会に呼ばれた私の後輩に様子を聞いてみた。

すると、私に電話を掛けてきたのは別の人とのこと。
その人は大変お世話になった人だった。

なので、今日の昼にお詫びの電話を入れた。

そして、
「不要な番号は電話帳から削除していたこと」や、
「夜遅かったため出なかったこと」などを伝えた。

ウソではない。

呼ばれたという後輩も、
直接誘われたわけではなかったらしかった。

苦手なタイプが、後輩を呼んだわけではなかった。

・・・・・

面白半分で電話を掛けてきたのも別人。
後輩を誘ったのも別人。

自分の勝手な推測で、
苦手なタイプをことごとく否定してしまった自分を恥じた。

そして、私はなぜそこまで否定し続けたがるのかを振り返った。

そこまでして、意味はあるのか。
何をしたいのか。
自分のダメな部分を棚上げにしてるところはないか。
一体自分がどうありたいのか。

そんなことを、今日ずっと考えていた。

ただ、すぐに答が出なかったので、
すぐに出さないでおこう、
大事なことだから、時間を掛けてもいいだろうと決めた。

大枠で、もう何となくの答えは出ているのかもしれないが、
やはり気持ちは整理したい。

私は賢い人間ではないから。
ダメな男なりに、
自分の納得のいく答えを出したい。
コメント

2018.2.23 久々の寝坊

2018-02-23 08:21:20 | 日記
二度寝で30分以上も寝てしまい、
朝がかなりバタバタした。

無事に時間内に職場に着いたのに、
慌てたせいで落ち着かない。

結婚して滅多に寝坊はなかったから、
今回の慌てぶりは、さぞかし半端なかったのだろうなあ。
コメント

2018.2.22 エコーで赤ちゃんを見た

2018-02-22 23:04:12 | 日記
妻の最初の検診に、私は休みを取って同席した。

羊水検査をするかしないかの返事をするのが今日だったので、
妻を1人で行かせるのは悪いなと思ったから。

あと、エコーの画像を見せてもらいたかったから。

病院で画像を見たが、
くっきりと赤ちゃんが写っていて、
手も足も骨が見えて、
心臓も動いていた。

妻のお腹の中で、
しっかりと赤ちゃんは生きて、
すくすくと成長していることが分かると、
自然と涙が溢れてきた。

赤ちゃんにというより、
妻に対し、本当によかったね、と思った。

今までは妻から写真を見せてもらうだけだったが、
やはり病院で生で見ると、
自分が父であることを思い切り実感できた。

無事に健康のようで、
羊水検査はしなくてもよい状態のようで、
妻も私も安心した。

よかったよかった。
コメント

2018.2.20 全く眠れなかった…

2018-02-20 07:40:50 | 日記
布団に入るまで、眠れないとは思わなかった。

入ってから、嫁と少し話した時、
UFOキャッチャーで人形を取っていた時期があったことを思い出し、
私が取っていた人形とは何か、
気になって仕方なくなってしまった。

なんだったっけ…?

なんだったっけ…?

と考えているうちに、

あれ?

あれあれ?

眠れそうな気配がないな、と感じた。

そしてそれから、

魔の6時間、体感ではほとんど眠れていない時間を過ごした。

体は疲れている自覚はあった。

それなのに、脳が目覚めてしまったのだろうか。

起きたままこんなにも長く布団に入っているのは、
もしかしたら初めてかもしれない。

徹夜明けしたよう、朝の眠たさ。

昼休みにはしっかり眠ってしまいそうだ。
コメント

2018.2.19 久々に苦慮した電話対応

2018-02-19 23:53:18 | 日記
町内会費が高いという相談の電話を受けた。

よくある内容ではあったが、
よくよく話を聞けば、
困っていることはそれだけではないようで、
いろんなことに対する不満が、
あれもこれも並べられた。

かかった時間は1時間。

年に1〜2回、このような類の電話を受ける。

以前の研修で、
行政は民間企業の代わりはできない存在なので、
助けを求めて電話をしてくる。
そう思って親身になって対応してほしい。
と言われたことを思い出し、
それを生かしたつもりではあったが、
そう簡単にはいかなかった。

ただ、親身になったことに対し、
達成感はあった。

誤解を受ける返答をしたため、
説教もされたが、
平謝りをして、許してもらえた。

周りは心配してくれたが、
謝って穏便に解決できる姿を見せるのも、
中堅の私の役割でもあったと思っている。

どんな電話がかかってきても、
私で解決できると思ってもらえることは、
大事なことだ。

上司に安心してもらい、
部活に見習ってもらう。

自分の役割が何か、
なるべくいつも考えるようになったのは、
大人になったということか。
コメント

2018.2.19 深夜の地震

2018-02-19 07:41:57 | 日記
深夜、地震があった。
隣で寝ている嫁がそばに寄って来た。

朝起きると、すでにうろ覚え。

それよりも、暑くてなかなか眠れなかったことの方を覚えていた。

でも、ちゃんと地震も覚えていたので、
気象庁のホームページで詳しく確認。

確かにあった。

阪神大震災の時から、
本当に地震が怖くなった。

今回みたいに弱い揺れであっても、
その直後にダダダダダッと
強い縦揺れが来るのでは…?と
いつも身構えてしまう。

今回は何もなくて、ホッとした。
コメント

2018.2.18 確定申告にチャレンジして

2018-02-18 23:25:40 | 日記
ずっと前に、妻が確定申告をすれば、
医療費の戻りがあると聞いたとのとこで、
領収書を保管していた。

そして今夜、婦人科だけでなく、
歯科や鍼灸院などの領収書を計算していたところ、
婦人科だけで、ざっと140万円を超えた。

自治体からの助成はあったが、
それでも30数万円。

私たちは、2回の移植で成功したからその額で済んだが、
なかなか成功しない人たちもいる。

不妊治療は経済的な負担が大きいことが、
改めてわかった。

当たり前のように思える妊娠、出産は、
実は当たり前ではない。

さまざまな負担を乗り越えて、
出している結果なのだ。

命は重い。そして尊い。
コメント

2018.2.16 残業明けはしんどい2

2018-02-16 05:55:58 | 日記
昨日は22時まで残業。

今日の会議の準備だから、仕方ない。

朝、動悸が激しくて目覚め、
深呼吸を繰り返しても治らず、
眠り直せなかったので、観念して起きた。

治らない動悸に、若干動揺するが、
しっかり準備できたから安心しているし、
今日は金曜日だから、気分的には楽だ。

今日を乗り切ったら、旨い酒でも飲みたいもんだ。
コメント

2018.2.15 残業明けはしんどい

2018-02-15 08:19:47 | 日記
ああ、やっぱり残業明けはしんどいもんだ。

22時に食べた夕飯は、1人分の鍋とはいえ、
胃が休まっていない。

アドレナリンも巡っていたからか、
変にシャキッと目覚めて、
しっかり眠れた感もなかった。

自然と、支度の仕方も普段と違う。
戸惑いながら、仕事に向かう。

今日もきちんと仕事ができますように。
コメント

2018.2.14 仕事で頑張った

2018-02-14 23:55:48 | 日記
明後日の会議の資料を、
昨日急いで作った。

本当なら昨日のうちに係でチェックする予定だったが、
今日にずれ込み、夕方から始めた。

資料は前年度のものを踏襲しつつ、
上司の指示どおり、新たな内容を付け加えていた。

資料を見ながら原稿を読み合わせたが、
私が付け加えた内容や、その説明文は、
特に指摘はなかったので、
とてもほっとしたし、嬉しかった。

ただ、代わりに前年度の説明部分がいくつか修正が入ったので、
その修正に追われ、久々にどっぷり残業した。

時間にあまり余裕がない中で、
しっかりと仕事をするのはまだまだ難しい。

ただ、中堅職員として、やらなきゃいけない時は、
やらないといけない。

内容もだが、スピードも求められる。

すぐに弱気になる自分を戒めながら、
先日の研修を思い出しながら、
この試練に立ち向かった。

今夜の残業だけでは、まだ完成はしなかったが、
ある程度進めることができたので、
これはこれで良しとし、
明日、またしっかりと向き合って、完成させたい。

すぐに逃げる癖のある弱い自分と向き合いながら、
2本の足でしっかりと踏ん張ろうとする、
自分の姿が少しだけ見えた。

これはこれで成長なのかな。

よし、明日も頑張ろう。
コメント

2018.2.14 早寝で体が楽に

2018-02-14 07:17:35 | 日記
昨日、帰って夕飯を食べて、
特に見たいテレビもなくて、
風呂に入って、
ネットもそこまで見たいと思わず…

そうこうしてたら、
何となく早く寝たくなって、
いつもなら、妻が風呂から出てた後で、
2人で神棚に手を合わせるが、
昨日は入浴中の妻に断りを入れ、
先に手を合わせて、
22時30分頃に寝た。

気持ちよく目覚めたのは、まさかの3時台。
早寝あるあるだ。

また寝て、朝起きると、
体がいつもより楽になっていた。

最近、早寝はなかったので、
たまには早寝もいいなと思った。
コメント

2018.2.13 妻のつわりが穏やかに?

2018-02-13 22:22:25 | 日記
三連休もそれなりにつわりがあったが、

ここ最近の妻は、
以前よりもつわりがひどくなくなったようだ。

特に少し前は、臭いに敏感だった。
人間の臭いがする、とかよく言っていた。
和風だしの臭いでは、気分が悪くなっていた。

ゲップは相変わらず多くてつらそうだが、
それでも調子いい日が増えたとのこと。

今が10週目に当たる時。
つわりのピークはこれからかもしれないのに、
もうピークが過ぎようとしているのか…?

一喜一憂はできないというか、
夫としては、どんな具合であれ、
ただただ妻をサポートするしかない。
コメント

2018.2.9 祖母の葬式

2018-02-09 07:46:50 | 日記
昨日、葬式があった。

天気はよく、風もなく、
とてもいい日に葬式ができてよかった。

火葬されると、残った骨は少なかったが、
歯はかなり残っており、
長生きする人は歯が丈夫だと、
葬儀屋の人が言っていたのには、
みんな驚いていた。

父方の祖母の時からだろうか、
人間が骨になった姿を見ると、
あぁ、自然に返ったんだなと思う。

今頃、祖父と過ごしているのだろうか。

天国から、2人で見守っていてください。
コメント

2018.2.7 お通夜

2018-02-07 23:26:27 | 日記
お通夜は20人くらい集まった。

島では自宅でバラバラに人を迎えるが、
街では葬儀屋でみんなで拝む。
形式がだいぶ異なるようだ。

お通夜は1時間で終了。

精進落ちは親戚3人も含めて行った。
昔話に花が咲き、楽しそうだった。

よかったよかった。
コメント

2018.2.6 母方の祖母、天国へ

2018-02-06 23:18:03 | 日記
昨夜22時50分頃、
病院で植物状態で約10年生き続けた祖母が
亡くなった。

看取った私の母曰く、
呼吸が遅くなり、静かに息を引き取ったとのこと。

脳出血で倒れ、脳死状態となり、
伯母の判断で延命措置を取り、
それからずっと植物状態だった。

延命の是非に触れるのはナンセンスなので、
今は頑張って生き続けた祖母をねぎらい、
これまでのことを感謝し、
天国で健やかに過ごしてほしいと願うのみだ。

おばあちゃん。お疲れ様。
今までよく頑張って生き続けたね。
もうゆっくり休んでね。
コメント