いっぽいっぽまたいっぽ

今年度39歳。9年前に地元の役所に就職した田舎者が、巨大組織で働きながら、日々思うことを綴る日記です。

2016.2.29 ピラミッド展に行ってきた。

2016-02-29 00:14:52 | 日記
妻とピラミッド展に行ってきた。

天気も良かったせいか、

美術館は来場者でいっぱいだった。

新婚旅行で行ったイタリアとはまた違う、

歴史の生々しさに触れた。


象形文字とか石板とか、

ドラクエ世代の私には、懐かしさすら感じた。


美術鑑賞は、それをしたからと行って、

素人には特に影響はない。

ただ、こういうことの積み重ねが、

何かに生きることはあるのだと思う。


少なくとも、興味のあることは、

生きている間にたくさん経験しておくべきなのだろう。

こうして妻とのアクティビティを行えることは、

とても有意義だと、改めて思った。

コメント

2016.2.21 ローチェストがやってきた。

2016-02-21 22:20:19 | 日記
この間買ったローチェストが、ようやく納品された。

私たち夫婦の、このローチェストへの期待は計り知れない。

なにせ、住んで1年経つこの新居が、なかなかうまく片付けられていない。

そこを解決させてくれるのが、チェストだと判断したのは妻だった。

私は、狭い部屋に大きなタンスは欲しくない。

出来れば、クローゼットをうまく使って、余計な家具は買いたくなどなかった。

しかし、今回は仕方なかった。

さすがにもう悠長なことは言ってられない。

だから、妻の判断を信じ、購入を決めた。


届いたのは今日の昼一。

昼食を挟みはしたが、

だいたい12時から19時まで、ぶっ続けで部屋の片付けをした。

今までに断捨離して残されたものも、今回さらに捨てた。

今あるものをどう収納するか、ではなく、

今の収納に、どれだけのものを入れるか、

という考えがベストだと痛感した。


7時間も片付けをすると、

さすがに疲れた。

特に脳が。

あれこれイメージしていたからだろう。


あっと言う間の1日だった。

欲を言えば、もう1日欲しい…

そう思ったのは、妻も同じだった。
コメント

2016.2.17 学歴の高さで苦しむ人

2016-02-17 20:35:17 | 日記
あの人はきっと頭がいいんだろうなと思ってた人が、

やっぱり市内有数の進学校の選抜クラス出身だった。

予想通りの結果。

しかし、と言うと失礼なのかもしれないが、

やはり、個性が強い。

冗談レベルとはいえ、人を馬鹿にする発言がよくある。

人をからかうことが得意なタイプ、とでも言おうか。

こういうタイプ、結構多い。

きっと高学歴あるあるなんだろう。


私は、そういう人を見ると、

勿体無いな~、と思う。


もちろん高学歴の人を一括りにするつもりは全くない。

私は高学歴と言えるレベルではないが、

少なからず人を馬鹿にした20代を送った。

その結果、いろんな場面で自分が馬鹿を見た。

だから、人を馬鹿にするのは墓穴を掘ることだと思うようになった。


同時に、自分が馬鹿にされた場合、

私にしか言えない、表現出来ない一面を、

この人は私に見せてくれているのだと、

心を開いてくれているのだと、

受け止め方を変えるようになった。


なんてポジティブシンキング…と思うかもしれないが、

結局それが一番自分が過ごしやすい感覚なんだと思う。



きっと、人を馬鹿にする人は、

学歴などにコンプレックスを持っている人だと思う。

自分に対する苛立ち、不安などがあり、

自分を認めてあげられていないものを、

ずっとどこかに持っているのだと思う。


楽になれよ、と言ってあげたい。

言っても他人を変えることは無理だが。

所詮、人は自分自身の意識でしか変わることは出来ない。

他人がとやかく言っても変わらないのは、

過去に十分勉強させてもらった。


人に勝つとか負けるとか、

そんなのどうでもいいのになあ。


所詮、敵は自分自身なのだから。
コメント

2016.2.15 2月の半ばを折り返した。

2016-02-15 23:13:57 | 日記
あれよあれよと言う間に今月も来月も

過ぎていくのだろう。

そして私は37歳を目前に控えるのだろう。


会社の中だと、30代なんてまだまだ若造。

40歳くらいから、中堅と言えるような気がする。

だからこそ、40歳までののこり数年の間に、

仕事ができるようになっていたい。


しかし、在職年数はまだ7年。

同年代はその倍の年数働いている。

焦っても仕方ない。

かと言って、向上心は持ち続けていたい。


悩め。

考え。

そして、楽しめ。

それだけだ。

コメント

2016.2.14 イベントへ行くことが増えた。

2016-02-14 12:39:19 | 日記
昨日は午前中に公民館研究大会、

午後にグルメイベントへ。

そして今日は地域のお祭りへ行く。


今の部署に配属されて、

地域の人たちの活動を支える仕事をしていると、

やはり現場を見ておきたくなり、

いろいろな催し物に行くことが増えた。


行ってすぐに何かが変わるわけではないが、

こういうことを積み重ねていくと、

いつか何かしら力になるものがあるような気がする。

しんどくないうちは、多いにやるべきだろう。




コメント

2016.2.14 バレンタインデーのニヤニヤは

2016-02-14 12:29:57 | 日記
妻からチョコをもらった。

1つは一昨日、

もう1つは昨日もらった。


妻は、

今年たくさんチョコレートを買ったため、

日を分けて私にプレゼントしたいらしかった。


そして、

あげたチョコレートは、

2人で一緒に食べたいらしい。


うーん。何か違う…

できれば当日もらって、

自分だけで食べたい。


バレンタインデーは、

男をニヤニヤさせる日だと思う。

だから、フライングとか、一緒に食べるとか、

いくら妻からのものでも、

私はニヤニヤしながら食べたいものだ。
コメント

2016.2.5 昨日は妻とプチ温泉旅行

2016-02-05 17:54:08 | 日記
昨日、よく効く薬湯があるという、

市外の温泉に行った。

お目当の薬湯は、

生薬的なものがたくさん入っていたようで、

コケで濁ったような色で、カレーの匂いがした。

約1時間、いろんな湯を楽しみ、

体の芯まで温まることが出来た。

妻も満足そうで、

試しに、と入った家具屋では、

理想的なチェストを見つけることができたし、

道の駅では食事も堪能できたし、

私が有休を取ったことを、えらく感謝してくれた。

たかが1日の有休取得でも、

近場でこんなに充実できるとは…


妻が喜んでくれてよかった。

私も心身ともにリフレッシュできた。

いろんな発見もあり、今回は妻に感謝だ。

コメント

2016.2.3 明日は妻のために休み

2016-02-04 00:11:52 | 日記
そう言うとオーバーだが、嘘ではない。

最近、妻が「体が痛い」と言うようになった。

有名な温泉でも行ってみたら?と声を掛けたが、

どうせ行くなら2人で行く方が楽しい。

休みを取ってみようか?と言うと、

妻は嬉しそうな顔をした。


妻は忙しくて、なかなか休暇が取れない。

だから私が合わせてあげないと、

平日に2人揃って休める日がない。


明日はちょっと遠出をして、

有名な温泉の薬湯とやらを体験する予定。

楽しみだ。


コメント

2016.2.2 上司のキャラを掴むまで

2016-02-02 23:37:10 | 日記
上司は仕事がよく出来る人。

でも、部下の面倒見がいいかというと、そうでもない。

今の仕事がローテーション業務ではなく、

個別の案件に向き合う仕事だから、

どうしても比重が上司に偏っているのは否めず、

いっぱいいっぱいにさせているとも言えるのかもしれない。

まだ若い部下を使ってクリアする案件が少ないし、

そういう意味では、とてもしんどい立場であることは理解できる。

少しでも役に立てればとは思うが、

まだまだ私たち部下の実力は及ばず…


ただただ自分にやれることを一生懸命やるしか、

今の私にできることはまだない。

何とも言えない難しさの中で、

明日もまた仕事をするだけなのだ。


コメント

2016.2.1 2月突入

2016-02-01 17:51:48 | 日記
逃げる2月に入った。

毎年同じことを書いている気もする。


今月は特に会議などはない。

手帳も空欄が多い。

こんな月は今年度初めてかもしれない。


時間がたっぷりあるなら、それをどう使うか。

自分が試される月になりそうだ。
コメント