いっぽいっぽまたいっぽ

今年度39歳。9年前に地元の役所に就職した田舎者が、巨大組織で働きながら、日々思うことを綴る日記です。

蟹座の神話。

2014-06-29 11:49:45 | 日記
星座って、ギリシャ神話から来ているらしい。初めて知った。
あ、聖闘士星矢見てたから、知ってるはずか…^_^;

そして、神ゼウスの子、ヘラクレスがいろいろあって試練の旅に出て、踏んづけた蟹が、神の力によって蟹座になったらしい。

可哀想な蟹。そしてそんな星座の私たち…^_^;

ま、それくらいの神話でいいのだ。
かっこいい話とかだと、勘違いしてしまう人もいるだろうから。(>_<)

陰日向に咲くくらいでいい。
地味なものでいい。
そんな存在でいい^_^
コメント

W杯終了。日本代表について。

2014-06-29 11:15:46 | 日記
残念な結果に終わったけど、
FIFAランキングで考えると当然とも言える。私はそう思う。

確かにプレーにイマイチなところもあったと思う。ちゃんと「自分たちのサッカー」ができていたら、もう少し結果もよかったのかもしれない。

でも、それが出来ないのが世界的な大会なのだと思う。「オリンピックには魔物が住んでいる」とよく言われるように、大舞台では思うようなパフォーマンスが出来ないのは無理もないのだろう。
前回王者のスペインが敗退したのが典型的な例と言えるはずだ。

オリンピックだと、選手を叩かない。
W杯なら叩く。
なぜ?

オリンピックとサッカーが、なぜこうも違うのかが気になる。

そして、走れて、突破出来て、シュートの精度の高いプレーヤーが出て来てくれることを期待しながら、次のW杯を待ちたい。

コメント

35歳の誕生日。

2014-06-29 11:07:25 | 日記
すごく幸せな誕生日を迎えることができた。

去年はいろいろあった年だったので、
今年の誕生日は、とても素晴らしいものに思えた。

ただ、考え過ぎる私はこう思ってしまう。

ここからがスタートなのだ、と。

まだまだ先は長い。
仕事もプライベートも、未知の世界が広がっている。

幸せな日がずっと続くことはない。
苦しい日、悔しい日、嫌な日が必ずある。
それを待つ覚悟もしておかねばならない。
コメント

「かもしれない」人生だった私。

2014-06-24 23:08:42 | 日記
昨夜、彼女にカミングアウトしたこと。


大学時代にまだフラフラ宙ぶらりんだったころ、

高校時代に好きだった女の子数名が進学した先を、

「自分探しの旅」に混ぜ込んで行ったこと。


あくまで、周囲から聞いた「進学先」なので、

確証はなく、

「行ってみたら会えるかもしれない…」

「あのマンションに住んでいるかもしれない…」

「もしかしたら急にマンションから出てくるかもしれない…」

なんて想像を膨らませながら、旅をしていたこと。



笑う彼女が思わず言ったこと。

「もしそこで本当に会えたらどうしてたの?」


笑う私が思わず言ったこと。

「多分とっさに隠れたか、

 会わないように物陰から見てたと思う…」



「…かもしれない、…かもしれないって面白いね(笑)」

と笑う彼女。



私自身、彼女にそれを話しながら、

「あぁ、そんな時期があったなぁ…」としみじみ振り返った。



自分でも、おかしな時期だったと思う。



でも、そういうおかしなことを経てないと、

きっと今の自分はない。


人が聞いて笑うくらいの失敗談とかがあって、

なおかつ自分自身も笑える過去となって、

初めて昇華される経験なのだと思う。



「かもしれない」人生。

昨夜、命名した私の人生。



さすがにもうこの歳で同じことはしないけれど、

感受性が強く、想像力が豊か過ぎる、

私の私たる証拠なのかな、と

振り返ることができた一夜でした。
コメント

慌ただしい休日。

2014-06-23 16:21:00 | 日記
朝一で、
施設で所有しているゴムボートの
定期検査があった。

3年置きの検査なので、
前回の検査を私は知らず、
上司の言うままに準備していたら、
準備物が用意出来てなくて、慌てて探し回って検査終了した。

その後、地元テレビ局との事業打ち合わせがあったが、
テレビ局が想定していた機材がこちらになく、局員が困り果てた様子だった。

代替案を提示してみたが、反応はイマイチ。見栄えがいいものが、やはり好まれるようだ。

そんなトラブルもあって、午後も長引き、夕方自宅に帰った。

何があるか分からない、とか
こんな日もあるさ、などと言って、
慌ただしかった今日を割り切った。
コメント

サッカー日本代表への批判はナゼ?

2014-06-21 17:54:06 | 日記
今回のW杯。

FIFAランキングでは、
日本が低いチームではある。

なのに、期待が高い。

実績のある監督のせいか、
はたまた海外組の日本選手のせいか…

分不相応に、期待が高い。
そう、W杯になるといつも思う。

もちろん応援はしたいし、
その行為自体が間違っているはずはない。
自分の国がW杯に出たのだから、
応援することに誰も異議はないはず。

だが、負けると叩く。
メディアを筆頭に、
ネット上でも多数の国民がチームを叩く。

そしてそれが当たり前の意見の様に、
国内に行き渡る。

もうちょっと冷静になれよ、と思うのは、私だけではないはず。

選手のために敢えて叩く、という意見もあるかもしれないが、

そこまで…?という印象が強い。

いや、むしろ大半の国民は冷静なのだと思いたい。

手軽なネット上で、
メディアと一部の国民が、故意に騒いでいるように見える気がする。

日本代表は世界の中では決して強くない。

強くない中で、国を背負って一生懸命頑張っている。

敢えて叩かなくても、選手自身はちゃんと分かっているはず。

オリンピックだと、各種目に対してそこまでの批判はないのに。

オリンピックと一緒で、
やれるだけやってこい、と背中を押すだけでいいと思うのは、私だけか…?
コメント

肉体労働の夏。後遺症を振り返る。

2014-06-18 18:30:54 | 日記
6月に入りプール開きをし、

「夏がきた。」と思う。

毎日プール掃除をし、コースロープを張り、塩素濃度を測り、利用客の監視をする。

小学生たちの海での活動も始まった。
海用のロングのウェアを来て、まだ少し冷たい海に入る。
カヌーなどの準備、片付けもしなければならない。
大きな声を出し、身振り手振りで指示を出す。

時間を気にし、危険を気にし、
臨機応変な行動を取る為に、
時に走らねばならない。

揺れる視界。脳。
走り辛さがいつもある。

聞こえにくい左耳。
止まない耳鳴り。

あのケガから1年半が経った今。
悪化することが不安でならなかったあの頃。
見えない恐怖と向き合って過ごした復帰後。

ハンデを負った身体で、
それなりに十分な生活をしているが、

やはり負った後遺症は、
治らない限り気になってしまうもので、

今日も昨日も、その前も、
走りにくさ、聞こえにくさを感じている。

よくここまでは治ったな、と安堵し、
方や、やっぱり不便だな、とため息をつく。

身体を意識し、
意識し続ける日々が始まる。

夏が来たか…


コメント

口内炎でメシ食えない!

2014-06-17 19:00:34 | 日記
先々週くらいに、下の歯茎に小さな口内炎ができ、

先週くらいに、下唇の内側に小さな口内炎ができた。

私のダメなクセで、口内炎を潰そうとしてしまう。
歯茎なら爪楊枝で。
唇なら歯で噛んで。

(怖っ‼︎)

蚊に刺されたら、爪でバツ印を付けるのと似てるかもしれない。

患部に痛みを与えて、一時的に麻痺させて、かゆみや痛みを和らげる。

でも、口内炎ならやめるべきじゃない?

と自分でも思うが、
クセなのでなかなか直らない。

そもそも口内炎なんて、一年に一回くらいだと思っている。

だから余計に、ダメなクセが治らないのだと思う。

で、歯茎の口内炎は治ったが、
下唇の内側の口内炎は、
その後、案の定噛みまくってしまい、
口内炎がさらに広がってしまった…

(泣)

わざと噛んで広がった口内炎は、さすがにもう噛まない。

痛みに耐えているが、
さすがに痛過ぎて、食事がまともにできない…

こりゃいかん!と、
ついに薬局で薬を購入!

(おせーよ(ー ー;))



塗りたくって、おとなしく完治を待つばかりである…>_<
コメント

サッカーW杯開幕。

2014-06-15 09:45:56 | 日記

数日前からサッカーW杯が開幕した。

私は小(遊び)中(部活)高(部活途中退部)と
サッカーをしてきたので、
もちろんW杯は興味がある。

Jリーグに興味があるかと言われると
試合を観るほど興味はない。

昔に比べると、
日本人選手がたくさん海外リーグに移籍したので、
たまにBSで海外リーグの試合を観るが、
やはり海外の試合はJリーグと違う気がする。

海外=強い、上手い

という先入観なのかもしれないが、
運動量やパワープレイ、アグレッシブな展開は、
Jリーグにはちょっと欠けるのかな、と思う。

ただ、これだけたくさんの日本人選手が
海外に出て活躍しているのだから、
今のJリーグにも、予備軍はいると思う。

そう考えると、
J自体のレベルアップが出来ているのかも。



とかエラそうに言っているが、
前回のW杯のことは、正直よく覚えていない。

ただ、異様な「絶対勝つだろうムード」があった気はしている。
マスコミの煽りか、
ネット利用者の興奮のせいか。

結果、勝てずに、
「おいおい、ちょっと冷静になれよ」
「過大評価し過ぎだろう」
という自浄効果がすぐさま働いたように思う。



その結果なのか、
今回は日本代表への期待が薄い。
冷静というべきか。
落ち着いて見守らねば、というムードがあるような気がする。

それもこれも、
しっかりと言うべきことは言い、嫌われ役を買って出ている
本田選手というキャラクターのおかげなのか。



さて、もうすぐキックオフ。
年下のトッププロの彼らの、
勇ましい姿を応援しよう。

そしてザッケローニ監督の戦略に
意識を向けてみよう。
コメント

退職した男性職員のこと。

2014-06-14 20:45:03 | 日記
昨日無事送別会を終えた。

今年59歳になる男性。

一緒に入庁した五年前。

前職ではかなりバリバリやっていたそうで、

中身を聞くだけで、軽く役所の給料を超えていると聞いていた。

なのに仕事を変え、

そしてまた役所人生を終えることをしている。

何があり、何を思ってそうしたのか。

大人として、あまり細かには聞かなかったが、

始終嬉しそうにおちゃらけていた男性職員が、

息子世代の若者に囲まれて、真面目に言った言葉がある。

「今の職場には

お金があり、

人があり、

何より権力がある。

こんな仕事は他にありませんよ。」

ふーん。

外から来た人は、そういう部分を

私たちよりも一層強く感じるんだろうなと感じた。

そして、

「だから、楽しんで欲しいです。」

そう優しい笑顔で語りかけた。


お酒の力もあってか、

ただただその男性の語りに、

若手職員一同が聞き入っていた。


一晩経っても、まだその男性の言葉が

頭の中を行き来する。


わずか五年前の役所生活で何を感じたのか…

奥さんとどんな話をしたのか…

これから奥さんとどんな人生を歩んで行くのか…


想像するとキリがない他人の未来に、

外野の私なりに思いを馳せてみている…

コメント

小中学生の「まさか」にショック。

2014-06-14 20:16:37 | 日記
今日は週に一回あるうちのクラブ活動。

いつもなら10数人集まるところ、

今日は小学校のイベントで、

3人しか集まらなかった。


じゃ、今日は緩めで行こうと思い、

練習メニューを伝え、

「終わったらジュースをやる」とも伝えた。

喜ぶ小中学生。



で、クラブ活動終了後、

ジュースをおごるために600円を渡した。

既に解散はしていたが、

まさか、

まさか、

彼らは買いに行ったまま帰って来なかった。

お釣りがあるんじゃないの?嘘だろ?


中学生一人の保護者は話しやすいので、

後から電話をしてみた。

すると、600円を3分割し、200円ずつ分配したとのこと。

さらに、ジュースではなく、焼きそばUFOを買って帰っていた、とのこと。

orz…


どう怒ろうか、思案中である…
コメント

渡り鳥の公務員。

2014-06-14 06:57:10 | 日記
公務員は渡り鳥。

スナックの客からそう言われたことがある。

その通りだな、と思う。

何年か経てば異動。その繰り返し。

渡り鳥…言い得てると思えてならない。


渡り鳥が渡り鳥を教え、

その渡り鳥がまた渡り鳥を教え…


これじゃ職人は生まれないなと思う。

無論、職人を作るための組織ではないから、仕方のないことではあるが。


仕方のないことではあるが、

生き生きしてない同僚を見ると、

同じ狭き門を突破した仲間なのに、

残念でならない、と思う。
コメント

退職する同期。

2014-06-13 17:53:00 | 日記
同期だが、50歳代。

経験者採用で入庁したその男性が、
この度、退職することとなった。

理由はまだ分からない。
今夜退職祝いをやる。

今そこに向かっている。

その男性が何を思い、どう生きてきて、
これからどう生きていくのか…

ささやかだが、
一人の男性の生き方に、思いを馳せてみる。
コメント

神戸での友人の結婚式2

2014-06-10 11:24:51 | 日記

この日、ちょっとしたトラブルがあった。


披露宴後の二次会は特になかったため、
私たち同級生2人と飲みに行く約束を
事前に新郎としていた。

しかし当日の披露宴後、新郎から行けなくなったと連絡が入ったのだ。

理由は、嫁さんの荷物を式場から運び出すのが大変だとか。

友達とは冗談で、新郎がドタキャンするかもな、と言っていたが、まさか本当にそうなるとは。

2人で呆れた。



実はもともと、新郎は二次会は行けないと言っていた。
当日の夜に、ハネムーンに行くためだった。

しかしその後、ハネムーンは翌日だったので行ける、と訂正の連絡が入った。

だから楽しみにしていて、ホテルも取った。

なのに、前日になって、雨が降ると荷物運びが大変だから行けないかも、と連絡が入った。

それは仕方ない、雨が降らないことを祈ろう、そう思った。

で、当日。ものすごい晴天。
これなら問題なく二次会がやれる、と思っていたところ…

晴天でもまさかのドタキャン。
ウソ⁉︎と信じれなかったのは言うまでもない。

取ったホテルも意味がない。
私はもともと観光する気なんてなく、二次会がないなら早く帰省しようと考えていたから。

イライラは募ったが、
さすがにその日のうちのダメ出しは控えた。



翌朝になって、新郎へダメ出しのメールを打った。

そしたらすぐに新郎から電話がかかってきて、すまなかったと謝られた。

来たくない理由があったのなら正直に言えよ、と伝えるも、何もないとのこと。

ひどく反省してくれているようだったが、ハネムーン当日に凹みすぎて欲しくもないので、早々に切った。

新郎の成人男性としての一般社会での感覚が、大きくズレていないことを祈りたいが、そういう風になってる可能性もあり得るんだろうな…と、何とも言えない再会の日の昨日だった。
コメント

神戸で友人の結婚式。

2014-06-10 11:12:17 | 日記

神戸まで約4時間。同席する友人と車で出掛けた。

新郎とは中学時代にとあるイベントで知り合い、
高校がたまたま一緒になり、仲良くなった。

昔からトロいというか、のんびりしてるというか…
良く言えばおっとりして優しい男ではあった。
女っ気もなく、就職も順調でなかった。

そんな男が、いつの間にかラブラブな感じで嫁さんと披露宴。

夢のようだった。(*_*)
コメント