さだやんのほろ酔い日記

落語家・立川 左談次

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

文都。

2009年10月30日 19時46分07秒 | ほろ酔い日記
逝ってしまった。
その知らせの電話。
一瞬何の事やら、茫然自失。
身体が震えた。
あいつが、何故、どうして。
明日、大阪の斎場へ行く。
文都の為などとは言わない。
自分の為に行く。
納得させに、受け止める為に行く。
辛い新幹線になる。

17303歩。

2009年10月30日 12時20分18秒 | ほろ酔い日記
昨日のゴルフ。
半袖で充分、なのにタートルネックでレッグウォマーで汗だく。
こういう間の悪さは生涯治らないのです。
で、この歩数、半分はカートに乗っていたのに・・・。
暴れ具合が知れようというもの。

昼の食事にプシュー。
で、スポーツかい、てな疑問はさておいて。
飯はお約束のライスカレー。
当たり外れの無い食い物の王道であります。
多少なんでも腹は立たない。
未だに某クラブでは3000円もとる所が有るのです。
ったく、カレーに失礼だろ、カレーに謝れ。
って、妙な所にチカラが入ってしまう性癖も
生涯治らないのでありましょう。
で、今日は厳しい筋肉痛。
で、が多いのが今日の日記の特徴。

遭難五日。

2009年10月28日 19時09分30秒 | ほろ酔い日記
第一幸福丸。
転覆した船底で三人救出。
素直に良かった、と思う気持ちと、
生命力の不思議さにある種の感動。

そうかと思うと、あっけなく死ぬ。
分かりませんね、だから生きてて面白い、のか。
満更捨てたものではない、って事でありますか。


自分で自分に死ねっ。

2009年10月28日 17時44分30秒 | ほろ酔い日記
っと、言いたくなるような泥酔。
記憶がない事の不安、それのが大きいかもです。
なまじ中途半端に、散発的に記憶している。
こんな時ですね、死ねっ、って思うのは。
この惨めさがある種快感になったりして、
そうなると本物の馬鹿酒になりますわ。

程好く呑む。
酒の達人。
おつもりの絶妙さ。
噺と同じで中々身に付くものではありません。

下戸の方と酒席を同じくする。
そんな時は実に程よい酒になるのです。
頭の隅で、見られている、
てな意識があるからなのか、
不思議な現象ではあるのです、
って、何言ってるんだか。


運勢欄。

2009年10月27日 10時48分06秒 | ほろ酔い日記
東京新聞の松雲庵主さん・・・さん、で良いのか。
曰く、とら年は、
「三日書を読まざれば人相が衰う、好書を読みて・・・・」
ふむ、何か読むかってんで、首相所信表明演説全文に挑戦。
これが好書にあたるかかどうか疑問でありますが。
兎も角、字を読もうてな軽い気持ちで、ですわ。
・・・・残念、三分の二でギブアップ。
語り言葉ですな・・・あ、声を出して読めば、かな。
でも長いですわ。
これ30分に纏められるんではないかしら。
もう一回チャレンジ・・・しないな。

ヒトラー・ユーゲント、北朝鮮みたいな議場の雰囲気、って。
喩えがね、
ま、分からなくもないですがねえ。
事前にマイク向けられるの承知でしょうが・・。
練られたコメントとはとても思えませんのです。
頼むぜ野党の先生方。


残留。

2009年10月26日 10時14分36秒 | ほろ酔い日記
浦和あっさり、大宮じっくり。
残留力って言葉があるか?
しぶといわ大宮。
モチベーションの差ですかねえ。
ただただ試合をこなしているだけ、
に、見えてしまうのですわ。

菊池の涙はなんだったんだ。
大人の事情風な雰囲気があったのかしら。
ま、あそこで泣いてるようじゃメジャー断念は正解だったか。


雨粒。

2009年10月24日 17時52分25秒 | ほろ酔い日記
地べたの枯れ葉にボタッって感じで雨粒が落ちた。
途端に枯れ葉がくるっと舞った。
なんか凄く得した気分。

って、まだふつかよい。

安っ。

2009年10月23日 09時58分18秒 | ほろ酔い日記
安値ジーンズの事ですわ。
ま、ジーパンと言った方が私には馴染みがあるのですが。
衣料品の値下げ合戦。
ちっちゃな会社はお手上げ状態。
なにしろ、
990円ジーンズ(ファーストリティリング)に始まって、
980円はイトーヨーカドー。
880円でダイエー。
西友は850円。
ドンキ・ホーテはなんと690円。
まったくなんじゃらホイですわ。
それを目玉に他の商品を買って貰おう、
てな料簡なのでしょうがねえ。
街のシャッター通りが頭に浮かぶ。

つくづく適正価格ってものをですな、
それ程偉そうに言えるオラでは無いのですが、
安すぎるのも何処か不安を疑念を感じてしまうのです。

リーバイスやボブソンは大不振、青息吐息。
リーバイス一本買ってみようか、
そんな気分にさせられる値下げ競争ではあります。

逆転サヨナラ満塁ホームラン。

2009年10月21日 23時06分19秒 | ほろ酔い日記
こんな筋書き、頭の隅にヒョイと浮かんでも
んな馬鹿なと、脚本には書けませんわね普通。
事実は小説より奇なり、でありますわ。
ショックだろうね、選手より監督が。
これで選手ボロクソに言ったら、
なんじゃらほい、って感じになってしまうのではないかしら。

明日のスポーツ紙に冷静な分析記事出ないかねえ。
各紙の記者のレベルを測れる良い資料になるのに・・。





「啄木歌集」 研人社

2009年10月20日 12時41分17秒 | おすすめの本
初版が昭和28年です。
定価が120円です。
本全体がセピア色です、赤茶けてます。シミだらけです。
でも、いとおしいのです。

でも、何故ウチの本棚にあるのか分からない。
たまに引っ張り出して読みたい気分になるのです。
しかし、今の私には重過ぎるかな。

いつしか夏となれりけり。
やみあがりの目にこころよき
雨の明るさ

こういう歌で救われるのですが。


大仁田厚出馬?

2009年10月20日 12時25分07秒 | ほろ酔い日記
来年の長崎知事選に出馬の意向。
黙ってられないのだ、血が騒ぐのだ。きっと。
ちょい、時流にゃ乗り遅れ、
てな気がしないでも無いが。
これで又選挙の楽しみが増してまいりました。
出てくれよ~大仁田ぁ~。

羽田がハブなら俺たちはマングースになってやる!
森田ぁ~。
上手い事言ってる感が痛い。

けど、大仁田の言も聞いてみたい気も・・・。


白菜鍋。

2009年10月19日 18時59分16秒 | ほろ酔い日記
荻窪の歯医者&御徒町の整骨、掛け持ち。
書店で小一時間。
9013歩。
充実か、してみると安い充実ではある。

今夜は馬生師ご推奨の白菜鍋。
白菜をザックリ切って、間に豚肉を挟む。
酒をちょいと振り掛けて、
あとは土鍋でぐつぐつ煮るだけ。
これが実に旨い。
ふぅふぅ言いながらハフハフ喰う。
調味料など入れない。
素材の味で充分なのだ。
シンプルにシンプルに、
酒飲みには持って来いの鍋であります。





日曜美術館。

2009年10月18日 11時54分07秒 | ほろ酔い日記
超一流の方はやっぱり変。
理解の範疇を超えるのですわ。
わかろうと思う貴様がおかしいぞ、
って、ヤツですね。

積極的絶望、
なんだか新鮮な言葉を聞いた。
ま、直ぐ忘れるだろうケド。

虚弱体質。

2009年10月17日 10時05分19秒 | ほろ酔い日記
この十日間、地方やら仕事やら落語会やらで
毎日労働に勤しんだ。
くったくた。
体力の低下を感じる今日この頃。
ぐうたらがすっかり身についてしまった模様。
中三日ぐらいのローテーションが丁度良い、
って大昔のピッチャーかい。

本も二三ページでバタンきゅう。
散歩も御休み。
心身ともに健康に・・・・ま、今更無理だけど。
十本続けて三十メートルダッシュでも、
三日坊主でもやらないよりマシ、
だと思って始めるか。

最年少名人、井山。

2009年10月16日 10時07分07秒 | ほろ酔い日記
井山裕太、若干二十歳。
相手が最強、張というのが凄い、
五つのタイトル保持者なのだ。
しかも二年連続挑戦者ってのも凄みを増す。
一手一手の意味、深い読み、大局観なんてものは
ど素人の私には思いもつかないが、
堂々たる着手は他の一流棋士をも感嘆させたという。

テレビ観戦だが、その指先のしなりの美しさったら
たまりませんでしたわ。
勝負を離れて最善手を、
そんな清清しささえ感じました。
純な真摯な姿を見た、
大袈裟に言えば感動を覚えました。

ギリギリの所で勝負。
自分の駒を飛び越えて角ナリ。
二歩、時間切れ、二回続けて指しちゃう、
そんなポカも出るなんてのも
人間っぽくって好き、愛すべき人々ではある。