さだやんのほろ酔い日記

落語家・立川 左談次

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

選挙。

2008年06月30日 10時32分42秒 | ほろ酔い日記
旭鷲山こと、ダバー・バドバヤル氏が
モンゴルの国会議員選挙に出馬だ。
金稼いで、国に送って事業にセイを出し国会へ。
どの国でも同じだ。
上昇志向ってのですかね。

どんな選挙なのだろう。混沌か。
日本の戦後すぐの選挙みたいに。
まさか、ジンバブエみたいに対立候補を
逮捕したり殺したり・・・・。
ムガベって人もやるもんですわ。
米大統領は非難声明だと。
北のテロ解除したその口で良く言いますわ。

六月例会。

2008年06月28日 11時14分16秒 | 5.7.5
駄句駄句会。
お題は「蚊」「ところてん」
先ずは私「斜断鬼」から。

◎ 蚊をつぶしニート一人で薄笑い

   え~と、あまり意味はありません。


◎ 腹いっぱい喰う気にならぬところてん

   そりゃ、そうだ、って、自分で言うか。

では私の選句、天・地・人を。
例によって、作者は内緒。

天 蚊いぶしや粗く組まれしログハウス

地 このブタが親の仇よ蚊の無念 

人 目覚めれば蚊やりにじゃれる子猫かな


相変わらず皆でガハハわらいながらの夜でありました。

9783歩。

2008年06月28日 01時51分11秒 | ほろ酔い日記
冷却塔を爆破破壊。
CNNを筆頭に「爆破ショー」
これで核兵器が無くなるなんて思っている人は
誰もいないのだろう。 
これからどのようにして検証をしていくのだ。
プルトニウムは何処に、核弾頭は何発、そこらアタリは
ベールに隠されている。
検証の段取りさえ確かではないのだ。
拉致の問題なんて完全棚上げ。
リップサービスで拉致の事は忘れない・・・・とわ言うけれど。
何処まで信用して良いものか。全体像が見えてこないのだ。
結局アメリカのケツを追いかけていくしか手が無い状態ではある。

クリントンの特使オルブライトのマスゲームに乗せられて踊りまくっていた。
南海だまされれば・・・・・。
ブッシュの個人的な、歴史に残る仕事をしたい。
てな焦りがこんなドタバタお笑いショーで止まっているのだ。









テロ指定解除。

2008年06月26日 23時35分36秒 | ほろ酔い日記
16時間呑みっぱなし。
仮眠の後ココへ書き込み。
完全に壊れております。
日本もご同様なので安心。
って、安心か。

還暦。

2008年06月25日 15時23分56秒 | ほろ酔い日記
「駄句駄句会」では還暦を二人の同人がむかえる。
吉川潮さんに高田文夫さん。
それにしちゃお若いお二人、句会じゃまだまだ若手です。
で、ビバリーで還暦句会。
島さんと、たい平さんとペイペイ句を披露。

高田さん、おとなしく赤い靴下。
もっとも赤いちゃんちゃんこ着てたら引くかもしれないが。
オイラも二年後に還暦。
ガキの頃などは想像もつかない年齢。
ほっといても歳はとるものだ。
ま、赤子にかえると言うから
小児は白き糸の如し、
いろいろな色に染まっていくのも良いのかもしれないい。
って、みょうに予定調和な日記ではあるな。

「テロリストのパラソル」  藤原伊織

2008年06月24日 12時28分15秒 | おすすめの本
ハードボイルドだど・・・。
トリオ・ザ・パンチのギャグか。
って、古すぎる。

またぞろ引っ張り出して読み返している。
もう何度目だろうか。
団塊の世代の尻尾の私としては妙に波長が
あってしまうのだ。
夜中に読むのには持ってこいの一冊ではある。

汗。

2008年06月24日 12時23分47秒 | ほろ酔い日記
足が遅い。
五千歩カウントするのに30分もかかる。
足はもつれ、目は霞み、嫌な汗をかく。
ねえ、汗って気持ちの良いものですわ。
高座の冷や汗は別だけど・・・。

肌に纏わり付く汗。
ドロリとした汗。
相撲なんかヘラで汗をそぎ落とす。
これほど、豪快にとは言わないけれど。
毎日少しずつでも身体をいじめていけば
いつか、キッチリした汗に変わっていく、
のかも知れない。
そんな淡い希望をもって今日もお散歩に
出発するのだ。


対バーレーン。

2008年06月23日 11時23分09秒 | ほろ酔い日記
毎度お馴染みの光景。
俊輔PK見事に外す。
痛い、痛すぎる、入って入れば完全に
別の展開になっていた、いや、結果論ですか、やはり。
良い形を作るも脱力の決定力不足。
わざと外して居るんじゃないの、てな猜疑心もチラホラ。
只ボール回しテルだけじゃん、てな憎まれ口もチラホラ。

中で一服の清涼剤、巻のエアーゴール。
あれで救われた。
ガムシャラさが似合う男。
日本はスマートに・・・・。
冗談じゃありません、点をとらなくちゃ
スマートもクソもありません。
ゴールにつながるからスマートに意味があるのだ。

臆病を代表選手に見たのは私だけではあるまい。
って、私の独りよがりなんだけど。

匿名。

2008年06月20日 12時39分46秒 | ほろ酔い日記
秋葉事件が発端か。
ネットへの殺人予告等の書き込みで
捕まること、捕まること。
所謂愉快犯ですか。
足跡を辿られて見つかる、これ常識でしょうに。
西部劇見てごらんなさい、山超え、谷超え、砂漠超え、
足跡たどって殺人犯を捕まえちゃうんですから、
ネットなんてお茶の子さいさい。

「世間を騒がせて見たかった」
って、手前の家族が大騒ぎじゃあるまいか。

悪気は無い、ほんの出来心。
数秒先の想像力もありませんのですねえ。

って、私も気をつけなくては。
お調子者で・・・・ま、巨大掲示板への
書き込みの仕方も分からない。
ケータイのメールも覚束ない始末。
これが抑止力、分からない事への怖れ、怯え。

しっかし、今は街を歩いても見張られてる感が・・・。
どのあたりで、折り合いを付ければ良いのだろうか。

後追い。

2008年06月19日 11時52分02秒 | ほろ酔い日記
後手後手に回るのはお約束の行動形態。
医師不足を解消しようと厚労省。
減らす政策を推進していた口でよく言いますわ。

派遣を見直すと大見得をきるお方もいらっしゃる。
今更何が格差是正と声高に・・・鉄面皮これにあり。

居酒屋タクシーでは国交省がタクシー会社を
締め上げる・・・・って、どこか違うでしょ。
自分達は悪くない、運転手が悪いのよ。
って、心底思っているのでは?
そう勘ぐられても仕方あるまい。

この八つ当たり、
腰痛が言わせているのですわい。
雨近しである。
オマケに二日酔いでありますし。

ルーティーン。

2008年06月17日 13時31分35秒 | ほろ酔い日記
高座前、ソデで手のひらに扇子で人と言う字を三回書く。
もう数十年やっている。
ご利益?はあるのと言われても首を傾げるだけだけど。
ま、おまじないですか。
ふっと、心が穏やかに、平静に、落ち着くのでありますわ。

文楽師、椅子に座って高座待ち。
出囃子がなる、白いハンカチ、手拭いでは無く
なぜか白いハンカチだった。
それを左の手、右手の扇子で人を書く。
ある種の神々しささえ感じた前座時代。

着物も、ステテコ→肌襦袢→足袋。
この順もルーティーン作業。
順が違うとシックリ来ない。
儀式というと大袈裟だけど、
そんなこんなの楽屋であります。

投げる男。

2008年06月16日 12時09分47秒 | ほろ酔い日記
高津投手頑張れ。
日本からメジャー、また日本で今度は韓国。
こうなったらとことん真っ白になるまで(明日のジョーか)
現役を続けて欲しい。
きっと、この経験、キャリアが将来コーチ、評論家
になった時、生きてくると思う。

引退、親会社お抱えの解説者、即監督。
もう、こんなシステム、機能しないのは明白である。
コーチ、監督を甘く見すぎじゃないかい日本球界は。

好悪、神のお告げでスターティングメンバーを選ぶ
監督が居る。
そんな噂話を聞いた事がある。
まさか、とは思うが、そう考えると納得という
起用法がママあるのだ。

ケガだから仕方が無い。
安易にケガをしないようにトレーニングさせるのも
指導者の仕事だろうに・・。
この他人事風なコメントを見るとガッカリでありますわ。


再調査。

2008年06月14日 11時17分50秒 | ほろ酔い日記
で、早速、制裁解除。
よど号のテロリストもお土産に付いて来る。

再調査だけでこれだけ迅速に?
ちょっと変だと誰しもおもいますよね。
裏に何か有りますよ。
何人かが帰ってくる(後はうやむや)。
支持率上昇。ソレに併せて総選挙。
てなシナリオは素人でも容易に読める。
って、勝手な私の妄想でありますが。

翻弄されている拉致被害者のご家族の
心中如何ばかりか、想像を絶する。


ホコ天休止。

2008年06月13日 10時54分38秒 | ほろ酔い日記
あの事件を受けての秋葉原。
とりあえず、って事だ。
ダガーナイフも生産、輸入も中止。

「安全確保まで」だそうだが
このぐらいしか思いつかない、それが本音だろう。

もうひとつストンと来ないのは私にもあの衝撃が
心の中にあるからなのだろうな、きっと。

蛾。

2008年06月12日 13時46分07秒 | ほろ酔い日記
昨日の広小路亭。
龍志が蛾に首を刺されたとの事。
腫れ上がってとても高座は・・・で休席。
皆で時間を埋めて無事に、って、無事か。
しかし楽屋というのは何なんだろう。
誰も心配しない。
少なくとも、お為ごかしの発言はしないのだ。
毒ずく、笑い飛ばす、冷たく突き放す。
けっして腹の底から冷血じゃ有りませんぜ。
そういう表現方法が常態なのだ。
「大丈夫かしら、本当に心配」
なんて、白々過ぎて、薄気味悪い。
その辺りが「噺家は信用できる」所以なのだ。
お~い、おい、自画自賛かい。