さだやんのほろ酔い日記

落語家・立川 左談次

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4336歩。

2007年05月31日 10時24分39秒 | ほろ酔い日記
きのうは雨。
傘をさしながら歩くのは大変だった。
きゅうしゅうではつゆいりしたそうだ。
とちゅうでお茶をのんだりしてやすんだ。
また、バスにものってしまいました。
おわり。

って、小学生の夏休み日記か。

あの黒川紀章氏が参院選に東京選挙区から立候補。
其の上、カミサンの若尾文子さんも比例区で立候補。
いいね、いいね、やってくれますね。
しかし、年齢が73。
うーん、そんな歳だったのだ。
僕等の若い頃はもう身体中性器みたいに
色っぽかったのだ。
73か。己の歳もつくづく感じますな。

他に、秘書も愛知の方から出馬だそうだ。
黒川氏の選挙は家内制手工業かい。
ダイナミックな立候補宣言とは言えないか。
チマチマしてて可愛いっちゃ可愛いのだけど。
言っていることとやっている事の差を楽しむか。

7449歩。

2007年05月30日 11時23分06秒 | ほろ酔い日記
会の打ち上げで紹興酒。
お客さんと話をするが一般の方ってのは
芸人の事を別世界、宇宙人のような感覚で
見ているのか。
芸人独特のいい加減さ(本当は違うのだけど)。
言葉のきつさ、言い回し。
生活態度、上下関係などなど。
今ひとつ理解が出来ないみたい。
我々の世界のことを興味深げに聞き入っていた。

そんなに僕等の世界は違った生き方をしているのか?
かえって、こっちが考え込んでしまった。

どうも、打ち上げで考えちゃいけませんな。

死人に口なし。

2007年05月29日 12時03分22秒 | ほろ酔い日記
伊吹文科相、しれっとして凄い事言っちゃってます。
そりゃ、そうだけどね。
松岡氏の地元の元秘書も自殺。
緑機構の元理事が今朝飛び降り自殺。

この問題、かなり大きな闇があるんだと
素人でも容易に類推できるね。

すぐ死ぬ癖があるのか日本人。
すぐペコペコ謝るしね。
死ねば許す、頭を下げれば諒とする。
な~んにも解決しないのに。
あっ、解決が嫌だから、死ぬのか、死なせるのか。
国会の自浄作用って空々しい言葉。

総理も「安らかなお顔でした」
お~い・・・・・・なんなんだか。
「慙愧に耐えない」
ってのも、違和感があるのですわ。



今日はストレッチ15分。
だだら散歩のカウント【4452】。
夜は上野の会。
カウントは倍になるか。
・・・・と、考えつつ、このカウントは
前日分を記録した方が正確でつけやすい。
なんて、今頃気付くのがオバカさんな証左です。
これを試行錯誤ってのか?
正しくは行き当たりバッタリであるのだ。

宣言。

2007年05月28日 10時57分58秒 | ほろ酔い日記
お誓い申し上げる。
こんな言葉は徹底的に似合わない私でありますが。
根っからのグータラ人間でありますが。
今日から、ほぼ毎日・・・・。
ほーら、宣言の途端に「ほぼ」だもの。
それは兎も角、万歩計の数字を記入報告する事に決めた。
だから?で、ありますが。
どうぜ三日坊主だろう、てな気持ちですがね。
ひとつ、何日続くかお楽しみを。

というのも、腰痛の気配。
年に一度はギックリ腰なるモノになるのであります。
予兆があるんですわ。
首が重い、肩が凝る、背中に鈍痛がある。
ある日、ふっと気が抜けた途端に来るんです。
コンバースの紐を結ぼうと手を伸ばした、其の時。
顔を洗おうと前かがみになった瞬間。
マッサージ機を移動させようとして・・・・
これが一番間抜けなギックリ腰ではありました。

浅草の寄席の往復がほぼ5000歩。
広小路の出番の時は4500歩。
歯医者の治療には6000歩。
日暮里は・・・・打ち上げの都合により一万歩・・・・。
てな具合。
ちなみに今朝は軽くお散歩、ぐーたら歩き。
30分程で5507歩。
で、ありました。
これは一寸遅すぎますかねえ。
速足で一所懸命歩くのは私のポリシーに合わないので。
って、もう言い訳かい。

だが記録づけ、いつまで続くことやら。
明日、途絶えたら・・・おお、緊張するな。

コント。

2007年05月26日 08時52分10秒 | ほろ酔い日記
緑資源談合。
所管の松岡大臣へお詫び。
天下り法人の幹部が
「誠に遺憾で御座います」
その業者から献金を貰っている大臣
「再発防止に尽力して頂きたい」

この真面目なやりとり。
もう、ギャグにしか見えない。

「少女に噛まれると思って刺した」
コッチの方がまだ理解出来るのだ。

理解って・・・・・・。
私も狂っているか。

大笑いする客。

2007年05月24日 10時09分00秒 | ほろ酔い日記
昨日の「東洋館」超満員。
しかも、見事にオジサン、オバサンだらけ。
また、この客全員が笑うんだ。
大きな口開けてギャハハハと笑う。
まったく屈託の無い笑い。
この人達大丈夫か?
と、こっちが心配になる位の馬鹿笑い。
何を言っても笑う。
箸が転がっても可笑しいという年代でもあるまいに。
誰を見ても笑う。
そんなに面白いか。
面白くてもそんなに笑えるか。

悩みは無いのか。
それとも、窺い知れぬもっと深い所で笑っているのか?
んな訳ないやね、きっと。
きっと、罪の無い笑いなんだろうケド。

演芸の客なんだ。
落語の客とは違う感じがした。
・・・・っても、近頃は落語でも馬鹿笑いが出るし。
うふっ、とか、にやり、の反応は全く無いのだ。

ま、受けて、ぶつぶつ言う私も贅沢かも知れないがねえ。
受けすぎると馬鹿にされてるんじゃあるまいか?
疑心暗鬼になる私。
素直じゃありませんね、私。

なんでもない居酒屋。

2007年05月22日 12時17分04秒 | ほろ酔い日記
改憲論議。
本当に盛んなのかしら。
右系左系ってのも古色蒼然たる分類でありますがね。
どうも右よりの人は声が大きいのだ。
威勢の良い事。
左よりは萎縮しちゃってる。

集団的自衛権なんて、なんの事やらサッパリわからん。
戦後レジームからの脱却って、簡単に言い切って良いのか。
上っ面だけで浮かれている感を否めない。
そんな事より、自衛隊の防衛情報漏洩を何とかしろ。
痴呆老人並だな自衛隊。
しかも最新の迎撃システムだぜ。
こんなんで日米同盟なんてチャンチャラおかしい。
米と情報を共有なんて未来永劫ないだろう。
のほほんと、美しい国なんて仰っている場合でありまするかい。

こういう時こそ、衆智を集めるのが寛容と・・・・・。
おっと、偉そうだ私。

昨夜はごく普通の居酒屋で軽くイッパイ。
煮込み、焼き鳥各種、冷奴などでホッピー。
サラリーマンらしき人々もニコヤカに笑っている。
店が穏やかな雰囲気に包まれている。
やわらかに飲んでいる。
テーブルの間隔が良いのか。
酒が旨いのか、
店員がキビキビ動くからか。
ま、ご機嫌な夜だったから、改憲なんてどうでもいいか。

万歩計。

2007年05月21日 08時56分54秒 | ほろ酔い日記
年寄りの冷や水か。
昨夜は調子に乗って「反対車」を演ってしまった。
しかも、思いっきり激しいバージョン。
其の上、打ち上げは「さくら水産」。

案の定、今朝は腰痛。
筋肉注射でも打たないと・・・。
次回は帯に万歩計でも付けて
どの位のスコアになるか調べてみよう。
って、懲りてないな私。

もう、私の歳で行くか、さくら水産。
例の50円の魚肉ソーセージを見学。
これが主な目的だったのだ。
・・・・・成る程の一皿ではあった。

店員に日本人は一人も居ない。
新たな国際交流の場か。
前座連中はお馴染みの場所らしい。
メニューも品名では無く、番号で注文していた。
私が「ワカサギの唐揚げ」
っても店員は分からない。
「ワカサギ、無いよ!」
すかさず、前座が「6番、6番ちょうだい」
「ほい、6番アルヨ、ワカッタヨネ」
餅屋は餅屋か。比喩が違うか?

若者が飲みなれない酒で馬鹿騒ぎ。
元気が有る、ってえか、只の若気の至り、なのか。
まだ、一気飲みやっている。

懐かしい風景を見た夜であった。

愛知、立てこもり。

2007年05月18日 23時04分31秒 | ほろ酔い日記
こういうの解決というのだろうか?
人質は自力脱出。
犯人は自主投降。
日本の警察はヘタレだと誰しもが思ったろう。
それだけ日本は平和って事なのだ。

イラクじゃ毎日数十人が死んでいる。
内戦で虐殺まがいが日常茶飯事って国もある。

だけど、負傷した警官、五時間に渡って放置。
これは無いよね。
警察の責任者にはきっちり落とし前・・・・。
お得意の先送りにしか見えない。
残酷な映像であった。
あれを延延と写しているテレビもね。
ま、それが商売なんだから・・・・。
実際、興味津々で見ている私もいるのだ。
冷たいやね人間って。

痴話喧嘩?
そんなんで、殉職する、って、割り切れないよね。
容疑者に「貴方を安全に保護したい」
なんじゃ、この台詞。
死んでも死に切れないのじゃあるまいか。


「これから銃規制をしっかりと」
なんて、大臣が偉そうに喋っていたが。
あざとい言葉、センス悪すぎ。
他に言いようが無いのかも、ではあるがねえ。

すやすや。

2007年05月17日 20時34分21秒 | ほろ酔い日記
今日の昼席。
客席の真ん中辺りで気持ち良さそうに
居眠りのおじさん。
昔ならヤケになって馬鹿でかい声を出して
お越しに掛かる所だが・・・・。
チラッとみたら、あまりに安らかな寝顔。
イビキでもかかれたら黙っちゃいないが・・・。
心優しい私はそ~とお喋りを・・・。

噺を聞きながらウトウトするのは至福の時間。
前座の時分は末広の楽屋裏で良く寝たものだ。
これがたまらない、麻雀の徹夜明けなんて時は
地の底へ引きずり込まれるような爆睡。

円生師、文楽師で寝てたんだから罰当たりな前座だ。
噺のマの良い師匠は実に寝やすい。
テンポが乱れるセコ二つ目なんざぁ
寝られたもんじゃ無いのだ。

三平師だけは寝づらかった。
あっ、これは面白すぎて、って意味ですよ。
寄席の三平師(晩年をのぞいて)は爆笑の渦だった。
楽屋の障子が震えるのだ。
客が波を打つのだ。
楽屋で働く前座も思わず笑うのだ。
普通前座が高座の噺で笑うなんて考えられないのだ。
一応プロなんだから・・・・。
毎日聞いてるのにね、それが笑う・・・。

円生、文楽、三平師などなど。
楽屋で同じ空気を吸えたのは自分の勲章かもしれない。




丸川珠代出馬。

2007年05月16日 18時10分04秒 | ほろ酔い日記
参院選、東京選挙区でテレ朝アナの丸川が
自民党から出馬。
ま、叩いているマスコミも居るが、
いいじゃありませんか、選挙区なんだから。
名前を書くんだから。
こんなヤツは大っ嫌いなんだけど比例で
受かっちゃうなんてのに比べれば男らしいぜ、
って、女だけど。

比例では自民党からの要請をキングカズは
断ったという。
こっちは本当の男らしい、か。
近頃は出馬要請を断る方がカッコイイ、オシャレ
そんな雰囲気になりつつあるのだ。

立候補予定者は現役組のほか田中康夫、
黒川紀章、東条英機氏の孫、川田龍平氏など。
これに羽柴秀吉でも出てくれればソコソコ
我々は楽しめるのだ。
都知事選の盛り下がりを是非挽回してほしいぜ。


今日は背中の痛みに耐えかねて、広小路の
高座を軽く済ませて市村医院に。
イザという時の筋肉注射。
効くねえ、一発でスッキリ、痛みが何処かへ飛んでった。
もちろん一時しのぎ。
私の筋肉はほぼ無いのと同じ。
運動不足に不摂生。
わかっちゃいるけど・・・・なのだ。
スポーツジムで30分速足で歩くだけで
青息吐息。
健康に良い事を見つけなくちゃ
まずは、焼酎をウコンで割ってみるか、
って、こりゃアカンワ。


今更。

2007年05月15日 11時31分35秒 | ほろ酔い日記
三社祭で神輿に乗るのを禁止。
って、当ったり前の事をわざわざ・・・・。
モンモン見せびらかせて神さんを足蹴に
するなんて、なんと云う罰当たり。
ケッ、イナカモンめ。
「威勢の良さ」
と、「不作法」「乱暴」の区別もつかないなんて。
私が力んでも仕方がないのですがね。
恐るべき人間の質の低下は見るに忍びないのである。

「ソイヤ」って掛け声も気に入らない。
何故「わっしょい」と言えないのだ。
どうも、背中の痛さで八つ当たり気味かい。

そういや、母親の首を手提げバッグに入れて
学校へ行って、殺しましたぁ。
も、理解の範疇を超える。
最も、これを理解できたら尚怖ろしい。

赤ちゃんポストに早速、三、四歳位の子供を入れる。
これ、赤ちゃんかい、三、四歳で。
責任者出て来い、の、カタチだ。

どうも、年寄りの傾向が顕著になって来た。
いちいち腹が立つ。
「小言幸兵衛」が上手くできそうな雰囲気だ。

徹夜。

2007年05月13日 10時32分00秒 | ほろ酔い日記
本を読み出すと止まらない。
「竜馬がゆく」司馬遼太郎のベストセラー。
全八巻、飯も喰わずに読みふけった。
まだまだその体力が自分にあったんだ。
久し振りに没頭した。
じわ~っと涙が出たり、力こぶつくったり、ね。

しかし、何回目なのだこの本読むのは。
常に新しい発見があるのだ。
これだから本ってのはタマリマセンな。
ある種の興奮状態にある。

プシューでもやって落ち着かなくては。
って、何ぞというとプシューだからね
成長しないな私。

酒と煙草と本とをくらぶれば・・・・
恥ずかしながら全部好き。
呑気な性格だけは治らない。

「O・ヘンリ短編集」  大久保安雄訳

2007年05月13日 10時15分38秒 | おすすめの本
巧いのです。
お見事なのです。
舌を巻いちゃうのです。

その辺にある出来事が彼の手にかかると
光り輝いてくるのです。
読みながら、ひゃ~達人だ~、などと
思わずつぶやいてしまうのです。

こんな時は、英語を勉強してればな、
微妙な言い回しが分かる様になればな、
なんて、夢みたいな事を・・・。
なのです。

翻訳本を目の前にするたびに強く
考えてしまうのだ。

村岡裁判。

2007年05月11日 10時44分17秒 | ほろ酔い日記
一億円ヤミ献金事件。
一審無罪、控訴審有罪。
同じ証言が裁判官によって真逆の判断。
こんなんじゃ裁判官制度なんて怖くて
我々は参加出来ないね。

同じ幹部会に出席した野中氏はスルーだもの。
どっか、フに落ちないのだ。

疑わしきは罰せず、っぽい、と素人の私は思っちゃうのだ。
心象的には真っ黒だけど。
そりゃ、やってるでしょ。
やってない訳無いじゃん、てのは共通認識じゃあるまいか。
与党も野党もその辺りについちゃ、みんな同じアナの狢。
政治家に正義、清廉なんて誰も求めやしないし
当人達もサラサラそんな事考えちゃいまい。

しかし、多少の後ろめたさを持って頂きたいのだ。
松岡某みたいに居直りだけはご勘弁なのだ。
昔は隠れてコソコソ、いまじゃ、白昼堂々。
これじゃ、たまりませんわ。
その顔で、
早寝、早起き、朝ごはん。
規範意識を大切に。
そんな事言われてもね・・・・・。

誰が最初に言ったのかしらないが、
「お前だけには言われたくない」。
のだ。
しかし、幅広に使えるなこの言葉。
すぐ、自分に帰ってきそうな感じもしないでも無いのだが。