さだやんのほろ酔い日記

落語家・立川 左談次

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

褒めてつかわす

2018年02月16日 17時26分43秒 | ほろ酔い日記
20日間、週五日四週間一日も休ますよく通い切った!副作用も辛いけど、仲間の笑顔の為ならなんのその。まだ湯船には浸かれないが、喉がチョイと痛いが、肌も荒れてるが、頑張るぞ〜、ってチョット恥ずかしい宣言だな(笑)。

田舎者

2018年02月13日 11時58分58秒 | ほろ酔い日記
制服を標準服と言い換えて恥じない大人達は嫌いだ。

ガツンと来る落語。

2018年02月10日 10時48分28秒 | ほろ酔い日記
落語で衝撃を受けたベスト3。
先ずは小学6年生初めて行った寄席末廣での師匠談志の「源平」
コレで噺家になろうと決めた一席。
中1雨の鈴本夜円生師「妾馬」帰り道の気持ちよかった事。
噺家になってから楽屋で小さん師「道灌」の凄みと面白さに改めて震えた。

タペストリーは爺と一寸法師。

2018年01月01日 13時36分32秒 | ほろ酔い日記
謹賀新年。本年もよろしくお願い致します。
ガンとうまく付き合ってそろりと生きて参ります。
皆様にとって穏やかな年になりますよう
おいのりもうしあげます。

押し詰まりまして。

2017年12月31日 12時55分24秒 | ほろ酔い日記
気の向いた時にポツリと書き込むだけ。
不精な私でごめんなさい。
と、謝っても不精は治らない。
どうにか、新しい年を迎えられそうです。
生き延びたぞ〜。
どうぞ皆様も良いお年をお迎え下さいまし。
一年有り難う御座います。
左談次。

王子落語会

2017年12月20日 20時50分00秒 | ほろ酔い日記
サラに上げて貰いズラかる。
楽屋の連中気遣い有り難う。皆んな気の良い奴らだ。
御客もお行儀が良くて明るくて元気に笑ってくれる。
嬉しくて涙が出そうに、けど我慢したよ。
代わりに鼻水が垂れた。嫌な芸人だわ(笑)。

入院中

2017年11月29日 19時29分37秒 | ほろ酔い日記
ただ今、抗癌剤とのイクサ、最高潮であります。挫けちゃならぬと決意!それ程のもんじゃ有りませんがヤマに差し掛かってます。コレを越えれば。すこーし頑張り気味で、明日明後日と。です。キツイぞ〜。

志の輔門下志の八真打披露落語会

2017年11月16日 11時07分03秒 | ほろ酔い日記
口上前袖で花緑、志の輔、志の八、左談次、生志、晴の輔。

図星でクヤシイね。

2017年11月12日 17時59分52秒 | ほろ酔い日記
税金は貧乏人が払うもの
タックスヘイブンパラダイス

駄句駄句会の談志句を。

2017年11月09日 18時37分52秒 | 5.7.5
◎冬枯れの街は節電談志逝く
◎初空にふと浮かんでる談志雲
◎寒そうに肩をすぼめて談志の出
◎「また夢に」なると困るな談志の死
どうもシンミリしてきたでは陽気に
◎秋の飯自慰の数だけおかわりし
口直しになってない。

駄句駄句会

2017年11月08日 09時57分55秒 | ほろ酔い日記
初期の頃の馬鹿句をご紹介。
◎フランクはそばを打ってくれるだけでいい
◎ばあさんや裏の畑で東風(コチ)が泣く
◎四月馬鹿そんなあだ名の彼でした
◎医者いらぬ風邪もあろうに柳かな
◎春の夜ピンクチラシを貼るの夜
名誉の為作者の名は御勘弁。

ダーリン寄席

2017年11月05日 16時56分18秒 | ほろ酔い日記
声が出なくてね。
無音落語、筆談落語?
ドン引きされると思いきや、
いやはやどうして優しいお客様に助けられた。
切羽詰まって、もがいて、
震えながら高座に上がる。
良かった。
生きてる実感、
蹴られても同様だけどね。
無い知恵絞って見るもんだ。

桂文治は噺家で

2017年11月01日 14時19分16秒 | ほろ酔い日記
江戸の尻取りに。
下谷上野の山かづら
桂文治は噺家で
でんでん太鼓に笙の笛

噺家冥利って、こういう事なんですよね。

痺れるような。

2017年10月31日 10時24分45秒 | ほろ酔い日記
不条理や理不尽に耐える?楽しむ様な了見の持ち主じゃないと噺家なんて馬鹿馬鹿しくってやってられねえや!で有ります(笑)。

ここです。

2017年10月29日 15時17分38秒 | ほろ酔い日記
と言うわけでこれがほろ酔い日記で有ります。