さだやんのほろ酔い日記

落語家・立川 左談次

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガツンと来る落語。

2018年02月10日 10時48分28秒 | ほろ酔い日記
落語で衝撃を受けたベスト3。
先ずは小学6年生初めて行った寄席末廣での師匠談志の「源平」
コレで噺家になろうと決めた一席。
中1雨の鈴本夜円生師「妾馬」帰り道の気持ちよかった事。
噺家になってから楽屋で小さん師「道灌」の凄みと面白さに改めて震えた。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« タペストリーは爺と一寸法師。 | トップ | 田舎者 »
最近の画像もっと見る

ほろ酔い日記」カテゴリの最新記事